【2018新型】iPhone XR – 機能まとめ

特長 機能 値段[2018 iPhone XR]

ベゼルレス・オールディスプレイ、Liquid Retina HD パネル、Face ID、A12 Bionic チップ、耐水防塵性能、デュアル SIM 機能追加で、2018年9月13日開催の Apple イベントで 2018 iPhone シリーズとして『iPhone XR』を発表。このページでは、スペック・使用感などの情報を掲載しています。


iPhone XR は、新しい iPhone シリーズのミドルレンジモデル。
価格を抑えながらもベゼルレスの大型液晶ディスプレイを搭載。そのほか、高い処理能力をもつチップセットに、高速な画像エンジンを採用することで、ハイエンドモデル iPhone Xs シリーズに劣らないパフォーマンスを発揮。
また、多くのユーザーの選択肢を広げる色鮮やかなカラーバリエーションを用意し、さらに限定色でもあるレッドカラーを選択することができます。これら鮮やかなボディカラー筐体は、高い防塵防滴能力をもち、悪天候の条件下やアウトドアフィールドの使用にも対応します。

iPhone XR 情報まとめ 2



iPhone XR 情報まとめ 1

おもな特長

iPhone XR カラーバリエーション[スペック・価格・発売日]

Apple 秋の新作の iPhone シリーズは、各モデルの価格差と若干の仕様差がありますが、いがいと搭載機能の共通部分は多い特長があります。

  • 画面の隅々まで美しい 6.1インチ Liquid Retina LCDディスプレイ
  • ディスプレイ上の画像がまるで印刷物のように自然に見える『True Tone』
  • 最大水深1メートルで30分間まで耐えられる耐水防塵性能
  • 顔認証でロック解除・ログインを可能にする『Face ID』
  • iPhone をかざすだけで支払いが可能な『Apple Pay』
  • 次世代 Neural Engine 搭載 A12 Bionic チップで高い処理能力
  • ISP、Neural Engine、高度なアルゴリズムを統合した革新的なカメラシステム
  • 写真の明部・暗部に精細なディテールを再現する『スマート HDR』
  • 被写体にピントを合わせたまま背景をぼかせる『TrueDepth カメラ』とボケ深度コントロール
  • 動きのある写真をシャープに切り撮るスマート HDR、ゼロシャッターラグ
  • 4K ビデオでの最大〈30 fps〉の拡張ダイナミックレンジ
  • f/1.8 広角レンズの12MP バックカメラと、f/2.2 広角レンズ 7MP TrueDepth フロントカメラ

カラーバリエーション
iPhone XR 色・ホワイト[2018 新型 iPhone 発売]iPhone XR 色・ブラック[2018 新型 iPhone 発売]iPhone XR 色・ブルー[2018 新型 iPhone 発売]iPhone XR 色・イエロー[2018 新型 iPhone 発売]iPhone XR 色・コーラル[2018 新型 iPhone 発売]iPhone XR 色・レッド[2018 新型 iPhone 発売]

外観デザイン

新型 iphone Xs / XR[価格 スペック 発売日]
2018年秋に発売された iPhone シリーズは『iPhone XR』『iPhone Xs』『iPhone Xs Max』の3モデル。
新しい iPhone の特徴的な部分は、従来モデル iPhone X と同じく、ディスプレイパネルを支えるベゼル(枠)を極限まで薄くした『ベゼルレス・オールディスプレイ』です。この仕様は、価格をおさえた iPhone XR にも採用され、ハイエンドモデルの iPhone Xs と外観に差別化がないため iPhone XR は人気モデルとなりそうです。

新型 iPhone XR に搭載される新開発ディスプレイパネルは[6.1インチ Liquid Retina]という高品質 LCD(液晶)ディスプレイ。

2018 iPhone 特長のひとつは、iPhone Xs Max、iPhone XR といった新モデルに大型ディスプレイパネルを採用したこと。ただ単純にディスプレイパネルを大型化すると、パネルを搭載する筐体が大きくなり持ちにくくなります。ところが、新しい iPhone ではベゼルを限りなく薄くして表示領域を広げており、大きいディスプレイサイズにかかわらず旧世代モデルより小振りな筐体です。
iPhone 8 比較[2018 iPhone XR]iPhone 8 Plus 比較[2018 iPhone XR]
画像左側の iPhone XR (6.1)と右側の iPhone 8 Plus (5.5)を比べると、筐体サイズは iPhone XR が小さいですが、ディスプレイ表示部分は大きいことが分かります。
筐体サイズが小さいのにディスプレイが大型化してくると、インターネット閲覧のしやすさはもちろん、映画鑑賞からゲーム、写真撮影や動画撮影もしやすくなる上に、バッグや服のポケットにも入りやすくなりメリットは大きいです。


iPhone XR の外観は、曲面を多用した従来モデル iPhone X と同じコンセプトで開発されており、全体的な造形を継承しながら大型化しています。
また、手に触れる部分の仕上げ・質感なども従来モデルと変更はなく、筐体サイドの鏡面仕上げ、背面ガラスコーティングと端の曲面取りがおこなわれており、手になじむ設計は引きつがれています。また、筐体サイドに装備される各種ボタンの数・配置も同じです。



ディスプレイ

Liquid Retina ディスプレイ[2018 iPhone XR]
2018 iPhone シリーズで一番ロープライスな iPhone XR のディスプレイパネルは、6.1インチサイズの Liquid Retina(リキッド レティナ)を採用。

Liquid Retina ディスプレイは、たんに液晶パネルの性能が高いだけでなく、精巧に製造されたガラスパネルに、高度なピクセルマスキング、サブピクセルアンチエイリアス、それに新設計バックライトが合わさって優れた性能を引き出しています。さらに、広色域ディスプレイ(P3)、True Tone(トゥルー・トーン)テクノロジを採用し、ディスプレイ業界が注目する表示能力を備えます。

Liquid Retina ディスプレイは Apple が作ったディスプレイパネルの中で最も明るく、最も正確な色を映し出す高解像度ディスプレイです。
ディスプレイ機能スペック[2018 iPhone XR]

広色域ディスプレイ(P3)
広色域 Display P3 は、色空間『sRGB』を超えるワイドカラー色域で表示できるディスプレイを意味する。
Display P3 は、多くの Web やアプリケーションで運用されている sRGB より25%広い色域での表示を可能にしています。また Display P3 がカバーする色域は、映像業界で使われる『DCI-P3』や、映像・印刷業界で使われる『Adobe RGB』に近い色空間に対応。
True Tone
True Tone(トゥルー・トーン)は、6チャンネルの光センサーにより光を感知・分析して、周囲の光の色温度に合わせ、画面上のホワイトバランスを微調整します。これにより、ディスプレイ上の画像がまるで印刷物のように自然に人間が感じる色へ近づけます。

A12 Bionic

A12 Bionic チップ[2018 iPhone XR]
iPhone XR の心臓部には、多くのスマートフォンの中でも最も賢くパワフルな[A12 Bionic]チップを搭載。あらゆる動作を管理・最適化しています。また Apple の次世代デバイス Neural Engine(ニューラル エンジン) を搭載した A12 Bionic は、圧倒的なパフォーマンスを発揮。リアルタイムの機械学習を使って、写真、ゲーム、拡張現実などを体験する方法を進化させます。

A12 Bionic は Apple 独自開発 SoC(System-on-a-chip)。この チップ は〈7 nm〉プロセスで製造されており、スマートフォン用 SoC として初めての製造プロセスを導入した画期的チップ。内蔵されるトランジスタ数は『69億個』という凄まじさ。ちなみに従来チップ[A11 Bionic]は〈10 nm〉プロセスで、内蔵トランジスタは43億個でした。

A12 Bionic CPU
A12 Bionic の CPU は二つの特性(性能コア・効率コア)を持つコアがあり、仕事量・性質によって各コアへの処理の割り振りがされ、演算処理速度・消費電力の最適化がおこなわれ、とくに効率コアでは最大50%少ない消費電力で作動を可能にしている。また、従来チップより最大で15%ほどの処理スピードが向上。

A12 Bionic GPU
GPU は従来チップ A11 Bionic の3コアから4コアへ増強。新設計コア構成とコア数変更によってグラフィック性能が最大で50%もアップ。高解像度の写真・ムービーの画像処理はもちろん、複雑なゲームの表示などにも貢献。また撮影したビデオデータの編集にも性能を発揮します。

Neural Engine
A12 Bionic 注目のテクノロジが Neural Engine(ニューラル エンジン)です。従来チップ A11 Bionic では1基のみの搭載でしたが、新型には大幅に増やされ8基を搭載。iPhone X からは最大9倍高速になっている。

Neural Engine は、高度な機械学習のためにApple が独自開発しています。この機能によって iPhone XR は人と同じようにリアルタイムでパターン認識したり、なにかを予測したり、いろんな状況で体験したデータから学んで進化します。
また Neural Engine は毎秒5兆の演算処理を実行可能にしておりリアルタイムで様々な機能をこなします。たとえば、ユーザーを臨場感あふれる AR ゲームを体験させたり、背面カメラ得られた風景情報に目的地までのナビゲーション表示をさせることも可能。また、驚くほど賢い学習機能によって iPhone に保存している写真から探したい画像をすばやく見つけることができます。それは人だけでなく、赤ちゃんでも、犬の写真でも、山やビーチの写真でもです。

ISP
ISP(イメージシグナルプロセッサ)は、写真や動画の信号処理を行う画像専用プロセッサ。従来の A11 でも ISP が採用されていましたが、A12 ではより処理能力を拡大しました。新しい ISP では、Neural Engine と連動して被写体深度の認識処理を行ったり、より高度なノイズ処理を可能としています。

これによってポートレートモードでの撮影では、ピントが合った被写体は驚異的なディテールをとらえながらも、背景は美しいボケ量を自在にコントロールすることができます。また、このプロセッサは、ダイナミックレンジを拡張する『スマートHDR』の画像処理も実行していて、肉眼で見るように広い明暗差を違和感なく補正します。

Face ID

顔認証セキュア Face ID[2018 iPhone XR]
iPhone XR のディスプレイを見つめるだけで、ロック解除、ログイン、電子マネー・クレジット決済などを可能にしたのが Face ID です。TrueDepth(トゥルーデプス)カメラシステム、Secure Enclave(セキュアエンクレーブ)、Neural Engine(ニューラルエンジン)といった Apple の最も高度なテクノロジーのいくつかを活用。これまでスマートフォンに搭載されたものの中で最も安全な顔認証です。
また、機械学習によって外見の変化を認識。帽子をかぶっても、メガネやサングラスをかけても問題ありません。
顔認証セキュア Face ID[2018 iPhone XR]
顔認証が作動しない例
顔認証セキュア Face ID は初期設定時に顔の形状や瞳の位置などを登録するため、顔を覆うマスクをしたり、就寝時ディスプレイの眩しさで薄目がちで Face ID を作動させても認証できない場合があります。また、iPhone を横向きにしたり逆さまに持っていると顔認識システムが正常に作動できません。

ロック解除にかかるスピード
Face ID は従来機 iPhone X から採用された機能。顔認証によるロック解除は、iPhone 前面に正しく顔を向けておけば1秒ほどで認証完了してスリープ状態から立ち上がります。
また、Face ID は Apple Pay(アップル ペイ)などの電子マネー支払い時の顔認証にも利用されますが、認証から支払い可能状態になるまで iPhone X では2.5秒ほどかかっていましたが、新型 iPhone XR では約2秒で支払い可能になりました。このように筐体サイズや外観が同じな新旧モデルでも認証性能は向上しています。
将来は電子マネー支払いスタンバイも約1秒でできるようになれば、顔認証セキュアもさらに快適になるでしょう。

指・顔の認証スピード
2018 iPhone の Face ID は、従来モデルより改良されているため、あらゆる面で認証スピードの短縮が認められます。

iPhone X 以前の近年モデル(iPhone 8 など)には指紋認証セキュア『Touch ID』が搭載されています。iPhone X の顔認証と、iPhone 8 の指紋認証の認証スピードでは、ことごとく Touch ID の認証スピードが勝っていました。ところが、進歩した Face ID を搭載する 2018 iPhone XR では、iPhone 8 の Touch ID と同等の認証スピードとなり、ストレスを感じないロック解除・電子マネー決済ができるようになりました。



接続コネクタ

接続 Lightning コネクタ[2018 新型 iPhone XR]
2018 iPhone でひそかに期待されたいたのが USB-C コネクタへの規格変更でしたが、期待したユーザーには残念ながら新型には従来規格の Lightning(ライトニング)接続ポートが採用されました。

ハードウェア・ソフトウェアを併せてみても USB-C 規格へ変更したほうがユーザーのメリットは大きいのですが、Apple としては変換アダプタ(ドングル)の販売益も重要な収入源であるため、2018 iPhone の USB-C コネクタの導入は見送られたようです。しかし、2018 iPad Pro には USB-C が採用しており、おそらく 2019 iPhone には採用されると予測されている。

また、2018 iPad Pro から新たに採用された給電機能を利用する場合は、Lightning – USB-C ケーブルが必要になります。

カメラ

カメラ機能 スペック[2018 iPhone XR]
iPhone のカメラは、搭載されるイメージセンサーがとても小さいので、画質的なものを期待していないで撮影。しかし、あとでパソコンなどで撮影画像を確認すると、そのクオリティには驚かされます。

iPhone XR のカメラは『シングルレンズカメラ』を採用しており、背面左上のカメラレンズが1つ装備されています。ちなみに、上位モデルとなる iPhone Xs にはカメラレンズが2つ装備されています。

おもなカメラ機能
  • 12MP(1200万画素)カメラ
  • 広角レンズ:ƒ/1.8絞り値
  • 光学式手ぶれ補正
  • 最大5倍のデジタルズーム
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
  • 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
  • 3つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明)
  • 写真のスマートHDR
高性能なAFシステム
  • 【顔検出】ポートレートモードでは、カメラセンサーから集めたデータをNeural Engineが機械学習を使って分析し、フレームの中にある顔をすばやく識別します。
  • 【フェイシャルランドマーク】顔が検出されるとすぐに、フェイシャルランドマークによって、iPhoneがクリエイティブなポートレートライティングのエフェクトを被写体に適用します。
  • 【深度マッピング】ISPの先進的な深度エンジンは、Neural Engineから集めたセグメンテーションデータを使って、被写体を背景から正確に区別します。

カメラ機能 スペック[2018 iPhone XR]カメラ機能 スペック[2018 iPhone XR]

センサーとレンズ

iPhone XR の背面には1つのカメラユニットを搭載。レンズは広い画角をもっており景色・記念撮影に便利。望遠撮影のズームは最大5倍のデジタルズームで対応。解像度は1200万画素と必要十分な性能。
Apple は iPhone や iPad などに搭載するカメラのイメージセンサーのサイズを未発表としてますが、撮影された焦点距離情報から換算すると多くのコンパクトカメラと同等サイズのイメージセンサーを選んでいます。
イメージセンサーの大きさに対して解像度が〈1200万画素〉と、むやみに画素数を欲張っていないところは、室内や夜間撮影による高感度ノイズの影響を受けにくくしており、より撮影を楽しめるポイントになっています。

背景のボケぐあいや、室内・夜間撮影でシャッタースピードがかせげる『F値』は、広角レンズ〈ƒ/1.8〉、これらレンズ ƒ 値はプロユースの単焦点レンズなみの明るさ。

あと Apple が公表していない搭載レンズの焦点距離は以下のとおり。

iPhone XR レンズ仕様

焦点距離
4.25mm(35mmフィルム換算:26mm)
F値
ƒ / 1.8

広角レンズの焦点距離は35mmフィルム換算で〈26 mm〉と、多くのスナップカメラが採用する〈28 mm〉と比べると広めに写る画角。広大な景色や町並みを撮影することが多いユーザーには重宝されるでしょう。

ポートレートモード

2018 iPhone XR では被写体を浮かび上がらせる効果がある『ボケ』の量を自在に変化できる『ポートレートモード』を搭載しています。この、ボケた部分を変化させる機能は、すでに他社スマートフォンでも採用していましたが、その機能は撮影前にディスプレイを見ながら変化量を確認して撮影するものです。ところが iPhone のばあいは、撮影したあとでボケ量のコントロールができるためシャッターチャンスに強い便利な機能です。

この、ボケを変化させる機能は『被写界深度コントロール』と呼ばれており、ピントを合わせた被写体以外の被写界深度(ピントが合う領域)を数値(絞り量 = f値)で表示。ディスプレイ上で『f値』を変えながら前後のボケ量を自在に変更させることができます。

ポートレードモード ボケ具合[2018 iPhone XR]ポートレードモード ボケ具合[2018 iPhone XR]

実際にポートレートモードで撮影してみると、撮影後のプレビュー画像の下『 f 値』とスライダーが表示されます。f 値の初期設定は〈f / 4.5〉。
この f 値は〈f / 1.4〉から〈f / 16〉までの範囲で変更が可能で、〈f / 1.4〉に合わせた状態だと、大型イメージセンサー搭載したプロ仕様カメラで撮影したように背景が大きくボケて被写体が浮かび上がります。また〈f / 16〉では、被写体から背景までピントが合焦した記念撮影に最適な仕上がり。これらの変更が撮影後におこなえるところが iPhone XR の凄いところです。

スマート HDR

2018 iPhone シリーズの、もうひとつの新機能が『スマートHDR』です。この機能は、写真のダイナミックレンジ(明暗差の領域)を補正拡張するもので、写真表現の幅を広げてくれます。

肉眼に比べダイナミックレンジのせまいデジタルカメラは、逆光など明暗差の激しいシーンで撮影すると、明るい部分が白飛びしたり、暗い部分は黒潰れを起こします。その対策として、最近 iPhone のカメラシステムには HDR(High Dynamic Range = ハイダイナミックレンジ)という次世代技術を搭載。明るい部分と暗い部分どちらの階調も犠牲にすることなく、より自然でリアルな描写を可能になります。

iPhone XR のスマート HDR では、高速なセンサー、強化された ISP、高度なアルゴリズム、それに複数のテクノロジを活用。明部だけでなく、画像処理エンジンに厳しい条件となる暗部撮影でも驚くほどの階調とディティールで撮影ができます。

iPhone XR
背面カメラ 1200万画素イメージセンサー、ƒ / 1.8:広角レンズ
光学式手ぶれ補正機能
動画撮影 4K 動画記録 (24 / 30 / 60 fps)
Full HD 1080p(30 / 60 fps)
Full HD 1080p(120 / 240 fps)スローモーション映像記録対応
前面カメラ 700万画素イメージセンサー、ƒ / 2.2:広角レンズ
TrueDepthカメラ(Face ID)


イヤホン接続

AirPods ワイヤレス[iPhone イヤホン接続]
iPhone シリーズのイヤホンジャックは iPhone 7 以降廃止になりました。そのため、音楽・ゲーム音声をイヤホンで聴きたい場合、有線(ワイヤード)であれば Lightning(ライトニング)コネクタに対応する Lightning 専用イヤホン。無線(ワイヤレス)なら Bluetooth(ブルートゥース)対応のイヤホンが必要になります。

有線イヤホン

イヤホンジャックが無い iPhone で音楽を楽しむばあい、Lightning 接続対応の DAC(Digital Analog Converter = デジタル アナログ コンバーター)アンプを中継して接続するか、Lightning コネクタ対応のイヤホンを接続して聴きます。

DAC アンプは、ハンディなモデルもありますが、持ち運びや取り回しに気をつかうため、気軽に使用したい一般ユーザー向けではありません。

有線イヤホン

有線ライトニング イヤホン[iPhone イヤホン接続]
手軽に音楽を楽しみたいユーザーなら、Lightning コネクタ対応イヤホンがオススメ。なんと言っても、充電やペアリングなどの手順が必要なく、通常のイヤホンと同じように利用できます。また有線式なので、動画再生やゲームプレイ時の音声が途切れたり遅れたりしません。
ただ、Lightning 規格は Apple 製品のみが採用している独自規格なので、商品の種類は多くありません。また、普通のイヤホンより少し高価になる傾向があります。

無線イヤホン

Bluetooth ワイヤレス[iPhone イヤホン接続]
Bluetooth 技術を利用したワイヤレスイヤホンは、接続用ケーブルがないため運動しながら音楽を聴いたりするのには最適。また iPhone を身近に持ってなくても音楽・音声が聴けるためストレスフリーです。
初期に発売されていた Bluetooth イヤホンは高音質とは言えませんでしたが、最近の製品には転送先で音楽データをアップコンバートする機能を搭載したものもあり、音質は飛躍的に向上しています。また、マイク機能を採用しているモデルであればハンズフリーで通話も可能。
ただし、ワイヤレス接続となる Bluetooth 方式では音声遅延が発生するため、映画の視聴やゲームプレイには向いていません。

【2019新型】AirPods 2《発売日 スペック》

デュアル SIM

デュアルSIM (DSDS) 対応[iphone Xs / XR 価格 機能]
2018年モデルの iPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XR には、新機能として iPhone シリーズでは初の『デュアル SIM』が搭載されました。

iPhone デュアル SIM は、スロットから挿入する物理的な『SIM カード』と、iPhone 内部構造に固定されたデジタル SIM『eSIM』で構成されています。これら2種類の SIM によって、2つのモバイル通信プランの使い分けが可能になります。
また iPhone デュアル SIM では DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)テクノロジを採用しており、両方の SIM カードを利用して電話の受発信を可能にしています。

デュアル SIM の活用法の一例

  • 1 つの電話番号を仕事用に、別の電話番号を個人用の通話に使う。
  • 海外に旅行した際に現地のデータプランを追加する。
  • 音声通話プランとデータプランを別々にする。

ただし、現時点で日本の通信キャリアは e-SIM に対応していないため、その機能を利用することができません。また eSIM を内蔵せず、2枚の nano-SIM を挿入できる『デュアル SIM スロット』仕様も用意されますが、これは一部地域向けに(中国、香港、マカオ)販売されます。

現時点で eSIM を海外キャリアで利用するためには〈2018年9月17日〉よりリリースされる『iOS12』と、専用 QR コード App、または eSIM に対応するキャリア(通信事業者)が提供する専用アプリが必要。さらに異なる2つの通信事業者を利用するには、iPhone の SIM ロック解除が必要です。

今後の eSIM への対応
eSIM はソフトウェアアップデートにより年内に利用できるようになります。eSIM を利用するには通信サービスプランへの加入が必要です(これには通信事業者の変更とローミングに対する制限が含まれる場合があり、契約期間終了後も制限が適用されます)。通信事業者によっては eSIM に対応しない場合があります。iPhone での eSIM の使用は、通信事業者からの購入時に無効になっている場合があります。詳しくは通信事業者に問い合わせください。




【次ページ:iPhone XR 情報まとめ 2】では『ワイヤレス充電』や『Suica予備電力機能』『Apple Pay』『スペック比較』等を含めた情報を掲載。

iPhone XR 情報まとめ 2