【2020新型】iPhone 12《リーク スペック》


値段 発売時期いつ[2020 新作 iPhone 12]
ノッチレス、オールディスプレイ、LTPO OLED パネル、A14 Bionic チップ、トリプルカメラ、LiDARスキャナ(3D ToF)、5G 通信対応などの新技術搭載が予測。2020年秋に発売濃厚な iPhone 12(11 後継機)シリーズの最新情報を更新。


新型 iPhone 12 は、筐体・内臓部品を一新するフルモデルチェンジ仕様。画期的な機能を盛り込んだハードウェア・ソフトウェアでユーザーを惹きつけるでしょう。

新機種の概要

2020年秋モデルは4機種

仕様機能とサイズ[2020 新型 iPhone 12]
TF International Securities アナリストの Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、投資家向けにあてたレポートに、2020年モデルの iPhone 12 シリーズが4機種であると予測。また、最近は多くの情報メディアでも2020年夏秋モデルは4モデルになると報じています。

各モデルの予想仕様は以下のとおり。

iPhone 5.4-inch:ベーシックモデル
OLED ディスプレイ、デュアルカメラ、5G 対応
iPhone 6.1-inch:ミッドレンジモデル
OLED ディスプレイ、デュアルカメラ、5G 対応
iPhone 6.1-inch:ハイエンドモデル
OLED ディスプレイ、トリプルカメラ、3D ToF センサー、5G 対応
iPhone 6.7-inch:ハイエンドモデル
OLED ディスプレイ、トリプルカメラ、3D ToF センサー、5G 対応

Ming-Chi Kuo 氏 レポートの iPhone 12 シリーズ予測情報では、4機種すべてのディスプレイに OLED(有機 EL)パネルと 5G 対応。また、トリプルカメラと 3D ToF センサーは上位モデル Pro 系の2機種に搭載。

2020年モデルでは、ディスプレイの大きさで販売価格が決まる分かりやすいラインナップ。2020年春に発売される 4.7-inch iPhone を含めると、5機種の販売展開と iPhone シリーズがより充実するでしょう。

おもな特徴

2020 新型 iPhone はディスプレイサイズが変更されるフルチェンジモデル。基本設計から全面刷新されるため、多くの新パーツ・新機能が搭載されると見込まれている。

  • 新色ネイビーブルーの追加
  • 筐体設計の全面変更で側面フラットな形状
  • すべてのディスプレイが OLED(有機 EL)パネル
  • 画面サイズは〈5.4・6.1・6.7〉インチの3サイズ
  • 2020年秋モデルは4機種のラインナップ
  • ノッチの廃止または小型化
  • 新チップ A14 Bionic 搭載で高速処理・省電力
  • RAM(メモリ)容量を 6GB へアップ
  • 滑らかな動画表示を実現する120Hzリフレッシュレート
  • ディスプレイ内蔵式の Touch ID 搭載
  • AR(拡張現実)機能をより向上させる LiDAR スキャナ(3D ToF)
  • メインカメラに6400万画素の新型イメージセンサー
  • 次世代通信 5G モデム搭載で高速通信に対応
  • 超近距離無線通信 802.11ay への対応

2018 iPhone 以降の久しぶりとなる筐体の設計変更に合わせるように、多くの仕様・部品の変更やアップデートがされるもよう。ただし、変更点が多くなる分コストも高くなるため値段は上昇しそうです。

発売日

近年リリースされている新機種 iPhone の発売は9〜10月となっています。しかし、2020年秋に発売が予定されている新型 iPhone 12 シリーズですが、新型コロナウイルス蔓延により iPhone 構成部品の生産遅延が問題になっています。

新型コロナウイルスの影響で技術者は中国への渡航できず、試作品の技術検定試験(EVT)が遅れています。また、開発の遅れにくわえ生産体制も万全ではないため、納期の見直しも必要になっています。

以上のような理由によって、新型 iPhone 12 の発売延期の可能性が上がっており、約1カ月~2カ月ほど発売が遅れると予測しています。



機能・特徴

デザイン

コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]
フルチェンジモデルとなる新型 iPhone 12 は筐体設計を一新。ディスプレイサイズの大小サイズが従来モデルより強調され、より大きく・より小さくなります。2018 iPhone X から3世代つづいたデザインに変更がありそうです。
コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]
デザイン変更の中で一番分かりやすいポイントがメインカメラでしょう。ハイエンドの Pro 系はトリプルカメラを継続採用で、カメラの配置は継続します。ゆいつの変更点は、3D ToF カメラがカメラハウジングに追加されることで『4眼カメラ』に見えます。
コンセプト デザイン[2020 新型 iPhone 12]
新開発の筐体は側面の形状を、曲面から平面へ変更。6.7インチにディスプレイサイズが大型化する iPhone 12 Pro Max は、側面のフラット化で筐体容量を縮小します。5.4インチの iPhone 12 Pro(iPhone mini)も側面形状が同じになり、更なる小型軽量化をめざす。

iPhone 12 コンセプト画像

以下の 2020 新型 iPhone のデザインは、リーク情報から予想して設計されたコンセプト画像です。

コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]



ディスプレイ

ディスプレイパネルはベゼル(枠)が無いオールディスプレイなのは従来機 iPhone 11 シリーズと同じ。しかし、2020年秋モデルではディスプレイサイズとパネル仕様が大きく変更されます。

さらに小さく・大きく変更される画面サイズ

サイズ比較[2020 新作 iPhone 12]
新型 iPhone 12 シリーズでは、小さい筐体と大きい筐体のディスプレイパネルが変更されると多くの投資アナリストや情報メディアで予想されています。

3機種あった iPhone 11 シリーズの画面は3つのサイズ(5.8 / 6.1 / 6.5-inch)から選べました。4機種ある 2020 新型 iPhone 12 シリーズの画面も3つのサイズ(5.4 / 6.1 / 6.7-inch)から選べます。iPhone 12 の 6.1-inch モデルはグレード別(ミッドレンジ / ハイエンド)に2機種用意されるもよう。

2020-2019 iPhone ディスプレイサイズ比較
  2020 iPhone 2019 iPhone
Std/Mid モデル iPhone mini(5.4-inch)
iPhone 12(6.1-inch)
iPhone 11(6.1-inch)
Pro モデル iPhone 12 Pro(6.1-inch) iPhone 11 Pro(5.8-inch)
iPhone 12 Pro Max(6.7-inch) iPhone 11 Pro Max(6.5-inch)

▲戻る

表示パネルは全て OLED(有機 EL)を採用

5.4-inch:iPhone mini
オールディスプレイ仕様で初めて採用される iPhone 12〈5.4-inch〉の大きさは、ホームボタンやベゼルがある〈4.7-inch〉ディスプレイの iPhone 8 より小さくなる。
iPhone 8 はコンパクトな筐体が持ちやすく、現在でも人気スマホであるため、オールディスプレイ仕様で高性能な iPhone 12 5.4-inch は、高い人気と販売数を上げると予測できる。
画面パネルには OLED(有機 EL)を採用する情報が多いが、一部では廉価にするため LCD(液晶)採用の可能性も残されています。

6.1-inch:iPhone 12
6.1インチディスプレイを採用する iPhone 12 は iPhone 11 の後継機となるミッドレンジモデル。
iPhone 11 では液晶パネル Liquid Retina(リキッド レティナ)を採用していましたが、iPhone 12 では有機 EL パネル Super Retina XDR へアップデートされる見込み。
また、画面パネルが液晶から有機 EL へ変更されれば、やや広かったベゼルがさらに狭くなりスタイリッシュな外観になるでしょう。

6.1-inch:iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro は、6.1インチ iPhone に新しく追加されるハイエンドモデルで、ディスプレイには新開発の薄型有機 EL パネル『Y-OCTA(ワイオクタ)』を採用するもよう。
Y-OCTA 有機 EL パネルは、タッチ機能をパネルモジュールに内在化しているため、製造コスト削減とパネルを薄く軽くできる特徴があります。

6.7-inch:iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro Max は名称どおり、シリーズ最上位となる iPhone 11 Pro Max の後継機。画面サイズは、6.5インチから6.7インチに拡大し、iPhone 史上最大のパネルサイズとなる。
パネル仕様は Y-OCTA 有機 EL を採用し、重量の軽量化と筐体厚みを薄くする。


▲戻る

リフレッシュレート 120Hz 高速表示

120Hz 高速表示[2020 次期 iPhone 12]
新機種となる iPhone 12 のディスプレイ機能に、ディスプレイ表示を高速化できる〈120Hz〉リフレッシュレートを採用する可能性が挙がっています。この機能によって、高画質動画の表示がよりスムーズになったり、複雑に動くゲーム表示のカクツキを少なくし滑らかな表示を実現します。

Apple が iPhone に 120Hz 対応ディスプレイを採用していない理由のひとつは消費電力の増大です。iPhone はつねにバッテリー駆動時間に注目して製品を開発しています。

2020 新型 iPhone は新しいチップセット A14 Bionic による省電力化と部品の小型化によるバッテリー容量増加の実現をすすめています。とくに 6.7-inch ディスプレイを採用する大きい筐体の iPhone 12 Pro Max では、バッテリー増量スペースが確保できるため、120Hz 高速表示に対応できる可能性が高い。

すでに iPhone X 以降の機種では『タッチ』サンプリング周波数が 120Hz であるため、電源・電力関係の課題がクリアされれば iPad Pro(第2世代以降)同等の表示性能が体験できるでしょう。

▼120Hz と 60Hz を比較した参考動画


▲戻る

ディスプレイノッチの廃止かスリム化

近年発売の iPhone の特長的なディスプレイ上部のノッチ(切り欠き)ですが、薄型カメラ・センサーが新開発されている情報が挙がっており、ノッチ領域の小型化か廃止される可能性があります。

著名なリーカーからは iPhone 12 / 12 Pro のノッチレススタイルのコンセプト画像がアップされています。

ただし、ノッチレスについての予測情報は錯綜しており、ベゼルに薄型の Face ID 関連部品となるカメラ・センサーを搭載する情報や、スクリーンにインカメラや Touch ID センサーを内包してノッチを廃止する情報が挙がっていますが、2020 新型 iPhone にこれらの技術が採用されるのかはハッキリしていません。

Apple は数多くの特許を申請していますが、すべてが機能や製品化が実現するわけではありません。ただ、開発陣としては iPhone ディスプレイのノッチレスへ向けて研究開発は続けています。


▲戻る

一部モデルでは画面内蔵式 Touch ID に対応

画面内蔵式 Touch ID[2020 新機種 iPhone 12]
近年の新型 iPhone のセキュリティは顔認証セキュア Face ID のみ。従来の指紋認証セキュア Touch ID は 旧モデルの iPhone 8 以前のモデルに搭載。なお、2020年前半に発売されると噂の iPhone 9(SE 2)には Touch ID が採用されるともっぱらのウワサ。

Face ID はユーザーの顔造形情報をパスワードとするため非常に高いセキュリティを誇っているのですが、マスクで顔が隠れているとロック解除ができず不便に思うユーザーが多いのも事実。

ちなみに全面ディスプレイのスマートフォンでも、すでに指紋認証は実現しており、Samsung Galaxy S10、Xiaomi Mi9T などの Android 系スマートフォンに実装しています。

全面ディスプレイへの指紋認証 Touch ID の採用は Apple も特許として数々のアイデアを登録していますが、一部のモデルに採用するのか、Face ID と併せて搭載されるのかどうかはハッキリしていません。


▲戻る



CPU / RAM / ROM

CPU / RAM / ROM[2020 新しい iPhone 12]

新開発 A14 Bionic の搭載

iPhone 12 シリーズのプロセッサには、Apple が独自開発する新開発 A14 Bionic(バイオニック)を搭載する見込み。

従来型 A13 Bionic から全面刷新をうける新設計チップセットは、電子回路が微細化されるため、高速処理はもちろん省電力・低発熱を実現。iPhone アプリによる写真加工や、動画編集も安定した高速処理ができるでしょう。また、最適化された省電力処理によって、RAM(メモリ)の増加やバッテリー駆動の延長が期待できます。

Apple チップセット性能比較
  iPhone 12 iPhone 11 iPhone XS
チップセット A14 Bionic A13 Bionic A12 Bionic
シングルコア 1323 1106
マルチコア 2955 2531
GPU 5671 4451

A14 Bionic スペック
新型 iPhone 12 シリーズに採用される A14 Bionic は 5nm プロセスで製造されるチップセット。iPhone 11 搭載の A13 Bionic の 7nm プロセスのチップセットより、約1.8倍の密度で設計された小型軽量・省電力な次世代チップ。その処理能力は MacBook Pro に匹敵する高性能ぶりと言われている。


▲戻る

6GB のメモリ(RAM)容量

Android ハイエンドモデルになると、RAM(メモリ)搭載量が 6GB / 8GB だったりしますが、iPhone では独自開発 OS『iOS』が効率の良いデータ処理ができるため、RAM 容量が少なくても高いパフォーマンスを発揮します。

次期 iPhone では、新開発プロセッサ A14 Bionic の省電力化が進むため、RAM 容量増加の可能性が期待されています。なお、iPhone 11 シリーズのメモリ容量は〈4GB〉です。


▲戻る

大容量 1TB ストレージ

eUFS 大容量1TBストレージ[2019 新型 iPhone]
近年、写真・動画などの高解像度・高画質化がすすみデータ量が増加傾向にあり、ストレージ容量の小さいスマートフォンでは、データの移動や消去などによって空き容量を確保しなければなりません。

最近では大容量ストレージ Universal Flash Storage (eUFS) 2.1 が開発され、スマートフォンやデジカメといった薄型筐体のデバイス向けに採用が始まっています。

Samsung Electronics(サムスン電子)が生産する eUFS の容量は〈1TB〉と世界最大容量。

Samsung は、2015年に初めて eUFS の128GBのチップを市場投入し、それから4年で1TBの大容量モデルを開発。モバイル機器向けストレージデバイスの拡販をめざしています。
新開発の1TB eUFS は、モノダイ(1つのシリコンダイ)に、512 Gbit(ギガビット)の V-NAND(Vertical-NAND)フラッシュメモリを16層積層させて大容量を実現。これに新開発のコントローラを組み合わせて、サイズは〈幅11.5mm × 奥行き13mm〉と、同社の512GBパッケージと同等の大きさながらも容量を2倍に拡張させています。

大容量 eUFS ストレージは2019年後半に生産が始まっており、部品の価格交渉がうまくすすめば、次期 iPhone 12 への搭載の可能性も上がります。


▲戻る



カメラ

メインカメラ 3D ToF[2020 新型 iPhone 12]

6,400万画素カメラ搭載

6400万画素[2020 新機種 iPhone 12]
新型 iPhone の上位モデルとなる iPhone 12 Pro 系に6,400万画素イメージセンサー採用のリーク情報が挙がっています。

近年、新規に発売されている iPhone 11 シリーズのメインカメラ解像度は1,200万画素。6,400万画素の解像度は、高価なカメラ専用機が採用するイメージセンサーと同等となり、ユーザーへのアピールは大きい。ただ、スマートフォンに搭載されるセンサーの面積は非常に小さいため、解像度だけを大幅に増やしたイメージセンサーでは画質が悪くなります。

おそらく、小さいイメージセンサーで6400万画素の安定した画質を求めるなら『ピクセルシフトマルチ撮影機能』を搭載するでしょう。なお、イメージセンサーの開発製造メーカーはソニーのもよう。


▲戻る

超広角カメラ手ブレ補正

iPhone X からメインカメラの手ブレ補正機能は、広角カメラと望遠カメラの2種類に採用。この手ブレ補正モジュールはレンズユニットに内蔵式されています。ただし、iPhone 11 シリーズに搭載される超広角カメラはレンズユニットの構造上、手ブレ補正モジュールを搭載できません。

ところが最新の予測情報では、超広角カメラのイメージセンサーに手ブレ補正機構を搭載するため、手ブレを抑えた撮影機能が利用できるとしています。

iPhone 12 Pro 系にはセンサーシフト機能が搭載されると予測されており、その機能が実現すればイメージセンサー手ブレ補正方式も併用できる可能性は高い。


▲戻る

マクロモードの搭載

コンパクトデジタルカメラでは『マクロモード』搭載は一般的ですが、iPhone メインカメラの広角系カメラにはマクロ撮影機能が搭載されていません。
しかし、iPhone12 Pro 系の超広角カメラにマクロモードが搭載される予測情報が挙がっています。これは新設計の超広角レンズによって実現。取り込める光量が従来より35%多くなるほか、被写体に2.2センチまで接近して撮影できる仕様となるもよう。

Apple は iPhone 11 シリーズで初めて超広角カメラを搭載していますが、初採用からたった1年で新開発の超広角カメラユニットを投入するのか興味深い。


▲戻る

ナイトモード機能の拡大

『ナイトモード』は iPhone 11 シリーズからの新機能で、レンズの明るさやシャッタースピードの遅さに頼るではなく、一度の撮影で複数枚の写真を撮影してから画像エンジンで処理する暗所撮影機能。

この機能は超広角カメラと自撮りのインカメラではナイトモード対応していませんが、iPhone 12 Pro 系では対応する計画があるようです。ただ、これらのナイトモード追加に対して、いくつかの問題に直面しているようで、次期モデルに搭載できるかはハッキリしていません。


▲戻る

3D ToF センサー搭載

メインカメラ 3D ToF[2020 新型 iPhone 12]
新型 iPhone 12 注目の機能の1つが ToF(Time of Flight = トフ)カメラ。物体との距離や構造を立体的に測れるため、人数のカウント、人物の動き検出などができ、3D ゲーム、バーチャルキャラクターなどの他、AR(Augmented Reality = 拡張現実)を利用した多数のアプリと連動が可能。

3D ToF センサーは iPhone 背面のメインカメラの部分に配置されるので、ハイエンドモデル iPhone 12 Pro 系では、カメラが4基搭載されてるように見えます。

なお、3D ToF は AR 機能の拡張・サポートはもちろん、ポートレートモードでは被写体の輪郭がスキャンできるため、ボケ部分の表現がより正確になるでしょう。


▲戻る



通信 / 充電

高速通信 5G[2020 次期 iPhone 12]

次世代通信 5G 対応

新型 iPhone 12 には 5G(第5世代移動通信システム)が、iPhone ラインナップとしては初めて搭載されます。2020年夏モデルの4機種すべてに 5G が導入されるかは未確定ですが、相当数の 5G モデムチップが用意できれば可能性はあります。

2種類の 5G
5G には2種類の通信モジュール『ミリ波(mmWave)』と『サブ6GHz(sub-6GHz)』があります。

ミリ波(28GHz帯)は、携帯電話としては 5G 用に新しく使われる周波数。周波数帯域が高いため大容量データ通信に最適。その反面、通信距離が短く障害物に対する回り込みも苦手。
Sub6(3.7GHz帯)は、比較的従来の携帯電話の周波数に近い。日本の DoCoMo では 4.5GHz 帯を割り当てもありますが、2019年9月20日から開始「5Gプレサービス」では使用しない。
5G 通信の方式は、各国によってサポートする帯域が違うため、iPhone のモデムモジュールも地域ごとの最適化が行われます。通信モジュールの搭載はコストにも関係するため、地域によっては両方・片方載せるか選択されます。

日本を含む、アメリカ、カナダ、韓国、イギリスの5カ国では、mmWave と sub-6GHz の両方を搭載する iPhone を発売する見込み。


これで SNS への写真・動画の高速アップロードや、ネットサービスの高画質映画もスムーズに鑑賞できます。もちろん動画などの重いデータのダウンロードも驚くほど速くなるでしょう。


▲戻る

新規格 IEEE 802.11ay 対応

『IEEE 802.11ay』は、デバイス間の高速通信向けの新規格で超近距離無線LAN規格。通信に使用する周波数帯は 60GHz 帯と、Wi-Fi に使用されている 5GHz 帯や 2.4GHz 帯とは異なる。

この高速通信の用途は、スマートデバイスのためのジェスチャー認識、個人認証、防犯・見守りのモニタリング、自動車内のシステムとの連携などが挙げられる。また、AirDrop の高速化や、2020年内にも発売予想の紛失防止タグ AirTag(エア タグ)などに活用される可能性があります。

IEEE 802.11ay は2020年中に最終仕様が決定する予定。実用化すればデバイス同士の通信速度の大幅な高速化が期待できるでしょう。


▲戻る

有線(lightening)端子の廃止

有線端子 USB-C[2020 新しい iPhone 12]
Mac やパソコンとのデータ同期、または有線充電に利用されているのが Lightning(ライトニング)コネクタ。

新規格 USB-C へ変更の噂が絶えませんが、Apple は将来リリースする iPhone の接続すべてを、無線(ワイヤレス)で実現しようと計画しており、それまで Lightning 端子を継続する情報も挙がってます。2020年モデルがどの規格コネクタを採用するか、まだ未確定です。


▲戻る




iPhone シリーズ

2020年ラインナップ

iPhone mini と iPhone 8 後継機[2020 新機種 iPhone]

iPhone 12 シリーズとなる2020年モデルのラインナップは5機種。注目の『折りたたみ iPhone』は 2021年秋に発売と予測されています。

2020年モデルはサイズと価格が連動

まずは 2020年3月ごろ 価格が〈約400ドル〉と iPhone SE なみのエントリーモデル iPhone 9 が発売。
2020年秋にリリースされる新型4機種は『iPhone 12』と噂されており 2020年9月ごろ 発売されると、複数のアナリストが予測。ラインナップには iPhone 11 Pro より小型軽量な〈5.4インチ〉が発売されるリーク情報があり『iPhone mini』とも囁かれています。
また、2020年モデルはディスプレイのサイズ順に価格が連動し『小さい=安い』『大きい=高い』になるもよう。