岐阜 国道41号 飛騨北部:飛騨市《渋滞積雪ライブカメラ》

岐阜 国道41号 飛騨北部《渋滞積雪ライブカメラ》

国道41号は、北は『富山県富山市(金泉寺交差点:国道8号交点)』から、南の『愛知県名古屋市東区(高岳交差点:国道19号交点)』までを縦断する、岐阜県東部の幹線道路。ルート途中の主要都市には飛騨市、高山市、下呂市と有名な観光地がそろう。

ただし、国道41号の飛騨高山ルートは標高が高いため、平地で天候が良好でも、山間部では雪が降っていることがあり注意が必要です。とくに『数河峠(すうこうとうげ)』は〈896 m〉、『宮峠(みやとうげ)』は〈782 m〉も標高があるため冬季期間の積雪・凍結は多く発生します。そのため大雪時には、道路を通行止めにして除雪作業を行う場合があるので、道路情報をふくめて気象情報にも注意してください。
さらに、ルート周囲の山々は地質が固く注意しなければならない大岩が多数点在するため、大雨による通行規制が発令されることが多いです。




これらの幹線道路は、厳冬期間の通行には注意が必要であるため、交通・道路状況(積雪・渋滞・事故)の確認もふくめて、飛騨北部の国道には多数のカメラが設置してあります。業務・観光ドライブの情報収集に活用してください。

〔画像更新:画像は自動更新されないため時間が経過したばあいはブラウザで更新してください〕


岐阜 国道41号 飛騨北部《渋滞積雪ライブカメラMap》

【全国版 渋滞積雪】道路情報ライブカメラ