【2023新型】iPhone SE4《スペック早見版》

値段 発売時期いつ[2023 新作 iPhone SE4]

小型ノッチ、オールディスプレイ、Retina HD パネル、A14 Bionic チップ、デュアルカメラ、指紋認証 Touch ID などの技術搭載。2023年前半に発売濃厚な新型 iPhone SE4(SE Plus)の最新情報を更新。


セキュリティ:リーク情報

次世代 Touch ID

指紋認証Touch ID[2021 新作 iPhone SE4 (SE Plus)]
TF International Securities に所属し Apple 製品のアナリストとしても信頼できる新製品情報を予測している Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、新型 iPhone SE4 (SE Plus) に採用が予測される新しい Touch ID の情報を顧客向けレポートとして公開。

同氏の予想する新型 iPhone SE4 (SE Plus) は、全面がすべて表示パネルとなるオールディスプレイを採用するとレポートに記載。ただし、セキュリティシステムとなる生体認証には、顔認証 Face ID(フェイス アイディ)ではなく指紋認証 Touch ID(タッチ アイディ)を搭載すると予想。
この Touch ID は従来のホームボタン型ではなく、画面組込み式かサイドボタン組込み式のどちらかを搭載すると予測しています。

指紋認証 Touch ID(画面内蔵式)

新型 iPhone SE4 (SE Plus) の個人情報保護システムには、指紋認証セキュア Face ID(フェイス アイディ)が採用される。
オールディスプレイ設計の iPhone SE4 (SE Plus) には物理的なホームボタンが存在しないが、ディスプレイパネルに指紋読取センサーを組み込んでセキュリティ機能を実現させる。なお、ディスプレイタッチ式の Touch ID が採用されれば、iPhone シリーズ初搭載となる。

側面電源ボタン(Touch ID 内蔵)

新型 iPhone SE4 (SE Plus) の個人情報保護システムには、指紋認証セキュア Face ID(フェイス アイディ)が採用される。
オールディスプレイ設計の iPhone SE4 (SE Plus) には物理的なホームボタンが存在しないが、筐体側面に指紋読取センサーを組み込んだ電源ボタンを搭載するとしている。なお、筐体側面タッチ式の Touch ID が採用されれば、iPhone シリーズ初搭載となる。


ボタン内蔵型 Touch ID のシステムは、すでに iPad Air 4 で実装しているため iPhone への搭載は可能な技術です。
また、新機種 iPhone SE4 (SE Plus) の販売価格についてはレポートに取り上げられていませんが、Face ID を非搭載なうえに、ディスプレイパネルを普及 LCD(液晶)パネルなどを採用すれば iPhone 11 より安価になるでしょう。


▲戻る

ノッチ:リーク情報

iPhone SE4 (SE Plus) のノッチは小さい

リーク画像 デザイン[2021 新機種 iPhone SE4 (SE Plus)]
著名なアナリスト Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏の投資家向けレポートに、2021年に発売が予測される新型 iPhone SE4 (SE Plus) の情報が記載。

同氏が予測している新機種 iPhone SE4 (SE Plus) の仕様は、ディスプレイサイズが〈5.5〜6.1インチ〉とされており、近年発売の iPhone と同じく全面表示のオールディスプレイと予想。

画面上部のノッチは配置されますが、顔認証 Face ID(フェイス アイディ)ではなく指紋認証 Touch ID(タッチ アイディ)を採用するためノッチは小型化されると予想している。

スモールノッチ仕様

新型 iPhone SE4 (SE Plus) のディスプレイパネルは iPhone 11 同様にフルスクリーン設計。顔認証 Face ID は非搭載ですが、スクリーン上部には小型ノッチを配置。
ノッチ部分には自撮り用のフロントカメラ、マイク、スピーカーが格納される。ノッチサイズは iPhone 11 シリーズより小型となる。


フルスクリーンなのに Touch ID を搭載なのは、ディスプレイ指紋読み取り Touch ID を採用する可能性もあります。


▲戻る

Apple:正規取扱品