VooDoo ERZULIE 南さつまサイクリング

鹿児島 南さつま サイクリング[VooDoo ERZULIE]

鹿児島県南さつま市で開催されたJ2南さつま大会「おむすびMTBパラダイス」に惹かれてやって来ました鹿児島県!

本戦の前日には、試走や耐久レースが催されていましたが、南さつまを満喫する為に、VooDoo ERZULIEで南さつまグルリ一周の旅へ出掛けました。

出発は朝9時ごろ、ノンビリと国道270号線を南下します。
緩やかなアップダウンを走ると、思いのほか速いペースで枕崎市へ到着。枕崎って良く耳にする地名だと思ったら、よく台風情報で聴く名前です。結構台風が接近して大変なんですね(^_^;)

さて、枕崎市のコンビニで補充食一個と紅茶一本を購入。これから先のの道中では、トイレとか借りてしまいそうだから、食料品はお借りしお店で購入しようと計画しました。しかし、この判断が後で私を苦しめる事に…

(※)写真画像は耳取峠から眼下に枕崎市を、右奥に薄く見えるのが薩摩富士と呼ばれる開聞岳

南さつま国道226号、魅せるコースト☆

鹿児島 南さつま サイクリング[VooDoo ERZULIE]

J2南さつま大会「おむすびMTBパラダイス」観戦のオプションとして、VooDoo ERZULIEによる、南さつま市一周の旅に出掛けました。
実は3月2日の「天草下島サイクルマラソン」に向けての試走も兼ねていました。

枕崎市のコンビニで「どら焼き」と「紅茶花伝」を手に入れた私は、早速湾岸道路へ突入!

鹿児島 南さつま サイクリング[VooDoo ERZULIE]

蛇行とアップダウンを繰り返す国道を、フロントギアをアウターとセンターと頻繁にチェンジさせながら走ります。
国道という割には道が狭く、民家もあまりないし、当然コンビニもないし…少しずつ嫌な予感がして来ました。

そんな不安を置いといても、進行左側には美しい鹿児島の海が広がる。
所々入り江や、絶壁の海面に太陽の光が眩しく輝き、なんとも素敵過ぎる景色。

鹿児島 南さつま サイクリング[VooDoo ERZULIE]

そんな感動も終わった頃に問題が一つ、コンビニがないと食糧補給が出来ない…まだ全行程の三分の一位しか来ていないのに、どう見てもコンビニなどに巡り会えそうも無い。

その民家のなさに嫌な予感的中する!

現在12時半、朝7時にパンを食べただけ…手持ちは「どら焼き」一個…
この先ペダリング出来るエネルギーが有るのか心配になってきた。

水分・補給食の準備は重要

鹿児島 南さつま サイクリング[VooDoo ERZULIE]

南さつま国道226号線は、私をいじめる様に一層とアップダウンが厳しくなって行く、道が蛇行している為、想像以上に距離を稼がれているし…地図の直線距離では一周80キロ程度のはずだが…こ、これではホントは何キロになるのか?

小高い山道をクリアして集落へ降りるごとに売店を探すが一向に見付からない…やばい、そろそろスタミナ切れする頃だが、ここで「どら焼き」補給をして半分以上走りきれるのか?

自問自答がつづく…かなりヤバい(^_^;)

鹿児島 南さつま サイクリング[VooDoo ERZULIE]

13時を過ぎ、お腹はぐ~ぐ~減り放題。ボトルの水分も少なくなって来て、真剣にまずい状態になってきました。
そして、また一つの山をクリアすると漁港がある集落へ降りて行く、すると有難い事に食堂があったのです。お店をのぞいて見るとパンや菓子類、それにスポーツドリンクもある。

これでハンガーノックと熱中症の心配はなくなりました。

早速パンケーキとチョコ、スポーツドリンクを購入して、ゆっくりと時が流れる様な漁港でエネルギー補給です。

鹿児島 南さつま サイクリング[VooDoo ERZULIE]

さて、エネルギー補給したら、ここからスパーク走行開始です!
って思っていたら、足がもたつくように回転しない…それに容赦なく続くアップダウン…爽やかなコーストロードは一体何処?( ̄口 ̄)

それでも、蛇行する国道から見える景色はとても綺麗で、目や心がピュアになっていきます。


鹿児島 南さつま サイクリング[VooDoo ERZULIE]

野間岳をクリアしたら一気に下り始め、海岸際まで降りて来る。
ここまで来たらもう少し!

と思ったけど、地図上では残り四分の一以上ある。
でも、海岸近くを走っていると、とても気分が良くてバイクは前へ進んで行く。
下りではは60キロ近い速度で終着点の南さつま市を目指す。

この頃になると腰周りの筋肉にダメージが出て来た…まだセッティングが100%出ていないようです。
しかしペダリングする脚力には余裕がある。そんな力が残っていたのが不思議でした。

最後の海岸では、子犬達と遊んだりして心も癒しながら、ついに南さつま市へ到着。
休憩や撮影時間を含めると8時間近くも走ってた…距離的には100キロに達したのでは…当初はプチツーリングだったはずですが、どこがっ(+_+)

鹿児島 南さつま サイクリング[VooDoo ERZULIE]

このサイクリングで、途中でお話出来た地元の方々は、大人から子供まで笑顔が印象的で、南さつまの温かみを頂きました。

こうして、VooDoo ERZULIEによる南さつま超UpDownローリングサイクリングは終了(笑)
サイクリングの後は腰の疲労感がタップリだったので、J2南さつま大会「おむすびMTBパラダイス」会場へは行けませんでした。

湾岸サイクリングは素敵だった。次は指宿辺りを走ろうか?



    このポストに関連する記事