【グラベルロード】GIANT ToughRoad 日本発売決定(価格・重量情報)

アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]

幅広いジャンルの自転車を開発販売するワールドワイドなサイクルブランド『GIANT(ジャイアント)』。

このブランドの2016年モデルは、すでに海外の一部の国では発表しており、日本でのアナウンスが期待されていました。そんななか、先日サイクルショップ向けの展示会が開催され、日本国内で販売されるバイクが会場にならぶことになりました。

アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
私が注目した2016年モデルは『ToughRoad(タフロード)』です。


Toughroad

このバイクの概要は、オンロードの巡航性能とオフロードの走破性・快適性をあわせもつフラットバーハンドル(実際は少しアップライズされている)のグラベルロードです。このバイクの詳しい内容は前回の記事[【グラベルロード系クロスバイク】GIANT TOUGHROADはMTBとクロスバイクをミックスしたバイク]を参照されて下さい。
アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
グラベルロード(=グラベルグラインダー)とは、フラットなダートロードやシングルトラックを長距離移動するためのバイクで、欧米では数百キロの砂利道を走破してタイムを競うグラベルロードレースが盛んです。

このグラベルロードバイクには二つの方向性があって、ひとつは競うためのレーサー。もうひとつは旅するためのツアラーです。

今回取り上げているToughRoadはツアラーになります。

価格・重量・オプション

このToughRoad。グレード・仕様ともに海外との差はなく、軽量アルミフレームを採用した『SLR 1』と『SLR 2』の2グレード展開で販売されます。

販売価格
【SLR 1:140,000円(税別)】、【SLR 2:110,000円(税別)】
重量
【SLR 1:11.9kg(サイズ490mm、前後キャリア込み)】、【SLR 2:11.3kg(サイズ490mm)】
取扱サイズ
【430 / XS】、【460 / S】、【490 / M】
アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
この2グレードの差は、ドライブ系の構成パーツの違いのほかに、SLR 1には前後キャリアが標準装備。
アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
SLR 2はキャリアを装備しないバイクで、そのあたりのパーツ構成違いによってSLR 1の重量が重くなっています。


重量の件で「SLR 1は重いのかぁ」と落胆している方、この標準装備の前後キャリアは取外しが可能になっていますので、パニアケースや荷物を搭載しないばあい外しておく事ができます。このキャリアを外した時の重量が気になるところですね。

ところで、SLR 2にはキャリアが装備されていませんが、購入後に必要になったばあいを考慮して、GIANTからオプションパーツ『RACK-IT-METRO』として販売されます。【フロント用:3,000円(税別)】、【リア用:5,000円(税別)】
アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
また「キャリアは車重が増えるし、そんなに積まない。」と考えるユーザーには、軽量なフレームバッグ『SCOUTシリーズ』等が多数販売されます。
これらのバッグはToughRoadに完全にフィット。内容はフル装備でハンドルバーバッグ[容量:6L、7,000円]、フレームバッグ[容量:8.9L、6,000円(4.2Lもあり)]、シートバッグ[容量:9L、6,000円]と十分な収容能力があり短期間の宿泊サイクリングを可能にします。これらのバッグは防水ナイロン素材で縫製されているので、予想しない雨でも安心でしょう。価格(税別)もリーズナブルです。
アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
この他にも、キャリアへ装着できるパニアケース H2Oシリーズ(持運びに便利なトート型)も用意されますので、運びたい容量や重量によって使い分ければ、幅広いニーズに対応できそうです。

この『ToughRoad(タフロード)』。すでに予約は受付中で、納期は12月頃の予定です。


タフロード長期レビュー

スポーツ自転車は、買ったあとも意外と手を加えることがあります。基本は、細かく身体に合わせたり(フィッティング)。さらに、自分の求める走り方に部品を交換したり、より軽快に走行できるよう軽量化したりと、乗り手に好みに合わせたアップデートができます。

タフロードは軽量化すればクロスバイクのように高速に走れ、グリップの良い太いタイヤをはかせれば悪路も走れ、荷物を積載すればロングツーリングも可能です。また、ドライブトレイン(変速機・ギア)を変更すれば脚力と走行フィールドに最適化した走行も可能です。

そのような多彩な方向性に対応できることを Toughroad で実施して『GIANT Toughroad 長期レポート』として長期レビューします。

GIANT Toughroad 長期レポート




Gravel Bike リスト

スペック 価格[グラベルロード フレームセット販売]



    このポストに関連する記事