【2021新型】iPhone 13《スペック早見版》

値段 発売時期いつ[2021 新作 iPhone 13]

オールディスプレイ、常時表示 LTPO パネル、A15 SoC、SSIS 手振れ補正、LiDAR スキャナ、mmWave 5G 通信対応などの新技術搭載が予測。2021年秋に発売濃厚な新型 iPhone 13(12s)シリーズの最新情報を更新。


iPhone 13 リーク

2021年後半に発売される2021 新型 iPhone 13(仮称)は、2020年秋に2度に分けて発売された iPhone 12 の後継モデル。

クアッドカメラ[2021 新型 iPhone 13]

iPhone 12 シリーズは筐体構造を全面刷新したオールチェンジモデルですが、新型 iPhone 13 は内部パーツのアップグレードを施すマイナーチェンジモデル。おもなデザイン変更ポイントは、メインカメラの仕様変更やノッチ部分縮小といった改良情報が多い。
また、カメラモジュールのアップグレードとバッテリー容量の拡大によって筐体の厚みが増えるとする設計データもリーク。

画像:1[新型 iPhone]噂まとめ 価格噂まとめ[新型 iPhone]画像2発売いつ[新型 iPhone]画像3リーク情報[新型 iPhone]画像4予想価格[新型 iPhone]画像5スペック[新型 iPhone]画像6値段いくら[新型 iPhone]画像7発売日[新型 iPhone]画像8噂まとめ[新型 iPhone]画像9発売いつ[新型 iPhone]画像10リーク情報[新型 iPhone]画像11予想価格[新型 iPhone]画像12スペック[新型 iPhone]画像13値段いくら[新型 iPhone]画像14カラバリ[新型 iPhone]画像15

Apple:正規取扱品
Amazon


デザイン

外観デザイン:リーク噂[2021年モデル 新型 iPhone 13]

デザイン:リーク情報
新型 iPhone 13 はマイナーチェンジながらもリーク情報には、多くのアップグレード・仕様変更ポイントあり。
デザイン画像[2021 新型 iPhone 13]
カラーバリエーションは従来モデル同様に、ハイエンドモデル・スタンダードモデルと二つのコンセプトで色合いを明確に分けている。注目は iPhone 13 Pro シリーズで、斬新な新色『ピンク』カラー追加の情報あり。


    情報のポイント

  • iPhone 13 シリーズは4機種
  • ハイエンドモデルのノッチ縮小
  • カメラハウジングの造形変更
  • Pro系の新色にマットブラックとブロンズ
  • 標準系のカラバリはカラフルに
  • 新色ピンクは遅れて12月に発売

iPhone 13 シリーズは4機種は継続
新型 iPhone 13 シリーズは、現行モデル iPhone 12 シリーズ同様に4つのモデルを販売。筐体造形も側面フラットを引き継ぐが、内臓部品の変更とバッテリー容量アップにより筐体の厚みは増すもよう。
デザイン画像[2021 新型 iPhone 13]デザイン画像[2021 新型 iPhone 13]


標準モデル:カラフルなカラバリ
近年発売されている iPhone シリーズの普及モデルでは多彩なカラーバリエーションが用意されることが多い。最近では、エントリーデスクトップの iMac 24 がカラフルな7色ボディカラーを発売。Apple 製品では同色カラバリが他のシリーズでも同調する例があり、次期エントリーモデルの iPhone 13 mini と iPhone 13 でも同様のカラバリが発売される可能性がある。
カラバリ カラフル 新しい色[2021 新型 iPhone 13]


Pro系 新色:マットブラックとブロンズ
カラー バリエーション 新色追加[2021 新型 iPhone 13]
新型 iPhone 13 Pro 系に新色追加の情報があがる。ひとつは『マットブラック』で、もうひとつは『ブロンズ』。
普及モデルのカラフルさとくらべ、上位モデルの Pro 系はシック&ゴージャスの演出。なお、Pro 系の金属表面処理には、指紋付着防止コーティングが施されるもよう。


Pro系 新色:ローズピンク
ローズピンク 新色 カラー[2021 新型 iPhone 13]
米 経済情報メディア Forbes(フォーブス)が、新型 iPhone 13 Pro 系に『ピンク』が追加されると報じる。Pro シリーズは上質な雰囲気を色合いで演出していますが、ピンク系のカラバリが投入されれば、ハイエンドシリーズとしては異例の出来事として大きく注目されるでしょう。


Pro 系 新色:サンセットゴールド
サンセットゴールド 新色追加カラバリ[2021 新型 iPhone 13]
情報源は中国サプライチェーンから「新型 iPhone 13 Pro シリーズ用に新色として『サンセットゴールド』が追加される」とのリーク情報。サンセットゴールド以外のカラーバリエーションは、ブラック、シルバー、ローズゴールドと合計4色。
サンセットゴールド 新色追加カラバリ[2021 新型 iPhone 13]


新型 iPhone 13『デザイン』のより詳しい情報ページ。


ディスプレイ

ディスプレイ:リーク噂[2021年モデル 新型 iPhone 13]

ディスプレイ:リーク情報
新型 iPhone 13 のディスプレイのリーク情報には、異なる仕様の表示パネルが存在する。
常時表示 LTPO ディスプレイ画像[2021 新型 iPhone 13]


    情報のポイント

  • ディスプレイサイズは3種類
  • 薄く軽量なハイブリッド OLED パネル
  • リフレッシュレート 120Hz の高速表示
  • 低消費電力・常時表示可能な LTPO ディスプレイ

ディスプレイサイズは3種類
ディスプレイサイズは、最小の5.4インチから、6.1インチ、6.7インチと、従来モデルと同じ大きさで変更はない。

iPhone 13:表示パネルサイズ
モデル名称 画面サイズ
iPhone 13 mini 5.4-inch
iPhone 13 6.1-inch
iPhone 13 Pro 6.1-inch
iPhone 13 Pro Max 6.7-inch

常時表示 LTPO ディスプレイ
iPhone 13 シリーズに採用が予測される LTPO ディスプレイは、新型 Apple Watch のように常時表示を実現。カラー表示ながらもディスプレイ明るさは大きくおさえても視認できる LTPO パネルの特徴を活かし、バッテリー消費を最小限におさえる。
常時点灯ディスプレイが搭載されれば、ユーザーは時間、天気、アプリの通知を簡単に確認できるようになる。


ProMotion:120Hz 高速表示
新開発の LTPO パネルと ProMotion(プロモーション)テクノロジの併用により、滑らかな動画再生を実現するリフレッシュレート120Hz の高速表示に対応する見込み。


新型 iPhone 13 ディスプレイ のより詳しい情報ページ。


ノッチ

ノッチ:リーク情報[2021年モデル 新機種 iPhone 13]

ノッチ:リーク情報
近年発売される iPhone にあるノッチは特長的ですが、Apple ではノッチの縮小・廃止化の研究開発がすすめられています。
ノッチレス 小型化 縮小[2021 新型 iPhone 13]


    情報のポイント

  • ディスプレイを透過するレンズ・センサー
  • パンチホールによる画面裏へレンズ・センサーの搭載
  • スピーカー位置とモジュールの小型化・特許技術

ノッチ小型化の可能性
ノッチレス 小型化 縮小[2021 新型 iPhone 13]
小型ノッチ iPhone 13 のプロトモデルは複数デザインが存在するというリーク情報あり。小型ノッチモデルはノッチ横幅が狭くなっている。


部品の配置変更でノッチ小型化
ノッチの小型化は、顔認証システムに利用している Face ID 関連モジュールの配置変更が可能であれば実現できる可能性あり。しかし、過大な期待は禁物と著名なリーカーは指摘している。


顔認証システム部品と表示パネルの改良
ノッチ廃止を実現するには表示パネルと各種センサーの一体化が必要。ほかには、Face ID 関連モジュールの小型化や表示パネルのパンチホール技術を確立する必要がある。もっとも実現しやすいのが、受話用スピーカーホールをベゼル部へ移動するだけで、ノッチ横幅を26ミリ(iPhone12シリーズは35ミリ)へ短くすることが可能。
スピーカー位置変更 ノッチ領域削減[2022 新型 iPhone 14]


ノッチレス化は2022年以降
ノッチレス化フルスクリーン[2021 新型 iPhone 13]
ノッチ小型化やノッチレス iPhone のリリース時期予測では、2022年モデルでパンチホールによるノッチレス化、2023年モデルでフルスクリーン化。このノッチレス・パンチホール仕様は、ハイエンドモデルに先行採用と見込んでいる。


新型 iPhone 13 ノッチ縮小・廃止 のより詳しい情報ページ。

セキュリティ

指紋認証:画面Touch ID[2021年 新モデル iPhone 13]

セキュリティ:リーク情報
新型コロナウイルス対策としてマスク装着が必須ですが、Apple はマスクしていても顔認証が可能なセキュリティ装置も研究しています。
ディスプレイ内蔵式 Touch ID[2021 新型 iPhone 13]


    情報のポイント

  • Touch ID と Face ID の複合認証
  • マスク装着でも認証する血管パターン顔照合
  • 画面タッチで認証できる画面埋込み型 Touch ID

画面埋込み型 Touch ID
音響トランスデューサ Touch ID 特許申請[2020 新作 iPhone 12]
従来モデルのように指紋読み取りセンサーをボタンに組み込んだ方式ではなく、表示パネル層に組み込んだのが『画面埋込み型 Touch ID』。近年猛威をふるう新型コロナ感染対策でマスクをしていてもスリープ解除が可能。
最新のオールディスプレイモデルでも Touch ID が使えるメリットは大きい。


熱分布感知でマスクしても Face ID 認証可能な特許
熱分布感知 生体認証 Face ID[2021 新型 iPhone 13]
マスクで顔を隠していても、ユーザーの目・鼻・口から発せられる熱分布情報を利用して顔認証を実行できる仕組みを特許申請。


Touch IDとFace IDを備えた特許情報
Face IDとTouch ID 両方認証[2021 新型 iPhone 13]
Apple が 自社モバイル機器に、複数の生体認証が利用できる技術を USPTO(米国特許商標庁)へ申請。条件がそろえば新型 iPhone へ顔認証・指紋認証の機能をユーザーの利用環境に合わせて併用できる構想。


新型 iPhone 13 セキュリティ のより詳しい情報ページ。


カメラ

カメラ新機能[2021年モデル 次期 iPhone 13]

カメラ:リーク情報
カメラ専用機のような超広角撮影から、手軽な夜間撮影に対応する iPhone カメラ。さらに高画質・高性能・高機能をめざしています。
イメージセンサー大型化[2021 新機種 iPhone 13]


    情報のポイント

  • 超高解像:4,800万画素イメージセンサー
  • 写真・動画のマクロモード搭載
  • 高画質・手振れ補正を両立させるセンサーシフト式センサー
  • 高感度・高画質撮影に対応するイメージセンサー大型化
  • iPhone 13 Pro Max 広角レンズ口径 ƒ/1.5 採用
  • デュアルカメラの斜め配置

イメージセンサーの改良
新型 iPhone 13 シリーズ(全モデル)では、イメージセンサーの面積拡大する見込み情報あり。解像度の変更は未確認ながらも、解像度1200万画素であれば、鮮やかな色合いやノイズ低減によって高画質な写真データが得られそうです。


センサーシフト式手振れ補正機能
センサーシフト式手振れ補正[2021 新型 iPhone 13]
全機種にセンサーシフト式手振れ補正機能を採用する予測情報あり。
このセンサーシフト機能は、レンズユニットの構造を追求できるため画質向上が大いに期待できる。また、応用技術として『ピクセルシフトマルチ撮影』で超高解像度撮影も可能になる。


超広角カメラ性能向上
iPhone 13 Pro シリーズの超広角カメラをアップデートする情報があり、レンズユニットを6枚に変更。また AF(オートフォーカス)機能を搭載し近接撮影に対応か。さらに、絞り開放のF値を ƒ/1.8 へ改良し、暗所撮影の画質向上やボケ量をふやす設計に。


全モデルに LiDAR スキャナを搭載
LiDAR スキャナ[2021 新型 iPhone 13]
夜間撮影時のピント精度向上や、ポートレートモード撮影での正確なボケ処理を可能にする LiDAR スキャナを、すべての新型 iPhone 13 へ採用する予測情報あり。しかし、価格設定とモデル差別化のため 2021年モデル全機種への搭載は難しそう。


広角カメラにレンズ口径ƒ/1.5を採用
iPhone 13 シリーズの最上位モデルとなる iPhone 13 Pro Max の広角カメラに採用されるレンズ口径が拡大され、F値が〈ƒ/1.5〉へアップデートされる見通し。同時にレンズユニット枚数も変更され、色収差を低減が実現されるかも。


デュアルカメラの斜め配置
リーク情報コンセプト画像[2021 新型 iPhone 13]
新型 iPhone 13 シリーズのスタンダードモデル(iPhone 13 mini / iPhone 13)では、カメラモジュール大型化によってカメラユニットが斜め配置される可能性あり。そのかわりセンサーシフト手ぶれ補正機能が搭載される。


新型 iPhone 13 カメラ のより詳しい情報ページ。


接続端子 充電

コネクタ ワイヤレス充電[2021年モデル 新型 iPhone 13]

接続端子 充電:リーク情報
最近では USB-C 移行しない情報が多く、Apple は次世代の同期・充電方式の開発に取組んでいると予測されている。
Lightning 廃止か無線接続[2020 新型 iPhone 12]


    情報のポイント

  • 簡単接続の新開発スマートコネクター
  • モバイル機器に給電できる双方向ワイヤレス充電
  • 無線同期(ポートレス化)にむけた開発続行

USB-C 移行について
新しい接続端子として数多くの予想情報で扱われている USB-C の次期 iPhone への採用は、著名なアナリストやリーカーによれば USB-C への移行はないと述べている。


USB-C端子へ移行せずポートレス化へ進む
Apple は次世代 iPhone への新しい充電・同期システムを完全ポートレスで対応できるよう開発を進めていると、著名アナリストが投資家向けレポートで情報を公開している。
現在使用している Lightning コネクタが有線による充電・同期できる最後の接続機器となる。


ポートレス化を目指す理由
ひとつの理由としては、過去に政府機関から iPhone パスワードを回避するソフトの提供を求められた経緯が幾度もあり、Apple は個人情報を徹底的に守るため物理接続を廃止する構想がある。


完全ワイヤレス化の課題となる充電速度・同期
新たな無線充電として注目されている MagSafe 充電機能で問題なのが充電速度の遅さで、これは多くの iPhone 12 レビューで指摘されている。
物理ポートが存在しないポートレス iPhone では、無線による充電・同期をスピーディーに実現する新開発システムが搭載される見込み。


新型 iPhone 13 接続端子 充電 のより詳しい情報ページ。

機能その他

新機能スペック[2021年モデル 新型 iPhone 13]

機能その他:リーク情報
サプライチェーン情報の CEO の分析、iOS15 サポート終了の iPhone、そのほか関連情報を掲載。
大きさサイズ ラインナップ[2021 新機種 iPhone 13]


    情報のポイント

  • サプライチェーン関連情報から専門家が新型 iPhone 13 を分析
  • iOS15 サポートに対応する iPhone
  • 高速データ伝送 Wi-Fi 6E 対応の可能性
  • 大容量 UFS3.1 高速1TBストレージの採用
  • ロジックボード小型化でバッテリー容量拡大
  • 省電力化による iPhone 13 mini の長時間駆動
  • 新設計 SoC:A15 Bionic リーク情報

A15 チップさらなる性能向上
Apple A15 チップ性能[2021 新機種 iPhone 13]
香港メディア Qooah が、新型 iPhone 13 シリーズ搭載 SoC である Apple A15 Bionic の性能向上を数値で伝える。
A15 では、2つの高性能コアと4つ高効率コアを備え、A14 Bionic と比較して処理能力が20%、電力効率が30%向上するほか、グラフィック性能は5コア GPU 搭載により35%の向上が得られる。なお、A14 Bionic の GPU は4コア。


新型 iPhone 13 機能その他 のより詳しい情報ページ。


予想価格

【価格】新型 iPhone 13 シリーズ予想販売価格
210708:情報元『MyDrivers』
中国の技術系メディア『快科技(MyDrivers)』が、2021 新型 iPhone 13 シリーズの予想価格を自社ウェブサイトへ掲載。


    情報のポイント

  • 予想価格は米国販売の iPhone 12 シリーズと同じ価格
  • iPhone 13 Pro 系に 1TB ストレージは用意されない
  • バッテリー容量は全ての iPhone 12 より増加している
  • 名称は『iPhone 12s』でなく『iPhone 13』が有力

MyDrivers に掲載した iPhone 13 シリーズの予想販売価格は、米国 Apple ストアで販売する iPhone 12 シリーズのキャリア契約コースと同じとなっており、この予想情報が正しければ2021年秋に発売される新型モデル全機種ともに、現行モデル(iPhone 12)と同じく価格据え置きの可能性がある。

iPhone 13 シリーズ:予想販売価格
ROM バッテリー容量 予想価格
iPhone 13 mini 64GB 2,406mAh 699ドル
iPhone 13 64GB 3,095mAh 799ドル
iPhone 13 Pro 128GB 3,095mAh 999ドル
iPhone 13 Pro Max 128GB 4,352mAh 1,099ドル

また、同メディアは新機種 iPhone 13 シリーズが搭載するバッテリー容量についても予測情報を掲載。容量数値を確認すると全ての iPhone 12 よりバッテリー容量が増加している。
次期モデルでは高速表示を可能にするリフレッシュレート 120Hz に対応する噂がありが消費電力が大きくなるデメリットがあったが、バッテリー容量増加で搭載が実現しそうです。

バッテリー容量比較:iPhone 12 / iPhone 13
iPhone 12 mini 2,227mAh iPhone 13 mini 2,406mAh
iPhone 12 2,775mAh iPhone 13 3,095mAh
iPhone 12 Pro 2,775mAh iPhone 13 Pro 3,095mAh
iPhone 12 Pro Max 3,687mAh iPhone 13 Pro Max 4,352mAh

参考価格:iPhone 12 シリーズ
2021年9月に発売濃厚な次期 iPhone 13 の販売価格については、iPhone 12 シリーズと同等か、多少値下げされると各情報メディアでは予測している。これは、新型 iPhone 13 シリーズの機能・仕様変更の箇所が少ないことと、新型コロナウイルス感染症による世界的な景気後退下と、競合他社との販売戦略によるものから推測されている。
iPhone 12 シリーズ(2021年7月現在)の販売価格は以下のとおり。

iPhone 12 (mini):価格(税別)
iPhone 12 mini iPhone 12
64GB 74,800円 85,800円
128GB 79,800円 90,800円
256GB 90,800円 101,800円
iPhone 12 Pro (Max):価格(税別)
iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max
128GB 106,800円 117,800円
256GB 117,800円 128,800円
512GB 139,800円 150,800円

発売日

新型 iPhone:発表・発売日
新型コロナウイルス感染症の対策で苦慮した2020年は発表・発売日が遅れる事態となりましたが、2021年は例年どおり9月ごろに戻る予測が多い。
以下、過去の新型 iPhone 発表イベント開催日と発売日の日程

名称(年式) 発表日 発売日
iPhone 12 シリーズ〈2020〉 10月13日 (火) 10月23日(金)
11月13日(金)
iPhone 11 シリーズ〈2019〉 9月10日 (火) 9月20日(金)
iPhone Xs / Xs Max〈2018〉 9月12日 水曜日 9月21日 金曜日
iPhone 8 / 8 Plus〈2017〉 9月12日 火曜日 9月22日 金曜日
iPhone 7/7 Plus〈2016〉 9月7日 水曜日 9月16日 金曜日
iPhone 6S / 6S Plus〈2015〉 9月9日 水曜日 9月25日 金曜日
iPhone 6/6 Plus〈2014〉 9月9日 火曜日 9月19日 金曜日

発売時期:リーク情報
新型コロナウイルス感染症の対策で苦慮した2020年は発表・発売日が遅れる事態となりましたが、2021年は例年どおり9月ごろに戻る予測が多い。


    情報のポイント

  • 2021年は近年にそった発売時期となる
  • 2021年9月8日に発表
  • 2021年9月17日に発売
  • 名称が iPhone 12s の可能性

発表・発売日予測《1》
2021年後半の発売が予想される 新型 iPhone 13 シリーズの発売日の情報があがっています。発売日の予測情報を報じているのは、中国 ガジェット系メディア Giz China。

Giz China が予想する新型 iPhone 13 の発表時期は、2021年9月8日(水)。発売時期は9月17日(金)と予測。近年の Apple は、新製品発表イベントを現地時間の火曜日に開催することが多く、発売日は翌週の金曜日が多いため、現状で発表・発売の可能性の高い日程をあげています。なお、2020年の iPhone 12 シリーズのみ、新型コロナウイルス感染症による影響で、平年より発表・発売時期が遅れました。

Giz China は次期モデル名称にまでふれており、2021年モデルは『iPhone 13』ではなく『iPhone 12s』になる可能性をのべています。これは、2021年モデルの機能・仕様ともに大きな変更が施されないため『12番』の名称を継続すると推測。


発表・発売日予測《2》
Wedbush(ウェドブッシュ)証券のアナリストである Strecker Backe(ストレッカー チーク)氏と Daniel Ives(ダニエル アイブス)氏が投資者向けの予測レポートを公開。

レポートには 2021 新型 iPhone 13 の製品機能と発表次期の情報がふくまれており、Strecker Backe 氏は iPhone 13 シリーズの発表時期を9月第3週と予想すると記載。
Apple 開催するイベントは火曜日を選ぶことが多いため、iPhone 13 の発表は 2021年9月14日(現地時間)となる可能性が高いと予想しています。


スペック

iPhone 13 新機種:リーク情報による予測スペック
iPhone 13 mini iPhone 13 iPhone 13 Pro iPhone 13 Pro Max
画面サイズ 5.4-inch 6.1-inch 6.7-inch
表示パネル LTPO 有機 EL
(常時表示、120Hz 表示対応△)
SoC Apple A15 Bionic
ストレージ 64GB、128GB、256GB 128GB、256GB、512GB
背面カメラ デュアルカメラ トリプルカメラ
スキャナ LiDAR スキャナ
セキュア認証 Face ID
(画面式 Touch ID 見送り)
コネクタ Lightning
(iPhone 13 Pro Max のみポートレス△)
充電方式 MagSafe アクセサリ
ワイヤレス充電器に対応
耐水防塵性能 IP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)
筐体素材 アルミニウム
ガラス
ステンレススチール
ガラス
予想価格
(最小ROM)
700ドル 800ドル 1000ドル 1100ドル

Apple:正規取扱品
Amazon