【2020新型】iPhone 8 改良版《スペック》

リーク噂 発売時期いつ[2020 iPhone 8 後継機]

4.7インチ IPS ディスプレイ、Retina HD パネル、Neural Engine を備えた A13 Bionic (CPU / GPU) チップ、Touch ID、1200万画素メインカメラなどの技術の搭載が予測される、2020年前半に発表濃厚なミッドレンジ新型 iPhone の最新情報を更新しています。


2019 新型 iPhone 11

2019 新型 iPhone SE 2

2019 次期 iPhone XR

折りたたみ iPhone

2020 新型 iPhone mini

2020 新型 iPhone 12

2020 iPhone 4.7-inch

台湾のハイテク関連メディア DigiTimes の情報によると、Apple は、iPhone 8 の筐体を流用した改良版を〈2020年3月頃〉の発売へ向けて準備していると報じています。

マイナーチェンジ価格[2020 新作 iPhone 8R]
この iPhone 8 マイナーチェンジモデルは、ストレージを〈128 GB〉、プロセッサを[A13 Bionic]チップ、メインカメラをシングルレンズカメラというスペックでまとめる。販売価格は〈650ドル〉ほどと予測される。
おそらく、従来筐体の構造に大きな変更を入れるとは考えにくく、iPhone 8 でも特徴的な物理的ホームボタンを残し、指紋センサーを流用するため、2020 iPhone 4.7-inch(iPhone 8 改良版)のユーザー認証システムは、指紋認証セキュア Touch ID が引き続き採用されるでしょう。

この iPhone 8 後継機の生産数は〈2,000万台〉に達すると予想されており、製造は Apple のサプライヤーである台湾企業 Pegatron(ペガトロン)が請けおうとされる。

Apple は多くの地域で iPhone SE の新品販売を終了していますが、安い価格で販売されているモデルだけに、市場での取引は中古を含めて良好。
Apple としては、アジア圏の市場拡大(奪還)は優先事項で、Oppo や Vivo といった安価なスマートフォンに対抗するため、リーズナブルな 4.7インチ iPhone の投入を検討する可能性は高いです。

ちなみに、ホームボタンと Touch ID を搭載する従来モデル iPhone の価格は以下のとおり。価格のドル換算は(1ドル = 110円)

従来機 iPhone 価格

  • iPhone 8:599ドル〈65,890円〉
  • iPhone 8 Plus:699ドル〈76,890円〉
  • iPhone XR:999ドル〈109,890円〉
  • iPhone 8(2020年 改良版):650ドル〈71,500円〉