【カーボンリジッドフォーク】VooDoo ERZULIE with テスタッチ

MTBリジッドフォーク VooDoo[テスタッチ CMT-C]

ERZULIEをリジッドフォークで楽しむ

新年を迎えてVooDoo ERZULIEのフロントフォークをリジッドフォークへまたもや換装。ちなみに、写真画像のフォークは「テスタッチ CMT-C カーボンリジットフォーク / 26インチモデル」です。

リジッドフォークとマイナスライズ・ステム、これにストレートバーハンドルだとステア位置が低くなり気味なので、ローライザーバーを入れて微調整しました。

フィッティングを兼ねて林道を試走。タイヤ圧を低圧に設定してあるので、ある程度の小さなャップは緩和します。少しでも大きなギャップは手足を駆使してショック吸収です。
MTBリジッドフォーク VooDoo[SGRUNGE(グランジ)]
カーボンリジッドフォークのショック吸収に関しては、シクロクロスのGIANT TCX 0の方が吸収力が高い感じ。700cと比べるとERZULIEの26インチホイールの方が、MTB専用で小径だから固いのかな?


MTBリジッドフォーク

フロントサスペンションのように衝撃吸収のために、フォークの全長が変動しない固定(rigid)されたフォーク。
素材にはクロモリ、アルミ、チタン、カーボン(CFRP)などが採用され、最近の傾向では安価なモデルはアルミ。頑丈さではクロモリ。軽量化と振動吸収性でカーボンといった分け方がされているようです。

古い26インチMTBのサスから交換[リジッドフォーク]

GRUNGE(グランジ)

フルカーボンディスクリジット

特長
ステアリングコラムもカーボン化。1.5” & 1-1/8” のテーパーヘッドを採用し軽量と剛性をデザイン。ディスク台座はポストマウントを採用。
肩下サイズ
425mm, 445mm
重量
598g(425mm)
マウント
ディスク台座はポストマウントを採用。
注意事項
1.5” & 1-1/8” のテーパーヘッドを採用。フレーム側も専用規格となりますのでご注意ください。スルーアクスル対応にも注意。

カーボンディスクリジット

特長
外見からは想像がつかない程に軽量に仕上げられたディスク専用カーボンフォーク。アルミクラウンにはアルミコラムが確実に圧入接着。カーボンレッグは強度が必要な部分は肉厚を上げ、頑丈で振動吸収性に優れた仕上がりとなっています。
肩下サイズ
425mm, 445mm, 465mm
重量
680g
マウント
インターナショナルスタンダード、ポストマウント
注意事項
ディスク専用フォークなのでVブレーキの組付けはできません。

カーボンリジット

特長
軽量に仕上げられたカーボンフォークで、カーボンレッグは強度が必要な部分は肉厚を上げ、頑丈で振動吸収性に優れた仕上がりとなっています。アルミクラウンにはアルミコラムが確実に圧入接着。
肩下サイズ
425mm、445mm
重量
730g
ブレーキ
カンティ&ディスク
マウント
インターナショナルス タンダード、ポストマウント
注意事項
極端に激しいパフォーマンスでのご使用はお控えください。




【リジッドフォーク】grungeカーボンフォークをMTBへ装着



    このポストに関連する記事