【2021新型】Apple Watch 7《スペック早見版》

新機能 性能 スペック[新型 Apple Watch 7]
拡大される画面、ナローベゼル、常時表示 LTPO Retina パネル、S6 SiP、ROM 32 GB。 新設計筐体のほか新技術・機能の搭載する Apple Watch 第7世代の仕様情報。注文は10月8日午後9時から、10月15日発売。


Apple Watch 機能

新機種おもな特長

新型 Apple Watch Series 7 は、従来モデル(Apple Watch Series 6)とくらべ筐体設計・画面パネルの拡大が主な変更点。ハードウェアの機能としては変更点は少なくマイナーチェンジモデルの仕様。

  • 筐体設計を全面刷新と内蔵部品のアップデート
  • 新設計のケース径は2種類で41 / 45ミリと大きく
  • 反射を抑え、薄型化に有利なフルラミネーションディスプレイ
  • AW6より20%大型化したディスプレイサイズ
  • 拡大した画面とさらに狭くなるナローベゼル
  • 45ミリモデルのディスプレイピクセル数は16%向上
  • 新設計ケースにも従来バンド40ミリ・44ミリが適合する
  • ストレージ容量は32GBとAW6と同じ
  • 一日中使える18時間のバッテリー駆動時間
  • 高速充電機能とUSB-Cケーブルで約45分で80%まで充電可能
  • Apple Watch 6 と比較で33%高速に充電
  • 新バージョンを含む複数の新しい文字盤を提供開始
  • 5色の新しいアルミニウムケース
Apple:正規取扱品
Amazon

アプリ機能の比較

注目のヘルスケア機能のほか、転倒検知に関連する自動緊急SOS機能などはモデルごとに対応の差があります。以下が主な機能のシリーズモデル別対応です。

Apple Watch Series:ヘルスケア、サポート機能
7 6 SE 3
心電図アプリ × ×
血中酸素濃度アプリ × ×
心拍異常の通知
50m防水
睡眠追跡
転倒検知 ×
緊急SOS
    『心電図アプリ』の特長

  • 指で触れて約30秒後には心臓図の解析結果を表示
  • 常に心臓状態をチェックして異常察知したら警告
    『転倒検出機能』の特長

  • ユーザーがつまづいて転倒した状況を Apple Watch が検出
  • オートバイ・自転車などの車両で転倒した場合も検出
  • 緊急連絡キャンセルボタンが押せなければ緊急通報先へ電話

スペック比較

2021年秋以降に発売される Apple Watch シリーズのスペック比較。Apple Watch Series 6 はラインナップ落ちとなり市場在庫限りの販売となります。

2021 Apple Watch 比較
Apple Watch 7 Apple Watch SE Apple Watch 3
ケースサイズ 41mm / 45mm 40mm / 44mm 38mm / 42mm
ディスプレイ 感圧タッチ対応LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ OLED Retinaディスプレイ
解像度 45mm / 396 × 484px
41mm / 352 x 430px
44mm / 368 x 448px
40mm / 324 x 394px
312 x 390px
チップ S7/S6 SiP、W3、U1 S5 SiP、W3 S3 SiP、W2
心拍センサー 血中酸素濃度センサー、第2世代の光学式心拍センサー 第2世代の光学式心拍センサー 光学式心拍センサー
デジタルクラウン 触覚的な反応を返すDigital Crown Digital Crown
記憶容量 32GB 8GB
防水機能 50メートルの耐水性能
Bluetooth 5.0 4.2
バッテリー駆動時間 最大18時間
価格(税込) 48,800円~ 32,800円~ 22,800円〜