【2018新型】Mac mini (Pro) 10月30日発表

Mac mini 2018[Apple New Model]
Intel Core i9、高速処理 GPU、32GB RAM、高性能 Pro 仕様追加、新筐体を採用。2018年秋開催の Apple イベントで発表濃厚な次期 Mac mini の情報を更新しています。


現行モデルとして販売されている『Mac mini』は〈2014年10月16日〉に発売されたモデル。日進月歩といわれるコンピューター製品において実に3年間も手を加えられていないのは珍しいでしょう。

過去に販売されたMac miniのアップデートは、2006年、2007年、2009年、2010年、2011年、2012年。現行モデルへのバトンタッチには2年かかりました。

Mac mini 2017モデルの噂

ところが、2014年の新型モデルではクワッドコアCPUが採用されず、アナウンス内容も薄く冷遇されたイメージでした。この新製品発表を見た多くのユーザーは「Mac miniは、いずれ生産終了する」と失望したことでしょう。

あれから3年、まったく新型やアップデートについての波風はなく、ほんとに消えていく運命なのかと諦めていました。

しかし、2017年になってから「新しいMac miniの開発は行なわれている」という情報が上がってきました。そして2017年4月ごろ、Appleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏からは「Mac miniは、製品ラインナップの重要な一つ」のような発言があったとされ、何らかの開発は行なっている期待が高まりました。
その情報によって新型Mac mini 2017が「10月に発売されるのでは?」と一部で盛り上がっていましたが、それが実現することありませんでした。

Mac mini 2018モデルの噂

ところが先日、Appleのティム・クックCEOがMac miniについて言及しました。この情報の切っ掛けは『MacRumors』の読者がティム・クック氏に送ったメールでした。

この質問メールにたいしてティム・クック氏から「詳細について語れないが、Mac miniが製品ラインナップにとって重要な一部になる計画をしている。」との返信があったそうです。

この情報からいくと、近い将来(たぶん2018年)には新型Mac miniが発表されそうな予感です。

[Mac mini 2018]の個人的な予想は、構成パーツのアップデートに対応するため新設計ボディ(筐体)になると思います。また新型発売から長い期間、Appleが納得できる販売数をかせぐため魅力的なスペックを搭載してくると思います。ただし、販売価格が気になるところですが、それなりのスペックに準ずる価格になり、現行モデルのように5万円を切るのは難しいのではないかなと。

数世代Mac miniを愛用しているユーザーとしては、大きくなっても良いし、価格がアップしても良いので、クアッドコアCPUに16GB以上のRAMが搭載できると嬉しいのです。あと8K出力も欲しい。さて、どんな新型になるのか今から楽しみにしています。

次期コンセプトモデル

コンセプト・予想画像[新型 Mac mini 2018]
新しく登場する Mac mini のデザインが気になる人は多いでしょう。すでに発売が決まっている新型 Mac mini の造形についてはさまざまな情報が上がっています。それは、とある筋からの情報や、はたまた夢と希望がミックスしたりと、たくさんの情報が発信されています。

Touch Bar Mac mini

コンセプト・予想画像[新型 Mac mini 2018]
最近ネット上で見かけるユニークな Mac が、Mac mini 2018 コンセプトモデルです。これはアメリカの工業デザインを専攻している学生(Louis Berger 氏)がデザインした Mac mini 2018 なのです。
棒状の筐体に細長い長方形の Touch Bar を搭載する非常にコンパクトかつスタイリッシュな Mac です。
普通のデスクトップ Mac は、ディスプレイのまわりや、見えない位置にセットされることが多いですが、こちらのコンセプトモデルは、目と手の届く範囲に設置することで Touch Bar の情報を確認したり指先で選択・設定操作が可能になるといった、デスクトップ Mac として新しいインターフェイスを実現しています。

このコンセプトモデルの面白いところは、ディスプレイをスリープにしている状態でも、本体のディスプレイに iTunes、メール、SNS などのほか OS からの情報を表示・操作することができるメリットがあります。

また、現行モデル Mac mini は薄型なのですが意外と設置面積が必要です。この棒状の筐体であればディスプレイの下にスマートに設置可能です。このようなスマートスタイルの Mac mini も欲しいです。
コンセプト・予想画像[新型 Mac mini 2018]コンセプト・予想画像[新型 Mac mini 2018]コンセプト・予想画像[新型 Mac mini 2018]コンセプト・予想画像[新型 Mac mini 2018]

その他

その他にもユーザーの夢と希望が描かれた Mac mini 画像がネット上でたくさん確認することができます。

Mac Pro を薄型イメージにしたものから、現行の薄い箱形筐体をリファインされたモデル。なかには、部品を搭載する隙間があるのか心配になる画像もあります。こういった希望・妄想モデルを見て「あーだこーだ」言っている時期も楽しいですよね。
コンセプト・予想画像[新型 Mac mini 2018]コンセプト・予想画像[新型 Mac mini 2018]コンセプト・予想画像[新型 Mac mini 2018]コンセプト・予想画像[新型 Mac mini 2018]

新 CPU インテル Core i9

現在開発中で2018年に発売予定の新型 Mac mini 2018 に、最新で高速な CPU が搭載される可能性が出てきました。

6 コア / 12 スレッド CPU

この新しい CPU は Intel(インテル)が開発した第8世代のコアプロセッサで、ノートブック向けの CPU としては初めてラインナップされる『Core i9 プロセッサ』です。
このプロセッサは 6 コア / 12 スレッド CPU になっており、処理スピードはベースクロック速度が〈2.9 GHz〉で、ターボブースト時の周波数は最大 〈4.8 GHz〉とモバイル用の処理エンジンとしては高速。

Core i9 は〈45 W〉の電力で稼働するチップであるため、MacBook Pro といったハイエンドモバイル PC や、コンパクトなデスクトップ PC に適しています。このプロセッサは完成品向けに出荷されているため、すでに Core i9 を搭載したモバイルパソコンなどのモデルが発売開始されています。

コア i9 は最大 32 GB の RAM 搭載可能

Intel プロセッサ Core i9 の注目する点は RAM にもあって、最大で〈32 GB〉まで搭載可能になります。ただし、現在『低電力DDR4 RAM』がまだサポートされていないため、2018 Mac mini 発売まで対応できるのか気になるところ。とりあえず 32 GB RAM 対応の道筋はできたことには変わりなく、今後の対応に期待したいところです。

この第8世代のコアプロセッサは従来通りラインナップが存在しており、CPU グレードは Core i9、i7、i5 と3種類が用意されます。これらのプロセッサは『Coffee Lake』プラットフォームをベースに開発されており〈14nm ++〉プロセスによって同一消費電力であれば〈14nm〉プロセスと比較して 25 % 高速化を実現可能。
これによって第7世代の Core i7 よりも 29 % 高速であり。またゲーム稼働中の秒間フレームレートは 41 % 向上。さらに 4K 動画のレンダリングも 59 % 高速になります。

まとめ:

近年は、高い情報処理能力を必要とするアプリケーションや高画質化によってデータ量が増えてきているため、CPU や RAM の性能をふくめて旧世代の 2014 Mac mini では、動画・画像の加工編集がスペック的に厳しいと体感するユーザーも多いでしょう。
しかし、ラップトップ向けの頼もしいプロセッサや 32 GB RAM へ対応する規格やパーツがリリースされるなど、新型 Mac mini の性能が一気に向上する情報が出てきたことによって、新しい Mac mini に採用されるスペックがかなり気になります。


2018 Mac mini 10月発売か

2018年に新型発売はないと諦めかけていた Mac mini。ところが、今年中に発売される情報が上がってきました。それも大幅な改良がされるフルモデルチェンジです。

2014年10月アップデートされてから4年間のあいだ改良されていなかった Mac mini。この Mac は多くのユーザーが知っているようにモニター、キーボード、マウスといった周辺機器が付属していません。スマートな小型筐体に、CPU、RAM、ROM、グラフィックボードなどの主要パーツを内蔵させた Mac 最小のデスクトップです。

Mac mini は安価な価格設定が多くのユーザーに好まれており、一般ユーザーはもちろん、アプリケーション開発者、ホームメディアセンターを運営する者、サーバーファーム管理者にも人気があります。

Mac mini Pro 誕生?

新型 2018 Mac mini では、開発コンセプトにプロユーザーが含まれており、ハイスペックな CPU(プロセッサ)、RAM(メモリ)、GPU(グラフィックコントローラ)のオプションを用意する。また、これらの高性能パーツを内蔵するスペースと放熱性を考慮するため、新しい Mac mini は筐体を一新。そのため、現行モデルのような小型化に固執した設計から改められます。
これらの性能向上により、販売価格が従来のモデルより上昇することは間違いありません。

新型 Mac mini の発表発売は、新型 iPhone の発売後となる2018年10月になると予測されています。

まとめ:

新しい Mac mini はオプション選択で、かなりアップグレードしたモデルが購入できるようです。もしかしたら最上級バージョンは『Mac mini Pro』の名称で、ボディカラーが iMac Pro と同じくスペースグレイになるかもしれませんね。

【Apple イベント】2018年10月 新製品の発表

【2018新型】MacBook 10月発表《発売日 仕様》



    このポストに関連する記事