【2018新型】iPhone XR / Xs 《比較 機能 価格》

iPhone XR / Xs 発売[価格 特長 仕様]

このページでは、iPhone のハイエンドモデル iPhone X 後継機『iPhone Xs』と、ミドルモデル iPhone 8 後継機『iPhone XR』のキャリア別の販売価格の情報と〈2018年9月13日〉以降に販売されている全ての iPhone ラインナップを更新しています。

新型 iPhone 予約開始・発売日

iPhone XR / Xs[予約開始・発売日]
iPhone Xs / Xs Max 予約開始は〈9月14日 16時01分:日本時間〉から。iPhone XR のみ、予約開始日・発売日が遅れます。日本でのアップル直販一括価格は、いずれもストレージ容量別に3種類です。

iPhone XR
予約開始日〈10月19日〉、発売日〈10月26日〉
iPhone Xs
予約開始日〈9月14日〉、発売日〈9月21日〉
iPhone Xs Max
予約開始日〈9月14日〉、発売日〈9月21日〉

全 iPhone 新価格(2018年9月以降)

2018年 iPhone 価格値下げ[新型 iPhone XR / Xs 発売]
Apple は〈2018年9月13日〉に発表した新型 iPhone の発表とともに旧モデルの販売価格の値下げを発表。また、新しい iPhone XR、Xs の発表と同時に、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone X がオンラインストアから姿を消しました。

販売終了した iPhone〈9月13日以降〉
  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone X
iPhone 新ラインナップ〈9月13日以降〉
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone XR
  • iPhone Xs
  • iPhone Xs Max

また新型 iPhone の発表にあわせて旧モデルの販売価格が値下げされます。新価格情報は以下のとおり(旧価格→新価格、すべて税別の最小ストレージモデル)。

iPhone 7
6万1800円 → 5万800円
iPhone 7 Plus
7万4800円 → 6万4800円
iPhone 8
7万8800円 → 6万7800円
iPhone 8 Plus
8万9800円 → 7万8800円

値下げされた新価格の iPhone は、いずれも1万~1万1000円の値下げ。ちなみに、iPhone 7 の新価格は販売終了した iPhone 6s と同価格、iPhone 8 Plus の新価格は値下げ前の iPhone 8 と同価格となり、お買い得感が増しました。

iPhone XR / Xs 価格

iPhone XR / Xs 価格[2018 新型 iPhone 発売]
2018年 Apple の新しい iPhone XR、Xs、Xs Max の販売価格は以下の通り。
《販売価格は税抜き》

iPhone XR
64GB
84,800円
128GB
90,800円
256GB
101,800円
iPhone Xs
64GB
112,800円
256GB
129,800円
512GB
152,800円
iPhone Xs Max
64GB
124,800円
256GB
141,800円
512GB
164,800円

新型 iPhone Xs より iPhone 8 をオススメする理由

新型 iPhone キャリア販売価格

大手携帯キャリア3社は、新型 iPhone 予約開始の〈9月14日〉に各社の販売価格を発表しました。

DoCoMo(ドコモ)では、iPhone Xs でもっともストレージ容量が小さい〈64 GB〉を2年間の分割払いで購入した場合、本体価格(税込み)を〈12万8952円〉としています。これに、2年間の継続利用を条件にした割引にすると、実質価格は〈6万9984円〉とグッと安くなります。
KDDI(au)とSoftBank(ソフトバンク)で、同様の継続割引を利用すれば〈5万4000 ~ 6万3600円〉となり、いずれも旧モデル iPhone X の発売当初とほぼ同じ水準です。

また、KDDI とSoftBank では、支払いが実質半額となる『4年縛り(4年間の分割払い)』が用意されており、こちらの支払い方法を選択するユーザーも多い。こちらの場合は、購入契約から〈25か月目〉に機種変更をすれば、残りの期間の支払いが免除され実質半額となる条件なので、おなじスマートフォンを長期間にわたって利用したいユーザーは注意が必要。

ドコモ

NTT DoCoMo(ドコモ)が発表した販売価格は以下のとおり。なお支払い料金はすべて税込価格。

iPhone Xs

分割支払金〈24回〉現金販売価格 / 月〈支払総額〉
64GB
5,373円 / 月〈128,952円〉
256GB
6,129円 / 月〈147,096円〉
512GB
7,155円 / 月〈171,720円〉
月々サポート〈24カ月契約〉実質負担金 / 月〈支払総額〉
64GB
2,916円 / 月〈69,984円〉
256GB
3,672円 / 月〈88,128円〉
512GB
4,698円 / 月〈112,752円〉

iPhone Xs Max

分割支払金〈24回〉現金販売価格 / 月〈支払総額〉
64GB
5,913円 / 月〈141,912円〉
256GB
6,669円 / 月〈160,056円〉
512GB
7,695円 / 月〈184,680円〉
月々サポート〈24カ月契約〉実質負担金 / 月〈支払総額〉
64GB
3,456円 / 月〈82,944円〉
256GB
4,212円 / 月〈101,088円〉
512GB
5,238円 / 月〈125,712円〉

iPhone XR

分割支払金〈24回〉現金販売価格 / 月〈支払総額〉
64GB
4,104円 / 月〈98,496円〉
128GB
4,374円 / 月〈104,976円〉
256GB
4,860円 / 月〈116,640円〉
月々サポート〈24カ月契約〉実質負担金 / 月〈支払総額〉
64GB
1,647円 / 月〈39,528円〉
128GB
1,917円 / 月〈46,008円〉
256GB
2,403円 / 月〈57,672円〉

ソフトバンク

SoftBank(ソフトバンク)が発表した販売価格は以下のとおり。なお支払い料金はすべて税込価格。

ソフトバンクの月額料金割引は、iPhone Xs、iPhone Xs Max に適用される『月月割』で、24カ月契約したばあい iPhone Xs の実質負担額は〈63,600円~〉です。

さらに『半額サポート for iPhone』という長期割引もあります。
このプログラムは、端末代金を〈48回(48カ月)〉の分割払いで契約します。ただし〈25カ月目〉以降に新しい端末を入手する条件になりますが、分割支払金残額相当分の支払いが不要になります。契約〈25カ月目〉で、それまで使用していた端末は回収・新端末購入になります。
この契約での iPhone Xs 64GB の実質負担額は〈68,400円~〉です。

iPhone Xs

分割支払金〈24回〉現金販売価格 / 月〈支払総額〉
64GB
5,700円 / 月〈136,800円〉
256GB
6,460円 / 月〈155,040円〉
512GB
7,500円 / 月〈180,000円〉
月月割適用時〈24回〉現金販売価格 / 月〈支払総額〉
64GB
2,650円 / 月〈63,600円〉
256GB
3,410円 / 月〈81,840円〉
512GB
4,450円 / 月〈106,800円〉
半額サポート適用時〈48カ月:25カ月目での機種変更〉実質負担金 / 月〈支払総額〉
64GB
2,850円 / 月〈68,400円〉
256GB
3,230円 / 月〈77,520円〉
512GB
3,750円 / 月〈90,000円〉

iPhone Xs Max

分割支払金〈24回〉現金販売価格 / 月〈支払総額〉
64GB
6,240円 / 月〈149,760円〉
256GB
7,000円 / 月〈168,000円〉
512GB
8,040円 / 月〈192,960円〉
月月割適用時〈24回〉現金販売価格 / 月〈支払総額〉
64GB
3,190円 / 月〈75,650円〉
256GB
3,950円 / 月〈94,800円〉
512GB
4,990円 / 月〈119,760円〉
半額サポート適用時〈48カ月:25カ月目での機種変更〉実質負担金 / 月〈支払総額〉
64GB
3,120円 / 月〈74,880円〉
256GB
3,500円 / 月〈84,000円〉
512GB
4,020円 / 月〈96,480円〉

KDDI – au

KDDI(携帯電話ブランド – au)が発表した販売価格は以下のとおり。なお支払い料金はすべて税込価格。

長期分割の割引には、iPhone Xs / Xs Max ともに通常端末代金の最大半額で入手することができる『アップグレードプログラムEX』を記載しています。
このプログラムは、端末代金を〈48回(48カ月)〉の分割払いで契約します。ただし〈25カ月目〉以降に新しい端末を入手する条件になりますが、分割支払金残額相当分の支払いが不要になります。契約〈25カ月目〉で、それまで使用していた端末は回収・新端末購入になります。

iPhone Xs

分割支払金〈24回〉現金販売価格 / 月〈支払総額〉
64GB
5,360円 / 月〈128,640円〉
256GB
6,120円 / 月〈146,880円〉
512GB
7,160円 / 月〈171,840円〉
アップグレードプログラムEX適用時〈48カ月:25カ月目での機種変更〉実質負担金 / 月〈支払総額〉
64GB
2,680円 / 月〈64,320円〉
256GB
3,060円 / 月〈73,440円〉
512GB
3,580円 / 月〈85,920円〉

iPhone Xs Max

分割支払金〈24回〉現金販売価格 / 月〈支払総額〉
64GB
5,900円 / 月〈141,600円〉
256GB
6,660円 / 月〈159,840円〉
512GB
7,700円 / 月〈184,800円〉
アップグレードプログラムEX適用時〈48カ月:25カ月目での機種変更〉実質負担金 / 月〈支払総額〉
64GB
2,950円 / 月〈70,800円〉
256GB
3,330円 / 月〈79,920円〉
512GB
3,850円 / 月〈92,400円〉

2019 新型 iPhone 情報

トリプルカメラ搭載 iPhone

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
2019年に発売されるのではないかと推測されている、背面のメインカメラに3つのカメラユニットを搭載する iPhone のコンセプトデザインがこのほど公開。

以前から噂されている情報によると、2019年に登場する iPhone のうちの1機種は、カメラを3つ搭載するトリプルカメラになるだろうと、台湾の情報メディア『経済日報』が報じていました。

P20 Proトリプルカメラ

現在トリプルカメラを搭載しているスマートフォンといえば『Huawei P20 Pro』ですが、P20 Pro の3つのレンズユニットの役割は、

  • 20MP(モノクロF/1.6)
  • 40 MP(メインカメラF/1.8)
  • 8MP(望遠 F/2.4)

モノクロ専用カメラレンズ搭載は面白い発想ですが、メインカメラの画素数が4000万画素というのがスマートフォンが採用するイメージセンサーのサイズから考えると驚きの解像度。さらに、すべてのレンズユニットには光学式の手ぶれ補正機能(OIS)を搭載。ちなみに iPhone の画素数は1200万画素です。

この P20 Pro ではレンズユニットに特徴をもたせており、一眼レフ・ミラーレスカメラを愛用するユーザーも気になるカメラ機能を搭載しています。

iPhone トリプルカメラ

iPhone が搭載すると推測されるトリプルカメラでは、以下のような性能をアピールしてくると考えられます。

  • 光量の少ない暗い場所での画質向上。
  • 高い解像度に見合う細部の高い描写力。
  • 光学ズーム・手振れ補正の向上。
  • 広角レンズと3D立体認識機能。

Daily News は、とあるサプライチェーンの情報として、2019年に発表される iPhone のおおよそスペックは、1200万画素のメインカメラ、最大5倍光学ズーム、耐衝撃フレームが搭載されるとしています。とくにトリプルカメラについては、それ以前に発売されている、どのスマートフォンのカメラより優れた画質を提供できる自信があるようです。

これらの情報をもとに iDropNews は2019 iPhone コンセプトモデルのイメージ発表しています。どういった配置とアレンジをしているか確認してみましょう。

大型カメラハウジング

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
3つのカメラユニットと LED フラッシュを1列にまとめた配置。カメラユニットを大型のハウジングに収納できるため、レンズユニットの構造や手ぶれ補正機構の設計に余裕ができるため画質には期待できそうな構造。ただし突起部分の容量が大きいため、こらが気になるユーザーも出てくるでしょう。

ハウジング外部へカメラ追加

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
追加される三つ目のカメラユニットをハウジングの外に追加する方法です。この配置のメリットは従来のデザインを崩すことなくカメラを追加できることでしょう。ただし、追加されるカメラユニット構造の余裕が少ないため設計や機能の自由度に制限がつくでしょう。

フラッシュ位置の変更

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
基本的なデザインや構造を大幅に変更することなく第3のレンズを装備できる方法のひとつは、LED フラッシュの位置を動かすことです。
この配置のメリットは、一つ目の『大型カメラハウジング』と一緒でカメラユニットの設計と機能にメリットが大きいことです。

さらに、フラッシュの横位置への移動は iPhone の上位モデルに採用されているので、カメラハウジングとバランスが取れた位置にフラッシュを配置すれば見栄えも良好になるでしょう。

リングフラッシュの採用

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
ユニークな発想の一例は、カメラモジュールを取り囲むようにリング状 LED フラッシュを組み込むことでしょう。

これらの技術は、コンパクトデジタルカメラや一眼レフ用アクセサリーで実現しているため、写真撮影とって最適化された方法です。また、デザインやフレーム設計などの要素を大きく変更させることがなく、追加カメラユニットにもメリットが大きい配置方法かもしれません。

DropNews では、このデザインに最も高い評価を下しています。

画質・機能やデザインを含めて iPhone のトリプルカメラが、どの方向性へ進んでいくのか興味がわきますね。

トリプルカメラは2019年モデル

トリプルレンズカメラ搭載モデル[新型 iphone 2018-2019]
以前から2019年に発売されると噂されている トリプルカメラを搭載する iPhone ですが、来年の発売について新しい情報が追加されました。

Yuanta(ユアンタ)証券のコンサルティングアナリストであるジェフリー・プー氏は、2019年後半にトリプルレンズカメラを搭載した iPhone を、少なくとも1モデルは発売する可能性が高いと述べています。
3つのカメラユニットを搭載する iPhone の機能やスペックの内容の多くはまだ判明していませんが、3倍の光学ズームレンズを搭載する情報が上がっています。あと2つのカメラユニットの特徴はまだハッキリしていません。ちなみに現行モデルの iPhone の光学ズームは2倍になっています。

トリプルカメラ搭載の iPhone

高性能なスペックと噂されるトリプルレンズユニットの iPhone ですが、最近はどのモデルに搭載されるのか注目されています。

これについては、過去の例から推測すると上位モデルに搭載されるのは間違いなく、今後発売されるラインナップから判断すると、ハイスペックな iPhone として登場する『iPhone X Plus』に、このカメラシステムが採用される可能性が高いとしています。さらに後には、第3世代の iPhone X に搭載される可能性も十分あるでしょう。

予想される発売日

このトリプルカメラを搭載する iPhone の登場は、残念ながら2018年内の発売には否定的であるとアナリストは述べています。発売時期は冒頭の述べたとおり、2019年まで待たなければならないようです。

2018年10月 Apple 新製品

〈2018年9月〉のイベントで発表されなかった製品は、〈2018年10月頃〉にプレスアナウンスされるもよう。

【Apple イベント】2018年10月 新製品の発表

【2018新型】iPhone XR 10月26日発売《価格・仕様》

【新型・後継機】iPhone SE 2《仕様・発売日》