【グラベルロード】KONA Roadhouse [Reynolds 853 – Chromoly]

グラベルロード フレームセット販売価格[KONA Roadhouse]
『KONA(コナ)』は、カナダ・バンクーバーを拠点に1988年に創業をはじめる。

ブランドイメージの一つに、カナダ「ノースショア」を取り入れていることから、DH(ダウンヒル)やAM(オールマウンテン)バイクに強いブランドと思われがちですが、創業当初からXC(クロスカントリー)バイクのラインナップを豊富に持ち、レースシーンでも数多くの勝利を挙げました。

近年は人気の高いロングストローク・フルサスMTBに、27.5インチホイールMTBと、ロードバイクのジャンル拡大に力を入れ、多くのラインナップをそろえています。

KONA Bikes

バイク

KONAのオールロードバイクといえば『Rove(ローブ)』シリーズで、おもにアドベンチャーバイクと呼ばれる、あらゆる路面コンディションを走行するロングツーリングユーザーをターゲットに開発されたバイクでした。そこに軽快なスポーツ性能を追加させたバイクが『Roadhouse(ロードハウス)』です。

このバイクの特徴は、フレームチューブにマンガンモリブデン鋼の『Reynolds(レイノルズ)853』を採用していることと、Roveシリーズと比べて短いホイールベース長であることです。

Reynolds 853は、多々あるスチールチューブのなかでも軽量級。薄い肉厚によって製造できるチューブなのでフレーム軽量化が可能なこと、引っ張り強度・金属疲労などに対して高い性能もつ最高級スチールパイプです。また、フレーム素材にスチール鋼を採用することで、アルミやチタニウム合金では体験できない【しなり】や振動吸収性を発揮します。

ジオメトリを確認すると、ロードバイクに近いホイールベース設計にしたことで、Roveシリーズとは違いヒラリ感の高い旋回能力をもっており、S字コーナの切り返しも得意です。また、チェーンステイ長は【422ミリ以上】とシクロクロスバイク並みに長い設計となっているため。センターノブの付いたタイヤの装着もできることでしょう。

Roadhouseは、近年開発されたバイクらしくヘッドチューブとステアコラムをテーパード化させて強度とコントロール性をアップさせています。フォークはシクロクロス並みに太いカーボンフォークを装備。アクスルにはフロント15 × 100mm、リア12 × 142mmを採用して強度アップをはかっています。

このバイクは完成車のみの販売。ドライブ系はSHIMANO(シマノ)105をメインに、ブレーキもSHIMANO製RS505油圧ディスクブレーキ。キャリパーマウントは新型のフラットマウント。ブレーキローターは140mmに対応。

また、フレームとフォークにはマッドガードとリアキャリアの搭載を可能としています。

タイヤ周りでは、ホイールが『Novatech Road 30 Disc』で、タイヤは『Schwalbe S-One RaceGuard 700x30c』を履いています。標準タイヤは、ノブが出っ張らない菱形スリットが入ったセミスリック系。このタイヤがRoadhouseの方向性を語っています。

仕様・ジオメトリ

サイズ
49cm, 52cm, 54cm, 56cm, 58cm, 61cm
フレーム
Reynolds 853 Butted Cromoly
フォーク
Kona Carbon Road Disc
アクスル
thru-axle 前[15 × 100mm]、後[12 × 142mm]
ローター径
140mm
対応タイヤ幅
N/A
重量
10.2kg(size 54cm)
価格
270,000円(完成車 / 税別)
備考
マッドガードとリアキャリアの搭載可能

ジオメトリ【補足】
TT=トップチューブ長(ホリゾンタル)、ST=シートチューブ長、CS=チェーンステイ長、WB=ホイールベース長。

Size 49cm 52cm 54cm
TT 520mm 535mm 550mm
ST 490mm 520mm 540mm
CS 422mm 422mm 422mm
WB 993mm 994mm 1005mm

【追記:Roadhouseを注文しました。】
本日[2015年10月2日]、KONA Roadhouseを発注してきました。入荷予定は今月の10月らしいです。注文したサイズは【49】です[管理人の身長約166センチ]。完成車の重量情報がキャッチできなかったのですが、実際に入手するので、これで重量の実測ができます。このバイクが気になる自転車ファンは、今後の情報を楽しみにしていて下さい。[管理人:mt-biker☆]

【追記:Roadhouseが納車されました。】
Roadhouseを入手することができました。以下の投稿で実走を含めたレビューを更新しています。




Gravel Bike リスト

スペック 価格[グラベルロード フレームセット販売]



    このポストに関連する記事