【2021新型】iPhone 13《スペック早見版》

発売時期いつ[2021 新作 iPhone 13]

ノッチレス、micro LED パネル、A15 SoC、クアッドカメラ、3D ToF センサ、mmWave 5G 通信対応などの新技術搭載が予測。2021年春と秋に発売濃厚な iPhone 13(仮)シリーズの最新情報を更新。



2021 iPhone 情報

デザイン

ラインナップ[2021 新作 iPhone 13]
2021年の前半・後半と2回に分けて発売される iPhone 13(仮称)は、2020年秋に発売される iPhone 12 の後継モデル。

iPhone 12 は筐体構造を全面刷新するオールチェンジモデルですが、iPhone 13 は内部パーツのアップグレードを施すマイナーチェンジモデル。デザイン変更でおもなポイントはメインカメラの仕様変更やノッチ部分の改良となります。
デザイン画像[2021 新型 iPhone 13]
iPhone 12 から引き継がれるボディサイズは3種類で、ディスプレイサイズは最小の5.4インチと、6.1インチ、6.7インチ。

iPhone X からディスプレイ上部に組み込まれているノッチ(切り欠き)は、ハイエンドモデルとなる iPhone 13 Pro Max では、Face ID(フェイス アイディ)関連パーツの改良でノッチレスとなる見込み。
クアッドカメラ[2021 新型 iPhone 13]
メインカメラは、上位モデルにトリプルカメラと AR(拡張現実)機能の拡張に貢献する LiDAR スキャナ(3D ToF)を搭載。さらに、iPhone 13 Pro シリーズには、劇場映画同等の超ワイド動画記録を可能にするシネスコープカメラを採用する可能性があります。

デザイン画像[2021 新型 iPhone 13]デザイン画像[2021 新型 iPhone 13]デザイン画像[2021 新型 iPhone 13]

iPhone 13 をもっと知りたい

より多くの iPhone 13 のデザイン画像・リーク情報は『2020 iPhone 13:リークまとめ』に掲載しています。



おもな特長

ラインナップ[2021 新作 iPhone 13]
iPhone 13 の搭載機能や仕様は未確定な部分が多いですが、モバイル機器メディアや投資アナリストの予測情報から抜粋しています。

  • Apple 初の折りたたみ iPhone 登場
  • iPhone 13 シリーズは4機種
  • ディスプレイサイズは3種類(5.4・6.1・6.7インチ)
  • 超解像度スクリーンパネル micro LED 初搭載
  • 薄く軽量なハイブリッド OLED パネルの採用
  • ハイエンドモデルのノッチ廃止
  • 画面内蔵式の Touch ID 初搭載
  • より速い生体認証ができる Face ID 第3世代
  • LiDAR スキャナで先進のゲーム・写真動画・AR アプリを体験
  • 超解像度撮影を実現する6,400万画素イメージセンサー
  • シネマ動画記録ができるアナモフィックレンズ
  • 超広角カメラの手ブレ補正機能搭載
  • 超広角カメラのナイトモード機能対応
  • 写真・動画のマクロモード搭載
  • 高速ストレージ eUFS UFS3.1 の採用
  • ポートレス化で高い密閉性とセキュリティ

もっと知りたい

【2021新型】iPhone 13:リークまとめ




iPhone シリーズ

2020年ラインナップ

iPhone mini と iPhone SE 第2世代[2020 新機種 iPhone]

iPhone 12 シリーズとなる2020年モデルのラインナップは5機種。注目の『折りたたみ iPhone』は 2021年秋に発売と予測されています。

2020年モデルはサイズと価格が連動

まずは 2020年3月ごろ 価格が〈44,800円〜〉と iPhone SE なみのエントリーモデル iPhone SE 第2世代が 4月24日発売 に発売。
2020年秋にリリースされる新型4機種は『iPhone 12』と噂されており 2020年9月ごろ 発売されると、複数のアナリストが予測。ラインナップには iPhone 11 Pro より小型軽量な〈5.4インチ〉が発売されるリーク情報があり『iPhone mini』とも囁かれています。
また、2020年モデルはディスプレイのサイズ順に価格が連動し『小さい=安い』『大きい=高い』になるもよう。