【2022新型】iPhone 14《スペック早見版》

値段 発売時期いつ[2022 新作 iPhone 14]

LTPO OLED パネル、パンチホール カメラ・センサ、48MPイメージセンサ、LiDAR スキャナ、A16 SoC、mmWave 5G 通信対応などの新技術搭載が予測。2022年秋に発売濃厚な新型 iPhone 14 シリーズの最新情報を更新。


iPhone 14:スペック一覧

リーク予想スペック[2022 新型 iPhone 14]

新機種 iPhone 2022年モデル:リーク情報による予測スペック
iPhone 14 iPhone 14 Max iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
画面サイズ 6.1-inch 6.7-inch 6.1-inch 6.7-inch
表示パネル LTPS 有機 EL LTPO 有機 EL
(常時表示、120Hz 表示対応)
ノッチ あり i型パンチホール
SoC A16 Bionic(Pro:高性能GPU)
RAM 6GB(Pro:8GBの可能性)
ストレージ 128GB〜1TB 128GB〜2TB
背面カメラ デュアルカメラ トリプルカメラ
スキャナ LiDAR スキャナ
セキュア認証 Face ID
コネクタ Lightning
充電方式 MagSafe アクセサリ
ワイヤレス充電器に対応
耐水防塵性能 IP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)
筐体素材 アルミニウム
ガラス
チタニウム
ガラス
カラー ミッドナイト
スターライト
スカイブルー
レッド
パープル
オレンジ
グラファイト
シルバー
ゴールド
ダークパープル
オレンジ
予想販売価格 849ドル〜 949ドル〜 1,099ドル〜 1,199ドル〜
Apple:正規取扱品
Amazon

iPhone SE4 発売時期

iPhone SE4(iPhone SE Plus)の発売が予想される時期は、2023年春の可能性があります。

iPhone 14:発表・発売日

近年は新型コロナウイルス感染症の対策や生産体制の遅延で発表・発売日が遅れる事態となりましたが、2022年は平年どおり9月ごろの予想が多い。

イベント開催日:予測

  • 2022年は近年にそった発売時期となる
  • 2022年9月16日に発表
  • 2022年9月23日に発売
過去の夏イベント開催日と発売日
名称(年式)発表日発売日
iPhone 13 シリーズ〈2021〉 9月14日9月24日
iPhone 12 シリーズ〈2020〉 10月13日 (火)10月23日(金)
11月13日(金)
iPhone 11 シリーズ〈2019〉 9月10日 (火)9月20日(金)
iPhone Xs / Xs Max〈2018〉 9月12日 水曜日9月21日 金曜日
iPhone 8 / 8 Plus〈2017〉 9月12日 火曜日9月22日 金曜日
iPhone 7/7 Plus〈2016〉 9月7日 水曜日9月16日 金曜日
iPhone 6S / 6S Plus〈2015〉 9月9日 水曜日9月25日 金曜日
iPhone 6/6 Plus〈2014〉 9月9日 火曜日9月19日 金曜日

おもな特長

  • iPhone 14 シリーズは4機種のラインナップ
  • スタンダードモデル2機種とプロモデル2機種
  • 画面サイズは 6.1 / 6.7 インチの2種類
  • Proモデル:チタニウムフレームの採用
  • iPhone 14 シリーズ全機種 ProMotion 搭載
  • iPhone14 Pro 専用の i 型パンチホール採用
  • SoC:標準モデル[A15 Bionic]、Proモデル[A16 Bionic]搭載の可能性
  • RAM:標準モデル[6GB]、Proモデル[8GB]搭載の可能性
  • 広角カメラ:4,800万画素イメージセンサー
  • 動画:1080P 120fps / 240fps、4K 120fps への対応
  • ユーザーを自動トリミングするセンターフレーム機能
  • Proモデル:USB-Cコネクタの採用
  • Proモデル:ストレージ容量 2TB 搭載
  • 35Wの高速充電に対応
  • Proモデル:1万円以上の販売価格値上げか

外観デザイン画像[2022 新型 iPhone 14]

2022年秋に発売される新型 iPhone 14 シリーズ(仮称)は、部品構成が大きく変更されるビッグマイナーチェンジモデル。
フレームの厚みが増す噂もあるものの、おもにデザイン変更をうけるのが、ノッチやベゼル、メインカメラ部分といった、外観の目立つ部分の変更も多い。また、 Lightning 接続コネクターが廃止されるポートレス化の可能性も予測されている。
ディスプレイの大きさは従来モデルのサイズを継続しつつも、表示パネルの仕様変更がほどこされる。画面タッチ式の指紋認証セキュア Touch ID が搭載されるか要注目。


デザイン

リーク情報

外観デザイン画像[2022 新型 iPhone 14]カラー バリエーション 新色追加[2022 新型 iPhone 14]ノッチ廃止 画面埋込み型 Touch ID[2022 新型 iPhone 14]カラー バリエーション 新色追加[2022 新型 iPhone 14]

筐体デザインは iPhone 4 似の新設計フレーム

    情報のポイント

  • iPhone14 Pro は初代 iPhoneよりも筐体厚みがある
  • 初代 iPhone の筐体厚みは 11.6mm
  • iPhone14 Pro の筐体厚みは 12.02mm
  • 筐体厚みの要因は高性能カメラ・バッテリー容量増加

未発売 Apple 製品などのコンセプトモデルを制作している Ian Zelbo(イアン ゼルボ)氏が、次期 iPhone 2022年モデルの筐体ボディの厚さについて Twitter へ情報を発信しています。

同氏が制作した新型 iPhone 14 Pro のコンセプトイメージには詳細なサイズが数値として示されており、iPhone 14 Pro シリーズの筐体厚みが初代 iPhone の厚みを超えてしまうと、比較画像付きで発信している。

数世代前まで発売されていた iPhone は『軽い・薄い』をアピールしていましたが、高性能カメラやバッテリー容量増加によって筐体厚みを抑えるのが難しくなっていることの表れでしょう。

とくにリアパネルのメインカメラでは、高画質撮影のためにレンズ口径やイメージセンサーの大型化がすすんでおり、カメラハウジングの大型化は避けられなくなっています。


▲戻る

Proモデル:チタニウムフレームの採用

マットブラック 新色 チタンフレーム[2022 新型 iPhone 14]

    情報のポイント

  • iPhone 14 Pro シリーズの筐体素材にチタニウム合金
  • iPhone 14 Pro シリーズは iPhone 4 似た造形になる
  • チタニウムフレームを画面パネルと背面パネルではさむ構造
  • チタン合金は軽く・曲げ耐性・腐食に強い
  • 指紋が付きやすいが特殊コーティング処理をほどこす

iPhone 初採用の超軽量チタン合金

2022年モデルとなる iPhone 14 Pro シリーズのフレーム素材に、軽量と強度の高さで高品質製品にもちいられるチタニウム合金の採用情報があがっている。
ハイエンド iPhone にチタン合金が採用される情報を発表したのは、米国 金融サービス JPMorgan Chase(JPモルガン チェース)。同社顧客の投資家向けレポートとして公開した。

Pro シリーズは iPhone 4 似た造形

iPhone 史上初のチタニウム合金を採用する予測情報には、おそらくフルモデルチェンジによる筐体設計の大幅な変更も噂されている。

Front Page Tech のテクノロジー系ジャーナリスト Jon Prosser(ジョン プロッサー)氏のリーク情報によると、次期2022年モデルの Pro シリーズでは筐体設計が全面刷新され、フレーム素材にチタン合金を採用。また、筐体デザインは iPhone 4 に似たものになるとしている。
同氏の予測する筐体構造は、チタン合金フレームをディスプレイパネルと背面ガラスパネルではさむサンドイッチ構造になるとのべている。

チタン表面の特殊コーティング

チタニウム合金はステンレススチールより軽いのはもちろん、傷・腐食・曲げに対する耐性が高い。ただ、指紋が目立ちやすいため、Apple では指紋がつきにくいコーティングの研究を続けているもよう。

また、Apple は USPTO(米国特許商標庁)へチタニウム合金の陽極酸化皮膜処理に関する特許を取得。
このコーティング技術はチタニウム合金の表面にテクスチャー処理 → 表面に生じた微細な凹部に陽極酸化皮膜処理 → その後の研磨加工でコーティング表面を整えます。これらの工程をうけることで、iPhone を落とした時の傷の低減をねらっている。


▲戻る

新型 iPhone 14 シリーズ4機種のカラー

    情報のポイント

  • iPhone 14・iPhone 14 Max:5色
  • iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Max:4色
  • 定番色も微妙な色合い変更の可能性あり

中華人民共和国のSNS『Weibo』にリーク情報として 2022 iPhone 14 シリーズのカラーバリエーションの予想情報がアップされ、その画像が Twitter に転載。

iPhone のカラーバリエーションには3色の定番色(ブラック・シルバー・ゴールド)があり、スタンダードモデルにレッド『(PRODUCT) RED』が採用されることが多い。ほかのカラーは毎年変更されるが、情報メディア・リーカー達の予測が当たることは少ない。

新機種 iPhone 2022年モデル:リーク情報によるカラーバリエーション
iPhone 14
iPhone 14 Max
ミッドナイト
スターライト
スカイブルー
レッド
パープル
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
グラファイト
シルバー
ゴールド
ダークパープル

2021年モデルのカラバリは、標準モデルが『6色』、Pro モデルが『5色』展開となっているが、2022年モデルにスペシャルな『1色』が登場するのか注目される。


▲戻る


ディスプレイ

リーク情報

画面サイズは 6.1 / 6.7 インチの2種類

画面サイズ 指紋 Touch ID[2022 新型 iPhone 14]

TF International Securities に所属し Apple 製品のアナリストとしても信頼できる新製品情報を予測している Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、顧客投資家へ向けレポートを公開。

iPhone 14 mini は発売されない

同氏が得ている情報による予測では、2022年後半に発売が予想されるシリーズモデルに 5.4-inch ディスプレイを採用する iPhone 14 mini は発売されない。これは、以前からの予測を引き続けてのべている。
5.4-inch 表示パネルを採用する iPhone mini の販売数は、Apple の予想を大幅に下回っており、同社の経営陣は次期 iPhone 13 mini を最後に、このサイズの iPhone の開発を継続しない見込み。

2022年モデルは 6.1インチと6.7インチの2サイズ

2022年の iPhone シリーズモデルでは 5.4-inch サイズが廃止されるが、新たなサイズは採用されず、残る 6.1-inch / 6.7-inch の二つのサイズと4つのモデルでラインナップを展開させる。


小型軽量の 5.4-inch iPhone が気になるユーザーは、2022年まで市場在庫をチェックしたほうが良いかも。ただ、意外とショップ在庫によっては2022年モデル発売後も購入できる可能性はある。

標準・上位モデルそれぞれに6.1・6.7インチを用意

iPhone 12(2020)と iPhone 13(2021)シリーズでは『3つ』のサイズ分けがあって、標準モデル(5.4-inch / 6.1-inch)が2機種、ハイエンドモデルが(6.1-inch / 6.7-inch)2機種のラインナップ。

新型 iPhone 14 シリーズでは『2つ』のサイズ分けがあって、標準モデル(6.1-inch / 6.7-inch)が2機種、ハイエンドモデルが(6.1-inch / 6.7-inch)2機種のラインナップ。

ディスプレイサイズとグレード
標準 ハイエンド
iPhone 12
iPhone 13
5.4-inch
6.1-inch
6.1-inch
6.7-inch
iPhone 14 6.1-inch
6.7-inch
6.1-inch
6.7-inch

2022年モデルでは 5.4-inch の『iPhone 12 mini』サイズは発売されないと予想されている。


▲戻る

iPhone 14 シリーズ全機種 ProMotion 搭載

LTPO 120Hz リフレッシュレート[2022 新型 iPhone 14]

    情報のポイント

  • iPhone 14 シリーズのディスプレイサイズは2種類
  • LTPO 表示パネルで省電力化でバッテリー負荷軽減
  • 全機種リフレッシュレート 120Hz 対応ディスプレイ

ディスプレイのサプライチェーンを分析している DSCC(Display Supply Chain Consultants)の CEO である Ross Young(ロス ヤング)氏が、2022 新型 iPhone 14 シリーズに採用される表示パネル仕様を Twitter へ投稿。

同氏の予想では、全てのイヤーモデルに ProMotion ディスプレイが搭載されるのは2023年モデルになるだろうと述べています。

その理由としては、ディスプレイ部品を製造するサプライヤーの生産能力をあげており、iPhone 14 全機種に低温多結晶酸化物(LTPO)有機パネルを供給することができないとしています。

LTPO ディスプレイは、Apple Watch 5 から採用された表示パネルで、Apple では『常時表示 Retina ディスプレイ』と呼称。その低電力駆動能力はバッテリー容量の小さいスマートウォッチでも高い評価を受けている。

LTPO ディスプレイ

LTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide:低温多結晶酸化物)ディスプレイは、太陽光線に照らされる野外でも美しい表示能力を発揮しつつも、低消費電力(既存パネルより消費電力5~15%減)による省電力作動のおかげでバッテリー負荷が少ない特徴がある。
また、リフレッシュレートを下げての常時点灯も可能となっており、画面上に日時・アイコンなどを常に表示することができる。

ProMotion 機能

ProMotion(プロモーション)は、最大で120Hzのリフレッシュレートが得られる機能。
この機能では、なめらかに流れるようなスクロールの操作性と素早い反応の両立と、途切れないスムーズな動画コンテンツの視聴を実現。また、レイテンシ(反応速度)が業界最高水準の20ミリ秒にまで短縮されており、より滑らかな映画鑑賞・ゲームプレイに対応。


▲戻る

micro LED ディスプレイ

micro LED ディスプレイ[2022 新機種 iPhone 14]
iPhone 生産のほか、大手メーカーへ各種パーツを供給している Foxconn(フォックスコン)が、次世代ディスプレイパネル MicroLED の開発を進めている情報が上がっています。情報元は中国経済誌 Economic Daily で 台湾のハイテク関連メディア DigiTimes が報じています。

microLED 概要

MicroLED(マイクロLED)は、カラーフィルターや液晶シャッターを必要としないディスプレイで。パネルに超小型 LED が敷き詰められたシンプルな構造が特徴。MicroLED モジュールの大きさは、従来 LED と比べて約100分の1と極小サイズ。

LED 光の取り出し効率が高いため、画期的な明るさと低消費電力を両立しておりHDR映像と相性がいい。また、LED を消灯するだけで黒の表現が可能であり、高輝度性能とあわせて非常に高いコントラスト比(1000000:1)を実現。さらに、カラーフィルターや液晶シャッターがないため圧倒的な広視野角で映像を確認できる。
そのほか、無機シリコンベースの LED だから劣化が少なく寿命が長く、OLED(有機 EL)で発生しやすい「焼き付き」現象が起きないメリットがある。

micro LED 開発と生産

Foxconn は、次世代 iPhone ディスプレイパネルに自社製 MicroLED を選んだもらうため、多様なアプローチによる MicroLED 技術開発に勤しんでいます。
現在 MicroLED モジュールの開発・製造ライン構築を進めている Foxconn の子会社は Advanced Optoelectronic Technology(AOT)、Epileds Technologies、Marketech International の3社。

MiniLED と MicroLED 両方の開発に力を入れている AOT は、8K パネルのLED BLU(Back Light Unit = バックライトユニット)および、MiniLED 製造のためのフリップチップパッケージングプロセス(チップパッケージ小型化技術)といった高い生産技術を備えています。また AOT は、モニター、ラップトップ PC、車載用ディスプレイのほか、ゲーム機器用の MicroLED 開発もしていると報じています。

LED エピタキシャルウエハ(エピタキシャル炉内で生産する高度で高品質なウエハ製造法)と LED チップを製造する Epileds Technologies は、RGB ミニLEDチップの製造に精通している数少ない LED 製造企業。ここの RGB 技術は MicroLED 製品の開発に不可欠。

LCD 機器のサプライヤーである台北 Marketech International は、ベルギーのナノエレクトロニクス研究機関 Imec と共同で、MicroLED 製造用テストチップの注入装置を開発するための共同作業を完了したと発表。Imec は、テストチップ注入装置をクライアントへ納入しており、Imec と Marketech の両チームは、LED チップ大量輸送の注文を受けたと述べています。


MicroLED は韓国 Samsung Electronics(サムスン電子)が先行開発しており、すでに 2018 International CES で発表。サムスンの MicroLED は、100インチを超える大型ディスプレイパネルはもちろん、iPhone や iPad などの小型デバイスに搭載可能な薄型軽量 MicroLED パネルの開発を進めています。
今回は Foxconn も高性能な MicroLED の開発を急速に進めていることが判明したことで、Apple への大量導入を目指して熱い戦いが繰り広げられそうです。


▲戻る


ノッチ

リーク情報

ノッチ廃止の技術

ノッチのカメラ・センサー群[2022 新型 iPhone 14]
iPhone X から新世代モデルの象徴としてディスプレイ上部に配置されているノッチ(切り込み)。この領域は見た目のデザインではなく、TrueDepthセンサー(ドットプロジェクタ)、環境光センサー、近接センサーといった各種デバイスが搭載されています。

TrueDepthセンサーは、新世代 iPhone には重要な Face ID や Animoji に利用され、赤外線を使って顔の造形・表情を読み取るカメラ。環境光センサーは、iPhone 使用環境の明るさや光の色を感知して、カメラの明るさ(露出補正)や色合い(ホワイトバランス)を調整します。これらのセンサー・カメラは、その他の搭載モジュールを含めて、遮られたり予想外の光源に照らされると、正確なデータを得ることができなくなります。
そのような理由があるため 2018 iPhone Xs では、有機 EL ディスプレイパネルによって遮られたり生成された光の影響を受けないように、ディスプレイを切り欠いて、それらのセンサー類が正常作動するように搭載しています。
ノッチレス 廃止[2022 新型 iPhone 14]
これらノッチ領域を削減する方法や技術が 2021 iPhone から採用され、いきなりノッチが廃止されることはないでしょう。ただ、ノッチ領域が縮小・廃止される情報はいくつか挙がっており、多くのアナリストが2023年モデルには廃止されると予測しています。


▲戻る

ディスプレイを透過するセンサー

ところが、新開発されたセンサーによってノッチがなくなるのも時間の問題になりそうです。
AMS TCS3701 センサー[2022 新型 iPhone 14]
それは、センサーメーカー AMS が開発したセンサー[TCS3701]によって実現するものです。このセンサーは、VCSEL エミッタと組み合わせることで OLED パネルの背後で可視光と赤外光の両方を感知。また、光を分別することが可能なため、有機 EL ディスプレイパネルが生成する光の影響を受けません。そのため、センサーがディスプレイパネルに遮られていても外部の光源だけをセンシングできます。

このセンシングセンサーを iPhone に搭載できれば、有機 EL ディスプレイパネル裏側にセンサーを隠せるため、ノッチ領域を縮小が実現します。


▲戻る

ディスプレイ パンチホール

ディスプレイ マイクロホール[2022 新型 iPhone 14]
ノッチ領域からスピーカーを外すのではなく、スピーカーをディスプレイパネルの裏側へ搭載する技術も検討されています。

この技術はディスプレイパネルに、ほぼ目視で確認できないほどの小さい穴を多数開けることで実現させます。この加工法はすでに Apple による特許が取得されており、準備が整えば実現可能な方法です。
この特許技術の面白いところは、これらの微細な穴のパネル加工によって、スピーカー以外のカメラ、センサー、マイクロフォンをディスプレイパネルの裏側に配置させても各種モジュールが正常作動することです。

特許どおりのディスプレイホール加工と対応センサーモジュールが実現すれば、ノッチ領域の縮小や廃止することができるようです。


▲戻る

iPhone14 Pro 専用の i 型パンチホール採用

    情報のポイント

  • ノッチ代替えは丸+楕円状の『i』型パンチホール
  • Face ID 関連部品搭載のため丸型パンチホールだけでは足りない
  • Face ID 関連部品はさらに改良され小型化が進む
  • フロントカメラ性能向上とパンチホールの大きさ

ふたつのパンチホール

未発表の Apple 製品に関するリーク情報を発信している リーカーのShrimpApplePro 氏が、2022年モデルとなる新型 iPhone 14 シリーズのノッチに関する情報を、3Dプリントしたダミーモデル画像とともに公開。

同氏のリーク情報によると、新型 iPhone 14 シリーズのハイエンドモデルとなる Pro 系では、ディスプレイ上部に装備されているノッチがなくなり、そのかわりにパンチホールという小さい丸い穴が開くことになると述べています。

パンチホールはディスプレイ上辺にアルファベット文字『i』を横倒しした状態で装備される。『i型』パンチホールの丸の部分はフロントカメラで、パンチホールの棒(角丸形状)の部分は顔認証セキュア Face ID のドットプロジェクタと読取センサーが配置される。

次期モデルのノッチに搭載される Face ID ユニットは、従来モデルとなる iPhone 13 シリーズのユニットより小型化がほどこされると予想されており、『i型』パンチホールは画面に小さく配置されるとみられる。
ただ、自撮り撮影に活躍しているフロントカメラの性能向上により、カメラユニットの大幅な仕様変更もありえるとするリーク情報もあり、ピンホールの大きさ極端に小さくはしない可能性がある。


▲戻る


SoC / RAM

Apple が自社スマートフォン用に独自開発している高性能プロセッサ『Aシリーズ』。ひとつの集積回路に CPU / GPU / Neural Engine を搭載したチップを SoC(System-on-a-chip = システム・オン・チップ)と呼んでいます。

リーク情報

iPhone 14 シリーズ搭載のチップは2種類か

TF International Securities のアナリスト Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、2022年モデル iPhone 14 シリーズに搭載されるチップセットの予想を公開。

同氏の情報では、新型 iPhone 14 シリーズに採用される SoC は2種類あると予測。なお、iPhone 13 シリーズなどの近年発売されているモデルでは、スタンダードモデル、ハイエンドモデルともに同じチップセットを採用しています。

新型 iPhone 14 シリーズに用意される2種類の SoC は、A15 Bionic と A16 Bionic と予想。搭載されるチップセットと iPhone モデルの違いは以下のとおり。

モデル チップセット
iPhone 14
iPhone 14 Max
A15 Bionic
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
A16 Bionic

スタンダードモデルとなる iPhone 14、iPhone 14 Max の SoC には A15 Bionic を搭載。なお、A15 Bionic は従来モデル同様に継続採用されるがスペックが同等かは不明。

ハイエンドモデルとなる iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max には新開発の A16 Bionic が搭載される。


▲戻る

iPhone14 Pro シリーズ:8GB RAM 搭載情報

情報源は韓国サプライヤーで、次期ハイエンドモデルとなる iPhone14 Pro シリーズの RAM 容量が 8GB になるとする情報があがっている。

ただ、新型コロナウイルス感染症による生産状況の支障は解消されつつあるものの、最近はロシアによるウクライナ侵攻により資材・電力・生産インフラが不安定になる状況下です。そんなところですが、情報のサプライヤーでは、必要な部品供給が遅延しないよう早い時期から量産計画をたてており、主要部品の生産に大きな不安はないようです。

iPhone 14 RAM 容量(情報元:韓国サプライヤー)
モデル RAM 容量
iPhone 14
iPhone 14 Max
6GB
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
8GB

また、投資アナリストの Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏も iPhone 14 シリーズの RAM 容量について投資家向けのレポートを公開。

同氏の情報では、スタンダードモデルとなる iPhone 14 と iPhone 14 Max に搭載される RAM 容量が 6GB(LPDDR 4X)。ハイエンドモデルとなる iPhone 14 Pro シリーズの RAM 容量は同じ 6GB ながらも、超高速なデータ転送速度を実現するモバイルDRAM『LPDDR 5』タイプを採用すると予想している。

iPhone 14 RAM 容量(情報元:Ming-Chi Kuo 氏)
モデル RAM 容量
iPhone 14
iPhone 14 Max
6GB(LPDDR 4X)
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
6GB(LPDDR 5)

▲戻る

Apple シリコン:Aシリーズチップとは

iPhone の心臓部には、多くのスマートフォンの中でも最も賢くパワフルな[Aシリーズ]チップ(SoC)を搭載する。このチップセットは、あらゆる動作を管理しており、最適な演算処理・省電力を可能にしている。また Apple の次世代デバイス Neural Engine(ニューラルエンジン)によって拡張現実などの新技術を進化させている点に注目。

Aシリーズチップ:CPU

A シリーズ Bionic チップの CPU は二つの特性(性能コア・効率コア)を持つコアがあり、仕事量・性質によって各コアへの処理の割り振りがされ、演算処理速度・消費電力の最適化がおこなわれる。とくに効率コアでは、従来チップよりパフォーマンを大幅に向上させつつも、省電力コアの併用で省電力化を実現。

Aシリーズチップ:GPU

A シリーズ Bionic チップの GPU は多数コアを採用することで、グラフィック性能を大幅にアップ。高解像度の写真・ムービーの画像処理はもちろん、複雑なゲームの表示などにも貢献。また撮影したビデオデータの編集にも性能を発揮します。

Aシリーズチップ:Neural Engine

Apple SoC に搭載されている注目のテクノロジが Neural Engine(ニューラルエンジン)です。

Neural Engine は、高度な機械学習のためにApple が独自開発しています。この機能によって iPhone Xs 以降のシリーズでは、人と同じようにリアルタイムでパターン認識したり、なにかを予測したり、いろんな状況で体験したデータから学んで進化します。
また Neural Engine は毎秒5兆を超える演算処理を実行可能にしておりリアルタイムで様々な機能をこなします。たとえば、ユーザーを臨場感あふれる AR ゲームを体験させたり、背面カメラ得られた風景情報に目的地までのナビゲーション表示をさせることも可能。また、驚くほど賢い学習機能によって iPhone に保存している写真から探したい画像をすばやく見つけることができます。
それは人だけでなく、赤ちゃんでも、犬の写真でも、山やビーチの写真でもです。


▲戻る


セキュア

リーク情報

ディスプレイタッチ型 Touch ID

超音波型指紋センサー[2022 新型 iPhone 14]

    情報のポイント

  • 指紋読取りセンサーを表示パネルに内臓
  • 従来式より認証速度が速く精度が高い
  • 指紋認証と顔認証の併用も可能

iPhone X系は2017年、iPad Pro は2018年から搭載された顔認識セキュア『Face ID』は、非常に高度な技術を駆使した個人情報保護システムです。
現在 Face ID が搭載されていない従来モデルの iPhone と iPad には、指紋認証セキュア『Touch ID』が採用されています。最近の Apple 新型モデル に顔認証セキュアが採用されている状況を見ると、指紋によるセキュリティシステムが過去のテクノロジに思えてしまいますが、この Touch ID 技術を新開発デバイスに搭載する次世代の指紋認証セキュアを開発している情報が上がっています。

次世代 Touch ID によるセキュアは、指紋センサーモジュールをディスプレイに内臓する設計。採用されるテクノロジは『超音波型指紋センサー』で、従来型の指紋センサーより認証スピードが速く、精度も高い特徴があります。

Apple は、特殊構造の指紋センサーモジュール の生産を請け負うサプライヤーを選定しています。現在のところ、この次世代 Touch ID 関連デバイスの製造サプライヤー候補には、中国『O-film』や、台湾『GIS』『TPK Holding』が上がっているようです。

Apple は、この技術特許を得るため〈2018年9月〉ディスプレイ内蔵型指紋センサーの特許を出願しています。


▲戻る

Touch ID と Face ID の複合認証

次世代 Touch ID が搭載されると Face ID はどうなるのか?という疑問が出てきますが、おそらく次世代 iPhone には指紋認証と顔認証のふたつのセキュアシステムを搭載し、個人情報保護のセキュアレベルを上げるプランでしょう。また使用環境やユーザーの判断によって指紋認証と顔認証のどちらかを選択設定することも可能なはずです。

Apple がここまで個人情報セキュアに熱心な理由として考えられるのが、将来 iPhone をパスポートと置き換える構想があるからでしょう。
パスポートは悪用されると国家保安上の問題もあるため厳重な取り扱いと管理が求められています。将来スマートフォンがパスポート機能を担うのなら、複合セキュアシステムを搭載した完璧なセキュリティ技術が必要になります。

ただ iPad シリーズに、ここまでハイスペックな認証セキュアを搭載するのかは疑問が残ります。気になるのは2つの認証セキュアを搭載することによる販売価格の上昇です。搭載コストの問題が大きくないのであれば、将来発売される iPad に Touch ID と Face ID の複合認証セキュア搭載は実現するでしょう。


▲戻る

ディスプレイ透過型 Face ID

    情報のポイント

  • The Elec:画面透過型 Face ID は iPhone15 Pro 系に搭載
  • DSCC:画面透過型 Face ID は iPhone16 Pro 系に搭載
  • 画面透過型 Face ID の実現は2024年以降か

近年の次期モデルリーク情報ではノッチの小型化や廃止が多く見受けられる。実際、iPhone 13 Pro シリーズからノッチの小型化が実現されており、2022年モデルで Pro シリーズからノッチが廃止されパンチホール採用と噂されている。

近年発売されている iPhone イヤーモデルにノッチやパンチホールが必要なわけは、顔認証セキュア Face ID 関連部品を画面部分に配置するためなのですが、ディスプレイを透過できる『画面埋込み型 Face ID』が実現すれば、ノッチ・パンチホールは廃止され全画面表示(フルスクリーン)が可能になります。

画面透過型 Face ID 採用はいつ?

韓国の電子産業ニュースメディア The Elec によると、画面透過型 Face ID が採用されるのは iPhone 15 Pro 系(2023年モデル)から実現する可能性をあげている。

しかし、ディスプレイのサプライチェーンを分析している DSCC(Display Supply Chain Consultants)の CEO である Ross Young(ロス ヤング)氏は、2023年に Apple へ提供される画面透過型 Face ID ユニットは開発用サンプルになる可能性が高く、販売用として実装されるのは2024年モデル(iPhone 16 Pro 系)からと予想している。


▲戻る

血管パターン認証 Face ID

顔認証 Face ID[2022 新型 iPhone 14]

    情報のポイント

  • 顔の大静脈パターンでユーザー認証
  • マスクで口元が隠れていても認証可能

iPhone ディスプレイを見つめるだけで、ロック解除、ログイン、電子マネー・クレジット決済などを可能にしたのが顔認証セキュア Face ID です。

Face ID のカメラ・センサーなどのモジュールは、ディスプレイ上部にあるノッチ(切り欠き)に内臓。TrueDepth(トゥルーデプス)カメラシステムで得たユーザーの顔形状データは、Secure Enclave(セキュアエンクレーブ)、Neural Engine(ニューラルエンジン)といった Apple の最も高度なテクノロジー活用してユーザーマッチングを判定。これまでスマートフォンに搭載されたものの中で最も安全なセキュリティシステムです。

なお、Face ID は機械学習によって外見の変化を認識。帽子をかぶっても、メガネやサングラスをかけても認証動作に問題ありません。

顔の大静脈で本人認証

血管パターン Face ID[2023 新型 iPhone 14]
Apple が、USPTO(米国特許商標庁)に申請していた Face ID に関する特許技術の内容を公開。

新たに登録された Face ID テクノロジは、顔の大静脈で本人認証するものです。これは、赤外線カメラで表皮下の血管の配置をマッチングさせるため、顔が似ている双子でも顔認証をパスすることはできません。なぜなら、見た目では区別できないほど似ている一卵性双生児でも、血管の流れる配置は同様ではなく、登録されたユーザーの血管パターンによって高度なセキュリティを保てるからです。

この血管パターン情報を組み込んだ Face ID が搭載されれば、おそらくマスクをしていたり、寝惚けまなこで目の配置情報がうまく取れないばあいでも認証システムが正常に作動させることが可能になります。
さらに、血管パターン顔照合のメリットは、新しいハードウェアを必要とせずソフトウェアのアップデートのみで実装できそうなところ。すでに現行 Face ID モジュールには、赤外線照明器で表皮下の静脈のパターンを認識できるようです。

特許申請された技術が必ずしも実装されるとは限りませんが、ソフトウェアのアップデートで機能を活かせるのであれば、血管パターン照合を組み込んだ Face ID 実現の可能性は高そう。


▲戻る


カメラ

リーク情報

超高解像4,800万画素イメージセンサー

    情報のポイント

  • 4,800万画素イメージセンサーの採用
  • iPhone 6s 以降、初の解像度アップデート
  • 広角カメラ用に4,800万画素イメージセンサーを採用
  • 超高解像センサーは iPhone 14 Pro 系に搭載
  • 明るさによって4,800万 / 1,200万画素へ切替え可能か

初の解像度アップデート

台湾の市場調査会社 TrendForce が、次期2022年モデルとなる iPhone 14 Pro シリーズに、高い解像度を有する4,800万画素イメージセンサーを採用する可能性をあげています。

現在、アップルストアや代理店で販売されている iPhone 搭載のすべてのカメラ解像度は1,200万画素ですが、先ほどの情報通り4,800万画素イメージセンサーが採用されれば、iPhone シリーズとしては注目のアップデートになることは間違いありません。

iPhone 背面のメインカメラのイメージセンサーが1,200万画素へアップデートしたのは iPhone 6s(発売日: 2015年9月25日)から。リーク情報どおりに新型 iPhone 14 Pro シリーズのイメージセンサーが4,800万画素へ改良されれば、7年ぶりの大幅アップデートとなります。なお、iPhone 6 のイメージセンサー解像度は800万画素でした。

4,800万画素は Pro 系の広角カメラに採用

注目の4,800万画素イメージセンサーは、すべての iPhone 14 シリーズに採用されるわけではなく、ハイエンドモデルとなる Pro シリーズの iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max の2機種に搭載されるようです。
高解像度センサーを『採用する・採用しない』の理由としては『部品コスト・モデルごとの差別化』となるでしょう。

iPhone 14 Pro シリーズのカメラ構成は、iPhone 13 Pro シリーズ同様のトリプルカメラ(望遠・広角・超広角カメラ)ですが、4,800万画素イメージセンサーが搭載されるのは広角カメラのみとの情報。なお、iPhone 13 シリーズの広角カメラ焦点距離は、35mm判換算: 26mm相当となっています。

明るさによって解像度切替えの可能性

iPhone 初搭載の超高画素イメージセンサー情報について、米国 Apple 製品リークメディア 9to5Mac は、撮影シーンにおいて解像度切替えの可能性をあげています。

これは、構造上イメージセンサーを大型化できないスマートフォンで容易に高画素化してしまうと、ひとつの素子が光を受ける面積が小さくなるため、暗所の解像度描写の低下、ノイズ発生、黒つぶれの原因にもなったり、画像データが大きくなるため記憶容量の不足が発生しやすくなります。

これらのデメリット対策のために iPhone14 Pro のカメラは1,200万画素・4,800万画素の2つのモードで撮影できるようにして、光量の明るい場所では4,800万画素、夜間や室内など光量が少ない場所では1,200万画素で撮影できるようにして、シャープで綺麗な写真が撮れるようにするのではないかと 9to5Mac は予想しています。


▲戻る

6,400万画素イメージセンサー

6400万画素イメージセンサー[2022 新型 iPhone 14]
2022年に発売が予測されている新型 iPhone 14 のメインカメラに関するリーク情報があがっています。

Apple 製品のリーク情報を伝えている著名リーカー Fudge 氏によると、2022年モデルとなる新型 iPhone 14 に搭載されるメインカメラが、かなり大きなアップグレードを導入すると Twitter へ投稿。

同氏があげたメインカメラの変更点はいくつもあり、その要点を Twitter は以下のとおり。

iPhone 14 メインカメラ仕様

コードネーム[D6x]が付けられている新型 iPhone 14 のメインカメラ構成。分りやすいように若干情報を補足して和訳しています。

次期 iPhone 14 のメインカメラは、カメラモジュールが4基構成となる Quad Camera(クアッド カメラ)が導入される可能性があります。

メインカメラ仕様:iPhone 14

  • 6,400万画素センサー:広角 1倍 / 光学ズーム無し(6倍 / デジタルズーム)
  • 4,000万画素センサー:望遠 3倍〜5倍 / 光学ズーム(15倍〜20倍 / デジタルズーム)
  • 6,400万画素センサー:アナモフィックレンズ(2.1:1)
  • 4,000万画素センサー:超広角 0.25倍 / 光学逆ズーム
  • LiDAR 4.0

アナモフィックレンズ

アナモフィックレンズ[2022 新型 iPhone 14]
リーク情報のメインカメラ仕様の要点は5つ。このカメラ機能で一番目立っている仕様が『アナモフィックレンズ』でしょう。

  • 64mp anamorphic lens (2.1:1)

アナモフィックレンズは、シネマスコープ映像を記録するときに使用する特殊レンズ。映画用の動画記録で多く採用されており、横長(2.39:1)のシネマスコープ映像を、通常アスペクト比(4:3)のイメージセンサーで得るため横方向を圧縮して記録。のちに横圧縮をもどして視聴用動画とします。


近年発売されている iPhone ディスプレイのアスペクト比は、シネマサイズのようなアスペクト比を採用しており、優れた動画性能を追求するスマートフォンにシネマスコープ映像記録を採用する動きには納得です。

なお、新型 iPhone 14 に搭載が予測されるアナモフィックレンズのアスペクト比は(2.1:1)と、一般的にシネマスコープのアスペクト比より少し横幅が狭くなります。

広角レンズ:6,400万画素センサー

Fudge 氏のリーク情報に登場してくるのが6,400万画素のイメージセンサー。

  • Wide 1x optical zoom (6x digital zoom) 64mp

iPhone 12 のイメージセンサー解像度が1200万画素の予測であるため、次世代 iPhone では圧倒的な解像度のイメージセンサーを採用する情報になります。

6,400万画素の超高解像度イメージセンサーは、一眼レフやミラーレス一眼カメラといった高画質撮影専用機の仕様ですが、最近では SONY 製の6400万画素 CMOS イメージセンサーが Android スマートフォンに供給され、製品としてリリースされています。
近年は競合メーカーのカメラ性能向上も著しく、Apple も独自の機能を搭載して優位性を保とうとしており、そのアドバンテージのひとつに超高解像度イメージセンサーを採用する可能性はあります。

6,400万画素センサーのカメラモジュールは広角レンズを採用。広角カメラは単焦点レンズで光学ズーム機能は搭載しないが、6倍のデジタルーズム機能を採用する。

望遠ズーム

新型 iPhone 14 の望遠カメラは、iPhone 12 Pro 系が採用する単焦点の望遠レンズではなく、光学式の望遠ズームレンズを採用すると予測。

  • Telephoto 3x-5x optical zoom (15-20x digital zoom) 40mp

リーク情報ではズーム域は光学で3倍〜5倍、デジタルズームで15倍〜20倍としている。

iPhone 11 Pro の光学ズームは3基の単焦点レンズを巧みにつなげてズームとしていますが、望遠側の焦点距離は35mmフィルム換算で〈52mm〉と、どちらかといえば標準レンズに近い画角。

2022 新型 iPhone 14 では、標準レンズの画角に最低でも3倍の光学ズーム機能が備わるようで、少なくとも焦点距離〈150mm〉といった中望遠レンズの機能をはたす。広角レンズをふくめれば、一般的な撮影領域のほとんどをカバーできます。

なお、望遠ズーム用のイメージセンサーは4000万画素。基本的に望遠系は解像度を必要としない撮影シーンが多く、4000万画素はオーバースペック気味。

超広角 0.25倍 / 光学逆ズーム

iPhone 14 では超広角カメラに特殊な機能を搭載する予測があがっている。

  • 0.25x min ultra wide (optical reverse zoom) 40mp

Fudge 氏の記述には「0.25倍の最小焦点ズームを採用する超広角(光学式逆ズーム)」とある。これは、超広角レンズユニットに広角側へ画角が4倍に広がる逆ズーム機構が組み込まれた特殊カメラのようです。
なお、超広角逆ズームカメラのイメージセンサーは、4000万画素と非常に高い解像度。

LiDAR スキャナ

LiDAR スキャナは、対象物を立体的に高速でスキャニングできる 3D ToF 技術を採用したもの。Apple 製品では 2020 iPad Pro に初搭載されました。
この LiDAR スキャナ は、iPhone 12 シリーズの Pro 系に採用済みの機能。

  • Li-Dar 4.0

記述されている『Li-Dar 4.0』は、おそらく LiDAR スキャナの第4世代を示しているのでしょう。
LiDAR 4.0 は ASIC(application specific integrated circuit = 特定用途向け集積回路)を用いた超小型スキャナモージュールで、スマートフォンのように筐体が小さく搭載スペースが限られる製品向けに開発された部品です。

iPhone の設計では常に構成パーツの小型軽量化が進められており、LiDAR スキャナもその形式に追従する必要があります。


このリーク情報どおりのメインカメラが採用になれば、かなり高機能・高性能な写真・動画カメラに進化します。
iPhone 14 シリーズの発売まで1年以上の月日がありますが、競合メーカーのカメラ機能の進化を見るならば、極端に進化させたアップデートでもないようです。


▲戻る

ユーザーを自動トリミングするセンターフレーム機能

新型 iPhone 14 シリーズにセンターフレーム機能が搭載される可能性があると、リーカーの ShrimpApplePro 氏がTwitterで発信している。

センターフレームとは?

センターフレーム(アメリカではCenter Stageと呼称)は、2021年モデルとして発売された M1 チップ搭載 iPad Pro から採用された機能で、前面カメラ搭載された新開発の超広角カメラとソフトウェアで制御する新機能。

センターフレーム機能が作動してれば、写っているユーザーを自動で追尾し自動トリミングのような効果を発揮する。また、複数の人物が突然参加してもフレーム内に収まるようズームアウトし自動調整してくれます。

ズムーズな Web 会議・プレゼンに対応

センターフレームはカメラ機能のひとつ。今後対応アプリケーションが増えると予想されている。

とくに2020年頃から、新型コロナウイルス感染対策としてリモートワークが普及したため、インターネットを活用したオンライン会議などで多くの人が利用できる機能として期待できる。

これまでのネット会議では、会議中にユーザー移動したり、ほかのものを映したい場合、いちいち自分の手でカメラを振ったりズーム調整したり、さらには再び自分が映っているか確認する必要がありました。

しかし、センターフレーム機能があれば、自動でユーザー追尾・フレーム調節をしてくれるので、カメラの前で動き回りるプレゼン時や、ホワイトボード使うオンライン授業でもカメラ調整を機にすることなくスムーズなネット会議・事前録画が可能になります。

クアッドカメラ採用について

クアッドカメラ[2022 新型 iPhone 14]
2023年に発売される新型 iPhone 15 シリーズのハイエンドモデルに、クアッドカメラが採用になるとする情報が、少ないながらも取り上げられています。

iPhone 15 のクアッドカメラ搭載についてウェブサイトに情報をアップしたのは、英国の情報メディア T3 の記者 Robert Jones(ロバート ジョーンズ)氏。

同氏は、Apple 製品のリーク情報を伝えている Fudge 氏 の情報を確認しつつも、「クアットカメラについての情報が正確だとしても、それは数ある開発項目の中のひとつだろう」との見解。ただ、iPhone 14 のメインカメラが4基搭載されるクアッドカメラが採用されれば、同様の機能を採用してようとしている Samsung Galaxy S30 との機能・性能をめぐる比較ができそうで楽しみにしていると述べています。

iPhone 15 Pro 系のクアッドカメラ

Fudge 氏 の情報を整理した Apple iPhone 15 Pro 系クアッドカメラのカメラ構成。

    メインカメラ仕様:iPhone 15

  • 6,400万画素センサー:広角 1倍 / 光学ズーム無し(6倍 / デジタルズーム)
  • 4,000万画素センサー:望遠 3倍〜5倍 / 光学ズーム(15倍〜20倍 / デジタルズーム)
  • 6,400万画素センサー:アナモフィックレンズ(2.1:1)
  • 4,000万画素センサー:超広角 0.25倍 / 光学逆ズーム
  • LiDAR 4.0

Galaxy S30 のクアッドカメラ

Robert Jones 氏が iPhone 14 Pro 系の競合モデルとして期待しているのが、Samsung のハイエンドスマートフォン Galaxy S30 シリーズです。

    メインカメラ仕様:Galaxy S30

  • 1200万画素センサー:超広角カメラ
  • 1億5000万画素センサー:広角カメラ
  • 4800万画素センサー:望遠カメラ
  • 深度測位(3D ToF)カメラ

2020年秋に発売された iPhone 12 Pro 系はトリプルカメラを継続するため、2021年初頭に発売される Galaxy S30 シリーズは、画素数などのスペックが先行するかたちになります。Galaxy S30 メインカメラ最大の注目は、1億5000万画素センサーという超解像度を極めたイメージセンサーの採用でしょう。なお、クアッドカメラの詳細についてはハッキリしてない部分が多い。


ちなみに、1億5000万画素のイメージセンサーで撮影された最大解像度の画像を、普及パソコンで画像編集するとデータ量の多さから、編集アプリがフリーズする可能性があります。


▲戻る

超望遠ペリスコープレンズの搭載

ペリスコープ超望遠レンズ[2022 新機種 iPhone 14]

    情報のポイント

  • 超望遠レンズ iPhone 15 に初搭載の可能性
  • ペリスコープレンズを共同開発
  • 倍率は50〜100倍で超望遠撮影に対応
  • すでに Huawei と Samsung は搭載販売中

次期 iPhone の新しいカメラ機能として、高倍率な望遠撮影を可能にする『ベリスコープレンズ』を搭載する可能性を予想させる情報があがっています。

『ペリスコープ』とは

ペリスコープ超望遠レンズ[2022 新機種 iPhone 14]
潜水艦の潜望鏡からイメージされたもので、レンズユニット全体が筐体におさまったフラットな状態を表しています。
スマートフォンのペリスコープ構造は、レンズユニットの前にプリズムを設置して光の向きを90度屈折させ、何枚ものレンズを通してセンサーに映像を届けます。ペリスコープのレンズユニットに高倍率レンズ群を採用すれば、スリムなスマートフォンでも撮影倍率は50〜100倍の超望遠カメラの搭載が実現します。

ペリスコープカメラの倍率

香港 TFI 証券のアナリストとして Apple 新製品情報を予測している Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、投資家向けに発表しているレポートに、新型 iPhone 15 シリーズのカメラ新機能としてペリスコープカメラが掲載されています。

この聞きなれない『ペリスコープカメラ』が iPhone に採用されれば、スマートフォン初搭載のイメージがありますが、すでに Huawei P30 Pro、Samsung Galaxy S20 Ultra に搭載済みの機能です。

スマホにペリスコープカメラを初搭載したのは Huawei(ファーウェイ)P30 Pro で、リアパネルには4基のメインカメラが並んでいます。その中、1基の四角レンズがペリスコープカメラです。
Huawei P30 Pro のペリスコープは、光学ズームとデジタルズームを合わせて最大倍率50倍の超望遠を実現。

ペリスコープ超望遠レンズ[2022 新機種 iPhone 14]

Huawei P30 Pro:ペリスコープ倍率

光学
5倍
ハイブリッド
10倍
デジタル
50倍

また、上位後継機となる Huawei P40 Pro+ では、光学ズーム:10倍、デジタルズーム:100倍の超望遠カメラ機能を搭載しています。

ペリスコープカメラの共同開発

台湾のハイテク関連メディア DigiTimes は、次期 iPhone へ搭載が予測されるペリスコープ望遠レンズの開発を、どこかの開発部門と共同で行う可能性を報じています。

DigiTimes は共同開発の企業名を記載していませんが、韓国 Samsung Electronics(サムスン電子)が自社製スマートフォン Galaxy S20 Ultra にペリスコープ望遠レンズを実装していることと、現在の世界情勢からみて Samsung を共同開発のパートナーに選ぶのではないかと予測しています。

超望遠カメラ iPhone の発売時期

Ming-Chi Kuo 氏の予測では韓国のサプライヤー Semco が、2023年発売の iPhone にペリスコープ望遠レンズの部品の多くを供給する可能性が高いと予測。

また、インドのモバイル機器情報メディア Phone Mantra は、ペリスコープ望遠レンズが新型 iPhone 15 に搭載される可能性があると報じています。


▲戻る

フロントカメラ改良で写真画質向上

    情報のポイント

  • フロントカメラの全面刷新は iPhone 14 シリーズ全機種
  • レンズ口径拡大によりレンズ開放F値がƒ1.9へ
  • フロントカメラ初のオートフォーカス機能搭載

TFI 証券の著名アナリスト Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、2022 新型 iPhone 14 シリーズのフロントカメラ改良についての予想をTwitterへ投稿。

フロントカメラの全面刷新は iPhone 14 シリーズ全機種

同氏の予想では、次期 iPhone 14 シリーズのフロントカメラのカメラユニットが全面的な改良を受け大きく進化するもよう。この大幅な改良は、すべての iPhone 14 シリーズ4機種(iPhone14、iPhone14 Max、iPhone14 Pro、iPhone14 Pro Max)に採用される。

レンズ口径拡大によりレンズ開放F値がƒ1.9へ

まず、新開発のレンズユニットはレンズ口径が大きくなる点が注目される。

レンズ口径の指標の一つとして絞り開放値『ƒ値』で表現することが多い。従来モデル iPhone 13 シリーズのレンズƒ値は〈f2.2〉ですが、次期モデル iPhone 14 シリーズのレンズƒ値は〈f1.9〉になるとの情報。

レンズ口径が大きくなるメリットは、より多くの光情報をイメージセンサーへ導くことができるので、高速シャッターによる手ブレ防止や、室内・夜間撮影でのノイズ低減による画質向上が期待できる。

フロントカメラ初のオートフォーカス機能搭載

フロントカメラ全面改良で注目される機能としては『オートフォーカス機能』が搭載されること。

iPhone 13 シリーズのカメラユニット固定焦点だったため、被写体以外をボカした表現にするのを『ポートレートモード機能』というソフトウェアで人工的なボケ表現を実現していました。

iPhone 14 シリーズではオートフォーカス機能が搭載によってピント位置が最適化されるため、被写体の質感向上や被写界深度というピントが合う前後範囲を利用して自然なボケ表現が可能となる。
なお、これらの利点は動画撮影もふくまれるので、最適なピントをふくめ映像表現の幅も広がるメリットがある。


▲戻る


端子・充電・その他

リーク情報

双方向ワイヤレス充電

双方向ワイヤレス充電[2022 新型 iPhone 14]
2020 iPhone 12 シリーズには、画期的なワイヤレス充電方式『MagSafe(マグセーフ)』に対応していますが、次世代 iPhone では AirPods などに給電できる新方式のワイヤレス充電機能の開発プロジェクトもあります。

TF International Securities に所属し Apple 製品のアナリストとしても信頼できる Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、過去に Apple 新製品情報として投資家向けに公開したレポートからの情報です。

その情報は、次期 iPhone のワイヤレス充電に関する予測。
現行モデル iPhone ハイエンド3機種には、無線充電規格 Qi(チー)に対応するワイヤレス充電機能を備えていますが、クオ氏の情報によると、2022年に発売する全ての新型 iPhone に、双方向ワイヤレス充電機能が搭載され、さらにバッテリー容量の増加を予測しています。

この機能搭載が実現すれば、Qi 規格対応の製品に iPhone から給電を受けることが可能になるため、たとえば先日発売された AirPods 2 のワイヤレス充電ケースに給電ができ、他のワイヤレス充電対応 iPhone を充電することも可能になります。

じつは、双方向ワイヤレス充電機能を搭載したスマートフォンは、Samsung Electronics(サムスン電子)Galaxy S10 が先行して販売しており、この技術の稼働実績はあります。
Apple は、双方向ワイヤレス充電コントローラを供給する STMicro や、バッテリーボードを供給する Compeq などのサプライヤー(部品製造企業)と関係があるため、開発進歩と生産計画が順調であれば、新機種モデルの iPhone へ搭載される見通し。

先日 Apple は、ワイヤレス充電マット AirPower の開発中止を発表しているため、ワイヤレス給電機能を搭載した新型 iPhone は注目を集めるでしょう。


▲戻る

ポートレス化の採用と問題

ポートレス ワイヤレス無線接続[2022 新型 iPhone 14]
もし、2022年モデル iPhone 14 シリーズで Lightning ポートが廃止された場合、なんらかの技術的サポートが入らないとスムーズさに欠く問題が発生する可能性があります。

ワイヤレス充電の速度

Apple は iPhone 8 以降の新機種に ワイヤレス充電機能を採用。無線充電規格Qi(チー)に対応する充電マットで、接続ポートにケーブルを差すことなくスマートな充電を実現。しかし、充電にかかる時間は有線ケーブルの充電速度に劣ります。

最近は、充電出力を向上させたワイヤレス充電器も登場していますが、Lightning 有線ケーブルの充電スピードの速さには到底及びません。
ワイヤレス充電時間を短くするため、さらに高出力の充電マットを用意するには発熱・排熱問題をクリアする必要があり、Apple が自社開発していた無線充電マット『AirPower』は、それら問題を解決できず発売予定を取り消しています。

新しい充電方式 MagSafe(マグセーフ)ワイヤレス充電パッドでは充電速度が高速ではないため、今後の改良が望まれるところ。

自宅以外での充電環境

完全ワイヤレス化される iPhone で困るのが、自宅以外での充電問題です。iPhone ユーザーは自宅では十分な充電環境を整えることが可能ですが、職場や出先で同じくらいの充電環境が用意できないと、スマートフォンの機能を維持できません。
また、バッテリー駆動問題で困るのが、従来の有線給電式モバイルバッテリーがまったく役に立たなくなります。

データ転送効率

現在までに発売されている多くの iPhone では、ワイヤレスによるデータ転送機能を搭載しており実用的な性能を発揮していますが、Lightning ケーブル接続によるデータ転送速度は圧倒的に速い。とくにデータ容量の大きい、高画質動画・高音質音源の転送はワイヤレスでは遅く、なんらかの転送失敗による再度転送もめんどうです。

CarPlay 接続問題

CarPlay(カープレイ)は、Apple が開発した車載オーティオ・ナビのほか、iPhone と接続して各種アプリを利用できる専用ソフトウェア規格。現在、多くの車載機器メーカーが導入しています。

問題になるのが CarPlay レシーバーとの接続。とくに現行モデルは Lightning ケーブルによる有線接続を前提に開発しており、ワイヤレスデータ転送には対応していません。最近発売しているワイヤレスワポートの CarPlay システムなら対応の可能性もありますが、Phone 接続ポートが廃止されると、多くの従来機は役立たずになります。


▲戻る

ポートレス化を目指す理由

Lightning 廃止か無線接続[2022 新型 iPhone 14]
Apple が Lightning ポートを無くしたい理由に、シンプルとスマートを追求する製品コンセプトがあるのは先に述べた通りですが、他には個人情報保護の観点から廃止したい思惑があります。

これは、重大事件を起こした犯人所有の iPhone 個人情報の取り扱いをめぐって、Apple と警察機関・FBI(米連邦捜査局)とのやりとりがありました。

FBI から犯人所有 iPhone のパスワードを回避するソフトの提供を求められた Apple は、この要請をプライバシーとセキュリティの観点から拒否。しかし、捜査当局は Lightning ポートを利用してハッキングソフトによるデータ抽出を行いました。

このような過去の事例から、Apple は個人情報を徹底的に守るため、現在の iOS では、最後のロック解除から1時間を経過したデバイスについては、接続ケーブルを介したアクセスを許可しない『USB 制限モード』を組み込んでセキュリティの脆弱を回避しています。

そして、さらなる個人情報保護対策として物理的な接続部分を無くす Lightning ポート廃止を Apple は考えています。


▲戻る



iPhone モデル一覧