【2022新型】iPhone 14《スペック早見版》

値段 発売時期いつ[2022 新作 iPhone 14]

スモールノッチ、micro LED パネル、A16 SoC、クアッドカメラ、LiDAR スキャナ、mmWave 5G 通信対応などの新技術搭載が予測。2022年秋に発売濃厚な新型 iPhone 14 シリーズの最新情報を更新。新。



ディスプレイ:リーク情報

特許:ハイブリッド OLED

ハイブリッド OLED[2022 新型 iPhone 14]
Apple が特許申請している次世代ディスプレイパネルの情報が上がってきました。このディスプレイは、OLED(有機 EL)と QD-LED(Quantum Dot LED = 量子ドット LED) を組み合わせたハイブリッドディスプレイ技術です。

この新しい技術『tandem hybrid pixel(タンデム ハイブリッド ピクセル』の情報は、USPTO(米国特許商標庁)によって公開されました。

QD-LED は表示構造が非常に小さいうえに、その発光粒子を制御することが可能なディスプレイ。QD-LED 単体の技術であれば、台湾 Samsung Electronics(サムスン電子)も Samsung QLED TV として開発を進めており、現在の実装では量子ドットをカラーフィルターに採用し LED バックライトを配置する方法をもちいている。

すでに QLED 技術を導入し市場で販売されていますが、現在のところテレビでしか見られません。また、それらの製品のパネル構造は、LCD(液晶ディスプレイ)にバックライトとして QD ピクセルで照らしています。これは、カラーフィルターとして QD ドットを使ったり、照らされた QD ピクセルではありません。

ハイブリッド QLED ディスプレイの特徴

ハイブリッド QLED ディスプレイの優れた特長には、応答性がよく表示速度が速いこと。また、低電力で作動するため、一般的な OLED ディスプレイよりも、デバイス機器のバッテリー消費を抑えることができます。

  • OLED より広い色空間、さらに忠実で鮮やかな色彩表示。
  • バッテリー寿命が長い低電圧駆動
  • OLED を超える2000ニトの明るさ
  • 高速な応答時間と、より滑らかでシームレスな表示。
  • OLEDより薄いパネル構造。
  • 合理化した製造工程による、生産コストの削減。

ハイブリッド QLED によるユーザーが受ける恩恵は大きい。とくにディスプレイパネルはスマートデバイスのなかでも最も電量を消費する部品であるため、このような自社製品の独自開発は、iPhone はもちろんバッテリー容量の少ない Apple Watch にも有用なパネルとなります。
さらに、将来 Apple の主力製品となる AR / VR ヘッドセットにも ハイブリッド QLED が組み込まれると予測されています。ヘッドセットは単独でインターネットに接続できるスタンドアロン機器であるため、低電圧作動で効率的なディスプレイが必要になります。これら、将来の Apple 製品にとって非常に重要なディスプレイとなるでしょう。

この新しいディスプレイパネル技術は継続特許であることにも注目すべきでしょう。最初の特許は2017年8月に公開。また、Apple は QLEDディスプレイ技術に関連する他の特許も申請しています。
ただ Apple は、実際に製品化されるか分からない多くの技術を特許申請しています。また、Apple が独自開発した ハイブリッドQLED 技術がいつ市場に出るかも分かっていません。しかし、期待させられる技術です。


▲戻る


micro LED ディスプレイ

micro LED ディスプレイ[2022 新機種 iPhone 14]
iPhone 生産のほか、大手メーカーへ各種パーツを供給している Foxconn(フォックスコン)が、次世代ディスプレイパネル MicroLED の開発を進めている情報が上がっています。情報元は中国経済誌 Economic Daily で 台湾のハイテク関連メディア DigiTimes が報じています。

microLED 概要

MicroLED(マイクロLED)は、カラーフィルターや液晶シャッターを必要としないディスプレイで。パネルに超小型 LED が敷き詰められたシンプルな構造が特徴。MicroLED モジュールの大きさは、従来 LED と比べて約100分の1と極小サイズ。

LED 光の取り出し効率が高いため、画期的な明るさと低消費電力を両立しておりHDR映像と相性がいい。また、LED を消灯するだけで黒の表現が可能であり、高輝度性能とあわせて非常に高いコントラスト比(1000000:1)を実現。さらに、カラーフィルターや液晶シャッターがないため圧倒的な広視野角で映像を確認できる。
そのほか、無機シリコンベースの LED だから劣化が少なく寿命が長く、OLED(有機 EL)で発生しやすい「焼き付き」現象が起きないメリットがある。

micro LED 開発と生産

Foxconn は、次世代 iPhone ディスプレイパネルに自社製 MicroLED を選んだもらうため、多様なアプローチによる MicroLED 技術開発に勤しんでいます。
現在 MicroLED モジュールの開発・製造ライン構築を進めている Foxconn の子会社は Advanced Optoelectronic Technology(AOT)、Epileds Technologies、Marketech International の3社。

MiniLED と MicroLED 両方の開発に力を入れている AOT は、8K パネルのLED BLU(Back Light Unit = バックライトユニット)および、MiniLED 製造のためのフリップチップパッケージングプロセス(チップパッケージ小型化技術)といった高い生産技術を備えています。また AOT は、モニター、ラップトップ PC、車載用ディスプレイのほか、ゲーム機器用の MicroLED 開発もしていると報じています。

LED エピタキシャルウエハ(エピタキシャル炉内で生産する高度で高品質なウエハ製造法)と LED チップを製造する Epileds Technologies は、RGB ミニLEDチップの製造に精通している数少ない LED 製造企業。ここの RGB 技術は MicroLED 製品の開発に不可欠。

LCD 機器のサプライヤーである台北 Marketech International は、ベルギーのナノエレクトロニクス研究機関 Imec と共同で、MicroLED 製造用テストチップの注入装置を開発するための共同作業を完了したと発表。Imec は、テストチップ注入装置をクライアントへ納入しており、Imec と Marketech の両チームは、LED チップ大量輸送の注文を受けたと述べています。


MicroLED は韓国 Samsung Electronics(サムスン電子)が先行開発しており、すでに 2018 International CES で発表。サムスンの MicroLED は、100インチを超える大型ディスプレイパネルはもちろん、iPhone や iPad などの小型デバイスに搭載可能な薄型軽量 MicroLED パネルの開発を進めています。
今回は Foxconn も高性能な MicroLED の開発を急速に進めていることが判明したことで、Apple への大量導入を目指して熱い戦いが繰り広げられそうです。


▲戻る


iPhone 14 シリーズ全機種 ProMotion 搭載

LTPO 120Hz リフレッシュレート[2022 新型 iPhone 14]

    情報のポイント

  • iPhone 14 シリーズのディスプレイサイズは2種類
  • LTPO 表示パネルで省電力化でバッテリー負荷軽減
  • 全機種リフレッシュレート 120Hz 対応ディスプレイ

ディスプレイのサプライチェーンを分析している DSCC(Display Supply Chain Consultants)の CEO である Ross Young(ロス ヤング)氏が、2022 新型 iPhone 14 シリーズに採用される表示パネル仕様を Twitter へ投稿。

同氏の情報によると、新機種 iPhone 14 シリーズすべてのディスプレイに、リフレッシュレート 120Hz 表示を可能にする ProMotion 機能を搭載し、さらなる表示能力・利便性の向上をめざすもよう。

LTPO ディスプレイは、Apple Watch 5 から採用された表示パネルで、Apple では『常時表示 Retina ディスプレイ』と呼称。その低電力駆動能力はバッテリー容量の小さいスマートウォッチでも高い評価を受けている。

LTPO ディスプレイ

LTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide:低温多結晶酸化物)ディスプレイは、太陽光線に照らされる野外でも美しい表示能力を発揮しつつも、低消費電力(既存パネルより消費電力5~15%減)による省電力作動のおかげでバッテリー負荷が少ない特徴がある。
また、リフレッシュレートを下げての常時点灯も可能となっており、画面上に日時・アイコンなどを常に表示することができる。

ProMotion 機能

ProMotion(プロモーション)は、最大で120Hzのリフレッシュレートが得られる機能。
この機能では、なめらかに流れるようなスクロールの操作性と素早い反応の両立と、途切れないスムーズな動画コンテンツの視聴を実現。また、レイテンシ(反応速度)が業界最高水準の20ミリ秒にまで短縮されており、より滑らかな映画鑑賞・ゲームプレイに対応。


▲戻る