【2022新型】iPhone 14《スペック早見版》

値段 発売時期いつ[2022 新作 iPhone 14]

スモールノッチ、micro LED パネル、A16 SoC、クアッドカメラ、LiDAR スキャナ、mmWave 5G 通信対応などの新技術搭載が予測。2022年秋に発売濃厚な新型 iPhone 14 シリーズの最新情報を更新。


カメラ:リーク情報

6,400万画素イメージセンサー

6400万画素イメージセンサー[2022 新型 iPhone 14]
2022年に発売が予測されている新型 iPhone 14 のメインカメラに関するリーク情報があがっています。

Apple 製品のリーク情報を伝えている著名リーカー Fudge 氏によると、2022年モデルとなる新型 iPhone 14 に搭載されるメインカメラが、かなり大きなアップグレードを導入すると Twitter へ投稿。

同氏があげたメインカメラの変更点はいくつもあり、その要点を Twitter は以下のとおり。

iPhone 14 メインカメラ仕様

コードネーム[D6x]が付けられている新型 iPhone 14 のメインカメラ構成。分りやすいように若干情報を補足して和訳しています。

次期 iPhone 14 のメインカメラは、カメラモジュールが4基構成となる Quad Camera(クアッド カメラ)が導入される可能性があります。

メインカメラ仕様:iPhone 14

  • 6,400万画素センサー:広角 1倍 / 光学ズーム無し(6倍 / デジタルズーム)
  • 4,000万画素センサー:望遠 3倍〜5倍 / 光学ズーム(15倍〜20倍 / デジタルズーム)
  • 6,400万画素センサー:アナモフィックレンズ(2.1:1)
  • 4,000万画素センサー:超広角 0.25倍 / 光学逆ズーム
  • LiDAR 4.0

アナモフィックレンズ

アナモフィックレンズ[2022 新型 iPhone 14]
リーク情報のメインカメラ仕様の要点は5つ。このカメラ機能で一番目立っている仕様が『アナモフィックレンズ』でしょう。

  • 64mp anamorphic lens (2.1:1)

アナモフィックレンズは、シネマスコープ映像を記録するときに使用する特殊レンズ。映画用の動画記録で多く採用されており、横長(2.39:1)のシネマスコープ映像を、通常アスペクト比(4:3)のイメージセンサーで得るため横方向を圧縮して記録。のちに横圧縮をもどして視聴用動画とします。


近年発売されている iPhone ディスプレイのアスペクト比は、シネマサイズのようなアスペクト比を採用しており、優れた動画性能を追求するスマートフォンにシネマスコープ映像記録を採用する動きには納得です。

なお、新型 iPhone 14 に搭載が予測されるアナモフィックレンズのアスペクト比は(2.1:1)と、一般的にシネマスコープのアスペクト比より少し横幅が狭くなります。

広角レンズ:6,400万画素センサー

Fudge 氏のリーク情報に登場してくるのが6,400万画素のイメージセンサー。

  • Wide 1x optical zoom (6x digital zoom) 64mp

iPhone 12 のイメージセンサー解像度が1200万画素の予測であるため、次世代 iPhone では圧倒的な解像度のイメージセンサーを採用する情報になります。

6,400万画素の超高解像度イメージセンサーは、一眼レフやミラーレス一眼カメラといった高画質撮影専用機の仕様ですが、最近では SONY 製の6400万画素 CMOS イメージセンサーが Android スマートフォンに供給され、製品としてリリースされています。
近年は競合メーカーのカメラ性能向上も著しく、Apple も独自の機能を搭載して優位性を保とうとしており、そのアドバンテージのひとつに超高解像度イメージセンサーを採用する可能性はあります。

6,400万画素センサーのカメラモジュールは広角レンズを採用。広角カメラは単焦点レンズで光学ズーム機能は搭載しないが、6倍のデジタルーズム機能を採用する。

望遠ズーム

新型 iPhone 14 の望遠カメラは、iPhone 12 Pro 系が採用する単焦点の望遠レンズではなく、光学式の望遠ズームレンズを採用すると予測。

  • Telephoto 3x-5x optical zoom (15-20x digital zoom) 40mp

リーク情報ではズーム域は光学で3倍〜5倍、デジタルズームで15倍〜20倍としている。

iPhone 11 Pro の光学ズームは3基の単焦点レンズを巧みにつなげてズームとしていますが、望遠側の焦点距離は35mmフィルム換算で〈52mm〉と、どちらかといえば標準レンズに近い画角。

2022 新型 iPhone 14 では、標準レンズの画角に最低でも3倍の光学ズーム機能が備わるようで、少なくとも焦点距離〈150mm〉といった中望遠レンズの機能をはたす。広角レンズをふくめれば、一般的な撮影領域のほとんどをカバーできます。

なお、望遠ズーム用のイメージセンサーは4000万画素。基本的に望遠系は解像度を必要としない撮影シーンが多く、4000万画素はオーバースペック気味。

超広角 0.25倍 / 光学逆ズーム

iPhone 14 では超広角カメラに特殊な機能を搭載する予測があがっている。

  • 0.25x min ultra wide (optical reverse zoom) 40mp

Fudge 氏の記述には「0.25倍の最小焦点ズームを採用する超広角(光学式逆ズーム)」とある。これは、超広角レンズユニットに広角側へ画角が4倍に広がる逆ズーム機構が組み込まれた特殊カメラのようです。
なお、超広角逆ズームカメラのイメージセンサーは、4000万画素と非常に高い解像度。

LiDAR スキャナ

LiDAR スキャナは、対象物を立体的に高速でスキャニングできる 3D ToF 技術を採用したもの。Apple 製品では 2020 iPad Pro に初搭載されました。
この LiDAR スキャナ は、iPhone 12 シリーズの Pro 系に採用済みの機能。

  • Li-Dar 4.0

記述されている『Li-Dar 4.0』は、おそらく LiDAR スキャナの第4世代を示しているのでしょう。
LiDAR 4.0 は ASIC(application specific integrated circuit = 特定用途向け集積回路)を用いた超小型スキャナモージュールで、スマートフォンのように筐体が小さく搭載スペースが限られる製品向けに開発された部品です。

iPhone の設計では常に構成パーツの小型軽量化が進められており、LiDAR スキャナもその形式に追従する必要があります。


このリーク情報どおりのメインカメラが採用になれば、かなり高機能・高性能な写真・動画カメラに進化します。
iPhone 14 シリーズの発売まで1年以上の月日がありますが、競合メーカーのカメラ機能の進化を見るならば、極端に進化させたアップデートでもないようです。


▲戻る

クアッドカメラ採用について

クアッドカメラ[2022 新型 iPhone 14]
2022年に発売される新型 iPhone 14 シリーズのハイエンドモデルに、クアッドカメラが採用になるとする情報が、少ないながらも取り上げられています。

iPhone 14 のクラッドカメラ搭載についてウェブサイトに情報をアップしたのは、英国の情報メディア T3 の記者 Robert Jones(ロバート ジョーンズ)氏。

同氏は、Apple 製品のリーク情報を伝えている Fudge 氏 の情報を確認しつつも、「クアットカメラについての情報が正確だとしても、それは数ある開発項目の中のひとつだろう」との見解。ただ、iPhone 14 のメインカメラが4基搭載されるクアッドカメラが採用されれば、同様の機能を採用してようとしている Samsung Galaxy S30 との機能・性能をめぐる比較ができそうで楽しみにしていると述べています。

iPhone 14 Pro 系のクアッドカメラ

Fudge 氏 の情報を整理した Apple iPhone 14 Pro 系クアッドカメラのカメラ構成。

    メインカメラ仕様:iPhone 14

  • 6,400万画素センサー:広角 1倍 / 光学ズーム無し(6倍 / デジタルズーム)
  • 4,000万画素センサー:望遠 3倍〜5倍 / 光学ズーム(15倍〜20倍 / デジタルズーム)
  • 6,400万画素センサー:アナモフィックレンズ(2.1:1)
  • 4,000万画素センサー:超広角 0.25倍 / 光学逆ズーム
  • LiDAR 4.0

Galaxy S30 のクアッドカメラ

Robert Jones 氏が iPhone 14 Pro 系の競合モデルとして期待しているのが、Samsung のハイエンドスマートフォン Galaxy S30 シリーズです。

    メインカメラ仕様:Galaxy S30

  • 1200万画素センサー:超広角カメラ
  • 1億5000万画素センサー:広角カメラ
  • 4800万画素センサー:望遠カメラ
  • 深度測位(3D ToF)カメラ

2020年秋に発売された iPhone 12 Pro 系はトリプルカメラを継続するため、2021年初頭に発売される Galaxy S30 シリーズは、画素数などのスペックが先行するかたちになります。Galaxy S30 メインカメラ最大の注目は、1億5000万画素センサーという超解像度を極めたイメージセンサーの採用でしょう。なお、クアッドカメラの詳細についてはハッキリしてない部分が多い。


ちなみに、1億5000万画素のイメージセンサーで撮影された最大解像度の画像を、普及パソコンで画像編集するとデータ量の多さから、編集アプリがフリーズする可能性があります。


▲戻る

超望遠ペリスコープレンズの搭載

ペリスコープ超望遠レンズ[2022 新機種 iPhone 14]

    情報のポイント

  • 超望遠レンズ iPhone 14 に初搭載の可能性
  • ペリスコープレンズを共同開発
  • 倍率は50〜100倍で超望遠撮影に対応
  • すでに Huawei と Samsung は搭載販売中

次期 iPhone の新しいカメラ機能として、高倍率な望遠撮影を可能にする『ベリスコープレンズ』を搭載する可能性を予想させる情報があがっています。

『ペリスコープ』とは

ペリスコープ超望遠レンズ[2022 新機種 iPhone 14]
潜水艦の潜望鏡からイメージされたもので、レンズユニット全体が筐体におさまったフラットな状態を表しています。
スマートフォンのペリスコープ構造は、レンズユニットの前にプリズムを設置して光の向きを90度屈折させ、何枚ものレンズを通してセンサーに映像を届けます。ペリスコープのレンズユニットに高倍率レンズ群を採用すれば、スリムなスマートフォンでも撮影倍率は50〜100倍の超望遠カメラの搭載が実現します。

ペリスコープカメラの倍率

香港 TFI 証券のアナリストとして Apple 新製品情報を予測している Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、投資家向けに発表しているレポートに、新型 iPhone 14 シリーズのカメラ新機能としてペリスコープカメラが掲載されています。

この聞きなれない『ペリスコープカメラ』が iPhone に採用されれば、スマートフォン初搭載のイメージがありますが、すでに Huawei P30 Pro、Samsung Galaxy S20 Ultra に搭載済みの機能です。

スマホにペリスコープカメラを初搭載したのは Huawei(ファーウェイ)P30 Pro で、リアパネルには4基のメインカメラが並んでいます。その中、1基の四角レンズがペリスコープカメラです。
Huawei P30 Pro のペリスコープは、光学ズームとデジタルズームを合わせて最大倍率50倍の超望遠を実現。

ペリスコープ超望遠レンズ[2022 新機種 iPhone 14]

Huawei P30 Pro:ペリスコープ倍率

光学
5倍
ハイブリッド
10倍
デジタル
50倍

また、上位後継機となる Huawei P40 Pro+ では、光学ズーム:10倍、デジタルズーム:100倍の超望遠カメラ機能を搭載しています。

ペリスコープカメラの共同開発

台湾のハイテク関連メディア DigiTimes は、次期 iPhone へ搭載が予測されるペリスコープ望遠レンズの開発を、どこかの開発部門と共同で行う可能性を報じています。

DigiTimes は共同開発の企業名を記載していませんが、韓国 Samsung Electronics(サムスン電子)が自社製スマートフォン Galaxy S20 Ultra にペリスコープ望遠レンズを実装していることと、現在の世界情勢からみて Samsung を共同開発のパートナーに選ぶのではないかと予測しています。

超望遠カメラ iPhone の発売時期

Ming-Chi Kuo 氏の予測では韓国のサプライヤー Semco が、2022年発売の iPhone にペリスコープ望遠レンズの部品の多くを供給する可能性が高いと予測。

また、インドのモバイル機器情報メディア Phone Mantra は、ペリスコープ望遠レンズが新型 iPhone 14 に搭載される可能性があると報じています。


▲戻る


Apple:正規取扱品