VooDoo WANGA:仕様と重量と『総括』

レイノルズ クロモリ フレーム重量[VooDoo WANGA]

VooDoo Bikes

VooDooと共に15年:私のMTB集大成

レイノルズ クロモリ フレーム重量[VooDoo WANGA]
VooDooとの付き合いも15年を超え、私の自転車といえば、やはりVooDooです。

ロードバイクを壊すからとMTBにシフトしたのですが、MTBを走らせてみれば、いつの間にか「山岳を走りたい」になってしまいました。山岳を走るMTBとして、2台目にやって来たのがVooDoo ERZULIEでした。
その頃は、セッティングやフィッティングの知識は全然無く、山に入っても、色んな意味で凄くキツク、いつもコテンパンにやられていました(^_^;)

あれから15年以上の月日が経ち、試行錯誤、紆余曲折はありましたが、最終的には、山岳を自由に(腕があれば…^^;)走る事の出来るベストコンディションのVooDoo WANGAが私の手にあります。

尖っていないマルチユースMTB

レイノルズ クロモリ フレーム重量[VooDoo WANGA]
MTBにも色んなスタイルの自転車がありますが、私が山遊びとして落ち着いたバイクがWANGAでした。このバイク、XC(クロスカントリー)がベースなのですが、パーツ選択で、こんなにもマルチパーパスな自転車になるとは思いませんでした。

重量はフロントフォーク・サスペンションとホイールの換装で左右されますが、写真のROCKSHOX / REVELATIONとHALO / FREEDOM(ハブはSHIMANO/XT)、SHIMANO / SAINTブレーキで12kg程度と、山岳を担いでウロウロするにも許容出来る重さです。
レイノルズ クロモリ フレーム重量[VooDoo WANGA]
サスとホイール、ブレーキセットの軽量化をすれば11.5kg程度も可能なので、XCエンヂューロから、山岳担ぎを楽にしたい場合にも対応します。これ一台で大概のフィールドに対応するため、とても満足しています。
ちなみに、何処を走るにしても、ハンドルバーとシートポスト等の設定変更はありません。その辺りはXCがベースなので、基本(希望?)は自力で上がり下ります。
レイノルズ クロモリ フレーム重量[VooDoo WANGA]
今年の梅雨は、後2週間くらい? 山が、森が、渓流が、私を呼んでいます。 今年は、この充実バイクと最高な自転車生活を過ごしたい。



    このポストに関連する記事