【2020新型】iPhone 9《リーク スペック》

リーク噂 発売時期いつ[2020 iPhone 8 後継機]
4.7インチ IPS ディスプレイ、Retina HD パネル、Neural Engine を備えた A13 Bionic (CPU / GPU) チップ、Touch ID、1200万画素メインカメラなどの技術の搭載が予測される、2020年春に発表濃厚なエントリーモデルとなる iPhone 9(iPhone 8 改良版)の最新情報を更新しています。


最近『iPhone SE 2』と言われているモデルは、小型軽量な 4-inch iPhone SE 後継機を待望するユーザーが待ち望む製品ではありません。この新型 iPhone 9 は、iPhone 8 似の筐体に iPhone 11 の部品を入れたようなモデルで、値段が iPhone SE のようにリーズナブルな価格というものです。

iPhone 9 情報



サイズ

多くの電子機器情報メディアが iPhone SE 後継機ともいえる新型の小型軽量スマートフォン iPhone 9(仮)について報じています。

そのひとつである日本経済新聞その情報では、Apple は iPhone SE 後継期の開発を続行しており、発売を2020年春に予定しているとする。
この新型 iPhone 9 のディスプレイは、価格を廉価な設定にするため部品コストの低い LCD(液晶)パネルを採用。サイズは〈約4.7インチ〉と iPhone 8 と同様で、iPhone シリーズ最小で人気の高かった iPhone SE の画面サイズ〈4インチ〉より大型化する。
外観デザイン[2020 iPhone 8 後継機(SE2)]
パネルの種類やディスプレイサイズから考えると、Apple が生産コスト優先で開発をすすめているならば、iPod touch 第7世代のように筐体設計も現存するフレームを流用するか、若干のリファイン程度で設計する可能性が十分あります。

iPhone 9 にはベゼル(画面枠)やホームボタンが継続されるため、iPhone SE のような小型筐体を期待するユーザーには残念ですが、ディスプレイサイズが大きくなる分、ボディサイズは大きく重量も重くなります。

デザイン

画面サイズ 4.7インチ[2020 iPhone 8 後継機(SE2)]
新型 iPhone 9 は、iPhone 8 設計構造をほぼ継続すると予想されているため、両機の外観に大きな差はないと多くのメディアでも予測しています。

前章の情報どおり iPhone 9 には 4.7-inch ディスプレイに、ホームボタン、ベゼルなどの要素が採用されるため、必然的に iPhone 8 似のデザインに。
ただ、iPhone 9 は Apple の新しいエントリーモデルとして長期間販売するスマートフォンとなるため、性能向上と生産コストを抑える細かい改良は施されるでしょう。

もっとも変更点として分かりやすいのが、新設計のリアパネルとメインカメラでしょう。リアパネルはワイヤレス充電に対応するため引き続きガラスパネルを採用しますが、パネル形状はメインカメラ関連ユニットの設計変更を受けてパネルデザインは刷新。

筐体サイドの造形は、引き続き曲面を取り入れた iPhone 8 と同じ。スリープ・ボリュームボタンの配置・形状も同様と予想されます。

コンセプト画像

カラーバリエーション[2020 iPhone SE2(8 改良版)]

外観デザイン画像[2020 新型 iPhone 9]外観デザイン画像[2020 新型 iPhone 9]外観デザイン画像[2020 新型 iPhone 9]

iPhone 9:筐体カラー(参考画像)
カラー:シルバー[2020 新型 iPhone 9]カラー:スペースグレイ[2020 新型 iPhone 9]カラー:レッド[2020 新型 iPhone 9]



iPhone 9 機能

特長 機能

iPhone 9 は歴代の iPhone シリーズの中でも優れた性能と処理能力をもちながらも、破格な販売価格で展開する Apple の市場戦略モデルとなります。

2020年モデルの中で最も安い価格

新型 iPhone 9 は、エントリーユーザーや低価格スマートフォンを求めるユーザーへ向けたロープライス価格帯のモデル。
世界的に人気だった iPhone SE の販売価格を、生産コストを抑えることで実現し、iPhone 2020年シリーズモデルの中では最も安い〈約400ドル〉で販売されると予想されています。おそらく iPhone 9 が発売されれば、iPhone 8 の Apple ストアで販売は終了するでしょう。

ディスプレイは 4.7-inch 液晶パネル

新型 iPhone 9 のディスプレイサイズは、iPhone 8 と同等の 4.7インチ。表示パネル方式は LCD(液晶)パネルで、解像度などの仕様も同様と予測。
高画質な Liquid Retina を期待する向きには残念ですが、販売価格を下げるため部品コストの低い通常の Retina パネルが採用されるでしょう。

シングルカメラ:広角レンズ

iPhone シリーズ最廉価モデルとなる iPhone 9 のメインカメラはシングルカメラ。
画角は従来のシングルカメラ同様に広角レンズユニットを採用。イメージセンサーのサイズ・解像度〈12MP = 1200万画素〉は同等ながらも、光学式手ブレ補正機能が搭載される可能性があります。また、高性能なチップセットが採用されるため、ポートレートモードやナイトモード機能の導入も期待されます。

セキュリティは指紋認証 Touch ID

個人情報保護システムは、ユーザーの指紋を登録してスリープ解除や支払いを完了させる指紋認証セキュア Touch ID(タッチ アイディ)。
セキュアシステムは iPhone 8 と同じく、ホームボタンに指紋読み取りセンサーを組み込んだものを採用。iPhone に長らく普及した方式なので部品コストは安く作動も速い。

プロセッサは新開発 A13 チップ

新型 iPhone 9 の特徴で高いポイントとなるのが最新の A13 Bionic(バイオニック)チップの採用。
A13 Bionic の処理能力は標準的なPCの処理速度を超える高性能なもの。最廉価版 iPhone ながらもアプリの作動や、ネットサーフの快適さはもちろん、高機能な写真・動画撮影から、簡易的な画像・動画編集もこなす高いパフォーマンスを発揮するでしょう。

メモリ(RAM)搭載量

効率の良いデータ処理ができる iOS を搭載する iPhone は、メモリ(RAM)が少なくても高いパフォーマンスを発揮します。iPhone 9 では iPhone Xʀ と同等の(3GB)が搭載されると見込んでいます。
iPhone 9 を選択するユーザーの利用目的から優れた機能からみてもメモリ容量は十分です。ちなみに、2019 iPhone 11 シリーズのメモリ容量は〈4GB〉です。

5G 機能は搭載されない

新型 iPhone 9 は販売価格をシリーズ最安値をねらって開発されたスマートフォンであるため、部品価格が高い 5G モデムチップは搭載されないでしょう。従来機と同様に 4G 対応になります。

コネクタは Lightning 継続

Mac やパソコンとのデータ同期、または有線充電に利用されているのが Lightning(ライトニング)コネクタ。
近年リリースされる最新モデルの iPhone には、新規格コネクタである USB-C 採用の噂が絶えませんが、設計変更の手間や部品コストの上昇をふくめて、最廉価モデルに新規格コネクタが採用される選択はないでしょう。

充電は無線・有線に対応

iPhone 9 の充電方式は iPhone 8 と同様に Qi(チー)規格ワイヤレス充電に対応。そのためリアパネルはガラスコーティングが施されます。
ただし、2020年秋モデルの iPhone 12 シリーズに搭載されると予想されている『双方向ワイヤレス充電』には対応しません。

電子マネー決済 / Apple Pay

iPhone 7 から FeliCa に対応し、自社アプリでもクレジット決済を積極的に導入している Apple は、より幅広い電子マネー決済に意欲を見せています。
新型 iPhone 12 では、Apple 初の金融サービス『Apple Card(アップル カード)』が日本でも推進されるため対応。Apple Card は物理的なカードは必須ではなく、iPhone の Wallet アプリケーションでも支払いに対応します。

カラーバリエーション

Apple が近年リリースするエントリーモデルの iPhone には、ときおりカラフルな色彩の筐体が用意されることが多い。
最近のリーク・メディア情報では、iPhone 9 のカラーバリエーションは3色と予測されており、シルバー、スペースグレイ、レッドの3色と述べられている。iPhone 8 のゴールドの代わりに (PRODUCT) RED が復活するもようです。

販売価格・ストレージ容量

エントリーモデルとなる iPhone 9 のストレージ容量は、64GB および 128GB と2種類のラインナップなると予測。
注目の販売価格は、かなり低価格に抑えられており、ストレージ 64GB で〈399ドル〉の価格。機能・スペックに対してコストパフォーマンスが高い価格設定となるようです。





iPhone シリーズ

2020年ラインナップ

iPhone mini と iPhone 8 後継機[2020 新機種 iPhone]

iPhone 12 シリーズとなる2020年モデルのラインナップは5機種。注目の『折りたたみ iPhone』は 2021年秋に発売と予測されています。

2020年モデルはサイズと価格が連動

まずは 2020年3月ごろ 価格が〈約400ドル〉と iPhone SE なみのエントリーモデル iPhone 9 が発売。
2020年秋にリリースされる新型4機種は『iPhone 12』と噂されており 2020年9月ごろ 発売されると、複数のアナリストが予測。ラインナップには iPhone 11 Pro より小型軽量な〈5.4インチ〉が発売されるリーク情報があり『iPhone mini』とも囁かれています。
また、2020年モデルはディスプレイのサイズ順に価格が連動し『小さい=安い』『大きい=高い』になるもよう。