【平成30年7月豪雨】広島・呉《通行止・迂回路地図》

広島・呉《現在の通行止め・平成30年7月豪雨》

『平成30年7月豪雨』の影響による広島方面の道路通行止などの情報を掲載しています。
〈更新:平成30年8月18日現在〉

広島・呉 通行止マップ

広島市・呉市方面の通行止および通れる道路の地図(画像はクリックで拡大できます)です。〈地図情報:2018年8月7日現在〉

広島・呉 道路《通行止め地図・2018年8月7日現在》

呉市周辺道路の通行止および通れる道路の地図(画像はクリックで拡大できます)です。〈地図情報:2018年8月18日現在〉

【平成30年7月豪雨】呉(広島)周辺の道路規制情報

広島 呉 道路の現状と復旧

広島 呉 道路の被災状況及び復旧に関する今後の見通しと対策のため、学識者をふくめて検討委員会を設置。第一回の検討委員会(現地視察を含む)が〈2018年7月13日〉に開催されます。おもに以下の情報に関する情報交換と復旧計画の検討がなされます。

  • 広島呉道路は、平成30年7月豪雨の影響により、7月6日から全区間(16km)が通行止めとなっています。土石流による道路崩壊1箇所(水尻)、土砂流入による車線閉塞6箇所(天応西IC付近)、IC出入口アクセス道路への土砂堆積1箇所(天応東IC)が発生し、通行再開には相当の期間を要する見込みです。
  • 早期の通行再開のため、西日本高速道路株式会社は、学識者による「広島呉道路災害復旧に関する技術検討委員会」を立ち上げ、特に重篤な被災箇所(水尻の道路崩壊)を対象に復旧に関する検討を行うこととしました。

広島 呉 道路の現状と復旧【第2報】

『平成30年7月豪雨』の被害によって〈2018年7月6日 18時頃〉より通行止になっている『広島 呉 道路』の災害復旧に関する検討委員会が〈2018年7月20日〉に開催。これによって、広島 呉 道路の被災状況と今後の復旧計画の情報交換がなされました。(画像はクリックで拡大できます

広島・呉 道路の通行止状況〈2018年7月20日 現在〉

被災の主な原因

  • 高速道路区域外で発生した土石流が道路区域内(盛土ポケット)に流入した。
  • この土石流による大量の流木と土砂が、道路盛土内の横断排水管(コルゲートパイプ)呑口を閉塞。
  • 盛土ポケットの排水機能が絶たれた結果、路面及び盛土内に雨水が流入・浸透・滞水し続けた。
  • その結果、盛土法面が浸食されるとともに、盛土内水位が上昇し、不安定となり崩壊に至った。

広島・呉 道路の通行止状況広島・呉 道路の通行止状況

復旧方針

道路構造
  • 現状の盛土構造を再構築する。
  • 盛土法尻に鋼製ふとんかごを、盛土内に地下排水溝を増やすなど、盛土の排水機能を向上させる。
土砂流入対策
  • 土石流が発生した沢部に土石流に対する防護対策を実施する。
  • 横断配水管が閉塞しないよう、呑口に閉塞軽減工を設置する等の対策を講じる。

復旧見込

  • 崩壊土砂(約 13,000 ㎥)の撤去後、盛土を復旧し、道路を再構築(24時間施工)。
  • 2018年11月の復旧を目標とする。

山陽自動車道 復旧情報

平成30年7月豪雨により被災し、一般車両の通行止めが続いていた【山陽自動車道(広島 IC 〜 河内 IC)】について、本日(7月14日)午前6時に通行止解除しました。
※画像はクリックで拡大できます。

山陽自動車道の通行止・迂回路 地図情報【平成30年7月豪雨】

道路復旧情報

高速道路の通行止め解除の見通し〈平成30年7月9日〉

平成30年台風7号及び前線等により被災し、通行止めが続いている高速道路のうち、以下の各区間について、通行止めを解除する見込みとなりました。〈平成30年7月9日現在〉

7月9日中
岡山自動車道(賀陽かようIC〜有漢うかんIC) ※一部片側交互通行区間あり
7月10日朝
・山陽自動車道(福山ふくやま西にしIC~河内こうちIC)
・尾道自動車道(尾道おのみちJCT~尾おの道北みちきたIC)
7月10日中
東広島呉道路(高屋たかやJCT~阿賀あがIC)
その他
山陽自動車道(河内こうちIC~広島ひろしまIC)は、今後1週間程度で通行止めを解除見込み

高速道路の通行止め解除について

平成30年7月豪雨により被災し、通行止めが続いている高速道路のうち、以下の区間について通行止めを解除しました〈平成30年7月9日現在〉

今回解除
予定〈10日〉朝よりも早く、本日17時に解除)
  ・山陽自動車道(福山ふくやま西にしIC~本郷ほんごうIC):広島空港への高速道路によるアクセス(東側)を確保
  ・尾道自動車道(尾道おのみちJCT~尾おの道北みちきたIC)
7月10日朝
山陽自動車道(本郷ほんごうIC~河内こうちIC)
7月10日中
東広島呉道路(高屋たかやJCT~阿賀あがIC)
その他
山陽自動車道(河内こうちIC~広島ひろしまIC)は、今後1週間程度で通行止めを解除見込み

高速道路の通行止め解除について〈平成30年7月10日〉

平成30年7月豪雨により被災し、通行止めが続いている高速道路のうち、以下の区間について通行止めを解除しました〈平成30年7月10日現在〉

今回解除

  • 山陽自動車道(本郷ほんごうIC~河内こうちIC) 本日5時に解除済み
  • 東広島呉道路(高屋たかやJCT~阿賀あがIC) 本日7時に解除済み

これにより、福山方面から呉へのアクセスを確保。

今後の予定

  • 山陽自動車道(広島ひろしまIC~河内こうちIC) は、今後1週間程度で通行止めを解除見込み

あわせて、本日10時より、山陽自動車道(広島ひろしまIC~河内こうちIC)において、緊急車両に加え、救援物資等を輸送する車両を通行可能とする運用を開始。これにより、山陽自動車道全線を緊急輸送に活用できることとなります。

高速道路の通行止め解除(第4報)〈平成30年7月10日〉

〈平成30年7月10日現在〉
平成30年7月豪雨により被災し、通行止めが続いている北九州高速道路及び九州自動車道のうち、以下の区間について通行止めを解除しますのでお知らせします。

本日17時に解除(予定)

  • 北九州高速道路4号線(春日かすが~足立あだち、黒崎くろさき~金剛こんごう)
       ※春日かすが~富野とみの間は、下り車線を1車線運用(40km/h規制)、黒崎くろさき~小嶺こみね間は、上り車線を1車線運用(50km/h規制)

残る通行止めについては、復旧が完了した車線より、順次、通行を再開する予定です。

被災後の高速道路の交通状況についてお知らせ〈平成30年7月10日〉

〈更新:平成30年7月10日現在〉
平成30年7月豪雨による被災後の高速道路の交通状況についてお知らせします。

  • 東西方向の交通について、被災直後は、山陽道及び中国道の通行止めに伴い、山陰道に迂回していましたが、7/9に中国道が全線復旧したことにより、中国道への迂回が増加しており、リダンダンシー(代替路としての機能)を発揮しています。
  • 山陽道は、7/10 10時より、緊急車両や救援物資輸送車両の通行が可能となっていますが、混雑が予想されることから、大阪方面から九州方面などの広域利用の方については、引き続き、中国道への迂回をお願いいたします。

※ 中国道、岡山道経由の料金は、途中で流出しない限り、山陽道経由の料金と同額の調整を行っています。

高速道路の通行止め解除(第5報)〈平成30年7月11日〉

平成30年7月豪雨により被災し、通行止めが続いている高速道路のうち、以下の区間について通行止めを解除しますのでお知らせします。〈更新:平成30年7月11日現在〉

今回解除

  • 九州自動車道(門司もじIC~小倉東こくらひがしIC)本日11時30分に下り線を開放

※(上り線)通行止めを継続。(下り線)今回、通行止めを解除。これにより、既に開放済みの北九州高速道路とあわせて、本州と九州を連絡する交通軸を上下線ともに2車線以上確保。
  
  

広島県内における幹線道路の通行止め解除〈平成30年7月11日〉

平成30年7月豪雨により被災し、通行止めが続いている広島県内の幹線道路について、以下のとおり、通行止めの解除の見込みについてお知らせします。〈更新:平成30年7月11日現在〉

本日中

  • 一般国道31号(広島市~呉市)
    ※一部で工事規制区間があります。これにより、広島市と呉市間の交通を確保。
  • 一般国道185号呉市仁方(にがた)町
  • 一般国道185号呉市川尻(かわじり)町

7月12日(木)

  • 尾道自動車道(尾道北IC~世羅IC)

7月12日(木)~21日(土)頃めど

一般国道2号選の今後の道路復旧についての予定計画。

  • 7/12(木)広島市安芸区上瀬野
  • 7/13(金)竹原市田万里
  • 7/21(土)頃のめど:広島市安芸区中野東町、広島市安芸区中野東6丁目、東広島市八本松は(ちほんまつ)町

以上で広島県内の国道2号は解除完了。

7月15日(日)頃

  • 山陽自動車道(広島IC~河内IC)※現在、救援物資等を輸送する車両を通行可能とする運用を実施中。以上で山陽道は解除完了。
  • 一般国道185号:竹原市高崎。以上で広島県内の国道185号(直轄管理区間)は解除完了。

※片側交互通行等で通行可となる区間などは、工事のための規制区間があります。

東海北陸自動車道の通行止め解除の見通し〈平成30年7月11日〉

平成30年7月豪雨により被災し、通行止めが続いている東海北陸自動車道(荘川しょうかわIC~飛騨ひだ清見きよみIC)について、7月13日(金)に通行止めを解除する見込みとなりましたのでお知らせします。〈更新:平成30年7月11日現在〉

高知自動車道の通行止め解除の見通し〈平成30年7月11日〉

平成30年7月豪雨により被災し、通行止めが続いている高知自動車道(川之江かわのえ東ひがしJCT~大豊おおとよ)について、7月13日(金)に通行止めを解除する見込みとなりましたのでお知らせします。
※一部対面交通区間あり〈更新:平成30年7月11日現在〉

広島県内における幹線道路の通行止め解除〈平成30年7月11日〉

平成30年7月豪雨により被災し、通行止めであった広島県内の幹線道路について、以下のとおり、通行止めを解除しましたのでお知らせします。〈更新:平成30年7月11日現在〉

  • 一般国道31号(広島市~呉市)平成30年7月11日(水)23時解除

※これにより、広島市~呉市間のアクセスが確保されます。
特に朝夕など、渋滞の発生が予想されます。相乗り等の交通量の抑制にご協力をお願いします。

広島県内における幹線道路の通行止め解除〈平成30年7月12日〉

平成30年7月豪雨により被災し、通行止めであった広島県内の幹線道路について、以下のとおり、通行止めを解除しました

尾道(おのみち)自動車道 尾道北IC~世羅(せら)IC
平成30年7月12日(木)10時解除

広島 呉 道路の通行止め解除の見通し〈平成30年7月12日〉

広島呉道路は、平成30年7月豪雨の影響により、7月6日から全区間(16km)が通行止めとなっています。今後の道路復旧予定は以下の通りです。

今後の予定

  • 昨日(11日)夜に、並行する国道31号の全面通行止めが解消しましたが、本日開催した「第1回広島県災害時渋滞対策協議会」での検討も踏まえ、呉市への物資の輸送などを円滑に行うことができるよう【仁保IC~坂北IC(3km)】について、明日(13日)中に通行止めを解除することとしましたのでお知らせします。
    これにより、並行する国道31号の交通の円滑化や、広島都市高速道路から呉方面へのアクセス性の向上が期待されます。
  • 残る区間(坂北IC~呉IC(13km))についても、早期の通行止め解除に向け、引き続き復旧作業を推進してまいります。

山陽自動車道等の通行止め解除の見通し〈平成30年7月13日〉

平成30年7月豪雨により被災し通行止になっている道路の解除予定と見通しの情報を掲載。

解除予定

山陽自動車道(広島 IC ~ 河内 IC)
平成30年7月豪雨により被災し、一般車両の通行止めが続いている【山陽自動車道(広島 IC ~ 河内 IC)】は、明日〈7月14日〉に一般交通へ開放する見込みとなりました。
これにより、東西の大動脈である山陽道の通行止めは全て解除され、7月5日以降、9日間ぶりに機能を回復することになります。
広島高速1号線(馬木~広島東)
現在通行止の【広島高速1号線(馬木~広島東)区間】は、明日〈14日〉山陽道の一般開放とあわせて通行止めを解除し、山陽道と接続する見込みとしています。
※広島高速1号線 福田入口については、復旧工事のため引き続き利用できません。

広島呉道路の通行止めの解除〈平成30年7月13日〉

平成30年7月豪雨により被災し、通行止めが続いている広島呉道路のうち【仁保 IC ~ 坂北 IC】の区間について、本日18時に通行止めを解除しました。

解除した道路・区間

広島呉道路【仁保 IC ~ 坂北 IC(区間 3 km)】
当分の間、本区間の料金は半額(例えば普通車は100円)とします。
※ETC車は本日(13日)18時から、現金車は明日(14日)0時から半額とします。

これにより、広島都市高速道路から呉方面へのアクセス性の向上が期待されます。

今後復旧する残り区間

広島呉道路【坂北 IC ~ 呉 IC(13 km)】
残る区間 坂北 IC ~ 呉 IC(区間 13 km)については、土石流による道路崩壊箇所【水尻】等があり、通行再開には相当の期間を要する見込みです。

ネクスコ西日本は、学識者による「広島呉道路災害復旧に関する検討委員会」を本日立ち上げ、復旧工法について検討中。

山陽自動車道等の通行止め解除〈平成30年7月14日〉

平成30年7月豪雨により被災し、一般車両の通行止めが続いていた【山陽自動車道(広島 IC 〜 河内 IC)】について、本日(7月14日)午前6時に一般交通に開放しました。

今回解除

【山陽自動車道(広島 IC 〜 河内 IC)】
  • これにより、東西の大動脈である山陽道の通行止めは全て解除され、7月5日以降、9日間ぶりに機能を回復することになります。
  • 被災により通行止めとしていた広島高速1号線(馬木~広島東)についても、山陽道の一般開放とあわせて通行止めを解除し、山陽道と接続されました。

※広島高速1号線 福田入口については、復旧工事のため引き続き利用できません

広島高速1号線の通行止め状況【平成30年7月豪雨】

松江自動車道の区間通行止め解除〈平成30年7月16日〉

平成30年台風7号及び前線等により被災し、通行止めが続いている高速道路のうち、以下の区間について、通行止めを解除する見込みとなりました。

今回解除

松江自動車道(三次東 JCT・IC ~高野 IC〈26 km 区間〉)
平成30年7月17日(火) 18時00分より解除

【注意事項】高野ICのオフランプは通行止めです(三次方面から高野ICで降りることはできません)

山陽自動車道 高屋JCT・IC~広島IC の料金を半額〈平成30年7月16日〉

平成30年7月豪雨災害により、広島呉道路が通行止めとなり、広島県呉市周辺へのアクセスが著しく低下していることから、当面の間、山陽道+東広島呉自動車道を経由したご利用がしやすくなるよう【山陽自動車道(高屋JCT・IC と広島IC~西条IC)】間相互のご利用について、料金を半額に調整します。

今回解除

料金調整割引開始日
平成30年7月17日(火曜) 0時から
料金調整対象車
山陽自動車道 高屋JCT・IC と山陽道広島IC、広島東IC、志和IC、西条IC 間を相互に走行するETC 車両 ※現金車は割引となりません。
料金調整後の通行料金
高屋JCT・IC
軽自動車等 普通車 普通車 大型車 特大車
広島IC 430 520 600 800 1,280
広島東IC 360 430 500 660 1,040
志和IC 250 290 340 430 660
西条IC 140 150 160 190 260

★ETC 時間帯割引等各種割引は重複して適用されます。

注意事項
料金所通過時には、割引前料金を案内しますが、請求時には割引後の料金で請求いたします。※後日返金となる場合があります。

広島呉道路における都市間バスの通行について〈平成30年7月16日〉

平成30年7月豪雨により被災し、通行止めが続いている【広島呉道路(天応西 IC ~ 呉 IC)区間】について、暫定的な対策として〈7月17日(火)〉始発より、広島と呉を結ぶ都市間バスを通行可能とする運用を開始しますのでお知らせします。

  • この運用にあたり、呉方面向きの【天応東IC】がアクセス道路への土砂堆積により活用できないため、広島方面向きの【天応西IC】を暫定的に活用して、呉方面向きの機能を確保することとしています。
  • この運用により、広島と呉を結ぶ都市間バスの定時性確保が期待されます。
  • なお【坂北IC~坂南IC】間においても、同様の運用を実施します。

広島県内の幹線道路【国道2号線】通行止め解除見込み〈平成30年7月19日〉

平成30年7月豪雨により被災し、通行止めが続いている広島県内の幹線道路について、以下のとおり、通行止めの解除の見込みについてお知らせします。

今後の予定

国道2号・東広島市八本松町
7月21日(土)中 全面通行止め解除
国道2号・広島市安芸区中野東6丁目
7月21日(土)中 全面通行止め解除
国道2号・広島市安芸あき区中野東町
7月21日(土)中 全面通行止め解除

これにより、 広島県内の【国道2号】の通行止め規制は全て解消になり、国道2号の東西ネットワークが復旧します。

尾道自動車道の通行止め解除の見通し〈平成30年7月19日〉

平成30年台風7号及び前線等により被災し、通行止めが続いている高速道路のうち、以下の区間について、通行止めを解除する見込みとなりましたのでお知らせします。

今回解除

尾道自動車道【甲奴(こうぬ)IC ~ 吉舎(きさ)IC〈区間 8 km〉】
平成30年7月20日(金)午前9時00分

※これにより、尾道松江線の本線全てが通行止め解除となり、山陽・山陰地域を連絡する高速ネットワークが全面復旧します。



    このポストに関連する記事