一心行の大桜[南阿蘇村]

一心行の大桜 イベント・アクセス[南阿蘇村 桜の名所]

阿蘇の桜で人気が高く、毎年多くの観光客が訪れるのが『一心行の大桜』。満開時期が近付いてくると周辺道路では観光客の車で渋滞が起きるほどです。
満開当日の観光客[一心行の大桜・南阿蘇村]
一心行の大桜は、現在のような観光地になる前は、まわりを農耕地に囲まれ「ひっそり」としていましたが、テレビや観光誌などのメディアにで紹介されてから、その名は一気に全国に知れわたり現在のような有名な桜になりました。
満開日の早朝[一心行の大桜・南阿蘇村]
大桜は南阿蘇カルデラ(南郷谷)の中心にあるため、どの方向から眺めても雄大な阿蘇を背景に観賞できる素晴らしいロケーションにあるため、リピーターとして毎年訪れる観光客があとをたちません。




一心行の大桜とは

由来・伝承

こちらの大桜は、戦国時代に[峯村(みねむら:現在の南阿蘇村)]を治めていた武将『峯伯耆守惟冬(なかむらほうきのかみこれふゆ)』が眠る菩提樹。
鎮魂で植えられた菩提樹[一心行の大桜・南阿蘇村]
当時、中村伯耆守惟冬は峯村に築城された『鶴翼城(かくよくじょう)』に在城。さらに『矢崎城[熊本県三角]』の城代(じょうだい:大名から城や周辺の領土の守りを任された家臣のこと)を兼任していた。ところが〈1580年(天正8年)〉の薩摩・島津氏との戦いにより、中村伯耆守惟冬は矢崎城にて戦死。

そのため、残された妻子と生き残った家臣たちは密かに故郷の峯村へ帰り、戦で無念に散った城主(伯耆守惟冬)と家臣たちの御霊を弔うため、この場所に桜が植えられました。そして、死者の供養の行を一心におさめたことから、その名が付いたと言われています。

このあたりが、一心行の大桜が菩提樹と言われるゆえんです。現在でも大桜の周辺は『中村伯耆守惟冬』の直系の子孫が墓地と共に所有しています。

桜の情報

種類はヤマザクラ[一心行の大桜・南阿蘇村]
『一心行の大桜(いっしんぎょうのおおざくら)』が、この地[南阿蘇村(旧白水村)]へ植えられたのは〈天正年間〉と伝わっている。桜の種類は、遺伝子解析の結果「ヤマザクラ」と判明しています。
樹齢400年の大桜[一心行の大桜・南阿蘇村]
樹齢は約400年ほどと現在生息する桜の中でも長寿。大きさは、幹回り約7.35m、樹高約14m、枝の差し渡し約26mにも及ぶ扇形に広がる大桜になっている。

また、木の形状は昔と今では異なっていました。

以前は美しいドーム型でしたが、昭和初期の落雷により幹が6本に裂け、2004年に上陸した台風16号・18号の影響により、4本の主幹のうちの2本が折れ、ドーム型ではなくM字型のようになっています。
そのほか、さまざまな天災によって内部の空洞化や腐食菌による被害を受け、何度も危機的な状況に陥りましたが『くまもと緑の財団』によって養生処置が行なわれています。

地震後の影響

熊本と大分に甚大な被害を起こした『2016年熊本地震』。南阿蘇村でも大きな被害が多数あるなか、一心行の大桜には奇跡的に目立った変化はなく、2017年の初春にはたくさんの蕾をつけています。

一心行の大桜 2017年 開花状況

開花時期とライトアップ

一心行の大桜のある南阿蘇地方は標高が高いこともあり、開花は平野部より少し遅れます。だいたい見頃は例年3月下旬~4月上旬あたりです。
桜の花で埋まる一心行の大桜[南阿蘇村]

2018年の開花予想日


2018年は桜前線の上昇が例年より少し早く(昨年よりかなり早い)、25日現在の熊本市平野部の桜はおおむね満開です。一心行の大桜の蕾も緩んできており開花が近付いています。早ければ、3月末頃には開花するでしょう。

過去の満開宣言日(開花日)

  • 2003年 4月5日
  • 2004年 4月6日
  • 2005年 4月10日(開花日3月31日)
  • 2006年 4月10日(開花日4月8日)
  • 2007年 4月6日(開花日4月2日)
  • 2008年 4月4日(開花日3月29日)
  • 2009年 4月10日(開花日4月5日)
  • 2010年 3月26日(開花日3月22日)
  • 2011年 4月10日(開花日4月6日)
  • 2012年 4月10日(開花日4月4日)
  • 2013年 3月29日(開花日3月22日)
  • 2014年 4月2日(開花日3月28日)
  • 2015年 4月3日(開花日3月30日)
  • 2016年 4月3日(開花日3月31日)
  • 2017年 4月13日(開花日4月8日)
  • 2018年 4月1日(開花日3月29日)
  • 2019年 4月4日(開花日3月29日)
夜間ライトアップ

満開ライトアップされた一心行の大桜[南阿蘇村]
ライトアップによる夜桜見物の期間は、満開宣言してから3日間ほど。ライトアップされる時間帯は例年〈19:00~21:00〉です。期間と時間は、天候と桜の状態に左右されるので、気になる方はこま目に情報収集しましょう。

桜の開花状況や現地情報に関する問い合わせは[桜情報テレフォンサービス(TEL:0967-67-3321)]でキャッチしてください。例年3月下旬から開設されます。



イベント情報

開花時期の前後には、桜のあるパークゴルフ場を休業してイベントが開催されたり出店が開店します。そのほか駐車場をふくむ周辺情報を掲載。

一心行の大桜のあるパークゴルフ場は、桜の開花時期が近付いてくるとゴルフ場を休業して『南阿蘇桜さくら植木まつり』イベント会場となります。開催は毎年3月下旬ごろ〜4月上旬。

2018年は、3月24日(土)〜4月8日(日)に開催。

飲食店(出店)

飲食店・土産などの出店[一心行の大桜・飲食出店]
イベント会場には、地元食材を使った食べもの出店(フードコート)がズラリならぶため、飲食にはまず困りません。また、トイレなどのお手洗いも完備。

過去に見掛けた出店は以下の通りです。

山かけそば、あか牛肉そば、牛ハツ串焼き、阿蘇のあか牛串焼き、アスパラベーコン串、チーズベーコン串、ちくわ・ねりもの、桜コロッケ、あか牛肉めし、山菜おこわ、せいろむし、手作り弁当、漬け物・お惣菜、焼きそば、アイス、たこ焼きなど…

出店のようす

2017年に出店している飲食店の食べもの様々。写真以外にもたくさん用意されています。また平日も開店しています。
仮面ライダー・戦隊キャラ飴[一心行の大桜・飲食出店]スライスポテト[一心行の大桜・飲食出店]山菜おこわ[一心行の大桜・飲食出店]イカめし[一心行の大桜・飲食出店]いきなり団子[一心行の大桜・飲食出店]焼き団子[一心行の大桜・飲食出店]スイーツポテト[一心行の大桜・飲食出店]焼きイカ[一心行の大桜・飲食出店]チーズボール[一心行の大桜・飲食出店]桜ジャム[一心行の大桜・飲食出店]

駐車場・現地情報

イベント期間中は臨時駐車場を500台分ほど用意するため、車やバイクなどで直接アクセスが可能です。

入場料は、車・バイク・自転車のばあい駐車場料金を支払っていれば入場料は徴収されませんが、徒歩で入場される方は、お一人200円になります。料金は変更がなければ以下のとおり。

駐車料金

自転車
200円
バイク等
200円
普通車
500円
マイクロバス
2000円
大型バス
4000円

イベント会場情報

会場場所
熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字中松3226−1(一心行パークゴルフ場)〔地図
開催期間
3月24日(土)〜4月8日(日)※ 桜の開花状態で前後します。
開園時間
午前8時から午後6時まで【満開時はライトアップ開園時間21時まで延長】
入場料
無料(徒歩で入場される方は、お一人200円)
その他
3月24日(土曜日)には招福桜餅まきを実施。各種イベントを用意しています。(雨天中止)会場内では飲食店や物産あり。トイレ完備。

阿蘇 – 桜 名所ガイド