GIANT Toughroad 長期レポート

長期レポート[ジャイアント タフロード評価]

台湾の世界最大の自転車製造メーカー『GIANT(ジャイアント)』がリリースするグラベルバイク『Toughroad(タフロード)』。
このバイクのポテンシャルを気に入った個人が複数台のタフロードを購入。軽量化を含め、さまざまな最適化や仕様条件にむけて部品交換。さらに長期ライディングして長所・短所を評価レビューするページです。

Toughroad は、クロスバイクの巡航スピードに、MTB のような耐久性をプラスした、グラベル(砂利道)などを走破するために開発された『グラベルバイク』です。また、前後にキャリアを装備できるため、装着したパニアケースにキャンプ道具や着替えなどを入れて泊りがけツーリングも可能になっています。




Toughroad レビューリスト

所有するグラベルバイク『Toughroad』シリーズのインプレのほか、アップグレード情報を掲載しています。

2018 Toughroad SLR 2インプレ

タフロード 2018年モデルの廉価グレード『Toughroad SLR 2』は、ドライブコンポーネントなどは昨年モデルと同じ。ところが、カーボンフォークとホイールセットなどが設計変更をうけて軽量化しました。
タフロードの評価[2018 Toughroad SLR 2]

2017 Toughroad SLR 0インプレ

タフロードシリーズ最軽量グレードの『Toughroad SLR 0』は、フロントチェーンリングがシングルの〈1 × 11〉モデル。29er MTBのようにSRAM GXのドライブコンポーネントを採用する。

2017 Toughroad SLR 2インプレ

GIANT アドベンチャーバイクの廉価モデルになる『Toughroad SLR 2』。2017年モデルはフレームジオメトリの変更のほか、販売価格が安くなりコストパフォーマンスが一層高くなりました。

2016 Toughroad SLR 1インプレ

2016年のみ販売された前後キャリア標準装備の『Toughroad SLR 1』の詳細レビューを掲載。





Toughroad 軽量化:FULCRUM

ホイール軽量化:フルクラム[Toughroad SLR 長期インプレ]
回転運動を路面に伝えて走る『乗り物』は、ホイール・タイヤの軽量化がもっとも効率が良いと言われています。

Toughroad は特にタイヤが重いため、手軽な軽量化としてタイヤ交換をオススメします。タイヤ交換が済んで、次の軽量化ステップは『ホイール』か『変速機』でしょうか。

所有している ToughRoad では、とくに変速系の交換が必要ないばあいは、タイヤ → ホイールの順にグレードアップしています。
タイヤは Panaracer GravelKing SK(パナレーサー グラベルキング SK)の〈700 × 38C〉をメインに使用。ホイールは FULCRUM(フルクラム)の MTB 用と、ロードバイク用を選んでいます。

最近とくに気に入って装着しているのが、軽量なディスクブレーキ対応ロード用ホイールです。Toughroad SLR に採用したホイールは以下ホイールになります。

    Toughroad 換装ホイール

  • Racing 4 DB 2WAY-R + Panaracer GravelKing SK 38C
  • Racing 5 DB 2WAY-R + Panaracer GravelKing SK 38C
  • Racing 7 DB 2WAY-R + Panaracer GravelKing SK 38C
  • Racing 7 DB 2WAY-R + Panaracer GravelKing SK 43C

ディスクブレーキのローターは、Shimano センターロック。タイヤは、チューブを使うクリンチャーと、チューブレスを一部で採用しています。


FULCRUM ホイールと Panaracer タイヤのレビューは、情報がまとまりしだい掲載していきます。

GIANT Toughroad 純正キャリア・パニアバッグ評価