【2020新型】iPhone Ⅻ《リーク情報まとめ》

噂リーク 予測スペック[2020 新作 iPhone 12]

ノッチレスディスプレイ、トリプルレンズカメラ、A14 (CPU/GPU) プロセッサ、5G 通信対応、声認証セキュア Voice ID、新設計 OLED ディスプレイなどの新技術搭載が予測される、2020年秋発表が濃厚な iPhone Ⅻ シリーズの情報を更新しています。


Apple は、次世代スマートフォンに搭載できる画期的な新機能を搭載するべく、たえまなく新プロジェクトを進行させています。2020年モデルの iPhone は、ベースとなる筐体から新たに設計されるフルモデルチェンジ仕様となるもよう。



2020年ラインナップ予測

新機種ラインナップ[2020 新作 iPhone 12]
2020年秋頃に発売されると予測される新型 iPhone の気になるラインナップを現在までに挙がっているリーク情報をもとにまとめています。

2020 iPhone はシリーズ全体が刷新されるフルチェンジモデルが登場してくるでしょう。現在 Apple が打ち出している計画では、現行モデルと同じくに3機種体制のシリーズ展開にしたいようです。ただ、メーカーの思惑どおりに現実が一致することは難しく、計画が変更されるる可能性も大きいです。

2019年収益で決まる継続か改変

2018年モデルは、高額なスマートフォン iPhone Xs Max をトップグレードに、iPhone Xs、iPhone XR のラインナップ。値段も順番どうり上下します。
2018 iPhone は、Apple の期待に反して販売台数が伸びておらず収益が予想を大きく下回っているのが現実。この原因は、新型 iPhone シリーズの値段が高いこと、それに中国との貿易摩擦(貿易戦争)による影響があります。ただ、貿易摩擦問題がなくても 2018 iPhone の価格が高く、購入希望者が悩んでいることには変わりありません。

2020年モデルの新型 iPhone ラインナップは、2019年モデルの売り上げに大きく左右されることは間違いありません。2018年のハイエンドモデルとなる iPhone Xs (Max) の高機能・高価格のコンセプトは、2020年モデルでも引き継がれるでしょう。ただ、ミドルモデルとなる iPhone XR クラスの2020年モデルは、今後の販売数や Apple の収益状況によってクラスやコンセプトが変更になるでしょう。これらの変更にはローエンド(ロープライス)モデルといった廉価価格帯 iPhone の市場投入も視野に入ってきます。

Foldable iPhone

折りたたみ式ディスプレイ[2020 新作 iPhone 12]
2020 新型 iPhone で期待されているのが次世代の折りたたみ筐体を採用した Foldable(フォルダブル)iPhone の登場です。

折りたたみ式 iPhone は、OLED(有機 EL)ディスプレイの折り曲げることができる特徴を活かしたもので、筐体も新開発の折りたたみ特殊構造をもちいて実現します。すでに Apple は、折りたたみ式のスマートフォンの開発を以前から行っており、製品化にむけた開発テストをつづけています。
Apple としては、Foldable iPhone にもシンプルさとサマートさを求めでしょうから、デザインと搭載機能の選択に悩んでいることでしょう。


これらの予測から、2020年に発売される次期 iPhone のラインナップは、ハイエンドモデルが通常筐体で1〜2機種。ミドルクラスが通常筐体か折りたたみ式筐体の1〜2機種。ローエンドが通常筐体の1機種。おそらくフォルダブル iPhone のスペックはハイエンドモデルより控えめですが、価格はハイエンドクラスに近いでしょう。

折りたたみ型 iPhone 開発

折りたたみ式 特許申請[2020 新作 iPhone 12]
近年販売されているのスマートフォンは、ディスプレイベゼルが無く筐体が薄いのがトレンド。ベゼルが極薄になったぶん広いディスプレイパネルを採用できますが、大きくするのにも限界があります。そこで、収納時にコンパクトにできるよう開発されたのが、折りたたみ型ディスプレイ搭載の スマートフォンです。

Apple は以前から折りたたみ型 iPhone の開発を検討しており、2016年には折りたたみ可能な iPhone の特許を申請して取得しています。

LG と共同開発

iPhone に搭載する折りたたみディスプレイパネルの開発に関しては、Apple と LG Electronics(LG 電子)が共同開発していることが、韓国ビジネスニュースメディア The Investor に掲載されています。

LG のディスプレイパネル開発チームは、次世代 iPhone に折りたたみ画面を搭載するためのプロジェクトとしてタスクチームを設置。また、LG 製品のパーツ開発を手がけるグループ会社 LG Innotek も、折り曲げディスプレイに対応できる曲げ耐性のある基盤を開発するチームを立ち上げている。
また、折りたたみディスプレイの製造は、2020年頃に開始されると伝えており、iPhone 2020年モデルへの供給も間に合いそうです。

ディスプレイコーティング技術

折りたたみ式ディスプレイは、折り曲がりポイントの開閉による負担で、ディスプレイコーティングが痛む原因になります。
折りたたみ式 特許申請[2020 新作 iPhone 12]
そのため Apple は、コーティング痛み防止の技術を特許申請をしています。この、幾度となく折りたたまれてもディスプレイコーティングがダメージを受けないコーティング技術は、特殊ポリマーとフレーク顔料によって仕上げられる。この保護技術によりディスプレイを内側と外側に折り曲げてもダメージをうけないとしている。

microLED ディスプレイ

microLED ディスプレイ[2020 新作 iPhone 12]
現在、開発または製品化が近い折りたたみディスプレイの多くは、OLED(有機 EL)ディスプレイパネルを採用していますが、すでに次世代技術として microLED が開発されています。このディスプレイは、色再現性や輝度、より省電力に優れており、いずれ折りたたみ型スマートフォンは microLED にシフトしていくとされる。
この次世代ディスプレイは、台湾の半導体製造企業 TSMC が Apple と協力して開発しているとする情報があります。


microLED 概要
microLED(マイクロLED)は、カラーフィルターや液晶シャッターレスのパネルに超小型 LED が敷き詰められたシンプルなディスプレイ。microLED の大きさは、従来 LED と比べて約100分の1と極小サイズ。
microLED ディスプレイ[2020 新作 iPhone 12]
LED 光の取り出し効率が高いため、画期的な明るさと低消費電力を両立しておりHDR映像と相性がいい。また、LED を消灯するだけで黒の表現が可能であり、高輝度性能とあわせて非常に高いコントラスト比(1000000:1)を実現。さらに、カラーフィルターや液晶シャッターがないため圧倒的な広視野角で映像を確認できる。
そのほか、無機シリコンベースの LED だから劣化が少なく寿命が長く、OLED(有機 EL)で発生しやすい「焼き付き」現象が起きないメリットがある。



5G 対応 iPhone

5G 対応 iPhone[2019 新型 iPhone]
2020年に商用サービスの開始が予定される『第5世代移動通信システム(以下、5G)』。当然 Apple も、この通信規格に対応する iPhone を開発販売する計画です。

5G iPhone の発売時期
米国での 5G 運用は2018年末から開始されますが、まだ通信をカバーできるエリアは限られているので、どこでも 5G ネッワークが利用できるわけではないそうです。ただ、5G 対応スマートフォンはこれから発売される予定で、Samsung、Huawei、Xiaomi、Oppo、Vivo などのアジア系ブランドは、2019年中のリリースに向けて 5G 対応端末の開発を進めています。

不思議なことに 5G 対応の iPhone シリーズの発売が、2019年に実現できるのか不明な点です。なぜ Apple だけが遅れているのでしょうか?
Apple は 4G LTE のときも多くのメーカーが普及させるまで 4G 対応の iPhone を発売しませんでした。この時は Android 版 LTE 対応スマートフォンがリリースされてから一年ほど遅れて、Apple 初の 4G 対応スマートフォン『iPhone 5』がリリースしています。
もし、4G 普及の時と同じような展開になるとすれば、5G Android 系スマートフォンが普及するのに2021年を迎える頃になると予測されるため、5G 対応 iPhone は2020年まで期待できないことになります。

2019 iPhone の買い控え
Apple は毎年スペックを更新した iPhone 新作モデルを発売していますが、2020年あたりまで5G 対応モデル iPhone がリリースされないため販売価格に悩まされるかもしれません。
なぜなら、2019年後半にはライバル各社が低価格帯で 5G 対応スマートフォンを販売するなか、Apple は旧通信規格 4G 対応スマートフォンしか販売できないうえ、高価格な iPhone Xs シリーズを発売することになります。多くのユーザーには、2020年頃になれば 5G 対応 iPhone が発売されることは予想できるため、2019年新型モデル買い控えの可能性も出てきます。
5G iPhone の値段
Apple が発売する 5G 対応 iPhone は、ライバル各社と同じく 4G / 5G 両対応のデュアルモードスマートフォンになります。このモデルを2020年前後に発売されるもようで、販売価格はおそらく〈1,299ドル(約148,000円)〉程度になるだろうと予測されています。これは、2018 iPhone Xs Max の〈1,099ドル〜(日本では124,800円〜)〉とくらべ高額になることを意味します。

5G の概要
5G とは、高速大容量通信によってスマートフォンの利用を快適にするだけでなく『IoT(Internet of Things)』の次世代の基盤をになう技術として期待されている通信技術。
今後 IoT 技術が家電製品などに普及するため情報交換のトラヒックが急増します。5G はトラヒック1平方キロメートルあたり100万のモノ多くの機器に接続可能になります。また、無線部分が〈1ミリ秒〉以下で通信できることによって、移動する自動車用デバイスや産業機器ロボットのような素早い反応が必要なマシン制御が可能になります。

声認証 Voice ID 搭載か

声認証 Voice ID 搭載か[2019 新型 iPhone]
ハンディデバイスのセキュア技術に熱心な Apple は、現在 iPhone や iPad Pro などの製品に、指紋認識セキュア『Touch ID』や顔認証セキュア『
Face ID』などの先進的なセキュリティシステムを採用しています。
そんな Apple が、最近ユーザーの『声』で識別・認識できる音声セキュアシステム技術の特許を取得しました。

声認証とは
USPTO(米国特許商標庁)へ特許申請された声認証の登録情報では「Apple 機器にたいして話しかけてきた声がユーザーのものであるか聞き分け、認識機能を通して Siri が応答する」としています。これは、ユーザーの声を構成する周波数を『声紋』情報としてプロファイルとして保存し、マイクロフォンで受けた声が Apple 機器の管理ユーザーであるかをシステム認識するようになっています。

現在この技術の前段階として音声アシスタント『Siri』が普及していますが、個人を特定認証できる声認証セキュアが登場すれば、ユーザープロファイル情報を利用することで、個人宛のメール読み上げから、デバイス内に保存された写真やビデオの閲覧、ビデオ通話 FaceTime(フェイスタイム)などのサービスを音声コントロールすることが可能になります。

複数のセキュア認証
現行モデル iPhone でも音声アシスタント Siri を利用してロック解除することが可能ですが、セキュアの観点からみても、まだ高いレベルで個人情報を任せられるものではないため、ユーザーの音声のみに反応する声認証技術は必要なシステムになるでしょう。
また、これらの認証システムが複数搭載することが可能であれば、ユーザーの使い方に対して認証方式がえらべたり、さらに複数認証に設定することで、より高度で安全な個人情報管理を達成することができます。
HomePod マルチユーザ化
特許申請された声認証セキュアシステムは、音声アシスタントで操作するスマートスピーカー『HomePod』のマルチユーザー化も実現させることが可能です。
HpmePod も音声アシスタント Siri をベースにして操作するため、スマートスピーカー制御と個人の音声認識を組み合わせることで、マルチユーザーサポートが可能となります。
事前登録されたユーザープロファイルによって家族の声を聞き分け、認識されたユーザーの設定や個人情報を利用してユーザーの好みにあった音楽を再生したり、ニュースや趣味にかんする情報を提供することも可能になります。

Apple は多くの特許申請を常に行っているため、特許が取得された内容モノすべて製品化されるわけではありませんが、音声認識セキュア技術は有用性があるため高い確率で採用されるテクノロジーだと思っています。



全モデルの OLED ディスプレイ化

全モデル有機 EL[2020 新作 iPhone 12]
2020年に発売される新型 iPhone に搭載されるディスプレイパネルは、すべてのモデルに OLED(有機 EL)パネルが採用される可能性が高いと、アメリカのニュースメディア The Wall Street Journal が記事にあげています。

Apple は iPhone や iPad に高品質ディスプレイをユーザーへ提供するべく、常に投資と開発をすすめています。iPhone に初めて OLED ディスプレイが採用されたのは iPhone X からで、現行モデルではハイエンドモデルの iPhone Xs と iPhone Xs Max に搭載されています。

OLED ディスプレイは部品単価が高いこともあり、iPhone Xs より販売価格をおさえた iPhone XR には、高品質・高解像度 LCD(液晶)ディスプレイを採用。
2018 iPhone XR のディスプレイパネルは、Apple が独自に開発した Liquid Retina(リキッド レティナ)。このパネルは、現存する LCD ディスプレイのなかで最も明るく最も正確な色を映し出す、パネル業界でも注目の最高峰クオリティを誇っています。

この Liquid Retina ディスプレイは、2019年秋に発売の次期 iPhone XR にも搭載される予定ですが、2020年秋に発売される同クラスの後継機には採用されず、新開発の OLED ディスプレイが搭載されるもよう。

OLED のメリット・デメリット

Apple が最新 iPhone への普及をすすめる有機 EL ディスプレイ。液晶ディスプレイとくらべ万能的な性能なのか?どんなメリット、デメリットがあるのか挙げてみました。

有機ELのメリット

  • 高いコントラストで見やすい
  • 明暗差が広く情報量が豊か
  • 黒色の質感・再現性が高い
  • 速い応答速度
  • 視野角が広く色変化や輝度変化が少ない
  • 少ない消費電力
  • 軽量で薄い
  • 折り曲げに対応

OLED ディスプレイのメリットは、液晶ディスプレイと比べて高い画質と性能をもつこと。どの項目も新世代ディスプレイとして評価できる長所です。とくにユーザーが恩恵を受けるのが消費電力の少なさ。液晶ディスプレイよりも約30%の省電力となっており、バッテリー駆動性能が重要なモバイル機器にとって大きな利点でしょう。

有機ELのデメリット

  • 価格が高い
  • 寿命が短い
  • 直射日光の下では画面が見えにくい
  • 残像現象が起きやすい

OLED ディスプレイのデメリットは、部品単価が高いため販売価格も高くなること。また、バックライトを持たない OLED は直射日光の下での見づらい欠点があります。その点、バックライトをもつ LCD(液晶)は最大時の輝度が高く比較的見やすい利点があります。
そのほかでは寿命が短いという弱点があげられる。スマートフォン向け LCD の寿命は〈約6万時間〉と言われていますが、OLED の寿命は〈約3万時間〉と LCD の半分ほどの稼働時間で正常表示できなくなります。ただ、この寿命3万時間を1日利用8時間で計算したばあい、約10年以上の耐用年数となるため、一般的なユーザーであれば寿命は気にする必要はないでしょう。

ジャパンディスプレイへの影響

OLED 採用が噂される 2020 iPhone XR 後継機。現行モデルとなる 2018 iPhone XR ディスプレイパネルの製造は、ジャパンディスプレイが請けており、2018年3月までの1年間の収益においては、その半分以上を Apple 向け液晶ディスプレイを製造していました。ところが、2020年モデルから、すべての新型 iPhone のディスプレイが有機 EL に変更になる予測があり、ジャパンディスプレイの収益激減は避けられない状況です。

さらに、ジャパンディスプレイが厳しくなるのは先の話ではなく、2018年10月から発売している iPhone XR の売り上げが不調なため、すでに予定より大きく収益が減っています。そのため、すでに台湾 TPK Holding(宸鴻科技集団) と中国 Silk Road Fund(シルクロード基金) から出資を受けるための交渉に入っているもよう。

The Wall Street Journal の記事に、次期 iPhone 全モデルに OLED ディスプレイが搭載されるといった具体的な情報が書かれてはいませんが、Apple 製品の情報を発信しているアメリカのメディア AppleInsider(アップル インサイダー)は「これまでのあり方からみて予想されるアップデート」と述べています。


多くの情報では、2019年秋に発売の次期 iPhone XR までマイナーチェンジ的なアップデートをするとしています。高性能な Liquid Retina も、部品価格が落ち着いてくる OLED(有機 EL)ディスプレイを採用するまでの『つなぎ』的な役割のようです。

音響パルス Touch ID

音響パルス Touch ID[2020 新作 iPhone 12]
Apple はディスプレイ全面をタッチセンサーにできる技術の特許を取得しました。

特許申請された Touch ID は、物理的な指紋センサーを必要としないため、2018 iPhone のようなオールディスプレイ仕様でも指紋認証セキュアを利用する事ができます。また、近年開発されているディスプレイパネルに指紋センサー組み込む必要がないためパネルの極薄化も容易になります。
音響トランスデューサ Touch ID 特許申請[2020 新作 iPhone 12]
この次世代 Touch ID のしくみは、音を利用して指紋情報を取得します。
ディスプレイに触れた指は、ディスプレイを囲むように配置された音響撮影システムによって指紋の隆起データを取得。その情報を複数の音響トランスデューサで電気信号へ変換して指紋認証システムへ転送。オーナー登録情報とマッチしていればロック解除を実行します。

この音響撮影システムは、従来の指紋センサーによる Touch ID とくらべ利点があります。

音響式 Touch ID のメリット

  • 部品構成が極薄
  • どの位置でも指紋読み取りが可能
  • 認証スピードが高速

1つ目は、指紋情報を得るためのセンサーモジュールが極薄であること。2つ目は、ディスプレイパネル全体を音響撮影システムがカバーできるため、ディスプレイの縁でも指紋読み取りが可能であること。3つ目は、このシステムが、従来方式の Touch ID や Face ID と比べ処理能力を必要としないため認証スピードが高速になることです。

次世代 Touch ID の未来

この新しい発想の Touch ID は、従来システムの性能を大きく上回る指紋認証セキュアであることは間違いありません。しかし、新しく発売されている Apple 製品のセキュリティシステムは、顔認証セキュア Face ID へシフトする傾向があります。また、ある情報筋では Touch ID は廃止される可能性があると言われています。

しかし、そういった噂があるにもかかわらず、Apple は新しい技術を導入した指紋認証セキュアの開発を続けており、音響トランスデューサー技術関連の特許申請も今回が初めてではないことを付け加えておきます。


現在の流れからいくと Touch ID は過去のテクノロジというイメージがありますが、2018年後半の特許申請には 〔Touch ID と Face ID の両方を備える iPhone 〕の情報もあり、複数のバイオメトリックシステムを搭載することで、革新的な筐体を採用した iPhone が誕生する可能性もあります。
また、今回の音響式 Touch ID の技術は、Face ID を搭載しないオールディスプレイ機器に Touch ID を導入することが可能になるため、将来オールディスプレイを採用した iPod touch に指紋認証セキュアを搭載することも可能になります。



5G モデム独自開発

Apple独自開発 5Gモデム[2020 新型 iPhone]
2020年モデルから搭載されると予測されている 5G 対応の iPhone。
Apple はこれまでのスマートフォン用モデムに、他社が開発したモデムを採用して開発費を軽減していました。以前は Qualcomm(クアルコム)、現在は Intel(インテル)です。
ところが最近の情報によると、Apple は 5G(第5世代移動通信システム)モデムについては他社からの購入をやめ、独自チップを自社開発するプロジェクトを立ち上げているようです。

今後販売される iPhone の予測で、iPhone に 5G が導入されるのは2020年モデルからと言われています。他社スマートフォンが2019年モデルから 5G 導入を計画しているのに、1年も遅れて市場投入するあたりが疑問点でしたが、Apple としては独自開発モデムを搭載したいという願望があり、そのため 5G iPhone 発売の遅れになっているようです。

Apple が独自開発する 5G モデムチップのプロジェクトを率いるのは、同社ハードウェアテクノロジー担当上級副社長の Johny Srouji(ジョニー・スルージ)氏。
彼は前職に IBM や Intel でプロセッサ開発設計部門で要職を務めていたスペシャリストで、2008年に Apple に入社。iPhone や iPad 搭載の A シリーズプロセッサや、ワイヤレスイヤホン AirPods に搭載される Bluetooth チップを開発するチームを率いていました。

Intel製 5Gモデム[2020 新型 iPhone]

モデム自社開発の理由

Apple が 5G モデムを自社開発する大きな理由は2つ。
1つ目は、現在関係が悪化している Qualcomm 社との問題で新規モデム導入と開発に支障が出たこと。2つ目は、将来的な部品供給の安定とモデムチップの調達コスト削減です。

Qualcomm 社の訴訟問題
現在 Apple と Qualcomm との間では、特許料をめぐる訴訟問題で両者の間は最悪の状態で、すでに Qualcomm は iPhone への 4G LTE プロセッサの供給を拒否しており、次期 5G チップの供給は完全に閉ざされています。ちなみに現行モデルの iPhone モデムチップは Intel 製を採用しています。

モデムチップのコスト
iPhone に内蔵されるモデムチップの部品単価は〈15〜20ドル〉と高価で、Apple モバイル機器のコストにも大きく影響しています。iPhone の出荷数は、年に2億台以上と試算されているため、モデムチップのみの調達費用は〈30億〜40億ドル〉という巨費になっています。

Apple 製モデムの導入時期

特許問題や高額な部品コストの解決へ向けて Apple は以前からモデムチップの開発に取り組んでいたと専門技術出版 The Information は報告しており、プロジェクトは粛々と進められているようです。

ただし、新規プロジェクトとしてモデムチップを開発するため、開発中に大きな障害が発生しなくても iPhone へ組込むのに、およそ3年ほど年月を必要とするでしょう。そのため、自社製 5G チップ搭載 iPhone のリリースは、おそらく〈2021年以降〉になると予測されてます。


スマートフォン用のモデムチップは、韓国 Electronics(サムスン電子)や、中国 Huawei(ファーウェイ)といった電子メーカーが自社製品に最適化したモデムチップが用意できるように、Apple も独自開発のプロセッサチップとモデムチップを効率よく組み合わせることで、部品単価から製造コストの引き下げはもちろん、安くなる販売価格に小型化と性能向上と、ユーザーに与えるメリットも大きいでしょう。

【2019新型】iPhone SE 2《発売日 スペック》

【2019新型】iPhone XI《次期 XR / Xs スペック》