【2023新型】折りたたみ iPhone《スペック早見版》

値段 発売時期いつ[新作 折りたたみ iPhone]

折りたたみディスプレイ、micro LED パネル、 Apple A15 Bionic チップ、5G 通信対応、など新技術搭載が予測される、2023年以降に発表が予測される iPhone シリーズ初採用 『iPhone Fold』の最新情報を掲載。


iPhone Fold 情報

デザイン

リーク コンセプト[2020 新型 折りたたみ iPhone]
2023年モデルとなる iPhone には、新しいコンセプトモデルとして折りたたみ筐体の Foldable(フォルダブル)iPhone の発売が予測されています。
Foldable iPhone を開発している Apple は、この新開発製品に関する幾つもの特許申請を済ませており、問題が発生しなければ 2023年モデルとして市場投入されるもよう。

コンセプトイメージ

折りたたみデザイン[2021 新型 iPhone]
制作されたコンセプトイメージは、著名なデザイナーが手がけた構造・機能的にすぐれる本格的な製品画像です。
タイピングモード[2021 新型 折りたたみ iPhone]
折りたたみ式 iPhone は、OLED(有機 EL)および micro LED パネルの折り曲げれる特長を活かしており、筐体も特殊な折りたたみ構造を備えます。
すでに試作機では、折りたたむ方向や方式がいくつも考案されており、Apple はかなり以前から多くの特許を各国機関へ申請しています。
折りたたみディスプレイ特許[2021 新型 折りたたみ iPhone]
最近は、本のように横開き(見開き)で開閉する Foldable iPhone のコンセプトイメージが、著名なデザイナーによって公開されています。
リーク コンセプト画像[2020 新型 折りたたみ iPhone]リーク コンセプト画像[2020 新型 折りたたみ iPhone]リーク コンセプト[2020 新型 折りたたみ iPhone]

iPhone Fold をもっと知りたい

より多くの折りたたみ iPhone のデザイン画像・仕様情報は『2023 折りたたみ iPhone:リークまとめ』に掲載しています。


おもな特長

Apple が独自開発する折りたたみスマートフォン iPhone Fold(アイフォーン フォールド)に採用されるスペックを、モバイル機器メディアや著名アナリストやリーカー情報からピックアップしました。

  • 画面が本のように折りたためるフォールディングディスプレイ
  • 表示パネルは折り曲げ対応設計の OLED か micro LED パネル
  • メイン画面は全面表示パネルのオールディスプレイ
  • スマートフォンの解像度を超える 4K(3840×2160)規格対応
  • 印刷物のように自然に見える『True Tone』
  • 滑らかな動画表示を実現する120Hzリフレッシュレート
  • 外側サブ画面は常時表示可能な LTPO OLED パネル
  • セキュアはTouch ID と Face ID のハイブリット
  • 接触充電に対応する Apple Pencil for iPhone
  • 5nm プロセス小型チップセット Apple A15 Bionic で高速処理・省電力
  • 折り畳み構造に対応するフレキシブルバッテリー
  • 充電も同期も接続ケーブルがいらないポートレス
  • メインカメラは超広角レンズ搭載のトリプルカメラ
  • AR / VR アプリで機能拡張できる LiDAR スキャナ(3D ToF)
  • 音楽再生をワイドな音場にする4スピーカー
  • よりリアルな映画鑑賞を演出する Dolby Atmos 対応
  • 次世代通信 5G モデム搭載で高速通信に対応
  • 超近距離無線通信 802.11ay への対応

折りたたみ iPhone は高価格モデルとなるため、搭載機能の取捨選択については予測もそうとう混迷しそうです。


もっと知りたい

折りたたみ iPhone をもっと知りたい

新型 折りたたみ iPhone Fold

より詳しいの情報については『折りたたみ iPhone:リークまとめ』に掲載しています。

Apple:正規取扱品



iPhone モデル一覧