【グラベルバイク】ToughroadはMTBとクロスバイクをミックス

アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
2016年はグラベルロードバイク豊作に違いないほど多数のブランドからニューバイクがリリースされています。たくさん登場するということは、選択肢が増えて自分にマッチしたバイクに出会える可能性が高くなります。

私はグラベルロードを購入するため、すでに数種類のバイクをピックアップして、入荷時期をチェックしながら最終的な検討に入っています。

ちなみに、グラベルロードバイクが登場する前は、クロスバイクにシクロクロス用タイヤを装着して路面を選ばない長距離サイクリングバイクを検討していました。しかし、軽量なクロスバイクは『フラットバーロード』といわれるターマック(舗装路面)走行をメインにしたモデルがほとんど。それに伴ってロードバイクと同じアーチ型ブレーキの採用やフレームの制約によって、30cなどのワイド幅タイヤを装着することはできませんでした。

しかし、近年ブレーキに関しては、クロスバイク用のミニVブレーキやディスクブレーキの普及によって、その制約は少し解消されつつあります。



Toughroad

アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
そして今回、ワイドタイヤを装着できるクロスバイクとして『GIANT(ジャイアント)』から、ニューコンセプトバイク『ToughRoad(タフロード)』が登場してきました。

ToughRoadの方向性は、フラットバーハンドルのグラベルロードバイクで、ジャンル的にはマウンテンバイクとクロスバイクの中間といったコアな存在。グラベルロードバイクに採用される競技的なドロップハンドルはあえて選択せず、取扱いが容易でバイクコントロールに優れたフラットハンドルバーを採用しています。
アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
この新しいバイクには、軽量なアルミフレーム『ALUXX SLR-grad』を採用。砂利や起伏のある路面からの衝撃を緩和させるために、衝撃吸収性を高めたシートステイを設計に組み込み。さらにシートポストには、シクロクロスレーサーにも採用されている『D-Fuse テクノロジ』コンポジットカーボンとして、軽量化と振動吸収を両立させています。
また、ダウンチューブには、跳ね石からフレームを保護するフレームプロテクターを装備。同時にプロテクターへケーブルを隠すことができます。


このバイクには、MTBのような高い強度を必要としないため、重量は重くなくオンロードを軽快に走り抜けます。その他に、クロスバイクよりフレームの強度を必要な部分でアップさせ、ワイドなタイヤ(Maxxis Maxxlite Speed / 700 × 50c)を履くことで、ロードバイクのような巡航速度の維持のしやすさと、グラベルロードからフラットなシングルトラックまでの走行を可能としています。
アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
また、フレームにセットされるフォークは、悪路からの振動吸収性と強度を高めた専用設計のカーボンフォークを採用し、積載性を考えたキャリアラックマウントも装備しています。
アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
ToughRoadのグレードは『SLR1』と『SLR2』と2グレードを用意。この二つの違いは採用されるパーツのグレードだけでなく、SLR1には前後キャリアが標準で装備され、大型のパニアケースの装着を可能にしていることです。


アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
しかし、キャリアを装備することで重量増加を気にするバイカーは、大きい前フレーム三角形をいかして軽量なフレームバッグを利用することをオススメします。

ドライブトレインはロード系ではなくMTB系を採用。斜度のある荒れた路面でもスムーズなペダリングを提供するため、ミドルスピードレンジを中心としたギアリング設定になっています。

SLR1は『SRAM(スラム)』のX7 / GXのミックスコンポーネント。フロントチェーリングは42/28tのダブル。リアカセットコグは11 × 36tの10速。ブレーキは『SHIMANO(シマノ)』M395油圧ディスクブレーキで、ローター径は160ミリ。

『ToughRoad』は完成車のみの販売。販売価格は、SLR1が【US$1,300】、SLR2が【US$870】とリーズナブルになっています。
アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
日本市場での販売は今のところ未定ですが、9月上旬の『GIANT 2016年モデル展示会』で登場することに期待しましょう。

【追記:Toughroad SLR 1を注文しました。】
先日[2015年12月22日]に発注してきました。入荷予定は2016年1月上旬。注文したサイズは【XS】です[管理人の身長約166センチ]。手軽にパニアケースやサイクルバッグが搭載出来るバイクが欲しかったから納車が楽しみ。素性が良ければパーツをアップグレードさせる予定です。[管理人:mt-biker☆]
【追記:Toughroad SLR 1納車されました。】
納車されたバイク詳細情報アップしました。〔GIANT Toughroad SLR 1 納車レビュー[Review 1]〕にて掲載しております。

タフロード長期レビュー

スポーツ自転車は、買ったあとも意外と手を加えることがあります。基本は、細かく身体に合わせたり(フィッティング)。さらに、自分の求める走り方に部品を交換したり、より軽快に走行できるよう軽量化したりと、乗り手に好みに合わせたアップデートができます。

タフロードは軽量化すればクロスバイクのように高速に走れ、グリップの良い太いタイヤをはかせれば悪路も走れ、荷物を積載すればロングツーリングも可能です。また、ドライブトレイン(変速機・ギア)を変更すれば脚力と走行フィールドに最適化した走行も可能です。

そのような多彩な方向性に対応できることを Toughroad で実施して『GIANT Toughroad 長期レポート』として長期レビューします。

GIANT Toughroad 長期レポート



TOUGHROAD 仕様

SLR1 スペック
アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]
ジオメトリ
アドベンチャー グラベルバイク レビュー[GIANT Toughroad]



    このポストに関連する記事