【熱中症 予防対策】塩飴・タブレット塩分補給

おすすめ 塩飴 塩分補給タブレット[熱中症]
水分は人間にとって必要なのは誰もが知るところですが『塩分』も身体を正常にたもつためには欠かせないものです。

とくに気温が高くなる季節になると、体温の上昇ともに汗をかきますね。この汗には多くの塩分がふくまれており、たくさん汗をかけばかくほど塩分も身体の外へ出ていってしまいます。

汗をかくと、しだいに喉がかわくので『水』を飲むのですが、このとき『塩分』も補給しないと身体が不調になることがあり注意が必要です。


塩分不足による不調症状

体の塩分が足りなくなると、どうなるのでしょう?

    塩分不足による不調症状

  • 口が乾いたり
  • 疲れやすくなる
  • 体がだるい
  • 食欲がなくなる
  • 吐き気
  • 頭が痛くなる
  • クラクラする・めまい

体内の塩分は腎臓の働きによって一定に保たれるようになっています。しかし、たくさんの汗をかいてしまうと、体内の塩分量のバランスがくずれてしまい『脱水症状』を起こすことがあります。

脱水症状の最初のころは、口が乾いたり、疲れやすいといった分かりにくい症状がでてきます。さらに脱水症状がすすんでくると、食欲がなくなる、吐き気、頭痛、頭がクラクラするなどの不調な症状があらわれてきます。

熱中症に関する情報はリンク先のページ〔熱中症《予防と処置と救急車判断》〕へ掲載しています。

塩分のやくめ

塩分が不足すると、体のあちこちに不具合が起こることが分かりましたね。

塩分が私たちの身体の中でどのような働きをするのでしょう。ここで分かりやすく解説していきます。

    塩分のはたらき

  • 酸素や栄養分を体の細胞に運ぶ
  • 栄養を吸収する
  • 消化を助ける
  • 脳に情報を伝えて体を動かす
  • 体内の働きを調整する

酸素や栄養分を体の細胞に運ぶ

人間の体重の約7割は、血液・消化液・リンパ液などの体液(水分)と液体でうるおっています。塩分はこの体液に多くふくまれており、全身の細胞に酸素・栄養素を運んでくれる重量な役割があります。

栄養を吸収する

塩の成分となるナトリウムイオンは、身体の中で栄養素の吸収を助け、細胞の入れ替わり(新陳代謝)に役立っています。塩分が不足すると、この入れ替わりがスムーズにいかないと体調不良の原因となり、風邪をひきやすくなったりします。

消化を助ける

胃酸は消化を助けるだけでなく殺菌の働きもします。塩分は消化液をつくるもととなるため、食べ物を消化して身体を動かすエネルギーや、栄養として蓄えたりすることが正常にできるような役割も果たします。

脳に情報を伝えて体を動かす

塩分の不足は、脳への伝達がうまくいかなくなり、体調不良の原因なります。
塩の成分であるナトリウムイオンは、神経細胞の伝達に重要な役割をはたし、脳に刺激を伝えたり、体を動かすよう筋肉に命令を出しています。

電解質と塩分補給量

汗をかくと、水分と同時に『塩分(電解質)』も失われます。そのまま水分だけ補給してしまうと体内の電解質濃度が下がってしまい、脱水症状をおこす危険が高くなります。

汗をかいた後は、水分とあわせて電解質もとるのが熱中症防止になります。

電解質とは?

人の身体にはナトリウム、カリウム、マグネシウムといった『電解質』がふくまれています。これら電解質の濃度によって、細胞の浸透圧の調整や、筋肉収縮、神経の伝達などの生命活動をコントロールしています。

電解質は、人が生きるために欠かせない重要な物質です。

適切な塩分補給量

厚生労働省の発表している『適切な塩分補給量』は、0.1〜0.2%の食塩水、またはナトリウム40〜80mgをとかした100mlのスポーツドリンクか経口補水液などを、20分〜30分ごとにカップ1〜2杯程度を摂取をすすめている。

なお、スポーツドリンクとは商品名で言えば『ポカリスエット』や『アクエリアス』など。経口補水液は『OS-1(オーエスワン)』などがあります。

『ポカリ』と『OS-1』の違いの解説は〔【熱中症 予防対策】ポカリとOS-1の違い〕へ掲載しています

塩飴で塩分補給

塩分補給はスポーツドリンクでも良いのですが、小さく持ち運びしやすく、保存もしやすい『塩飴』もおすすめ。

最近の塩飴は、ユーザーの嗜好や希望やにこたえ、スイーツ好きのお子さんから甘いのが苦手な方でも塩分を補給しやすい、幅広いフレーバーの商品が販売されています。

アサヒグループ:塩レモンキャンディ

商品特徴 塩味と酸味の組み合わせで、シャキッとすっきり! 後味もさっぱりとしたキャンデイです。 熱中症対策に必要とされる「塩分補給」をしながら、「ビタミン摂取」ができます。キシリトール糖衣のキャンディで、口に入れた瞬間「ひんやり」感が楽しめます。夏バテ予防に効果的といわれるビタミンB群を中心に、ビタミンC・B1・B2・B6・B12・E、クエン酸配合。栄養機能食品【ビタミンC、B1】 1日あたりの摂取目安量は3粒です。沖縄県産「塩」使用。
原材料名 砂糖、水飴、食塩(沖縄県産)/甘味料(キシリトール)、クエン酸、V.C、糊料(アラビアガム)、香料、紅花色素、光沢剤、V.B1、V.E、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、V.B6、V.B2、V.B12
栄養成分 カロリー:144kcal
内容量 内容量:81g

サクマ製菓 炎天夏塩飴

商品特徴 塩分&糖分と一緒に水分補給。厳しい夏の暑さの中でのスポーツ、仕事に炎天夏塩飴と水分補給で、渇いたカラダを潤そう。塩は活性炭を含んだハワイ産の黒い塩を配合。マイルドで丸みのある、洗練された味わいの塩飴です。
原材料名 砂糖、水飴、食塩(ハワイ州産)、活性炭
栄養成分 1粒標準3.5gあたり:エネルギー:13kcal / たんぱく質:0g / 脂質:0g / 炭水化物:3.3g / 食塩相当量:0.099g
内容量 70g

ライオン菓子 うめ塩飴

商品特徴 暑い季節に美味しく、手軽に塩分補給が出来る、うめ塩味の機能性キャンディーです。1粒に食塩相当量約0.24gと夏バテシーズンに嬉しいクエン酸配合です。
原材料名 砂糖、水飴、食塩、梅パウダー、植物油脂、梅エキス、昆布エキス、鰹節エキス、酸味料、香料、アントシアニン色素、乳化剤(大豆由来)
栄養成分 エネルギー:296kcalたんぱく質:0g 脂質:1.0g 炭水化物:71.9g 食塩相当量:5.5g クエン酸:1,100mg
内容量 85g

春日井製菓 黒糖入り塩あめ

商品特徴 沖縄の海水塩「青い海」、沖縄産黒糖を使用し、さっぱりとした味わいに仕上げた塩あめで黒糖を包みました。
原材料名 水あめ、砂糖、黒糖、食塩、醤油(小麦を含む)、昆布エキス、トレハロース、乳化剤、調味料(核酸)
栄養成分 1袋86g当たり328 kcal
内容量 90g

カンロ 塩カンロ飴

商品特徴 カンロ飴に使用する醤油のコクと、瀬戸内産海塩のほどよい塩味がマッチした、他社にはない味わいが楽しめる味わい系塩飴
原材料名 水飴(国内製造)、砂糖、食塩、昆布エキス、しょうゆ(小麦・大豆を含む)、ごま油
栄養成分 (1粒7.2g当たり)エネルギー:27.5kcal、たんぱく質:0g、脂質:0g、炭水化物:6.84g、食塩相当量:0.15g
内容量 140g

森永製菓 inタブレット塩分プラス

商品特徴 スポーツやアウトドア、お出かけ、屋外でのお仕事、その他暑い季節の様々なシーンで、塩分補給にとても便利なタブレットキャンディです。塩分の他に、ビタミンC、ビタミンB群7種、クエン酸、ブドウ糖が含まれており、暑いときの食シーンにぴったりです。個包装に分かれているので持ち運びにも便利。
原材料名 ぶどう糖、食塩/酸味料、乳化剤、香料、乳酸Ca、甘味料(アセスルファムK)、V.C、着色料(V.B2)、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.B12、(一部にゼラチンを含む)
栄養成分 1粒(標準3g)当たり:エネルギー:11kcal、たんぱく質:0.01g、脂質:0.1g、炭水化物:2.6g、食塩相当量:0.1g、カルシウム:3.5mg、ナイアシン:0.18mg、パントテン酸:0.022~0.14mg、ビタミンB1:0.017mg、ビタミンB2:0.28mg、ビタミンB6:0.02mg、ビタミンB12:0.016~0.048μg、ビタミンC:0.46~1.14mg、葉酸:2.8μg
栄養成分表に含まれないもの:ぶどう糖/2.3g、クエン酸/102mg
内容量 80g

食と運動で美容健康



    このポストに関連する記事