熱中症《予防と処置と救急車判断》

気温の高い場所に長時間いることにより、体温調整機能が正常にたもてなくなったり、汗を流しすぎたことで体内の水分と塩分のバランスが崩れてしまいます。
このような条件が揃ってしまうと、めまいや頭痛、痙攣(けいれん)、意識障害などがおこります。これらの症状をまとめて『熱中症』と言っています。

とくに近年の夏は『スーパー猛暑(※1)』が日本で猛威をふるっておりイザというときのために予防対策と対処法を覚えておきましょう。とくに猛暑の条件がそろう西日本では注意が必要です。(※1:外気温が37℃以上になる日)
“熱中症《予防と処置と救急車判断》” の続きを読む