阿蘇ミルクロード 大観峰《渋滞積雪ライブカメラ》

阿蘇 ミルクロード《渋滞積雪ライブカメラ》

阿蘇ミルクロードは熊本県の北東地域にある県道。通称『ミルクロード』と呼ばれる道路の正式名称は『県道339号 北外輪山大津線』です。このルートは一般車両以外の農業酪農車両の移動にも多く利用されています。

世界規模のカルデラの尾根に沿うように続くミルクロードは、カルデラ縁の付近を走行できるため、カルデラ盆地に栄えた阿蘇市と阿蘇五岳が望むことができます。ただ、阿蘇外輪山の標高は高く、急激な天候の変化や、冬季期間には道路路面の積雪・凍結がたびたび発生するため、スノータイヤおよびタイヤチェーンが必要になります。

この幹線道路では、厳冬期間の通行には注意が必要です。そのため、交通・道路状況(積雪・渋滞・事故)の確認もふくめて、ミルクロードには多数のカメラが設置してあります。業務・観光ドライブの情報収集に活用してください。

〔画像更新:画像は自動更新されないため時間が経過したばあいはブラウザで更新してください〕



大津町大津〜阿蘇市赤水

熊本地震で南阿蘇立野地区の斜面が大規模崩壊したことにより、従来の主要道路 国道57号が寸断。その対策としてミルクロードの一部を迂回路に指定しています。この迂回路は重要な道路インフラであるため道路監視カメラが設置してあります。
なお、ミルクロード付近では、新設の代替え道路『新国道57号(北側復旧ルート)』の工事が進んでおり、完成開通は〈2020年夏頃〉の予定。

国道57号 迂回路の道程
大津町 ミルクロード入口交差点〜二重峠交差点〜阿蘇市ミルクロード入口交差点
通過する道路
県道339号 北外輪山大津線〜県道23号 菊池赤水線


二重峠交差点〜大観峰

阿蘇市・阿蘇五岳を一望できる『大観峰』へのルートは、ミルクロード(県道339号)から阿蘇スカイライン(県道12号)を走行して到着します。また絶景ポイントが多数あるため、観光車両も多く通過しています。
走行ルートは北側外輪山の天辺を通過しており、積雪・凍結が多い区間です。また積雪状況によっては通行止めも実施されるため、厳冬期間には天候・道路状況の情報収集が必要になります。

【全国版 渋滞積雪】道路情報ライブカメラ