GIANT Toughroad 長期レポート

長期レポート[ジャイアント タフロード評価]

台湾の世界最大の自転車製造メーカー『GIANT(ジャイアント)』がリリースするグラベルバイク『Toughroad(タフロード)』。
このバイクのポテンシャルを気に入った個人が複数台のタフロードを購入。軽量化を含め、さまざまな最適化や仕様条件にむけて部品交換。さらに長期ライディングして長所・短所を評価レビューするページです。

Toughroad は、クロスバイクの巡航スピードに、MTB のような耐久性をプラスした、グラベル(砂利道)などを走破するために開発された『グラベルバイク』です。また、前後にキャリアを装備できるため、装着したパニアケースにキャンプ道具や着替えなどを入れて泊りがけツーリングも可能になっています。


Toughroad レビューリスト

所有するグラベルバイク『Toughroad』シリーズのインプレのほか、アップグレード情報を掲載しています。

2018 Toughroad SLR 2インプレ

タフロード 2018年モデルの廉価グレード『Toughroad SLR 2』は、ドライブコンポーネントなどは昨年モデルと同じ。ところが、カーボンフォークとホイールセットなどが設計変更をうけて軽量化しました。
タフロードの評価[2018 Toughroad SLR 2]

2017 Toughroad SLR 0インプレ

タフロードシリーズ最軽量グレードの『Toughroad SLR 0』は、フロントチェーンリングがシングルの〈1 × 11〉モデル。29er MTBのようにSRAM GXのドライブコンポーネントを採用する。

2017 Toughroad SLR 2インプレ

GIANT アドベンチャーバイクの廉価モデルになる『Toughroad SLR 2』。2017年モデルはフレームジオメトリの変更のほか、販売価格が安くなりコストパフォーマンスが一層高くなりました。

2016 Toughroad SLR 1インプレ

2016年のみ販売された前後キャリア標準装備の『Toughroad SLR 1』の詳細レビューを掲載。

GIANT Toughroad 純正キャリア・パニアバッグ評価