TOP >  FUJIFILM X カメラ - データリスト > 

FUJIFILM X-T2

FUJIFILM X-T2

『X-T2』は、XシリーズT型の最上級グレード。プロ写真家の意見を取入れながら好評だったX-T1をリニューアル。また4K動画撮影機能を追加するなど、より熟成したモデルとなった。

カメラの特長

  • 新型2430万画素のAPS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」を搭載。
  • 画像処理エンジンに従来型の約4倍の処理速度を誇る「X-Processor Pro」。
  • フィルム製造で培った色作りを再現するフィルムシミュレーション。
  • 高速・高精度な位相差AFのエリア拡大とAF基本性能の向上。
  • 被写界深度が浅いポートレート撮影を失敗なく撮れる「瞳AF」
  • 被写体の動きに合わせて「被写体保持特性」「速度変化特性」「ゾーンエリア特性」AF-Cアルゴリズムを大幅に改良。
  • AF-C設定時にピントの追従性を設定できる「AF-Cカスタム設定」
  • 0.77倍、高精細の「リアルタイムビューファインダー」
  • 最速11.0コマ/秒の連写性能と短いブラックアウト時間
  • フル/ノーマル/2画面の切り替えが可能な「マルチモード・ビューファインダー」
  • 4K動画(4K/30P、25P、24P)に対応。フィルムシミュレーション適用動画も可能。
  • ボディはマグネシウム合金を採用。強靱なボディと防塵・防滴・耐低温仕様。
  • SDカードを2枚挿入できるデュアルカードスロットを採用。
  • 背面液晶モニターに3方向チルト式プレミアムクリア液晶を採用。
  • 実用至上主義の操作系統で、重要な操作はダイヤル式。
  • 最速1/8000秒、高耐久のフォーカルプレーンシャッター
  • 性能を最大限に引き出す「パワーブースターグリップ」

機能解説

ファインダー

EVF(電子ビューファインダー)は236万ドットの高精細有機ELタイプのファインダー倍率は0.77倍。

表示タイムラグは0.005秒と、被写体とのズレが少なく違和感を感じさせない。また輝度を2倍アップし自動明るさ調整機能を搭載したことで、強烈な逆光時などでもファインダーの視認性の低下を防ぎます。そのほか、モアレや偽色は徹底的に排除。露出設定が反映されたライブビューを表示するというミラーレスの利点も合わさり、光学ファインダーに匹敵する性能を誇ります。

EVFの表示は通常時で60フレーム/秒、「BOOST」モード時で100フレーム/秒を実現。動きのある被写体も滑らかに切れ間なく表示し続け、光学ファインダーに遜色のない表示を可能にしています。また、低照度時も高速フレームレートを実現し、夜間の撮影でも滑らかな表示による快適なフレーミングがおこなえます。

ファインダーの高速化と連携できるように連写性能も向上。メカニカルシャッター使用時で11コマ/秒、ライブビュー使用時で5コマ/秒を可能にします。ブラックアウト時間は従来比半分以下に短縮。

マルチモード・ビューファインダー

高倍率に表示されるファインダーは電子ビューファインダーのメリットを最大限に引き出せます。

まずはファインダー倍率を活かして高解像度な画面情報でフレーミングできる「フル」、データ視認性に優れた「ノーマル」、MF操作に特化した「2画面」と、さまざまなファインダーモードが撮影効率をアップさせます。また「ノーマル」「フル」では、縦撮りの際にファインダー表示が自動で回転します。

イメージセンサー

つねに高画質な映像情報を受け止める新型の2430万画素のAPS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」を搭載。非周期性の高いカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色を抑制。
これに、被写体のイメージを優れたXFレンズとの組み合わせによって、画素数を上回る解像力を実現。さらに読み出し速度が向上した事で、高速連写、高精度AF追従、高速ライブビュー表示、高画質な動画性能などにも能力を発揮しています。

画像エンジン

画像エンジンも「X-Processor Pro」へ一新され、従来スペックの約4倍の処理速度を可能にしました。また、内蔵メモリ増大や演算性能の向上により、イメージセンサー[X-Trans CMOS III]の能力を最大限に引き出します。
これらのセンサーとエンジンは超高画質を実現すると同時に、撮影間隔、シャッタータイムラグ、AF精度などあらゆるレスポンスを高速、高精度化。それによってライブビューの表示スピード向上、連写コマ数の向上、動体撮影時の残存現象低減などにも貢献しています。

フィルムシミュレーション

また画像エンジンなどのモジュールが導きだす映像の色合いは、フィルム製造で培った技術が「フィルムシミュレーションモード」に活かされ、鮮やかな“記憶色”が楽しめる「PROVIA」や「Velvia」をはじめ、高精細モノクロモード「ACROS」など全15種を搭載。また粒状感を加える「グレインエフェクト」などを併用して銀塩フィルム独特の豊かな色再現と階調を再現させています。

フォーカス

X-T2では、高速・高精度な位相差AFのエリア拡大とAF基本性能の向上を実解しています。

高速・高精度なAFに長けた位相差AFエリアは、被写体を抑えることが予想される範囲を予測して、その性能をもっとも発揮できる最大エリアに最適化。同時に像面位相差が苦手とした点光源、ローコントラスト、微細なテクスチャを持つ被写体の捕捉性能も改善。暗所に優れるコントラストAFの性能も向上しており、-3EVの低照度時でも的確なフォーカシングが可能。またAF-C+低速連写時のAFサーチ頻度も向上し、あらゆる面でAF性能が進化しています。

測距点は「X-T1」の49点から91点(最大325点)に拡大。位相差AFが発動する回数も向上しており、高速・高精度な位相差AFを多くのシーンで活かすことができます。

また、背面に「フォーカスレバー」を搭載。スティック操作による、縦・横・斜めの8方向にフォーカスエリアを瞬時に移動することができます。

顔検出・瞳AF

カメラが自動的に顔を検出する「顔検出」、また瞳を自動的に検出してピンポイントでピントを合わせる「瞳AF」をONにすれば、被写界深度が浅いポートレート撮影を失敗なく撮ることができます。左右の瞳、手前にある瞳など優先的にピントを合わせる位置を設定することも可能。精度は高く、プロの使用にも耐える機能へとグレードアップしています。

MF

狙った場所にピンポイントでピントを合わせるMF(マニュアルフォーカス)機能も充実。
フォーカスモードレバーを「MF」に設定することで、ピント合焦部を色づけする「フォーカスピーキング」、像のズレを合わせることでピント合わせをおこなう「デジタルスプリットイメージ」などのMFアシスト機能を、フォーカスリングを回すだけの操作で使うことができます。マクロ撮影やポートレートなど、被写界深度の浅く高いピント精度が求められる撮影に力を発揮します。

液晶モニター

背面液晶モニターには、3方向チルト式プレミアムクリア液晶を採用 。横位置撮影時には上下にチルト、縦位置撮影時は上方向にチルト。チルトをさせてもレンズの光軸上に液晶が位置するため、ハイアングルやローアングルでの撮影も快適です。液晶は3.0型104万ドット、強化ガラスを採用。非チルト時はボディにすっきりと収納されます。

操作系

撮影重視のダイヤル系

シャッタースピード、ISO感度、露出補正、ドライブモード、測光モードなど、露出決定に重要な操作はダイヤル式。電源がOFFの状態でも設定変更することができ、次の撮影に備えることができます。誤作動の防止、ロック&リリースボタンの快適さなど、操作性も追求した実用至上主義の操作系統です。

「C」ポジション搭載の露出補正ダイヤル

露出補正はダイヤル式を採用し、±3段、1/3ステップで露出補正がおこなえます。また「C」ポジションを選択すれば、コマンドダイヤルで±5段までの露出補正に対応。強い光源を背にした逆光撮影などにおいても被写体を明るく写すことができるほか、コマンドダイヤルを搭 載したパワー・ブースター・グリップ使 用時も「C」ポジションを選択することで操作系が統一され、グリップから手を離すことなく露出補正がおこなえます。

動画撮影

動画は近年のトレンドである4K動画に対応。4K動画(4K/30P、25P、24P)は必要な画素数の約1.8倍、フルHD動画(1080/60P、50P、24P)も約2.4倍の情報量を凝縮。モアレやジャギーの少ない圧倒的な高画質を実現しました。また、100Mbpsの高ビットレート記録にも対応しています。

また動画の色合いエフェクト効果として「フィルムシミュレーション」の動画記録にも適用可能になりました。

その他

最速1/8000秒のシャッターユニット

15万ショットの耐久力を誇る最速1/8000秒、フラッシュシンクロ速度1/250秒のフォーカルプレーンシャッターを搭載 。同時に静音性に優れる最速1/32000秒の超高速電子シャッターも搭載し、晴天下でも適正露出で開放撮影がおこなえます。

防塵・防滴・耐低温仕様

ボディはマグネシウム合金を採用。小型軽量ながら、高い堅牢性・高耐久性を実現しています。カメラ本体は63点に施されたシーリングにより水滴やホコリに強い防塵・防滴構造。また、-10℃の耐低温性能も備え、本格的なフィールド撮影を可能にします。防塵・防滴対応レンズとパワー・ブースター・グリップも同様のシーリングを施すことにより、システム全体で防塵・防滴性を確保しています。

デュアルカードスロット

撮影記録用のSDメモリカードを2枚挿入できるデュアルカードスロットを採用。大事な撮影データーを2箇所に保存できるため、確実性の高いデータ保存がおこなえます。スロット1、スロット2ともに書き込み速度に優れたUHS-II規格に対応。「連続記録」「バックアップ」のほか、スロット1にRAWを、スロット2にJPEGを記録する「振り分け」や「動画保存先」の4種の記録方式が選択できます。

X-T2・仕様

型番 FUJIFILM X-T2
有効画素数 2430万画素
撮像素子 23.6mm×15.6mm(APS-Cサイズ) X-Trans CMOS IIIセンサー 原色フィルター採用
センサークリーニング 圧電素子による超音波方式
記録メディア SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード(UHS-Ⅰ/UHS-II 対応)(*8)
レンズマウント FUJIFILM Xマウント
撮影感度 感度設定 AUTO(ISO12800まで設定可能)
ISO200~12800(1/3ステップ) (標準出力感度)
拡張感度 ISO100/25600/51200
ファインダー

電子ビューファインダー
0.5型 有機ELファインダー 約236万ドット(視野率:約100%)
アイポイント:約23mm(接眼レンズ最後尾から)
視度調整範囲:-4m-1~+2m-1
ファインダー倍率:0.77倍
水平視野 約31°(対角視野 約38°)
アイセンサー付き

液晶モニター 3.0型 3:2アスペクト 3方向チルト式TFTカラー液晶モニター 約104万ドット(視野率約100%)
連写 14コマ/秒(電子シャッター設定時)、8コマ/秒(メカニカルシャッター設定時)
11コマ/秒(メカニカルシャッター設定時、VPB-XT2装着時)
動画 4K 3840×2160 29.97P/25P/24P/23.98P 連続最大 約10分まで
Full HD 1920×1080 59.94P/50P/29.97P/25P/24P/23.98P 連続最大 約15分まで
HD 1280×720 59.94P/50P/29.97P/25P/24P/23.98P 連続最大 約30分まで
※UHSスピードクラス3以上のメモリーカードをご使用ください。
電源 充電式バッテリーNP-W126S(リチウムイオンタイプ)(付属)
寸法・質量 (幅)132.5mm×(高さ)91.8mm×(奥行き)49.2mm(奥行き最薄部35.4mm)
約507g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
約457g(バッテリー、メモリーカード含まず)
標準撮影枚数(*9) 約340枚(XF35mmF1.4R使用時、ノーマルモード時)
付属品 充電式バッテリーNP-W126S(リチウムイオンタイプ)、バッテリーチャージャーBC-W126、クリップオンフラッシュEF-X8、縦位置パワーブースターグリップ用端子カバー、ショルダーストラップ、ボディキャップ、ストラップリング、ストラップリングカバー、ストラップリング取り付け補助具、ホットシューカバー、シンクロターミナルカバー、使用説明書、保証書一式

X-T2・販売価格

カメラボディ

レンズキット

液晶保護フィルム

ガイドブック