【2020新型】iPhone 12《スペック早見版》


値段 発売時期いつ[2020 新作 iPhone 12]
ノッチレス、オールディスプレイ、LTPO OLED パネル、A14 Bionic チップ、トリプルカメラ、LiDARスキャナ(3D ToF)、5G 通信対応などの新技術搭載が予測。2020年秋に発売濃厚な iPhone 12(11 後継機)シリーズの最新情報を更新。



デザイン

コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]
フルチェンジモデルとなる新型 iPhone 12 は筐体設計を一新。ディスプレイサイズの大小サイズが従来モデルより強調され、より大きく・より小さくなります。2018 iPhone X から3世代つづいたデザインに変更がありそうです。
コンセプト デザイン[2020 新型 iPhone 12]
デザイン変更の中で一番分かりやすいポイントがメインカメラ。ハイエンドの Pro 系はトリプルカメラを継続採用しますが、カメラ配置は変更の可能性あり。また、3D ToF センサーとなる LiDAR スキャナがカメラハウジングに追加され『4眼カメラ』に見えるでしょう。
コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]
新開発の筐体は側面の形状を、曲面から平面へ変更。6.7インチにディスプレイサイズが大型化する iPhone 12 Pro Max は、側面のフラット化で筐体容量を縮小します。
5.4インチのベーシックモデル iPhone mini も側面形状が同じになり、iPhone SE2 より更なる小型軽量化をめざします。

コンセプト画像[2020 新型 iPhone 12]

iPhone 12 をもっと知りたい

  • より多くの iPhone 12 のデザイン画像・リーク情報は『2020 iPhone 12:リークまとめ』に掲載しています。
  • iPhone 12 シリーズの、より詳しい特長・機能情報を知りたい方は『2020 iPhone 12:特長 機能まとめ』を閲覧ください。


  • おもな特徴

    2020 新型 iPhone はディスプレイサイズが変更されるフルチェンジモデル。基本設計から全面刷新されるため、多くの新パーツ・新機能が搭載されると見込まれている。

    • 新色ネイビーブルーの追加
    • 筐体設計の全面変更で側面フラットな形状
    • すべてのディスプレイが OLED(有機 EL)パネル
    • 画面サイズは〈5.4・6.1・6.7〉インチの3サイズ
    • 2020年秋モデルは4機種のラインナップ
    • ノッチの廃止または小型化
    • 新チップ A14 Bionic 搭載で高速処理・省電力
    • RAM(メモリ)容量を 6GB へアップ
    • 滑らかな動画表示を実現する120Hzリフレッシュレート
    • ディスプレイ内蔵式の Touch ID 搭載
    • AR(拡張現実)機能をより向上させる LiDAR スキャナ(3D ToF)
    • メインカメラに6400万画素の新型イメージセンサー
    • 次世代通信 5G モデム搭載で高速通信に対応
    • 超近距離無線通信 802.11ay への対応
    • 発売は2020年秋ごろ(10月上旬に2機種・10月下旬に2機種)

    2018 iPhone 以降の久しぶりとなる筐体の設計変更に合わせるように、多くの仕様・部品の変更やアップデートがされるもよう。ただし、変更点が多くなる分コストも高くなるため値段は上昇しそうです。



    ディスプレイ

    ディスプレイパネルはベゼル(枠)が無いオールディスプレイなのは従来機 iPhone 11 シリーズと同じ。しかし、2020年秋モデルではディスプレイサイズとパネル仕様が大きく変更されます。

    さらに小さく・大きく変更される画面サイズ

    サイズ比較[2020 新作 iPhone 12]
    新型 iPhone 12 シリーズでは、小さい筐体と大きい筐体のディスプレイパネルが変更されると多くの投資アナリストや情報メディアで予想されています。

    2020-2019 iPhone ディスプレイサイズ比較
      2020 iPhone 2019 iPhone
    Std/Mid モデル iPhone mini(5.4-inch)
    iPhone 12(6.1-inch)
    iPhone 11(6.1-inch)
    Pro モデル iPhone 12 Pro(6.1-inch) iPhone 11 Pro(5.8-inch)
    iPhone 12 Pro Max(6.7-inch) iPhone 11 Pro Max(6.5-inch)

    3機種あった iPhone 11 シリーズの画面は3つのサイズ(5.8 / 6.1 / 6.5-inch)から選べました。4機種ある 2020 新型 iPhone 12 シリーズの画面も3つのサイズ(5.4 / 6.1 / 6.7-inch)から選べます。
    また、iPhone 12 の 6.1-inch モデルには、グレード別(ミッドレンジ / ハイエンド)に2機種用意されると、多くの情報もあがってきている。



    カメラ

    iPhone 11 シリーズでメインカメラには大幅な改良がほどこされ、超広角カメラやナイトモード機能搭載などのアップグレードをうけました。
    iPhone 12 シリーズでは主に Pro 系にさらなる改良がほどこされるとリーク情報が多い。

      ▼予測されるカメラ新機能

    • 3D ToF センサー搭載
    • 超広角カメラ手ブレ補正
    • マクロモードの搭載
    • ナイトモード機能の拡大

    3D ToF センサー搭載

    メインカメラ 3D ToF[2020 新型 iPhone 12]
    新型 iPhone 12 注目の機能が LiDAR スキャナです。

    これは ToF(Time of Flight = トフ)技術によって物体との距離や構造をデータ化して、人や物の動きを検出でき、3D ゲーム、バーチャルキャラクター運用などの他、AR(Augmented Reality = 拡張現実)を利用した多数のアプリと連動が可能。
    また、3D ToF は AR 機能の拡張・サポートはもちろん、ポートレートモードでは被写体の輪郭がスキャンできるため、写真画像のボケ部分の表現がより正確になるでしょう。

    LiDAR スキャナは iPhone 背面メインカメラに配置されるので、ハイエンドモデルの iPhone 12 Pro 系では、カメラが4基搭載されてるように見えます。

    超広角カメラ手ブレ補正

    iPhone X からメインカメラの手ブレ補正機能は、広角カメラと望遠カメラの2種類に採用。ただ、iPhone 11 シリーズ採用の超広角カメラはレンズユニットの構造上、手ブレ補正機能は搭載できません。
    メインカメラ[2020 新作 iPhone 12]
    ところが、次期モデルでは、超広角カメラのセンサー部分に手ブレ補正ユニットを搭載するため、手ブレを抑えた撮影を可能するようです。

    マクロモードの搭載

    コンパクトデジタルカメラでは『マクロモード』搭載は一般的ですが、iPhone メインカメラの広角系カメラにはマクロ撮影機能が搭載されていません。
    イメージセンサー[2020 新型 iPhone 12]
    しかし、iPhone12 Pro 系の超広角カメラにマクロモードが搭載される予測情報が挙がっています。これは新設計の超広角レンズによって実現。取り込める光量が従来より35%多くなるほか、被写体に2.2センチまで接近して撮影できる仕様となるもよう。

    ナイトモード機能の拡大

    『ナイトモード』は iPhone 11 シリーズからの新機能で、レンズの明るさやシャッタースピードの遅さに頼るではなく、一度の撮影で複数枚の写真を撮影してから画像エンジンで処理する暗所撮影機能。

    この機能は超広角カメラと自撮りのインカメラではナイトモード対応していませんが、iPhone 12 Pro 系では対応する計画があるようです。ただ、これらのナイトモード追加に対して、いくつかの問題に直面しているようで、次期モデルに搭載できるかはハッキリしていません。

    もっと知りたい

    2020 新型 iPhone 12:リークまとめ




    iPhone シリーズ

    2020年ラインナップ

    iPhone mini と iPhone SE 第2世代[2020 新機種 iPhone]

    iPhone 12 シリーズとなる2020年モデルのラインナップは5機種。注目の『折りたたみ iPhone』は 2021年秋に発売と予測されています。

    2020年モデルはサイズと価格が連動

    まずは 2020年3月ごろ 価格が〈44,800円〜〉と iPhone SE なみのエントリーモデル iPhone SE 第2世代が 4月24日発売 に発売。
    2020年秋にリリースされる新型4機種は『iPhone 12』と噂されており 2020年9月ごろ 発売されると、複数のアナリストが予測。ラインナップには iPhone 11 Pro より小型軽量な〈5.4インチ〉が発売されるリーク情報があり『iPhone mini』とも囁かれています。
    また、2020年モデルはディスプレイのサイズ順に価格が連動し『小さい=安い』『大きい=高い』になるもよう。