【新型 SE2】iPhone 8 改良版《発売日 スペック》

リーク噂 発売時期いつ[2020 iPhone 8 後継機]
〈更新:2019年10月14日〉
4.7インチ IPS ディスプレイ、Retina HD パネル、Neural Engine を備えた A13 Bionic (CPU / GPU) チップ、Touch ID、1200万画素メインカメラなどの技術の搭載が予測される、2020年春に発表濃厚なエントリーモデルとなる新型スマートフォン(iPhone 8s, iPhone 9)の最新情報を更新しています。


2019 新型 iPhone 11 Pro

2019 新型 iPhone 11

折りたたみ iPhone

2020 新型 iPhone SE 2

2020 新型 iPhone mini

2020 iPhone 8 改良版

2020 新型 iPhone 12

iPhone モデル一覧

格安 SIM × iPhone

2020 iPhone 4.7-inch

iPhone 8 後継期を廉価版として開発

廉価版 iPhone 来春発売[2020 iPhone 8 後継機(SE2)]
Apple が、中間価格帯として販売している現行シリーズのミッドレンジモデル iPhone 8 の後継機を、2020年3月頃に発売とする噂情報が上がっています。この情報は、台湾 新聞メディア 経済日報が報じており、多くのメディアやユーザーが注目。

この新しい iPhone は、iPhone 8 をベースにプロセッサを A13 Bionic にアップデートする、後継機または改良モデルとなるもよう。基本的な構造は iPhone 8 に基づいているため、ディスプレイサイズは4.7インチで、背面のメインカメラは1基搭載のシングルレンズカメラ仕様。

おそらく、コストを抑えるため筐体構造の変更は少なく、ホームボタンはそのまま残されるでしょうから、個人情報保護のセキュリティシステムは、指紋センサーでユーザーをマッチングする指紋認証 Touch ID を引き続き採用するでしょう。

値段は7万円を下回るか?

予測されている販売価格は約650ドルで、1ドル = 110円換算で71,500円ほど。現行モデル iPhone 8 が、599ドル(65,890円)で販売されているが、プロセッサの性能向上による高速化と、各種リファイン分を考えると妥当な値上がりでしょう。

現行モデルの iPhone 8 は、販売価格が安いことから高額な iPhone Xʀ、iPhone Xs を敬遠したユーザーに選ばれていますが、その他にコンパクトなサイズとしても人気があります。iPhone Xs と比べて上下ベゼル領域の広さから iPhone 8 が大きいイメージがありますが、全ての数値において iPhone Xs より小型軽量です。
それにくわえて、日本を含めたアジア圏で人気のある小型軽量スマートフォン iPhone SE 後継機が発売されないため、コストパフォーマンスに優れた iPhone 8 は iPhone Xʀ にとって予想外のライバルとなっています。

いまさら2世代前のモデルをリニューアルするのに疑問を覚えるかもしれませんが、2019年3月に発売された、iPad Air 3 と iPad mini 5 も従来筐体を流用しており、セキュリティシステムには Touch ID を採用しています。

以前は中国市場で人気の高かった iPhone ですが、近年は Huawei を筆頭に、廉価な Oppo や Vivo などのスマートフォンブランドにシェアを奪われています。最新 iPhone の値引きにも限度があるため、性能もそれなりに良く、価格を抑えたモデル投入の決断が迫られているのでしょう。

経済日報の予測では、iPhone 8 後継モデルの生産台数は2,000万台に達すると見込まれており、製造は Apple のサプライヤーである台湾企業 Pegatron(ペガトロン)が請けおうもよう。



iPhone SE 2 の画面は4.7インチ

画面サイズ 4.7インチ[2020 iPhone 8 後継機(SE2)]
日本経済新聞が Apple の小型スマートフォン iPhone SE 後継期について報じています。

情報によると、Apple は iPhone SE 後継期の開発を続行しており、発売を2020年春に予定しているとする。
この新型 iPhone のディスプレイは価格を抑えるため液晶パネル、サイズは〈約4.7インチ〉で、iPhone SE の画面サイズ〈4インチ〉より大型化する。また、プロセッサなどを含めた内臓部品は現行モデルに採用されている上位モデルと共通するパーツを採用するとしている。

個人情報保護システムは指紋認証セキュア Touch ID を採用するようですが、従来のようにホームボタンに指紋読み取りセンサーを仕込む方式か、より高価な Touch ID が採用されるかはハッキリしていません。

この新型 iPhone の注目ポイントは、優れた部品を多く搭載しながらも、販売価格は購入しやすいエントリーモデル価格帯に設定すること。2019年9月以降も iPhone Xʀ の販売は継続されますが、間違いなく Xʀ より安価になるので、お買い得感は高くなります。


以前上がった情報とすりあわせると、ディスプレイサイズが〈約4.7インチ〉という数値は iPhone 8 に搭載される画面サイズと同様。また、プロセッサには、iOS 13 を安定して作動させる必要があり、それなりのパワーが必要になるため[A12 Bionic]あたりのチップセットが搭載される可能性は高いでしょう。
さらに、パネルの種類やディスプレイサイズから考えると、筐体設計も現存するフレームを流用する可能性が十分あります。

この廉価な iPhone を、iPhone SE 後継機とする見出しが多いが、仕様情報を見るかぎりは iPhone 8 改良版だと思われる。ただ、値段にかんしては次期モデル iPhone SE 2 だと言えるでしょう。

iPhone SE 2 は iPhone 8 デザイン

外観デザイン[2020 iPhone 8 後継機(SE2)]
TF International Securities に所属し Apple 製品のアナリストとしても信頼でき、かつ新製品情報を予測している Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、新型 iPhone SE 2 に関する情報を発表。

クオ氏のレポートによると、廉価な新型 iPhone となる iPhone SE 2(iPhone 8 後継機)の発売は、2020年の第一四半期になるだろうと予測している。この新型モデルは、iPhone ラインナップのなかでも手頃な値段で販売されるとしている。

気になるハードウェアは、筐体や内部部品のほとんどが iPhone 8 の仕様と同等らしいが、プロセッサは[A13 Bionic]、メモリは〈3GB〉にアップグレードされるもよう。

なお、2020年の販売台数は、3000万〜4,000万台を販売するだろうと予測している。

ハイCPな販売価格

クオ氏が投資家向けに発表したレポートの内容は、先日に日本経済新聞が報じた記事と一致しています。日経の記事では〈4.7インチ〉液晶パネルと、ホームボタン内臓の Touch ID を採用する情報が掲載されていました。

ただ、クオ氏の予測レポートには次期 iPhone SE の販売価格は予測されていません。ちなみに iPhone SE がアップルストアから販売終了される前の値段は、最小ストレージ〈32GB〉で349ドルでした。

現在 Apple Store が販売している最安値の iPhone は iPhone 8 で〈449 ドル:52,800 円〉の価格。おそらく新しい iPhone SE 2 が発売されれば、現行モデルの iPhone 8 の販売は終了するでしょうが、iPhone SE 2 の価格はより安くなる可能性があります。


次期 iPhone SE の概要が見えてきました。
ただ、4インチ画面の iPhone SE 2 を待望するユーザーにとってはガッカリな情報かもしれません。しかし、破格のプライスと優れたスペックは、多くのエントリーユーザーに歓迎されるでしょう。

価格は399ドルから RED も発売か

値段 RED 発売[2020 iPhone SE2(8 改良版)]
TF International Securities 所属のアナリスト Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、iPhone SE / iPhone 8 後継機となる iPhone SE 2 の追加情報を明らかにしました。

クオ氏の情報では、2020年春に発売される iPhone のエントリーモデルとなる iPhone SE 2(おそらく名称は違うだろう)の外観デザインは iPhone 8 に非常に似ていると指摘している。

この廉価な iPhone SE 2 のストレージ容量は、64GB および 128GB と2種類のラインナップなると予測されています。また、今回の情報ではボディのカラーバリエーションまで挙げられており、用意されるカラーは、シルバー、スペースグレイ、レッドの3色と述べられている。
注目の販売価格は、かなり廉価に抑えられており、ストレージ 64GB で〈399ドル〉の価格になると予測しています。

Apple が iPhone SE 2(iPhone 8 改良版)のターゲットにしているユーザーは、今夏にリリースされた iPhone 専用 OS『iOS 13』にアップデートできない iPhone 6 と iPhone 6 Plus の所有者で、ロープライスの iPhone を発売することで引き続き iPhone を使ってもらおうと考えているようです。


日本市場でも消費税が10%にアップしたことで iPhone ユーザーの動向も気になるところですが、優れた処理能力を持つ iPhone が4万円台で購入できるなら、新たな iPhone ユーザーを開拓できる可能性を秘めています。