南阿蘇白川水源:ミネラルウォーターとパワースポット

阿蘇天然水とパワースポット[白川水源]
熊本県の南阿蘇周辺は、約30万年前から繰り返し噴火が起こり独特な地形をしている。また、噴火によって作られたカルデラと火山特有の地層によって、ミネラルを含む天然水が湧き出る場所が多い。
そんな南阿蘇にある湧水地で『白川水源』は人気の観光スポット。また上質な天然水をもとめて遠方から汲みに訪れる人も多い。

観光・パワースポット[ミネラルウォーター・南阿蘇白川水源]
地元では不老長寿、諸病退散の御神水として語り継がれています。また、パワースポットとしても多くの観光客が立ち寄ります。



水源について

村道に面した駐車場のある鳥居から、しばらく小川沿い森の中を歩いて奥の源泉ポイントへ向かうことになります。
天然水の小川[ミネラルウォーター・南阿蘇白川水源]
森の中には遊歩道が整備されており、水源から湧き出た天然水の小川のせせらぐ音が心地よい。小川は水深が浅いため夏場の水遊びにも最適。奥の神社境内ちかくには小さいお子さんでも水遊びできる水場もあり観光客に好評です。
吉見神社[ミネラルウォーター・南阿蘇白川水源]
白川水源の源泉場所は、水源公園の奥にある『吉見神社』の横に位置するようにあります。
湧水量は毎分60トン[ミネラルウォーター・南阿蘇白川水源]
白川水源の湧水量は〈毎分60トン〉と想像以上に豊富で、源泉からドンドン湧きでる天然水の多さには驚くことでしょう。湧き水は夏でも常温で約15℃とかなり冷たい。くちあたりは軟水らしくやわらかく美味しい。もちろん、水は自由に汲んで持って帰れます。

湧き水を汲むための汲み場は石敷で整備され、柄杓(ひしゃく)や漏斗(じょうご)も常備してあるため水筒やタンクなどにも入れやすくなっています。また、水源近くにある店舗では持ち帰り専用のペットボトルなどの販売もしています。

天然水について

天然水が湧き出す南阿蘇周辺の年間降水量は〈2,500~3,000mm〉と多い。これにくわえミネラル豊富な土壌と、噴火による玄武岩には天然のカルシウム・マグネシウム・バナジウム・ゲルマニウムなどが含まれており、豊富な雨が地層に染み込むことで、その成分が溶け込み、おいしい天然水となっています。
豊富な成分で美味しい[ミネラルウォーター・南阿蘇白川水源]

ミネラル成分

pH(14℃)
7.1
ナトリウム
10.35 (mg/ℓ)
カリウム
4.33 (mg/ℓ)
カルシウム
22.8 (mg/ℓ)
マグネシウム
6.32 (mg/ℓ)
湧水量
120(トン/毎分)

湧水池情報

所在地
熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字白川2040[アクセス地図
料金
環境保全協力金・100円/人
駐車場
普通100台、大型5台
トイレ
施設・敷地内
店舗
食事処、レストラン、カフェ
その他


    このポストに関連する記事