【2020新型】iPhone 12 Pro《機能スペック》

発売時期いつ 性能比較[新作 iPhone 12 Pro]
ベゼルレス・オールディスプレイ、Super Retina OLED パネル、A14 Bionic チップ、トリプルカメラ、LiDAR スキャナ、5G 通信などの新技術搭載。2020年秋に発売されたシリーズのハイエンドモデル『iPhone 12 Pro』の最新情報を更新。



iPhone 12 Pro : Spec

おもな特徴

  • 新色ダークブルーの追加
  • 筐体設計の全面変更で側面フラットな形状
  • 新開発 有機 EL(Super Retina HDX)パネル
  • より拡大された 6.1-inch ディスプレイサイズ
  • 新チップ A14 Bionic 搭載で高速処理・省電力
  • RAM(メモリ)容量:6GB の可能性
  • さらに処理速度が向上した顔認証 Face ID 第3世代
  • 超広角カメラを採用したトリプルカメラ
  • 超広角カメラでも撮影対応する ナイトモード
  • AR / VR 機能拡張に貢献する LiDAR スキャナ
  • Lightning 接続端子による有線充電と同期
  • 次世代通信 5G モデム搭載で大容量通信に対応


おすすめユーザー

比較おすすめ[2020 最新機種 iPhone 12 Pro(Max)]
新型 iPhone 12 Pro シリーズは、Apple 先端の技術を多く採用した2020年モデルの最上位機種。

iPhone 12 Pro (Max):おすすめな人
  • もっとも高性能な iPhone が欲しい人
  • 表示画面が大きくて美しいディスプレイが欲しい人
  • iPhone Xs 系や iPhone 11 Pro 系から買替えを検討してる人
  • 望遠カメラやトリプルカメラが欲しい人
  • LiDAR スキャナで AR / VR を活用したい人
  • iPhone で 4K 動画撮影・編集・アップロードしたい人
  • セキュリティの高い Face ID が必要な人
  • 高速通信 5G 機能が欲しい人
  • 長いバッテリー駆動時間が必要な人

▲戻る

デザイン

外観デザイン[2020 新しい iPhone 12 Pro(Max)]
新型 iPhone 12 Pro は iPhone 11 Pro の後継機。従来モデルとくらべ筐体設計を全面刷新となりましたが、全体的なイメージは新旧モデルとも似ています。

    デザインの特長

  • 拡大された有機 EL ディスプレイサイズ
  • 全面刷新されたフレーム構造
  • 側面形状は平面化されたフラット造形
  • ナローベゼル・オールディスプレイ
  • 超広角カメラを採用したトリプルカメラ
  • VR/ AR 機能拡張に貢献する LiDAR スキャナ
  • 新色ダークブルーの追加

iPhone 12 Pro シリーズでは、従来モデル同様にディスプレイサイズは2種類が用意されます。さらに新型モデルでは、それぞれの表示画面サイズが〈5.8→6.1インチ〉〈6.5→6.7インチ〉へと拡大。

前面ディスプレイには顔認証セキュア用パーツが組込まれるノッチ(切り欠き)があり、背面にはカメラ配置が同様のトリプルカメラを装備。しかし、新型 iPhone 12 Pro 系には構造物をデータ化させる LiDAR スキャナが新たに搭載されるため、フルモデルチェンジを強くアピールするでしょう。

カラーバリエーション

新型 iPhone 12 Pro の筐体カラーは4色。グラファイト、シルバー、ブルー、ゴールド。

カラーバリエーション[2020 新型 iPhone 12 Pro]
カラバリ:グラファイト[2020 新型 iPhone 12 Pro]カラバリ:シルバー[2020 新型 iPhone 12 Pro]カラバリ:ブルー[2020 新型 iPhone 12 Pro]カラバリ:ゴールド[2020 新型 iPhone 12 Pro]


▲戻る



新旧モデル比較《寸法・重さ》

2020 新型 iPhone 12 シリーズ上位機種となる iPhone 12 Pro 系と、従来モデルの筐体サイズ・重量を比較。

iPhone 12 Pro / iPhone 12 Pro Max

サイズ比較 iPhone 12 Pro Max[2020 新型 iPhone 12 Pro]
iPhone シリーズの最上位モデルとなる iPhone 12 Pro〈6.1-inch〉と iPhone 12 Pro Max〈6.7-inch〉は、画面サイズの差からサイズ・重量に大きな違いがあります。

iPhone 12 Pro / iPhone 12 Pro Max:比較
iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max
画面サイズ 6.1インチ 6.7インチ
筐体サイズ 146.7×71.5×7.4
(mm)
160.8×78.1×7.4
(mm)
重量 187 g 226 g

iPhone 12 Pro / iPhone 11 Pro

サイズ比較 iPhone 11 Pro[2020 新型 iPhone 12 Pro]
画面サイズは、従来モデル iPhone 11 Pro〈5.8-inch〉から新型モデル iPhone 12 Pro〈6.1-inch〉へアップしていますが、両機種の大きさ・重量は誤差程度の差しかなく技術進歩がうかがえます。

iPhone 12 Pro / iPhone 11 Pro:比較
iPhone 12 Pro iPhone 11 Pro
画面サイズ 6.1インチ 5.8インチ
筐体サイズ 146.7×71.5×7.4
(mm)
144.0×71.4×8.1
(mm)
重量 187 g 188 g

iPhone 12 Pro / iPhone Xs

サイズ比較 iPhone Xs[2020 新型 iPhone 12 Pro]
2世代前の iPhone Xs〈5.8-inch〉から iPhone 12 Pro〈6.1-inch〉へ乗換え検討ユーザーもいるでしょう。画面サイズが小さい iPhone Xs とのサイズ差はほとんど誤差程度。重量は約10gの差があります。

iPhone 12 Pro / iPhone Xs:比較
iPhone 12 Pro iPhone Xs
画面サイズ 6.1インチ 5.8インチ
筐体サイズ 146.7×71.5×7.4
(mm)
143.6×70.9×7.7
(mm)
重量 187 g 177 g

iPhone 12 Pro / iPhone 8 Plus

サイズ比較 iPhone 8 Plus[2020 新型 iPhone 12 Pro]
長期間使用によるバッテリー劣化で iPhone 8 Plus〈5.5-inch〉から iPhone 12 Pro〈6.1-inch〉へ乗換え検討ユーザーも多いようです。オールディスプレイ仕様の iPhone 12 Pro は、画面サイズが大きくてもサイズ・重量のすべての項目で小さく軽い。

iPhone 12 Pro / iPhone 8 Plus:比較
iPhone 12 Pro iPhone 8 Plus
画面サイズ 6.1インチ 5.5インチ
筐体サイズ 146.7×71.5×7.4
(mm)
158.4×78.1×7.5
(mm)
重量 187 g 202 g

▲戻る



機能情報

iPhone 12 Pro (Max):機能 / 仕様
機能 機能概要
ディスプレイ 最上位モデル専用の新しい有機 EL(Super Retina HDX)パネルは、より極薄・軽量化がはかられる。なお、高速リフレッシュレート ProMotion テクノロジは、バッテリー駆動時間の問題から搭載見送り。
ノッチ Face ID 関連モジュールの小型化は見送られ、ノッチの大きさに変化はなし。
SoC 新開発 A14 Bionic チップを採用。より優れた学習能力、高速な VR / AR 処理性能、画像エンジンの性能アップで写真画質向上、省電力・低発熱を実現。
メモリ 新設計 SoC の省電力性能によってメモリ(RAM)容量アップの可能性が高まる。また iPhone Pro 系のみ 6GB 搭載になるか注目。
ストレージ 一時期は最大容量 1TB へアップの情報がありましたが、コスト対策として従来モデル同様の 128GB、256GB、512GB 採用。
カメラ メインカメラは iPhone 11 Pro 同様のトリプルカメラ(超広角 / 広角 / 望遠)。超広角カメラもナイトモードに対応。iPhone 12 Pro Max のみセンサーシフト式手ぶれ補正機能を搭載。解像度は1200万画素は同じもののイメージセンサーを拡大し画質向上の対策が施されています。
光学ズーム仕様〈iPhone 12 Pro:光学2倍ズームイン/アウト、光学4倍ズームレンジ〉〈iPhone 12 Pro Max:光学2.5倍ズームイン、光学2倍ズームアウト、光学5倍ズームレンジ〉
前面カメラ 従来モデル同様の1200万画素イメージセンサー・広角レンズを継続。新たにナイトモードに対応。
スキャナ iPhone Pro 系に初採用の LiDAR スキャナ。スキャニングした立体物データによって AR / VR 機能の拡張・応用に貢献。3D ゲーム、VR キャラクター、仮想模様替え、観光施設詳細マップなど利用例は無限大。
セキュリティ 生体認証は安全性の高い顔認証セキュア Face ID を継続採用。ハード・ソフトウェア進化でより認証速度向上の可能性。
通信機能 すべての iPhone 12 で 5G に対応。
接続端子 Lightning コネクタを引き続き採用。
充電機能 新充電システム MagSafe を採用。従来のQi(チー)規格のワイヤレス充電も継続対応。
耐水性能 IP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)。長期間にわたって海に沈んだ iPhone が作動したニュースもある優れた耐水性能。
その他 値上げを抑えるためイヤホン・充電器の付属をなくし USB-C – Lightningケーブル のみ同梱。

▲戻る



発売日

【Apple 秋イベント開催日】
Apple は、現地時間10月13日午前10時(日本時間10月14日午前2時)から、新製品発表イベントの開催を発表しました。

iPhone 12 Pro:発売日程
発表 10月14日
予約開始 10月16日 21時
発売日 10月23日
iPhone 12 Pro Max:発売日程
発表 10月14日
予約開始 11月6日 22時
発売日 11月13日

▲戻る

販売価格

iPhone 価格(税別)
iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max
128GB 106,800円 117,800円
256GB 117,800円 128,800円
512GB 139,800円 150,800円

▲戻る



スペック比較

iPhone:スペック比較
iPhone 12 Pro (Max) iPhone 11 Pro (Max)
画面サイズ 6.1 (6.7) -inch 5.8 (6.5) -inch
パネル種類 Super Retina HDX
有機 EL
解像度 2,532 x 1,170 px:460 ppi(2,778 x 1,284 px:458ppi) 2,436 x 1,125 px:458 ppi(2,688 x 1,242 px:458 ppi)
ディスプレイ仕様 OLED(有機 EL)パネル
2,000,000:1コントラスト比(標準)
HDRディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
True Tone ディスプレイ
最大輝度800ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)
SoC A14 Bionic A13 Bionic
メモリ 6 GB (RAM) 4 GB (RAM)
ストレージ 128GB、256GB、512GB 64GB、256GB、512GB
背面カメラ トリプル12MPカメラ[超広角、広角、望遠]
超広角:ƒ/2.4絞り値(ƒ/2.4絞り値)
広角:ƒ/1.6絞り値(ƒ/1.6絞り値)
望遠:ƒ/2.0絞り値(ƒ/2.2絞り値)
デュアル光学式手ぶれ補正(センサーシフト光学式手ぶれ補正)
トリプル12MPカメラ[超広角、広角、望遠]
ƒ/2.4絞り値と120°視野角:超広角レンズ、ƒ / 1.8:広角レンズ
ƒ / 2.0:望遠レンズ
デュアル光学式手ぶれ補正(広角、望遠)
前面カメラ 1200万画素イメージセンサー、ƒ / 2.2:広角レンズ
TrueDepthカメラ(Face ID)
セキュア認証 Face ID(顔認証システム)
バッテリー容量 2,775 mAh(3,687 mAh) 3190 mAh(3500 mAh)
バッテリー駆動時間 iPhone XSより最大4時間長いバッテリー駆動時間
ビデオ再生:18時間
オーディオ再生:65時間
高速充電:30分で50%充電
《iPhone 11 Pro の駆動時間》
充電方式 MagSafe アクセサリ・ワイヤレス充電器に対応、有線充電:Lightning ケーブル ワイヤレス充電:Qi、有線充電:Lightning ケーブル
耐水防塵性能 IP68 等級
(水深6メートルで最大30分間の耐水性能)
IP68 等級
(水深4メートルで最大30分間の耐水性能)
筐体素材 ディスプレイ:ガラス
フレーム:ステンレススチール
サイズ (mm) 146.7×71.5×7.4(160.8×78.1×7.4) 144.0×71.4×8.1(158.0×77.8×8.1)
重量 (g) 187 (226) 188 (226)

▲戻る

注目の機能



ディスプレイ

ディスプレイサイズ[2020 新型 iPhone 12]
2020 新型 iPhone 12 シリーズは、ディスプレイサイズ変更にあわせて筐体・フレームを全面刷新。投資家向け資料や、数あるリーク情報によると、2020年モデルのディスプレイサイズは3種類で、ラインナップは4機種。

2020-2019 iPhone ディスプレイサイズ比較
  2020 iPhone 2019 iPhone
標準 モデル iPhone mini(5.4-inch)
iPhone 12(6.1-inch)
iPhone 11(6.1-inch)
Pro モデル iPhone 12 Pro(6.1-inch) iPhone 11 Pro(5.8-inch)
iPhone 12 Pro Max(6.7-inch) iPhone 11 Pro Max(6.5-inch)

2020年モデルすべてが OLED パネル

3サイズのディスプレイは全て OLED(有機 EL)で、iPhone 12 シリーズ専用に新規開発された表示パネルです。

ディスプレイサイズ別に各モデルをあげると、一番サイズの小さい iPhone 12 mini は〈5.4-inch〉を採用。中間サイズ〈6.1-inch〉の iPhone 12 と iPhone 12 Pro。そして、iPhone シリーズ史上最大〈6.7-inch〉の iPhone 12 Pro Max の3種類。

なお、高画質を誇る OLED パネルの特徴は以下のとおり。

    有機 EL の特長

  • 太陽光線が降り注ぐ明るい野外でも見やすい
  • コントラスト比が高く鮮やかな発色
  • 応答速度が速く、動画・ゲームの動きがスムーズ
  • 視野角が広く斜めからでも安定した映像表示
  • 低い消費電力でバッテリー駆動の延長

リフレッシュレート 120Hz 高速表示

近年、搭載が噂されている iPhone への高速リフレッシュレート表示機能。この機能じたいを搭載することは技術的に可能ながらも、消費電力が増大するため、2020年モデルへの採用は見送られました。

新開発の SoC である Apple A14 Bionic は消費電力は抑えてあるものの、その浮いた電力分はおそらくRAM(メモリ)増強に廻されるでしょう。


▲戻る



SoC

CPU / RAM / ROM[2020 新しい iPhone 12 mini]
2020 新型 iPhone 12 シリーズの SoC は、新開発の Apple A14 Bionic を搭載。

    A14 Bionic の特長

  • 普及PCを超える処理能力
  • 新開発 5nm 製造プロセスでより集積化
  • A12 に対してGPUコア単体で30%高速化
  • 写真画質を向上させるイメージ処理能力
  • A14 Neural Engine 演算性能は毎秒11兆回
  • より優れた省電力・低発熱性能

従来型 A13 Bionic から全面刷新をうける新設計 Apple A14 Bionic チップセットは、電子回路がより微細化されるため、高速処理はもちろん省電力・低発熱を実現。また、処理能力の向上によって、写真画像のノイズ低減や画像編集アプリによる写真加工・動画編集も安定した処理ができるでしょう。さらに、最適化された省電力処理によって、RAM(メモリ)の増加やバッテリー駆動の延長が期待できます。

Apple チップセット性能比較
  iPhone 12 iPhone 11 iPhone XS
チップセット A14 Bionic A13 Bionic A12 Bionic
シングルコア 1,583 1323 1106
マルチコア 4,198 3,468 2531
GPU 12,571 7,308 5,242

SoC(System-on-a-chip = システム オン チップ)は、1個のチップ上に CPU(Central Processing Unit = 中央処理装置)と GPU(Graphics Processing Unit = 画像処理装置)などを集積したパッケージ部品で、iPad の総合的なデータ処理をおこなう頭脳的な存在。
iPhone に採用されている SoC は、Apple 独自開発のチップセットで、普及コンピュータの情報処理能力を超える高性能なもの。


▲戻る



カメラ

メインカメラ 3D ToF[2020 新型 iPhone 12]
iPhone 12 Pro シリーズの背面メインカメラには、iPhone 11 Pro シリーズから継続してトリプルカメラが採用。レンズユニットは新開発となり、仕様・性能ともにアップグレードされています。また、撮影のサポートとなる構造物スキャナ『LiDAR スキャナ』を初搭載。

iPhone 2020-2021:カメラ仕様
iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max
背面カメラ トリプルカメラ
カメラ種類 12M望遠レンズ
12M広角レンズ
12M超広角レンズ
スキャナ LiDAR スキャナ
前面カメラ 12M広角レンズ
ビデオ撮影 4K/60fps・4K/240fps(スロー)
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)

写る範囲のイメージ

レンズ別の参考写真画像。順に、超広角レンズ・広角レンズ・望遠レンズ。
3眼カメラ写る範囲:超広角レンズ[2019 新型 iPhone 11 Pro]3眼カメラ写る範囲:広角レンズ[2019 新型 iPhone 11 Pro]3眼カメラ写る範囲:望遠レンズ[2019 新型 iPhone 11 Pro]

カメラ別の撮影

新型 iPhone 12 シリーズ搭載の各カメラ写る範囲は、どんな撮影に向いているでしょうか。

iPhone カメラ:撮影範囲解説
搭載カメラ 撮影画像のイメージ
超広角カメラ 超広角は人の視野に近く『目の前に広がる風景』を一枚の写真に収める広範囲な撮影ができます。
広角カメラ 一般的な風景撮影向け。手前の人と景色のおさまりもよく自撮りにも使いやすい。
望遠カメラ 撮影対象を部分的に切り撮るのに便利。人物ポートレートや料理・小物のアップ撮影にも使えます。

メインカメラのスペック

焦点距離は、35mmフィルム換算(フルサイズイメージセンサー)を基準にしています。

iPhone 12 Pro:カメラ仕様
超広角カメラ 広角カメラ 望遠カメラ
トリプルカメラ
iPhone 12 Pro
13mm相当F2.4
5枚構成
26mm相当F1.6
7枚構成
光学式手ブレ補正
52mm相当F2
6枚構成
光学式手ブレ補正

▲戻る



LiDAR スキャナ

LiDAR スキャナ[2020 新型 iPhone 12]
新型 iPhone 12 Pro 系には、新機能として 3D ToF センサー『LiDAR(ライダー)スキャナ』を搭載しました。

LiDAR(Light Detection and Ranging:光検出と測距)は、センサーユニットから発せられた光が反射する速度から iPad Pro と物体との距離を測定してリアルタイムで立体マップ化できる機能。
高速かつ正確な 3D 認識により AR(拡張現実)機能のさらなる飛躍に貢献する注目のセンサーです。

    LiDAR スキャナ応用例

  • カメラの夜間撮影時のピント精度向上
  • ポートレートモード撮影での正確なボケ表現
  • 夜間ポートレートモード撮影での画質向上
  • 標準アプリ『計測』で現実の物体の長さや面積を測る
  • 家具を購入する前に仮想家具で模様替えシミュレーション
  • 現実の物体に AR キャラを忍ばせたりできる「オブジェクトオクルージョン」RPG に対応
  • 人体のフォームを正確に読み取り VR キャラクターを同様に動かす

以上の応用は LiDAR スキャナ を利用したわずかな一例にすぎず、ARKit と専用アプリケーションが進化すれば、さらに多彩な VR / AR 機能が実現できるでしょう。こらからが楽しみな機能です。


▲戻る



5G 対応

高速通信 5G[2020 次期 iPhone 12]
2020 新型 iPhone 12 には 5G(第5世代移動通信システム)が、iPhone ラインナップとしては初めて搭載されました。

2種類の 5G

5G には2種類の通信モジュール『ミリ波(mmWave)』と『サブ6GHz(sub-6GHz)』があります。

日本の通信キャリア docomo(ドコモ)の場合、ミリ波を利用すれば下り最大 4.1 Gbps(理論値)と超高速ダウンロードが実現。また、Sub-6 のみだと 3.4 Gbps(理論値)へ低下。ただ、Sub-6 だけでも凄まじく高速。

ミリ波(mmWave)

ミリ波(28GHz帯)は、携帯電話としては 5G 用に新しく使われる周波数。周波数帯域が高いため大容量データ通信に最適。その反面、通信距離が短く障害物に対する回り込みも苦手。

サブ6GHz(sub-6GHz)

Sub6(3.7GHz帯)は、比較的従来の携帯電話の周波数に近い。日本の DoCoMo では 4.5GHz 帯を割り当てもありますが、2019年9月20日から開始「5Gプレサービス」では使用しない。

5G 通信の方式は、各国によってサポートする帯域が違うため、iPhone のモデムモジュールも地域ごとの最適化が行われます。通信モジュールの搭載はコストにも関係するため、地域によっては両方・片方載せるか選択されます。

アメリカ国内で発売する iPhone 12 シリーズは、mmWave と sub-6GHz の両方を搭載していますが、日本で発売するモデルでは サブ6GHz(sub-6GHz)のみ搭載の iPhone を発売しています。


これで SNS への写真・動画の高速アップロードや、ネットサービスの高画質映画もスムーズに鑑賞できます。もちろん動画などの重いデータのダウンロードも驚くほど速くなるでしょう。


▲戻る



MagSafe

MagSafe 対応機種[2020 新型 iPhone 12]
MagSafe(マグセーフ)は対応する iPhone の背面にくっつけて充電できるワイヤレス充電器。
充電器セットは簡単で、iPhone 12 や iPhone 12 Pro 背面の的確な位置に磁力でピタッと付きます。充電効率は高く、最大15Wのワイヤレス充電ならば短時間でチャージが完了します。なお、iPhone12 mini のみ最大 12W の急速充電(Apple 公式情報)となります。
デザイン大きさ[MagSafe 対応機種モデル]デザイン大きさ[MagSafe 対応機種モデル]デザイン大きさ[MagSafe 対応機種モデル]

MagSafe:互換性と機種対応
MagSafe 対応機種[2020 新型 iPhone 12]

  • MagSafe 充電器は Qi 充電対応機との互換性をもちます
  • AirPods ならワイヤレス充電ケース付きモデルに対応
  • 「Made for MagSafe」入り製品は来春から増えるもよう

MagSafe は今までの無線充電と互換性を持たせて開発しており、MagSafe を利用しない場合は、今までのワイヤレス充電パッドか有線式の Lightning(ライトニング)ケーブルでも充電可能。
なお、サードパーティの MagSafe 対応充電ケースは、2021年春から徐々に発売されると予想されています。
Made for MagSafe[MagSafe 対応機種モデル]Made for MagSafe[MagSafe 対応機種モデル]Made for MagSafe[MagSafe 対応機種モデル]

MagSafe:iPhone 12 の充電について
互換性と対応モデル[2020 新型 iPhone 12]

  • iPhone 12 シリーズのみリアパネル磁力で正確な位置へ装着可能
  • 正常に接続ができればディスプレイにそれが通知。充電レベルも表示。
  • iPhone 12 と専用ケースならケースを装着したまま充電可能。
  • MagSafe 対応のレザーケースでも充電によって円形の跡がついてしまう可能性がある。
  • シリコンケースにも円形の跡が残ると報告がある
  • ウォレットアクセサリは取外して充電する必要がある。
  • クレジットカード、交通系ICカードなどを専用ウォレットにカードを入れて充電すると、内蔵チップや磁気ストライプの破損する恐れ

iPhone 12 シリーズ筐体内部にはサークル状のマグネットが組込まれているので、 MagSafe を適正な位置へセットするのが簡単。しかし、注意しなければならない点が二つあります。
注意すること[MagSafe 対応機種モデル]
MagSafe の特徴として対応ケースを付けたまま急速充電に対応しますが、マグネットによる圧着と充電時の熱の影響で、専用ケースにサークル状の跡がつくと公式に発表があります。また、誤ってウォレットアクセサリに磁気・ICチップカードを入れたまま充電してしまうと書込まれたデータが破損して使用できなくなる可能性が高い。

MagSafe:従来モデルの充電について

  • MagSafe は iPhone 8 以降のモデルに互換性があり充電可能
  • 従来モデルは磁石による位置合わせができないため、正確な位置にセットする必要がある

MagSafe はワイヤレス充電対応の従来モデル iPhone でも充電可能ですが、磁石によるセットができないため、iPhone と MagSafe が適正位置に合っていないと、フルチャージまで時間がかかったり充電がうまくできません。


急速充電と電源アダプタ
20W USB-C電源アダプタ[MagSafe 対応機種モデル]

  • MagSafe を使えば 15W(iPhone12 mini のみ最大 12Wの急速充電ができる
  • MagSafeには20W USB-C電源アダプタが付属せず別売
  • USB-Cコネクタ付きのケーブルが内蔵されているので、例えばMacBook Proからも充電可能
  • iPhone 内蔵バッテリーの発熱が高いと、温度が低下するまで充電が自動的に制限される
  • 充電効率を良くするため、MagSafe 対応ケースの取外しメッセージが表示される場合もある
  • MagSafe で高速充電できるアダプタは、機器の互換プロファイルで対応する必要がある

MagSafe で高速充電をしたいばあいは Apple 製の 20W USB-C電源アダプタが必要。この純正アダプタは MagSafe に付属されないので注意が必要。

通常充電でよければ MacBook などの USB-C コネクタと接続して充電が可能。ただ、MacBook Pro 付属の 96W 電源アダプタに MagSafe を接続しても、最大10Wのワイヤレス充電しか実行されません。これは、電源アダプタと接続機器の間で認識されている Power Delivery(PD)プロファイルに適合していないからと推測されます。

MagSafe 対応 iPhone

MagSafe の充電に対応可能な iPhone と AirPods は以下の機種になります。

型番 MHXH3AM/A
互換性 iPhoneのモデル
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 mini
iPhone 12
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11
iPhone SE(第2世代)
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus

AirPodsのモデル
AirPods Pro
AirPods with Wireless Charging Case(第2世代)
Wireless Charging Case for AirPods


▲戻る