【2018新型】iPhone Xs 9月21日発売《価格・仕様》

新型 iphone Xs / XR[価格 スペック 発売日]
このページでは、iPhone のハイエンドモデル iPhone X 後継機『iPhone Xs』と、ミドルモデル iPhone 8 後継機『iPhone XR』のスペック・発売日の情報を更新しています。

新型 iPhone 発表〈予約・発売日〉

iPhone XR / Xs[予約開始・発売日]
〈2018年9月13日 午前2時:日本時間〉Apple 秋の新製品発表イベント『Gather Round』で、5.8インチ OLED モデルの『iPhone XS』と、6.5インチ OLED モデルの『iPhone XS Max』などがアナウンスされ、イベント終了と同時にアップル公式サイトが更新。日本での販売価格と予約日時が掲載されました。

予約開始は〈9月14日 16時01分:日本時間〉から。iPhone XR のみ、予約開始日・発売日が遅れます。日本でのアップル直販一括価格は、いずれもストレージ容量別に3種類です。

iPhone XR
予約開始日〈10月19日〉、発売日〈10月26日〉
iPhone Xs
予約開始日〈9月14日〉、発売日〈9月21日〉
iPhone Xs Max
予約開始日〈9月14日〉、発売日〈9月21日〉

〈9月12日〉の公式発表前は、 iPhone 8 / 8 Plus の後継機の名称には iPhone 9、iPhone Xc、iPhone Xr と、三つあがっていましたが、正式名称は『iPhone XR』に決定。
また、iPhone X 後継機の発表前の候補(噂)名称は、iPhone XI、iPhone Xs、iPhone Xs Plus、iPhone Xs Max と複数候補が上がりました。ここで予想外だったのが『Max』というサプライズ的な単語が名称に使われたことでした。


Apple イベント映像 オンデマンド配信中
Apple Events – 2018年 秋 Apple Special Event(開催地:アメリカ・クパチーノ・Steve Jobs シアター)

新型 iPhone ラインナップ

新型 iphone Xs / XR[価格 スペック 発売日]
2018年秋に発売される iPhone シリーズの名称は『iPhone XR』、『iPhone Xs』、『iPhone Xs Max』の3モデル。
新しい iPhone の特徴的な部分は、従来モデル iPhone X と同じく、ディスプレイを支えるベゼルが、全てのモデルで省かれたベゼルレス全面ディスプレイ仕様。価格を抑えた iPhone XR も同様のデザインであるため人気モデルとなりそうです。

採用されたディスプレイは、すべて新設計で各モデルともディスプレイサイズとタイプが異なっています。新しい iPhone シリーズで廉価版となる iPhone XR は、6.1 インチサイズの液晶ディスプレイ。ハイエンドモデルとなる iPhone Xs は、5.8 インチサイズの有機 EL ディスプレイ。iPhone Xs Max は、6.5インチサイズの有機 EL ディスプレイです。

iPhone XR
6.1インチ LCD(液晶)ディスプレイ
iPhone Xs
5.8インチ OLED(有機EL) HDRディスプレイ
iPhone Xs Max
6.5インチ OLED(有機EL) HDRディスプレイ

新型 iPhone の一つの特長として、ディスプレイサイズが従来モデルと比べて大型化していることです。単純にボディサイズが大きくなると持ちにくくなる問題がありますが、新しい iPhone ではディスプレイを支えるベゼルを無くすことで表示領域を広げているため、画面サイズの数値から想像するより小さいボディです。

画像左側の iPhone Xs (5.8)と中央の iPhone 8 (4.7)を比べると、筐体サイズの差はわずかなのにディスプレイ表示部分の差が大きいことが分かります。右側の iPhone Xs Max 大きさは一目瞭然ですが、そのかわり表示される面積が大きく拡大します。

これだけディスプレイが大型化してくるとインターネット閲覧のしやすさはもちろん、映画鑑賞からゲーム、写真撮影や動画撮影もしやすくなりメリットは大きいです。

その他の簡易的なスペックは以下のとおり。

モデル iPhone Xs / Xs Max iPhone XR
ディスプレイ 5.8 / 6.5インチ
OLED(有機 EL) HDR ディスプレイ
6.1インチ
LCD(液晶)ディスプレイ
3D Touch 対応 非対応
ストレージ 64GB / 256GB / 512GB 64GB / 128GB / 512GB
メインカメラ デュアルカメラ シングルカメラ
耐水性能 水深2メールとで30分の耐水性能 水深1メールとで30分の耐水性能

iPhone XR / Xs デザイン・外観

iPhone XR 外観画像

iPhone XR カラーバリエーション
iPhone XR 色・ホワイト[2018 新型 iPhone 発売]iPhone XR 色・ブラック[2018 新型 iPhone 発売]iPhone XR 色・ブルー[2018 新型 iPhone 発売]iPhone XR 色・イエロー[2018 新型 iPhone 発売]iPhone XR 色・コーラル[2018 新型 iPhone 発売]iPhone XR 色・レッド[2018 新型 iPhone 発売]

iPhone Xs 外観画像

iPhone Xs カラーバリエーション
iPhone Xs シルバー[スペック・価格・発売日]iPhone Xs シルバー[スペック・価格・発売日]iPhone Xs シルバー[スペック・価格・発売日]iPhone Xs シルバー[スペック・価格・発売日]iPhone Xs シルバー[スペック・価格・発売日]

iPhone Xs スペースグレイ[スペック・価格・発売日]iPhone Xs スペースグレイ[スペック・価格・発売日]iPhone Xs スペースグレイ[スペック・価格・発売日]iPhone Xs スペースグレイ[スペック・価格・発売日]iPhone Xs スペースグレイ[スペック・価格・発売日]

iPhone Xs ゴールド[スペック・価格・発売日]iPhone Xs ゴールド[スペック・価格・発売日]iPhone Xs ゴールド[スペック・価格・発売日]iPhone Xs ゴールド[スペック・価格・発売日]iPhone Xs ゴールド[スペック・価格・発売日]

iPhone Xs Max 外観画像

iPhone XR / Xs / Xs Max スペック[2018 新型 iPhone 発売]

iPhone Xs Max カラーバリエーション
iPhone Xs Max シルバー[スペック・価格・発売日]iPhone Xs Max スペースグレイ[スペック・価格・発売日]iPhone Xs Max ゴールド[スペック・価格・発売日]


iPhone XR / Xs スペック

iPhone XR / Xs / Xs Max スペック[2018 新型 iPhone 発売]

Apple 秋の新作の iPhone シリーズは、各モデルの価格差はかなり開いていますが、意外と機能などの共通部分は多いです。

  • 高いダイナミックレンジの『HDR10』と、よりワイドに広がる『Dolby Vision』ステレオサウンド
  • ディスプレイ上の画像がまるで印刷物のように自然に見える『True Tone』
  • 水に浸かった状態30分間まで耐えられる耐水防塵性能
  • 顔認証でロック解除・ログインを可能にする『Face ID』
  • iPhone をかざすだけで支払いが可能な『Apple Pay』
  • 次世代 Neural Engine 搭載 A12 Bionic チップで高い処理能力
  • ISP、Neural Engine、高度なアルゴリズムを統合した革新的なカメラシステム
  • 写真の明部・暗部に精細なディテールを再現する『スマート HDR』
  • 被写体にピントを合わせたまま背景をぼかせる『TrueDepth カメラ』とボケ深度コントロール
  • 動きのある写真をシャープに切り撮るスマート HDR、ゼロシャッターラグ
  • 4K ビデオでの最大〈30 fps〉の拡張ダイナミックレンジ
  • f/2.2 広角レンズ 7MP TrueDepth フロントカメラ:1080p HD 60fps ビデオ撮影

その他で、特長に差のある仕様は、ディスプレイのサイズ・種類、筐体サイズ、重量、バッテリー容量・持続時間、背面カメラユニット数・仕様です。

iPhone XR / Xs / Xs Max 比較一覧

モデル iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
画面サイズ・仕様 5.8 インチ
Super Retina HD
2,436 x 1,125 px (458 ppi)
6.5 インチ
Super Retina HD
2,688 x 1,242 px (458 ppi)
6.1 インチ
Liquid Retina HD
1,792 x 828 px (326 ppi)
ディスプレイ仕様 OLED(有機 EL)パネル
1,000,000:1コントラスト比(標準)
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
True Tone ディスプレイ
最大輝度 625 cd / m2(標準)
LCD(液晶)パネル
1,400:1コントラスト比(標準)
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch 非対応
True Tone ディスプレイ
最大輝度 625 cd / m2(標準)
CPU A12 Bionic チップ
メモリ 4 GB (RAM) 3 GB (RAM)
ストレージ 64GB / 256GB / 512GB (ROM) 64GB / 128GB / 256GB (ROM)
背面カメラ 1200万画素イメージセンサー、ƒ / 1.8:広角レンズ
1200万画素イメージセンサー、ƒ / 2.4:望遠レンズ
デュアル光学式手ぶれ補正機能
1200万画素イメージセンサー、ƒ / 1.8:広角レンズ
光学式手ぶれ補正
動画撮影 4K 動画記録 (24 / 30 / 60 fps)
Full HD 1080p(30 / 60 fps)
Full HD 1080p(120 / 240 fps)スローモーション映像記録対応
前面カメラ 700万画素イメージセンサー、ƒ / 2.2:広角レンズ
TrueDepthカメラ(Face ID)
セキュア機能 Face ID(顔認証システム)
SIMカード デュアル SIM(nano-SIM と eSIM)
iPhone XR / Xs / Xs Max は、既存の micro-SIM カードには対応していません。
バッテリー容量 2,658 mAh 3,174 mAh 2,942 mAh
バッテリー駆動時間 連続通話時間:20時間
インターネット:12時間
ビデオ再生:14時間
オーディオ再生:60時間
高速充電:30分で50%充電
連続通話時間:25時間
インターネット:13時間
ビデオ再生:15時間
オーディオ再生:65時間
高速充電:30分で最大50%
連続通話時間:25時間
インターネット:15時間
ビデオ再生:16時間
オーディオ再生:65時間
高速充電:30分で最大50%
充電方式 ワイヤレス充電:Qi、有線充電:Lightning ケーブル
耐水防塵性能 IP68 等級 IP67 等級
筐体素材 ディスプレイ:ガラス
フレーム:ステンレススチール
ディスプレイ:ガラス
フレーム:アルミニウム
筐体サイズ 143.6 x 70.9 x 7.7 (mm) 157.6 x 77.4 x 7.7 (mm) 150.9 x 75.7 x 8.3 (mm)
重量 177 (g) 208 (g) 194 (g)

iPhone XR の仕様情報は専用ページにて掲載しています。

iPhone Xs カメラスペック

  • デュアル12MPカメラ(広角と望遠)
  • 広角:ƒ/1.8絞り値、望遠:ƒ/2.4絞り値
  • デュアル光学式手ぶれ補正
  • 2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
  • 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
  • 5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
  • 写真のスマートHDR

iPhone Xs ビデオ撮影

  • 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
  • 1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
  • ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
  • ビデオの光学式手ぶれ補正
  • 2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム
  • 1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
  • 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
  • ステレオ録音

ボタン/コネクタ/マイク/スピーカ配置[新型 iPhone XR / Xs 発売]筐体サイズ・重量[新型 iPhone Xs/ 発売]筐体サイズ・重量[新型 iPhone Xs Max 発売]

同梱物

購入する iPhone に付属する、イヤフォン、充電・通信ケーブル、電源アダプタなどの周辺アクセサリー。接続端子の規格には Lightning(ライトニング)を採用。
付属アクセサリー[新型 iPhone XR / Xs 発売]

  • EarPods with Lightning Connector
  • Lightning – USBケーブル
  • 5W USB電源アダプタ

【2018新型】iPhone XR 10月26日発売《価格・仕様》


iPhone Xs 機能・仕様解説

Super Retina カスタムOLED ディスプレイ
Super Retina(スーパーレティーナ)ディスプレイは、スマートフォンに搭載された OLED ディスプレイとしては史上最高の色再現精度をほこる画質。真の黒、驚くような輝度とコントラストをもたらします。
コントラスト比が圧倒の 100 万対 1、輝度も高く、映画制作の標準となる広色域に対応。また、最高水準のシステムカラーマネジメントによって、あらゆるシーンでも色を正確に補正し、最適な視聴体験を提供します。
HDR10
HDR とは High Dynamic Range(ハイ・ダイナミック・レンジ)の略で、旧来の映像方式に比べ、明暗の差をよりダイナミックに表現できます。この技術によってディテールや色情報が失れてしまう圧縮が弱まり、輝度差や色彩をより豊かに表現できるようになります。
HDR10 は、色深度は10bit(明暗差を1024段階で表現)で、従来方式の SDR 8bit(同256段階)に比べると、明暗差を4倍きめ細やかに表現可能。また『Dolby Vision(ドルビービジョン)』にも対応しており映画館の映像クオリティを体験ができます。
さらに、HDR で撮影された写真は、それが以前に撮ったものであっても、ダイナミックレンジが60パーセント拡張されます。
True Tone
True Tone(トゥルー・トーン)は、6チャンネルの光センサーにより光を感知・分析して、周囲の光の色温度に合わせ、画面上のホワイトバランスを微調整します。これにより、ディスプレイ上の画像がまるで印刷物のように自然に、人間が感じる色に近づけます。
耐水防塵性能
iPhone Xs (Max) には、新たに高いレベルの特殊シーリングを採用。防水・防塵性の等級〈IP68〉をクリアする防沫性能、耐水性能、防塵性能を得た筐体・シーリング設計によって、。最大水深2メートルで30分間まで浸水に耐えることが可能になりました。
これで、コーヒー、ジュースなどをこぼしたり、悪天候の条件下やウォータースポーツなどのアウトドアフィールドの使用にも対応できます。
快適な片手操作
  • 【片手入力キーボード】地球アイコンのキーを長押して、片手入力キーボードを選択しましょう。キーボードを左側または右側に寄せることができるので、片手でより快適にタイピングできるようになります。
  • 【簡易アクセス設定】簡易アクセスの設定を有効にして、スクリーンの下の部分をさらに下へスワイプすると、iPhoneの画面上のあらゆるものを指の届く範囲に引き下げることができます。
Face ID
iPhone Xs (Max) の前面を見つめるだけで、ロック解除、ログイン、電子マネー・クレジット決済などを可能にしたのが Face ID です。TrueDepth(トゥルーデプス)カメラシステム、Secure Enclave(セキュアエンクレーブ)、Neural Engine(ニューラルエンジン)といった Apple の最も高度なテクノロジーのいくつかを活用。これまでスマートフォンに搭載されたものの中で最も安全な顔認証です。
また、機械学習によって外見の変化を認識。帽子をかぶっても、メガネやサングラスをかけても問題ありません。
A12 Bionic チップ
Apple の次世代の Neural Engine を搭載した A12 Bionic は、圧倒的なパフォーマンスを発揮。リアルタイムの機械学習を使って、あなたが写真、ゲーム、拡張現実などを体験する方法を進化させます。

  • 【CPU(中央処理装置)】2つの性能コアが負荷の高い演算タスクに取り組み、4つの効率コアが日常的なタスクを引き受けます。Appleの最新のパフォーマンスコントローラが、これらのコアの間で作業を動的に振り分け、圧倒的なパワーが必要な時には6つすべてを使えるようにします。
  • 【GPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)】新しい4番目のコアとロスレスメモリ圧縮は、ゲーム、ビデオ編集、高度で複雑な表示が求められるアプリケーションのグラフィックス性能に大きな進化をもたらします。
  • 【Neural Engine】Apple の Neural Engine は、リアルタイムの高度な機械学習のために作られています。つまり、iPhone Xs はあなたと同じような方法でパターンを認識したり、何かを予測したり、体験から学ぶことができるのです。
    Neural Engine は驚くほど高速なので、毎秒5兆の演算処理を行えます。驚くほど効率が良いので、リアルタイムで様々な新しいことをこなせます。そして驚くほど賢いので、あなたは臨場感あふれる AR の世界に飛び込んだり、探している写真すべてをすばやく見つけることができます。それが犬の写真でも、ビーチの写真でも、赤ちゃんの写真でも。
    さらに私たちは、Neural Engine を Core ML のプラットフォームに公開したので、デベロッパのみなさんもパワフルなリアルタイムの機械学習を自分たちのアプリケーションに組み込めます。学習の舞台は、あなたのiPhone 上です。
  • 【ISP(画像信号プロセッサ)】先進的な深度エンジンを搭載した画像信号プロセッサが、ポートレートモードで驚異的なディテールをとらえます。スマートHDRを使えば、あなたの写真のダイナミックレンジが目を見張るほど広がります。
デュアルカメラシステム
iPhone Xs のデュアルカメラシステムは、Neural Engine のかつてないパワーと毎秒5兆の演算処理を実行する能力を活用します。

  • 【デュアル 12MP バックカメラ】背面上部にデュアルレンズユニットと LED ライトを配置。二つのカメラユニットには、[f/1.8 広角レンズ][f/2.4 望遠レンズ]を搭載。また、各レンズユニットには光学式手振れ補正『デュアル OIS』を備えています。
    カメラは静止画のほか〈4K 60 fps〉動画記録もできます。
  • 【7MP TrueDepth フロントカメラ】前面上部のノッチ領域には、シングルカメラを配置。レンズユニットは[ƒ/2.2 広角レンズ]で新型のビデオ手振れ補正機能がつきます。カメラは静止画のほか〈1080p HD 60 fps〉動画記録もできます。
スマートHDR
スマートHDR は、高速なセンサー、強化された ISP、高度なアルゴリズムといった複数のテクノロジーを活用し、あなたの写真の明部と暗部により精細なディテールをもたらします。
ボケと深度コントロール
iPhone XSでは、より精巧なボケ(背景のぼかし)を使って美しいポートレート撮影ができます。さらに深度コントロール機能により、撮影後でも被写界深度を調整できるようになり撮影表現の幅を広げています。
ポートレートモード・セルフィー
前面の TrueDepth カメラは精緻な深度マップを生成して、あなたにピントを合わせたまま背景をぼかします。また、深度コントロールを使えば、撮影後でも被写界深度を調整可能です。
4Kビデオ・ステレオ再生
十分な明るさがない場所でも優れた映像記録を実現。ビデオでの最大〈30 fps〉の拡張ダイナミックレンジ収録・ステレオ録音が可能。
再生環境では、コンパクトな筐体でありながらワイドにサウンドを分離するステレオ再生ができます。従来の、どのスマートフォンよりも高品質なビデオを撮影できます。
高性能なAFシステム
  • 【顔検出】ポートレートモードでは、カメラセンサーから集めたデータをNeural Engineが機械学習を使って分析し、フレームの中にある顔をすばやく識別します。
  • 【フェイシャルランドマーク】顔が検出されるとすぐに、フェイシャルランドマークによって、iPhoneがクリエイティブなポートレートライティングのエフェクトを被写体に適用します。
  • 【深度マッピング】ISPの先進的な深度エンジンは、Neural Engineから集めたセグメンテーションデータを使って、被写体を背景から正確に区別します。

iPhone 初のデュアル SIM (DSDS)

デュアルSIM (DSDS) 対応[iphone Xs / XR 価格 機能]
2018年秋から販売が始まる新型 iPhone の iPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XR には、新機能として iPhone シリーズでは初の『デュアル SIM』が搭載されました。

iPhone デュアル SIM は、スロットから挿入する物理的な『SIM カード』と、iPhone 内部構造に固定されたデジタル SIM『eSIM』で構成されています。これら2種類の SIM によって、2つのモバイル通信プランの使い分けが可能になります。
また iPhone デュアル SIM では DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)テクノロジを採用しており、両方の SIM カードを利用して電話の受発信を可能にしています。

デュアル SIM の活用法の一例。

  • 1 つの電話番号を仕事用に、別の電話番号を個人用の通話に使う。
  • 海外に旅行した際に現地のデータプランを追加する。
  • 音声通話プランとデータプランを別々にする。

ただし、現時点で日本の通信キャリアは e-SIM に対応していないため、その機能を利用することができません。また eSIM を内蔵せず、2枚の nano-SIM を挿入できる『デュアル SIM スロット』仕様も用意されますが、これは一部地域向けに(中国、香港、マカオ)販売されます。

現時点で eSIM を海外キャリアで利用するためには〈2018年9月17日〉よりリリースされる『iOS12』と、専用 QR コード App、または eSIM に対応するキャリア(通信事業者)が提供する専用アプリが必要。さらに異なる2つの通信事業者を利用するには、iPhone の SIM ロック解除が必要です。

今後の eSIM への対応
eSIM はソフトウェアアップデートにより年内に利用できるようになります。eSIM を利用するには通信サービスプランへの加入が必要です(これには通信事業者の変更とローミングに対する制限が含まれる場合があり、契約期間終了後も制限が適用されます)。通信事業者によっては eSIM に対応しない場合があります。iPhone での eSIM の使用は、通信事業者からの購入時に無効になっている場合があります。詳しくは通信事業者に問い合わせください。

iOS 12 リリース

iOS 12 対応機種[iPhone XR / Xs 価格・仕様]
Apple は〈2018年9月13日〉に発表した iPhone XR / Xs などのスマートデバイスにも採用されている最新オペレーティングシステム『iOS 12』の提供を開始。

対応できるデバイスの OS を iOS 12 にアップデートすることで、カメラアプリの起動で最大70%、キーボード表示の最大50%高速化を実現。また、高負荷の際のアプリ起動が2倍に高速化したりパフォーマンスの向上がアピールされています。

iOS 12 対応機種

iPhone iPad iPod
iOS 12
サポートデバイス
iPhone XS/XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s
12.9インチ iPad Pro(第2世代)
12.9インチ iPad Pro(第1世代)
10.5インチ iPad Pro
9.7インチ iPad Pro
iPad Air 2
iPad Air
iPad (第6世代)
iPad (第5世代)
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2
第6世代 iPod touch

iOS 12 特長(一部)

  • iPhone 5s およびiPad Air に至るすべての対応デバイスでパフォーマンスを改善
  • 新しい“For You”タブに“おすすめの写真”や“エフェクトの提案”などが導入され、ライブラリにあるたくさんの写真から素早く目的のものを探すことが可能
  • ミー文字(まったく新しい、カスタマイズ可能なアニ文字)により、“メッセージ”で独自のキャラクター使ってより表情豊かで楽しいコミュニケーションが可能
  • あなたやファミリーメンバーのAppやWebサイトの適切な使用時間を判断するための詳細情報やツールを提供
  • 所定の時間、場所、またはカレンダーのイベントのあとで“おやすみモード”をオフにすることが可能
  • Siriが使用可能なAppでSiriショートカットを使えば、今までよりももっと素早く作業を終わらせることが可能
  • 物体および空間を計測するための新しい拡張現実App
  • Safariの強化されたトラッキング防止機能により、Webサイトに埋め込まれたコンテンツやソーシャルメディア用ボタンが、あなたの許可なしにあなたを追跡するのを防ぐことが可能
  • まったく新しいデザインにより、本やオーディオブックを楽しく簡単に探して読むことが可能
  • 歌詞による検索に対応し、歌詞の一部を使って曲を検索することが可能
  • 3D Touchに対応していないデバイスで、スペースキーを長押ししてキーボードをトラックパッドに変更可能

iOS 12 対応機種[iPhone XR / Xs 価格・仕様]iOS 12 対応機種[iPhone XR / Xs 価格・仕様]iOS 12 対応機種[iPhone XR / Xs 価格・仕様]

iOS 12 対応機種[iPhone, iPad, iPod touch]



【次ページ】新型 iPhone Xs(発売日 販売価格)