【2020新型】iPhone 12《リーク スペック》

値段 発売時期いつ[2020 新作 iPhone 12]

ノッチレス、オールディスプレイ、新 LTPO OLED パネル、A14 Bionic チップ、トリプルカメラ、3D ToF センサー、5G 通信対応などの新技術搭載が予測。2020年秋に発売濃厚な iPhone 12(11 後継機)シリーズの最新情報を更新。


新型 iPhone 12 は、筐体・内臓部品を一新するフルモデルチェンジ仕様。画期的な機能を盛り込んだハードウェア・ソフトウェアでユーザーを惹きつけるでしょう。



iPhone 12 情報

サイズ

サイズ比較[2020 新作 iPhone 12]

ディスプレイパネルはベゼル(枠)が無いオールディスプレイ設計なのは従来機 iPhone 11 同様。ディスプレイサイズにあわせて筐体サイズも大きく変化します。

2020年モデルのラインナップは、従来と同様に3機種とのメディア・アナリスト予測でしたが、新たな予測では4機種との情報が挙っています。以下の情報では、新型 iPhone 12 ラインナップ(3機種 / 4機種)の情報をあわせて載せています。

iPhone 12:3つのサイズ

2020 新型 iPhone のサイズは3種類。おもな違いは、すべてのモデルのディスプレイに OLED(有機 EL)パネルを搭載。さらに、新シリーズでは2機種のパネルサイズを変更。

2020-2019 iPhone ディスプレイサイズ比較
iPhone 12 / 12 Pro iPhone mini iPhone 12 Pro Max
2020年モデル 6.1インチ 5.4インチ 6.7インチ
iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
2019年モデル 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ

iPhone 12 と iPhone 12 Pro は 6.1-inch パネル採用でサイズは変更せず、iPhone 12 Pro Max は大型化、ベーシックモデルの iPhone mini はより小型化。ちなみに製品名はすべて(仮)。

2020 新型 iPhone はディスプレイサイズの差が明確になり、購入を検討しているユーザーには、自分の欲しい大きさの判断がしやすいでしょう。

iPhone 12:4つのモデル

仕様機能とサイズ[2020 新型 iPhone 12]
TF International Securities アナリストの Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、投資家向けにあてたレポートに、2020年モデルの iPhone 12 シリーズが4機種であると予測。各モデルの予想仕様は以下のとおり。

iPhone 5.4-inch:ベーシックモデル
OLED ディスプレイ、デュアルカメラ、5G 対応
iPhone 6.1-inch:ミッドレンジモデル
OLED ディスプレイ、デュアルカメラ、5G 対応
iPhone 6.1-inch:ハイエンドモデル
OLED ディスプレイ、トリプルカメラ、3D ToF センサー、5G 対応
iPhone 6.7-inch:ハイエンドモデル
OLED ディスプレイ、トリプルカメラ、3D ToF センサー、5G 対応

Ming-Chi Kuo 氏 レポートの iPhone 12 シリーズ予測情報では、4機種すべてのディスプレイに OLED(有機 EL)パネルと 5G 対応。また、トリプルカメラと 3D ToF センサーは上位モデル Pro 系の2機種に搭載。

2020年モデルでは、ディスプレイの大きさで販売価格が決まる分かりやすいラインナップ。2020年春に発売される 4.7-inch iPhone を含めると、5機種の販売展開と iPhone シリーズがより充実しそう。

デザイン

コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]
フルチェンジモデルとなる新型 iPhone 12 は筐体設計を一新。ディスプレイサイズの大小サイズが従来モデルより強調され、より大きく・より小さくなります。これで、新機種のユーザーコンセプトがハッキリします。
コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]
メインカメラはハイエンドの Pro 系はトリプルカメラを継続採用で、カメラの配置は継続します。ゆいつの変更点は、3D ToF センサーがカメラハウジングに追加されること。
コンセプト デザイン[2020 新型 iPhone 12]
新開発の筐体は側面の形状を、曲面から平面へ変更。6.7インチにディスプレイサイズが大型化する iPhone 12 Pro Max は、側面のフラット化で筐体サイズを縮小。5.4インチの iPhone 12 Pro(iPhone mini)も側面形状が同じになり、更なる小型軽量化をめざします。

iPhone 12 コンセプト画像

コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]



iPhone 12 機能

この項目では、現在まで挙っている大手メディア情報、アナリスト予測レポート、リーク情報から抜粋してまとめています。

特長 機能

iPhone 12 シリーズの外観は、パッと見て iPhone 11 シリーズとの差は感じにくいですが、筐体設計は全面刷新され機能も進化します。

新型 iPhone 2020年秋モデルは3機種か4機種

iPhone 12 シリーズのコンセプトや仕様に変更はないとの予測が多いですが、各モデルの価格設定が従来通りになるかハッキリしてません。
2019年モデルまでの iPhone は、ディスプレイサイズ、パネルの種類によって、一見では機能と価格の序列がわかりにくいラインナップです。ただ、2020年モデルでは全てのパネルが OLED に変更されます。たとえば、Apple がラインナップの方向性を、小さいディスプレイは『安く』、大きいディスプレイは『高い』と分かりやすく変更する選択もできます。

ディスプレイサイズの変更

新機種のディスプレイサイズは〈5.4インチ〉〈6.1インチ〉〈6.7インチ〉と、〈6.1インチ〉以外は新たなサイズを採用します。

2020年モデル全てが OLED パネルを採用

iPhone 12 シリーズではすべてのモデルに OLED(有機 EL)パネルを採用します。
ベーシックモデルは価格設定によって廉価版 OLED パネルを選択。Pro 系には Apple Watch 5 に採用された常時表示対応の LTPO 方式を取入れ、より消費電力を抑えつつ、画質は Super Retina XDR 同等スペック。

リフレッシュレート 120Hz 高速表示

2020年モデルのディスプレイ機能に、ディスプレイ表示を高速化できる〈120Hz〉リフレッシュレートを採用する可能性が挙がっています。この機能によって、高画質動画の表示がよりスムーズになったり、複雑に動くゲーム表示のカクツキを少なくし滑らかな表示を実現します。

ノッチの縮小と廃止

近年発売の iPhone の特長的なディスプレイ上部のノッチ(切り欠き)ですが、2020 新型 iPhone には、新開発の薄型カメラ・センサーが採用されるようで、ノッチ領域の小型化か廃止される可能性が高い。

超広角カメラ搭載のトリプルカメラ

リアパネル上部のメインカメラには、望遠・広角カメラのほかに、目に映る全視野を撮影できる画角120度の超広角カメラをふくめたトリプルカメラを搭載。2020年モデルすべてが3眼カメラになるかは未確定。

センサーシフト手振れ補正機能

iPhone 12 の上位2機種(6.1-inch / 6.7-inch)に、イメージセンサーが振動に同調して手ブレを補正する『センサーシフト手振れ補正機能』を搭載するリーク情報。
従来のレンズシフト手振れ補正は、超広角カメラの特殊なレンズユニットに構造上搭載できませんが、センサーシフト方式を採用すればすべてのカメラモジュールで手振れ補正機能が利用できます。

AR 技術で活躍する ToF カメラ

新型 iPhone 12 注目の機能の1つが ToF(Time of Flight = トフ)カメラ。物体との距離や構造を立体的に測れるため、人数のカウント、人物の動き検出などができ、3D ゲーム、バーチャルキャラクターなどの他、AR(Augmented Reality = 拡張現実)を利用した多数のアプリと連動が可能。

個人情報保護は顔認証システム

セキュリティはユーザーの顔情報でロック解除・電子マネー支払いを可能にする顔認証セキュア Face ID(フェイス アイディ)を搭載します。なお、顔の血管パターンを登録する次世代 Face ID の採用は未確定。
また、ディスプレイパネルに指紋読取りセンサーを組み込んだ、音響式指紋認証 Touch ID(タッチ アイディ)の併用搭載も導入時期がハッキリしていません。

プロセッサは新開発 A14 チップ

iPhone 12 シリーズのプロセッサには、Apple が独自開発する A14 Bionic(バイオニック)を搭載。従来 A13 から全面刷新をうけたチップセットは、5nm プロセス採用でトランジスタ数の増加・高密度化を実現。
よりマイクロ化した専用 SoC(System-on-a-chip = ソック)は CPU・GPU 性能をさらに向上させ、その処理能力は 15-inch MacBook Pro に匹敵し、グラフィック性能は50%も向上する予想。
A14 では、高速処理はもちろん省電力・低発熱を実現。高解像度の写真加工・動画編集も安定した高速処理を可能にし、さらにバッテリー駆動の延長が期待できます。

メモリ(RAM)搭載量

効率の良いデータ処理ができる iOS を搭載する iPhone は、メモリ(RAM)が少なくても高いパフォーマンスを発揮します。次期 iPhone ではプロセッサの省電力化が進むため、RAM 容量増加(Pro 系が 6GB)の可能性も期待できます。なお、iPhone 11 シリーズのメモリ容量は〈4GB〉です。

iPhone 12:RAM搭載量(UBS予測)
4GB RAM 5.4-inch ベーシックモデル、6.1-inch ミッドレンジモデル
6GB RAM 6.1-inch、6.7-inch の『Pro系』ハイエンドモデル

5G 通信機能を初搭載する 2020 iPhone

新型 iPhone 12 には 5G(第5世代移動通信システム)が、iPhone ラインナップとしては初めて搭載されます。
これで SNS への写真・動画の高速アップロードや、ネットサービスの高画質映画もスムーズに鑑賞できます。2020年夏モデルの4機種すべてに 5G が導入されるかは未確定ですが、相当数の 5G モデムチップが用意できれば可能性はあります。

コネクタは Lightning 継続か?

Mac やパソコンとのデータ同期、または有線充電に利用されているのが Lightning(ライトニング)コネクタ。
新規格 USB-C へ変更の噂が絶えませんが、Apple は将来リリースする iPhone の接続すべてを、無線(ワイヤレス)で実現しようと計画しており、それまで Lightning 端子を継続する情報も挙がってます。2020年モデルがどの規格コネクタを採用するか未確定です。

電子マネー決済 / Apple Pay

iPhone 7 から FeliCa に対応し、自社アプリでもクレジット決済を積極的に導入している Apple は、より幅広い電子マネー決済に意欲を見せています。
新型 iPhone 12 では、Apple 初の金融サービス『Apple Card(アップル カード)』が日本でも推進されるため対応。Apple Card は物理的なカードは必須ではなく、iPhone の Wallet アプリケーションでも支払いに対応します。

5G 対応でも価格はほぼ据え置き

iPhone 12 シリーズは、5G モデムチップや新設計筐体によって生産コストは上昇しますが、部品単価を抑えることでコスト上昇分を相殺すると予測。価格抑制の対策がうまくいけば、製品価格の上昇はモデルによって異なりますが、ほぼ同等か小幅な値上げにとどまる可能性が高い。




iPhone シリーズ

2020年ラインナップ

iPhone mini と iPhone 8 後継機[2020 新機種 iPhone]

iPhone 12 シリーズとなる2020年モデルのラインナップは5機種。注目の『折りたたみ iPhone』は 2021年秋に発売と予測されています。

2020年モデルはサイズと価格が連動

まずは 2020年3月ごろ 価格が〈約400ドル〉と iPhone SE なみのエントリーモデル iPhone 9 が発売。
2020年秋にリリースされる新型4機種は『iPhone 12』と噂されており 2020年9月ごろ 発売されると、複数のアナリストが予測。ラインナップには iPhone 11 Pro より小型軽量な〈5.4インチ〉が発売されるリーク情報があり『iPhone mini』とも囁かれています。
また、2020年モデルはディスプレイのサイズ順に価格が連動し『小さい=安い』『大きい=高い』になるもよう。