【2023-2022】新型 iPhone:リーク&スペック

最新情報 発売日 いつ[2023 新作 iPhone 15]


2023 iPhone

デザイン

スペック 比較 値段[2023 新型 iPhone 15]
2023年秋に発売される新型 iPhone 15 シリーズ(仮称)は、外観デザインや部品構成が大きく変更されるフルモデルチェンジとなる。
おもにデザイン刷新をうけるのが、フレーム形状、ディスプレイ周りや、メインカメラ部分といった、外観の目立つ部分の変更も多い。また、 Lightning 接続コネクターが廃止されUSB-C端子搭載の可能性が予測されている。

ディスプレイの大きさは従来モデルのサイズを継続しつつも、表示パネルの仕様変更がほどこされる。近年噂にあがり続けている、画面タッチ式の指紋認証セキュア Touch ID が搭載されるかは要注目だ。
デザイン リーク性能[2023年モデル iPhone 15 Ultra]

    iPhone 15:リーク情報

  • iPhone 15 シリーズはフルモデルチェンジ
  • 6.7-inch の Pro Max 後継機は『iPhone15 Ultra』
  • iPhone15 では Pro と Pro Max 間で機能の差別化
  • iPhone15 Ultra(Pro Max)に光学10倍ズームのペリスコープカメラ
  • Pro / Ultra:画面下埋込み型 Face ID
  • 接続コネクタに USB-C を初採用

外観 カラー デザイン[2023 新型 iPhone 15]外観 カラー デザイン[2023 新型 iPhone 15]外観 カラー デザイン[2023 新型 iPhone 15]外観 カラー デザイン[2023 新型 iPhone 15]

ノッチ

ノッチ廃止 画面埋込み型 Touch ID[2023 新型 iPhone 15]

リーク情報
  • 2024年モデルでノッチ完全廃止か
  • ディスプレイを透過するセンサー
  • ディスプレイ パンチホール

2024年モデルでノッチ完全廃止か

ノッチのカメラ・センサー群[2023 新型 iPhone 15]
iPhone X から新世代モデルの象徴としてディスプレイ上部に配置されているノッチ(切り込み)。この領域は見た目のデザインではなく、TrueDepthセンサー(ドットプロジェクタ)、環境光センサー、近接センサーといった各種デバイスが搭載されています。

TrueDepthセンサーは、新世代 iPhone には重要な Face ID や Animoji に利用され、赤外線を使って顔の造形・表情を読み取るカメラ。環境光センサーは、iPhone 使用環境の明るさや光の色を感知して、カメラの明るさ(露出補正)や色合い(ホワイトバランス)を調整します。これらのセンサー・カメラは、その他の搭載モジュールを含めて、遮られたり予想外の光源に照らされると、正確なデータを得ることができなくなります。
そのような理由があるため 2018 iPhone Xs では、有機 EL ディスプレイパネルによって遮られたり生成された光の影響を受けないように、ディスプレイを切り欠いて、それらのセンサー類が正常作動するように搭載しています。
ノッチレス 廃止[2023 新型 iPhone 15]
ノッチ領域を小型化する方法や技術は 2021 iPhone 13 から採用され、2022年モデル iPhone 14 Pro 系では小型オーバルノッチが採用されより小さくなりました。ノッチ領域が廃止される情報はいくつか挙がっており、多くのアナリストが2024年モデル以降には廃止されると予測しています。

ディスプレイを透過するセンサー

今後は新開発されたセンサーによって、すべての iPhone からノッチがなくなるのも時間の問題になりそうです。
AMS TCS3701 センサー[2023 新型 iPhone 15]
それは、センサーメーカー AMS が開発したセンサー[TCS3701]によって実現するものです。このセンサーは、VCSEL エミッタと組み合わせることで OLED パネルの背後で可視光と赤外光の両方を感知。また、光を分別することが可能なため、有機 EL ディスプレイパネルが生成する光の影響を受けません。そのため、センサーがディスプレイパネルに遮られていても外部の光源だけをセンシングできます。

このセンシングセンサーを iPhone に搭載できれば、有機 EL ディスプレイパネル裏側にセンサーを隠せるため、ノッチ領域を縮小が実現します。

ディスプレイ パンチホール

ディスプレイ マイクロホール[2023 新型 iPhone 15]
さらなるナローベゼルやノッチ領域を廃止するため、スピーカーをディスプレイパネルの裏側へ搭載する技術も検討されています。

この技術はディスプレイパネルに、ほぼ目視で確認できないほどの小さい穴を多数開けることで実現させます。この加工法はすでに Apple による特許が取得されており、準備が整えば実現可能な方法です。
この特許技術の面白いところは、これらの微細な穴のパネル加工によって、スピーカー以外のカメラ、センサー、マイクロフォンをディスプレイパネルの裏側に配置させても各種モジュールが正常作動することです。

特許どおりのディスプレイホール加工と対応センサーモジュールが実現すれば、ノッチ領域の縮小や廃止することができるようです。

カメラ

超望遠 クアッドカメラ[2023年モデル iPhone 15]

リーク情報
  • 超望遠ペリスコープレンズの搭載
  • クアッドカメラ採用について
  • アナモフィックレンズ
iPhone 2023年モデル:リアカメラ予測仕様
iPhone 15 iPhone 15 Plus iPhone 15 Pro iPhone 15 Ultra
超広角カメラ 1200万画素 1200万画素
広角カメラ 1200万画素 4800万画素
望遠カメラ 1200万画素
ペリスコープ 1200万画素
LiDAR 搭載

超望遠ペリスコープレンズの搭載

ペリスコープ超望遠レンズ[2023 新機種 iPhone 15]

    情報のポイント

  • 超望遠レンズ iPhone 15 に初搭載の可能性
  • ペリスコープレンズを共同開発
  • 倍率は50〜100倍で超望遠撮影に対応
  • すでに Huawei と Samsung は搭載販売中

次期 iPhone の新しいカメラ機能として、高倍率な望遠撮影を可能にする『ベリスコープレンズ』を搭載する可能性を予想させる情報があがっています。

『ペリスコープ』とは

潜水艦の潜望鏡からイメージされたもので、レンズユニット全体が筐体におさまったフラットな状態を表しています。
スマートフォンのペリスコープ構造は、レンズユニットの前にプリズムを設置して光の向きを90度屈折させ、何枚ものレンズを通してセンサーに映像を届けます。ペリスコープのレンズユニットに高倍率レンズ群を採用すれば、スリムなスマートフォンでも撮影倍率は50〜100倍の超望遠カメラの搭載が実現します。

ペリスコープカメラの倍率

香港 TFI 証券のアナリストとして Apple 新製品情報を予測している Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、投資家向けに発表しているレポートに、新型 iPhone 15 シリーズのカメラ新機能としてペリスコープカメラが掲載されています。

この聞きなれない『ペリスコープカメラ』が iPhone に採用されれば、スマートフォン初搭載のイメージがありますが、すでに Huawei P30 Pro、Samsung Galaxy S20 Ultra などの他社スマートフォンには搭載済みの機能です。

スマホにペリスコープカメラを初搭載したのは Huawei(ファーウェイ)P30 Pro で、リアパネルには4基のメインカメラが並んでいます。その中、1基の四角レンズがペリスコープカメラです。
Huawei P30 Pro のペリスコープは、光学ズームとデジタルズームを合わせて最大倍率50倍の超望遠を実現している。

ペリスコープ超望遠レンズ[2022 新機種 iPhone 14]

ペリスコープカメラの共同開発

台湾のハイテク関連メディア DigiTimes は、次期 iPhone へ搭載が予測されるペリスコープ望遠レンズの開発を、どこかの開発部門と共同で行う可能性を報じています。

DigiTimes は共同開発の企業名を記載していませんが、韓国 Samsung Electronics(サムスン電子)が自社製スマートフォン Galaxy S20 Ultra にペリスコープ望遠レンズを実装していることと、現在の世界情勢からみて Samsung を共同開発のパートナーに選ぶのではないかと予測しています。

超望遠カメラ iPhone の発売時期

Ming-Chi Kuo 氏の予測では韓国のサプライヤー Semco が、2023年発売の iPhone にペリスコープ望遠レンズの部品の多くを供給する可能性が高いと予測。
また、インドのモバイル機器情報メディア Phone Mantra は、ペリスコープ望遠レンズが新型 iPhone 15 に搭載される可能性があると報じています。

クアッドカメラ採用について

超望遠 クアッドカメラ[次期モデル iPhone 15]
2023年に発売される新型 iPhone 15 シリーズのハイエンドモデルに、クアッドカメラが採用になるとする情報が、少ないながらも取り上げられています。

iPhone 15 のクアッドカメラ搭載についてウェブサイトに情報をアップしたのは、英国の情報メディア T3 の記者 Robert Jones(ロバート ジョーンズ)氏。

同氏は、Apple 製品のリーク情報を伝えている Fudge 氏 の情報を確認しつつも、「クアットカメラについての情報が正確だとしても、それは数ある開発項目の中のひとつだろう」との見解。

iPhone 15 Pro 系のクアッドカメラ

Fudge 氏 の情報を整理した Apple iPhone 15 Pro 系クアッドカメラのカメラ構成。

    メインカメラ仕様:iPhone 15

  • 6,400万画素センサー:広角 1倍 / 光学ズーム無し(6倍 / デジタルズーム)
  • 4,000万画素センサー:望遠 3倍〜5倍 / 光学ズーム(15倍〜20倍 / デジタルズーム)
  • 6,400万画素センサー:アナモフィックレンズ(2.1:1)
  • 4,000万画素センサー:超広角 0.25倍 / 光学逆ズーム
  • LiDAR 4.0

アナモフィックレンズ

Apple 製品のリーク情報を伝えている著名リーカー Fudge 氏は、以前Twitterへ特殊レンズ『アナモフィックレンズ』について投稿していました。

  • 64mp anamorphic lens (2.1:1)

アナモフィックレンズは、シネマスコープ映像を記録するときに使用する特殊レンズ。映画用の動画記録で多く採用されており、横長(2.39:1)のシネマスコープ映像を、通常アスペクト比(4:3)のイメージセンサーで得るため横方向を圧縮して記録。のちに横圧縮をもどして視聴用動画とします。
アナモフィックレンズ[2023 新型 iPhone 15]
近年発売されている iPhone ディスプレイのアスペクト比は、シネマサイズのようなアスペクト比を採用しており、優れた動画性能を追求するスマートフォンにシネマスコープ映像記録を採用する動きには納得です。

なお、新型 iPhone 14 に搭載が予測されるアナモフィックレンズのアスペクト比は(2.1:1)と、一般的にシネマスコープのアスペクト比より少し横幅が狭くなります。

  • Wide 1x optical zoom (6x digital zoom) 64mp

6,400万画素の超高解像度イメージセンサーは、一眼レフやミラーレス一眼カメラといった高画質撮影専用機の仕様ですが、最近では SONY 製の6400万画素 CMOS イメージセンサーが Android スマートフォンに供給され、製品としてリリースされています。
近年は競合メーカーのカメラ性能向上も著しく、Apple も独自の機能を搭載して優位性を保とうとしており、そのアドバンテージのひとつに超高解像度イメージセンサーを採用する可能性はあります。

6,400万画素センサーのカメラモジュールは広角レンズを採用。広角カメラは単焦点レンズで光学ズーム機能は搭載しないが、6倍のデジタルーズム機能を採用する。


近年の Apple は動画撮影機能を積極的に開発し最新モデルへ搭載しています。本格的なシネマスコープ映像撮影ができるアナモフィックレンズの採用についても要注目の仕様となるでしょう。

2022 iPhone

スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]

発売日

スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]

iPhone 14:発売日程
発表 9月8日
予約開始 9月9日 21時
発売日 9月16日
iPhone 14 Plus:発売日程
発表 9月8日
予約開始 9月9日 21時
発売日 10月7日
iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Max:発売日程
発表 9月8日
予約開始 9月9日 21時
発売日 9月16日

デザイン

スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]

    デザインの特長

  • iPhone 14 シリーズは4機種
  • ディスプレイサイズは2種類
  • ハイエンドモデルの小型オーバルノッチ(Dynamic Island)
  • Pro系カラー:スペースブラック、ゴールド、シルバー、ディープパープル
  • 標準系カラー:スターライト、ミッドナイト、ブルー、パープル、(PRODUCT) RED

スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]

ディスプレイ

スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]
常に映像業界が注目している iPhone 採用の Retina ディスプレイ。新型 iPhone 14 では高品質 OLED パネルをさらに改良。また、ノッチに内蔵されるモジュールの改良によりノッチの縮小化 Dynamic Island を実現。

    ディスプレイの特長

  • 各モデルの画面サイズ・解像度は従来モデル同様
  • Pro:リフレッシュレート 120Hz の高速表示
  • Pro:最大輝度1,000ニト(標準)、最大輝度1,600ニト(HDR)
  • Pro:Super Retina XDRディスプレイ(常時表示ディスプレイ)
  • Pro:ノッチ内蔵モジュール改良で小型オーバルノッチ
iPhone 14:ディスプレイ仕様
iPhone 14 iPhone 14 Plus iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
画面サイズ 6.1-inch 6.7-inch 6.1-inch 6.7-inch
表示パネル Super Retina XDR ProMotion搭載Super Retina XDR
ノッチ 小型ノッチ 小型オーバルノッチ
Dynamic Island

iPhone 14 / iPhone 14 Plus

スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]
スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]

iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Max

スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]
スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]

カメラ

スペック 比較 値段[2022 新型 iPhone 14]
カメラ専用機のような超広角撮影から、手軽な夜間撮影に対応する iPhone カメラ。さらに高画質・高性能・高機能をめざしている。

    カメラの特長

  • Pro:48MP 広角レンズ口径 ƒ/1.78 採用
  • Pro:高画質な動画保存フォーマット ProRes に対応
  • Pro:アダプティブTrue Toneフラッシュ
  • Pro:写真・動画のマクロモード搭載
  • 新画像エンジン:Photonic Engine
  • 高感度・高画質撮影に対応するイメージセンサー大型化
  • 第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正
iPhone 14:カメラ仕様
iPhone 14 iPhone 14 Plus iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
背面カメラ デュアルカメラ トリプルカメラ
カメラ種類 12M広角レンズ
12M超広角レンズ
12M望遠レンズ
48M広角レンズ
12M超広角レンズ
スキャナ LiDAR スキャナ
前面カメラ 12M広角レンズ
ビデオ撮影 4K/60fps・2K/240fps(スロー)
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)
4K/60fps・2K/240fps(スロー)
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
マクロビデオ撮影(スローモーションとタイムラプスに対応)

iPhone 14 / iPhone 14 Plus

スペック 比較 カメラ 写真[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 カメラ 写真[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 カメラ 写真[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 カメラ 写真[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 カメラ 写真[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 カメラ 写真[2022 新型 iPhone 14]

iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Max

スペック 比較 カメラ 写真[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 カメラ 写真[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 カメラ 写真[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 カメラ 写真[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 カメラ 写真[2022 新型 iPhone 14]スペック 比較 カメラ 写真[2022 新型 iPhone 14]

おもな特長

iPhone 14 シリーズ:主な特長
iPhone 14
iPhone 14 Plus
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
ディスプレイ
Super Retina XDR Super Retina XDR
ProMotion搭載
常時表示ディスプレイ
電話通信
5G携帯電話通信
緊急通信
緊急SOS
衝突事故検出
フロントカメラ
オートフォーカスに対応したTrueDepth
カメラ:レンズタイプ
広角
超広角
望遠
広角
超広角
ビデオ撮影
シネマティックモード(1080p、30fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影
(最大4K、60fps)
光学ズーム
2倍 6倍
スキャナ
ナイトモードのポートレート、暗い場所でのより速いオートフォーカス、次世代のAR体験をもたらすLiDARスキャナ
SoC(チップ)
A15 Bionicチップ
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
A16 Bionicチップ
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
バッテリー駆動時間(ビデオ再生)
最大20時間
最大26時間
最大23時間
最大29時間
生体認証セキュア
Face ID
外装素材
Ceramic Shieldの前面
航空宇宙産業レベルのアルミニウム
Ceramic Shieldの前面
医療に使われるレベルのステンレススチール
耐水性能
水深6メートルで最大30分間をクリア
ワイヤレス充電
MagSafeアクセサリとワイヤレス充電器に対応



iPhone 14:価格

iPhone 14 (Plus):価格(税込)
iPhone 14 iPhone 14 Plus
128GB 119,800円 134,800円
256GB 134,800円 149,800円
512GB 164,800円 179,800円
iPhone 14 Pro (Max):価格(税込)
iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
128GB 149,800円 164,800円
256GB 164,800円 179,800円
512GB 194,800円 209,800円
1TB 224,800円 239,800円



iPhone モデル一覧