【2020新型】Nikon D6《リーク スペック》

D5 後継機 発売時期いつ[新型 Nikon D6]

FF 24MP sensor、IBIS、4K60p Movie、新 Expeed プロセッサ、デュアル CFExpress などの機能を搭載するデジタル1眼レフカメラ『D6』の最新情報を更新。


Nikon デジタル一眼レフの『1桁シリーズ』は、プロユース機材として多くの撮影スタジオ、スクープ現場、多数のフィールドで活躍するフラグシップカメラです。

Nikon D6 情報

発売日

デジタル1眼レフで初代プロユース機となる『Nikon D1』の発売は1999年と、1桁シリーズの歴史は以外と長く20年を超えています。
この頃は高性能デジタル1眼のピークの1つとなる時期で、ニコンは Nikon D1 後継機に Nikon D2 ではなく、高画素センサーモデルの『Nikon 1DX』や、連写性能を高めた『Nikon 1DH』などを市場投入していきます。
とくに Nikon D2 シリーズでは多くの派生モデルがリリースされ、新製品の発売間隔が近年と比べるとかなり近いものがありました。

多くの新製品をリリースしていた Nikon D 1桁シリーズも、フルサイズイメージセンサーを初搭載する『Nikon D3』から販売期間が長くなり、それぞれのモデルとも約4年間は販売しています。

現行モデルとなる Nikon D5 は、2020年3月を迎えれば発売から4年経過することになるため、多くの情報メディアやリーかーが高い関心を寄せています。

2018年は、同社初のフルサイズイメージセンサー採用のミラーレスカメラ『Nikon Z』シリーズを発売。ラインナップが増加による開発費の増加は避けられませんが、そんな要因によるプロユース1眼レフカメラの開発スパンが、従来通りか延長されるのかが注目されています。

最近の挙がっている発表に関する情報では 2020年2月12日 に正式にアナウンスの可能性があると噂されています。しかし、これはプレスリリースなどではなく一部の関係者にアナウンスするためのクローズドなお披露目の可能性が高いとも言われている。

Nikon D シリーズ発表時期・販売期間
名称 発表時期 販売期間
Nikon D1 1999年9月 1年8ヶ月
Nikon D1X 2001年5月 3年8ヶ月
Nikon D2X 2005年1月 2年10ヶ月
Nikon D3 2007年11月 4年4ヶ月
Nikon D4 2012年3月 4年
Nikon D5 2016年3月 3年9ヶ月以上


Nikon D6 機能

リーク情報

Nikon D5 後継機となる新型 Nikon D6 のスペックは、リーク情報から予測すると、とくに革新的なギミックはなく、各種スペックをたんたんと正常進化させたモデルなるもよう。

新型 Nikon D6 で注目される新機能・仕様は以下のとおり。

  • フルサイズ 2400万画素イメージセンサー
  • IBIS(ボディ内蔵式手振れ補正)
  • 連写は秒間シャッター14コマ(D5:12コマ)
  • 4K / 60p 動画記録
  • CFExpress デュアルスロット

特長 機能

D5 サイズ比較[新型 Nikon D6]

ボディ内手振れ補正

新型 Nikon D6 ではフルサイズセンサー一眼レフでは初の IBIS(ボディ内蔵式手振れ補正)が採用される可能性。システムはおそらくNikon Z 搭載モジュールの改良版。
ボディ内手振れ補正は、イメージセンサーのマウント部分に手振れ補正モジュールを搭載するため、手振れ補正レンズを搭載していないレンズでも手ブレを防げます。さらに社外製品レンズやクラシックなレンズにも対応するので、所有レンズの活用がいっそう広がるでしょう。

スマホアプリの充実

Nikon D6 には、ニコンカメラ専用のスマートフォン / タブレットアプリで同期・転送・遠隔操作など充実がはかられる。機能的には Nikon Z 等に採用された機能の多くが搭載される見込み。

新開発24MPセンサー

フルサイズのイメージセンサーは、新開発の2400万画素センサーへアップグレード。おそらく Nikon Z6 同等のセンサーが搭載される。

4K 60p 動画

動画記録機能は、高画質動画収録にすぐれる 4K UHD(3840×2160)動画対応。フレームレートはより高速化され 60p の選択が可能になりそうだ。フルHD/120p と N-Log は導入されないもよう。

ダイナミックレンジの改善

新採用の裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーと、新画像処理エンジン EXPEED 6 によって、従来機よりダイナミックレンジが広がると予測されている。

AFシステムの改善

Nikon D は、シリーズでもっとも優れた AF システムを搭載するモデルですが、次期 Nikon D6 ではより改善が図られる。測距点の数は変更されず、広域・高密度の153点AFシステムを継続採用するもよう。

RAW 録画の対応

新型 Nikon D6 の 4K UHD動画が RAW 動画出力に対応する可能性が高いもよう。ただ、データ記録ストレージが内部収録か外部収録かは不明のようです。

手動露出時間の延長

マニュアル操作による最長露出時間の設定が、D810A のように120秒あたり設定が可能になるようです。

デュアル CFExpress スロット

XQDカードは、高速書き込み・読み出し、堅牢性も兼ね備えた信頼性の高いメモリカード。Nikon D6 では、XQDカードと互換作動する最新規格 CFExpress カードに対応。ユーザーの撮影状況に合わせて CFExpress カードスロットを2基搭載する見込み。

ファインダー倍率向上

新型 Nikon D6 では、ファインダー視野率100%は同じながらも、ファインダー倍率が 0.76-0.78倍へ向上するもよう。従来の約0.72倍とくらべると大きくアップデートされます。

その他

  • 改善された静音撮影モード
  • 320万ドットタッチ式モニタ
  • Wi-Fi内蔵


Nikon D シリーズ

ラインナップ

Nikon D3

Nikon D4

Nikon D5