【2020新型】iPhone mini《SE 後継機スペック》

リーク噂 発売時期いつ[2020 次期 iPhone SE]
ベゼルレス 5.42-inch ディスプレイ、新 OLED パネル、A14 Bionic チップ、デュアルカメラ、Face ID v2.0、5G 対応など新技術搭載が予測。2020年秋に発表濃厚。小型軽量で『iPhone SE 2』と噂の新機種情報を更新。


ナローベゼルにフルスクリーンパネルを採用する、大きめな iPhone 3機種のラインナップは、2019年モデルまでで終了する見通しが出てきました。ついに Apple ユーザーが待ちわびる、iPhone SE 後継機となる小型モデル 『iPhone mini(仮)』の登場です。

iPhone mini 情報



サイズ

iPhone Xs と比較[2020 新型 iPhone mini]
TF International Securities に所属し Apple 製品アナリストとして信頼できる新製品情報を予測している Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、2020年に発売される iPhone についての報告書を公開。そのラインナップには iPhone SE 後継機にふさわしい小型軽量 iPhone の情報がありました。

このコンパクトな 2020 新型 iPhone のディスプレイサイズは〈5.4インチ〉と、2019 iPhone 11 Pro の〈5.8インチ〉より小さいのが特徴。筐体前面はナローベゼルにホームボタンが無いオールディスプレイ仕様。iPhone 11 Pro との画面サイズ差は〈0.4インチ〉と少ないながらも、実際に並べて比べれば明確な差に驚くでしょう。

デザイン

iPhone SE 後継機[2020 新型 iPhone mini]
5.4-inch サイズの筐体は初採用となり新たに開発されます。
前面ディスプレイまわりは iPhone X や iPhone 11 のデザインコンセプトにならいナローベゼル・オールディスプレイ仕様は間違いない。
近年開発された iPhone のディスプレイ上部にあるノッチ(切り欠き)が廃止されるかは未確定。

リアパネルは一体型ガラスパネルで、滑り止めのコーティング処理も継続採用されるでしょう。メインカメラは、おそらくデュアルカメラで、3D ToF センサーはベーシックモデルの iPhone mini には採用しない可能性が高い。

新開発の筐体は側面の形状を、曲面から平面へ変更。側面のフラット化で筐体サイズを縮小。5.4インチ iPhone 12(iPhone mini)は、2020年モデルのなかでもっとも小型軽量モデルとなる。

コンセプト画像

デザイン スペック[2020 iPhone mini(アイフォン ミニ)]

AppleiDesigner が推測する 2020 iPhone mini コンセプトイメージ。

コンセプトデザイン[2020 iPhone mini]コンセプトデザイン[2020 iPhone mini]コンセプトデザイン[2020 iPhone SE 後継機]コンセプトデザイン[2020 iPhone SE 後継機]コンセプトデザイン[2020 iPhone SE 後継機]コンセプトデザイン[2020 iPhone SE 後継機]コンセプトデザイン[2020 iPhone mini]コンセプトデザイン[2020 iPhone mini]



iPhone mini 機能

特長 機能

iPhone SE の後継機と噂されている iPhone mini は、2020年秋モデルの中では廉価・小型・軽量と三拍子そろう期待の新機種。iPhone 9 と違って筐体設計は全面刷新され、外観も機能も大幅進化。

2020年モデルの中で最小最軽量

iPhone mini は 5.4-inch サイズのディスプレイを搭載しながらも、全面画面のフルスクリーンを採用によって小型軽量化。画面サイズは大きいながらも 4.7-inch iPhone 8 と同等の大きさを実現します。

高画質 OLED パネルを採用

5.4-inch ディスプレイには OLED(有機 EL)パネルを搭載。OLED は高画質、省電力、軽量なメリットがありますが部品コスト高め。Apple は価格を抑えるために Samsung Electronics(サムスン電子)か LG Electronics(LG 電子)新規開発した廉価な OLED パネルを採用。販売価格に対して美しい画面表示が魅力となるでしょう。

ノッチの縮小と廃止

近年発売の iPhone の特長的なディスプレイ上部のノッチ(切り欠き)です。ところが、上位モデルの iPhone 12 Pro 系には新開発の薄型カメラ・センサーが採用されるようで、ノッチ領域の小型化か廃止される可能性があります。
しかし、iPhone mini は2020年モデルのベーシックモデルの位置付けとされており、差別化と部品コストを下げるため従来のカメラ・センサーモジュールを採用する可能性が残ります。

超広角カメラ搭載のデュアルカメラ

メインカメラは Apple が iPhone mini を、どのグレードに設定するかによってデュアルカメラ / トリプルカメラが決まります。最新のアナリスト情報ではベーシックモデル設定と予測されており、iPhone 11 同様の超広角・広角カメラを採用するでしょう。

3D ToF センサーは未搭載

2020年秋モデル注目機能のひとつは AR(Augmented Reality = 拡張現実)機能に大きく貢献する 3D ToF(Time of Flight = トフ)センサーです。これは、物体との距離や構造を立体的に測れるため、人数のカウント、人物の動き検出などができ、3D ゲーム、バーチャルキャラクターなどの他、AR を利用した多数のアプリと連動が可能になります。
この立体センシング機能は、ベーシックモデル iPhone mini に搭載される可能性は低いと、複数アナリストが予想されています。廉価な販売価格とグレード分けがあるので仕方ないところ。

個人情報保護は顔認証システム

セキュリティはユーザーの顔情報でロック解除・電子マネー支払いを可能にする顔認証セキュア Face ID(フェイス アイディ)を搭載。なお、顔の血管パターンを登録する次世代 Face ID の採用は未確定。

プロセッサは新開発 A14 チップ

iPhone mini のプロセッサには、Apple が独自開発する A 14 Bionic(バイオニック)チップを搭載。A 13 Bionic から全面刷新をうけたチップセットは小型化され、高速処理はもちろん省電力・低発熱を実現。写真の加工や、動画編集も安定した高速処理ができるでしょう。また、バッテリー駆動の延長が期待できます。

メモリ(RAM)搭載量

効率の良いデータ処理ができる iOS を搭載する iPhone は、メモリ(RAM)が少なくても高いパフォーマンスを発揮します。次期 iPhone ではプロセッサの省電力化が進むため、RAM 容量増加(Pro 系が 6GB)の可能性も期待できます。
ただし、ベーシックモデルとハイエンドモデルの差別化のため 5.4-inch iPhone mini は〈4GB〉の見込み。なお、iPhone 11 シリーズのメモリ容量は〈4GB〉です。

5G 機能を初搭載

2020年モデルには 5G(第5世代移動通信システム)が、iPhone シリーズに初搭載。
これで SNS への写真・動画の高速アップロードや、ネットサービスの高画質映画もスムーズに鑑賞できます。2020年夏モデルの4機種すべてに 5G が導入されるかは未確定ですが、相当数の 5G モデムチップが用意できれば可能性はあります。

コネクタは Lightning 継続

Mac やパソコンとのデータ同期、または有線充電に利用されているのが Lightning(ライトニング)コネクタ。
新規格 USB-C へ変更の噂が絶えませんが、Apple は将来リリースする iPhone の接続・充電のすべてを、無線(ワイヤレス)で実現しようと計画しており、それまで Lightning 端子を継続する可能性が高い。投資情報アナリストも同様の予測をあげています。

電子マネー決済 / Apple Pay

iPhone 7 から FeliCa に対応し、自社アプリでもクレジット決済を積極的に導入している Apple は、より幅広い電子マネー決済に意欲を見せています。
新型 iPhone 12 では、Apple 初の金融サービス『Apple Card(アップル カード)』が日本でも推進されるため対応。Apple Card は物理的なカードは必須ではなく、iPhone の Wallet アプリケーションでも支払いに対応します。




iPhone シリーズ

2020年ラインナップ

iPhone mini と iPhone 8 後継機[2020 新機種 iPhone]

iPhone 12 シリーズとなる2020年モデルのラインナップは5機種。注目の『折りたたみ iPhone』は 2021年秋に発売と予測されています。

2020年モデルはサイズと価格が連動

まずは 2020年3月ごろ 価格が〈約400ドル〉と iPhone SE なみのエントリーモデル iPhone 9 が発売。
2020年秋にリリースされる新型4機種は『iPhone 12』と噂されており 2020年9月ごろ 発売されると、複数のアナリストが予測。ラインナップには iPhone 11 Pro より小型軽量な〈5.4インチ〉が発売されるリーク情報があり『iPhone mini』とも囁かれています。
また、2020年モデルはディスプレイのサイズ順に価格が連動し『小さい=安い』『大きい=高い』になるもよう。