【2019】iPhone 11 Pro:特長 機能 スペック

値段 発売時期いつ[2019 新型 iPhone 11 Pro]
iPhone 11 Pro (Max) は、2019年シリーズのハイエンドモデルであり iPhone Xs (Max) の後継機。全面画面を引継ぎつつ、HDX 有機ELディスプレイ、トリプルカメラ、A13 Bionic チップ、Face ID 第2世代などの新機能を搭載。

機能・仕様《2》

ディスプレイ

ディスプレイ:Super Retina XDR[2019 新型 iPhone 11 Pro]
iPhone 11 Pro ディスプレイサイズは〈5.8インチ〉と〈6.5インチ〉2種類で従来機 iPhone Xs と大きさは同じ。
ディスプレイまわりは iPhone 8 のようにベゼル(枠)がなく、前面の端から端まで表示部分が広がったオールディスプレイです。小さい筐体でも最大限の画面表示を可能にしています。

ディスプレイ:Super Retina XDR[2019 新型 iPhone 11 Pro]

新ディスプレイ Super Retina XDR

iPhone シリーズ史上、最高画質を誇るディスプレイが Super Retina XDR(スーパー レティナ エックスディアール)です。
従来のディスプレイを大幅に上回る圧倒的なコントラスト比の高さと鮮やかな色彩再現性は、他のスマートフォン寄せ付けないクオリティ。高画質に製作された劇場映画を iPhone 11 Pro で存分に楽しめます。

動画・ゲームに強い応答速度

通常の液晶ディスプレイでは、高速移動する物体の表示がモザイクがかかって見えることがありますが、Super Retina XDR では映画館で鑑賞しているようにスムーズに動いてストーリーに没頭でき。3D ゲームのコマ落ちもなく操作に集中できます。

最大輝度1,200ニト

iPhone 11 Pro の OLED パネルは、明るい野外でも画面表示が見える輝度と、HDR の写真やビデオを鮮やかに美しく見せるための輝度を備え持ちます。

印刷物の質感を再現する True Tone

True Tone(トゥルー・トーン)は、周囲の光の色温度に合わせ、画面上のホワイトバランスを微調整します。これにより、ディスプレイ上の画像がまるで印刷物のように自然に、人間が感じる色に近づけます。

iPhone 11 シリーズ:ディスプレイ仕様
iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max iPhone 11
画面サイズ・仕様 5.8 インチ
Super Retina XDR
2,436 x 1,125 px (458 ppi)
6.5 インチ
Super Retina XDR
2,688 x 1,242 px (458 ppi)
6.1 インチ
Liquid Retina HD
1,792 x 828 px (326 ppi)
ディスプレイ仕様 OLED(有機 EL)パネル
2,000,000:1コントラスト比(標準)
HDRディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
True Tone ディスプレイ
最大輝度800ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)
LCD(液晶)パネル
1,400:1コントラスト比(標準)
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
True Tone ディスプレイ
最大輝度 625 cd / m2(標準)

CPU / GPU

A13 チップ[2019 新作 iPhone]
Apple が自社スマートフォン用に独自開発している高性能プロセッサ『Aシリーズ』。これらのチップは 新型 iPhone / iPad がリリースされるたびに改良された新規チップが用意されており、2018年秋に投入された A12X プロセッサでは、上位クラスのラップトップPCを凌駕するほどのスペック。

2019 新型 iPhone シリーズに採用されたチップセットは『A13 Bionic』。このチップは、2018 iPhone シリーズに搭載されていた A12 Bionic のマイナーチェンジになるため、大幅な性能向上は見込めないと予想されていました。

A13 Bionic:性能概要

Apple A13 Bionic の CPU構成は、パフォーマンスコアが2基に、省電力コアが4基を搭載するヘキサコア(6基のプロセッサコア)。

CPU
2基のパフォーマンスコアは〈20%〉の性能向上と〈30%〉の省電力化、4基の省電力コアは〈20%〉の性能向上と〈40%〉の省電力化を実現。
GPU
GPU は、クアッドコア(4基のプロセッサコア)構成で〈40%〉の性能向上と〈40%〉の省電力化を実現。
Neural Engine
機械学習をつかさどる Neural Engine(ニューラル エンジン)は、オクタコア構成で〈20%〉の性能向上と〈15%〉の省電力化に成功しています。

メモリ

コンピュータやタブレットなどの製品でもメモリ(RAM)の搭載量はユーザーの興味をそそられますが、それはスマートフォン iPhone でも同様でしょう。
とく新型モデルのメモリがどの程度アップグレードされるか、最新 Android スマホのように 6GB や 12GB 搭載するモデルと比べ差も気になるところです。

2018年モデルの搭載メモリ容量は、iPhone Xʀ〈3GB〉、iPhone Xs〈4GB〉、iPhone Xs Max〈4GB〉のようにミッドレンジモデルとハイエンドモデルで差をつけてありました。搭載プロセッサは、すべてのモデルで[A12 Bionic]チップです。

2019年モデルの搭載メモリ容量は、iPhone 11〈4GB〉、iPhone 11 Pro〈4GB〉、iPhone 11 Pro Max〈4GB〉と、すべてのモデルで同じメモリ容量。搭載プロセッサは、すべてのモデルで新型[A13 Bionic]チップです。

2018-2019 iPhone:RAM 容量
2018年モデル iPhone Xʀ iPhone Xs iPhone Xs Max
メモリ搭載量 3 GB 4 GB
2019年モデル iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
メモリ搭載量 4 GB

iPhone 11 シリーズは、カメラアプリに力を入れており、シームレスなレンズ切替えの他にも、前後カメラによる同時動画記録や、iPhone ないで実行する写真・動画編集機能に多くのメモリを使用するはずですですが、ユーザーが期待するようなメモリ増強はおこなわれていません。

2020 iPhone は筐体や画面パネルの設計を大幅に変更するフルチェンジモデルです。おそらく性能・機能が大きく向上するため、RAM もよりスペック高い仕様が求められるでしょう。おそらく2020年モデルではメモリ容量の増加は期待できます。

ストレージ

ストレージ(記憶装置)容量のラインナップは2018年モデルと同様で、機種ごとの容量設定も変わりません。

2019 iPhone のストレージラインナップは iPhone 11 が〈64GB〉〈128GB〉〈256GB〉。iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max が〈64GB〉〈256GB〉〈512GB〉と、2018 iPhone と同じ。期待されていた〈1TB〉テラバイト SSD の採用はありませんでした。

iPhone 11 シリーズ:フラッシュストレージ容量
iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max iPhone 11
ストレージ 64GB / 256GB / 512GB (ROM) 64GB / 128GB / 256GB (ROM)

新旧のストレージには取り立てるような変更もなく、仕様的には同等品が採用されていると思ってよいでしょう。


Face ID

顔認証 Face ID[新型 iPhone 機能]
最新 iPhone のセキュリティは、高度な個人情報保護システムとしてユーザーの顔の造形を認識して iPhone のロック解除などをおこなう Face ID(フェイス アイディー)を搭載。

Face ID は、iPhone ディスプレイを見つめるだけで、ロック解除、ログイン、電子マネー・クレジット決済などを可能にしたのが顔認証セキュアです。なお、Face ID は機械学習によって外見の変化を認識。帽子をかぶっても、メガネやサングラスをかけても認証動作に問題ありません。

2019 新型 iPhone には、Face ID 第2世代システムを採用。投光イルミネーター(赤外線レーザー)の投射光源を2倍ほどに上げることで、読み取りセンサーから顔が離れていたり、明暗の差が激しい環境光が顔を照らしている時でも認証の成功率を上げる対策がとられています。
また、新型プロセッサを導入することで演算処理スピードを上げて認証高速化に対応しています。

顔認証 Face ID に関する特長・仕様・改良情報は『Face ID』の項目に情報掲載します。