【2019新型】iPhone XI《発売日 スペック》

リーク噂 時期いつ[2019 新作 iPhone 11]
iOS 13 採用、強化された保護コーティング、Core NFC 拡張、Apple Pencil 対応などの機能搭載が予測される、2019年9月発表が濃厚な新型 iPhone 11(Xs後継機)の予想販売価格・最新情報を更新。

新型 iPhone 情報 1

2019 次期 iPhone XR

2019 新型 iPhone SE 2

折りたたみ iPhone

2020 新型 iPhone mini

2020 iPhone 8 改良版

2020 新型 iPhone 12

iPhone モデル一覧

格安 SIM × iPhone



新型 iPhone 情報 2

Apple Pencil 対応

Apple Pencil 対応[2019 新機種 iPhone Ⅺ]
2019年秋に発売予定の 新型 iPhone 11 で Apple Pencil が使えるとする情報が上がっています。

2019 新型 iPhone がスタイラスペン Apple Pencil に対応する情報を、金融サービス Citi Research(シティ リサーチ)のアナリストが予測し、その概要をレポートとして公開。

Apple Pencil はもともと Apple がタブレットコンピュータ iPad 向けに開発したスタイラスペンで、文字を書いてメモを取ることはもちろん、イラストから絵画などの創作活動にも使用できます。

近年、新型 iPhone のリーク情報では Apple Pencil 対応の噂が何度も上がっていましたが実現することはありませんでした。最新 iPhone のスペック的には Apple Pencil 対応は可能なのですが、おそらくディスプレイサイズの大きさ・必要性の低さから採用を見送っているのでしょう。

今回 Citi Research の新型 iPhone の機能に関する予測レポートについては、Apple 製品に詳しい情報メディアからは大きな関心は得られていません。なぜなら、Citi Research は Apple の業績予測を金融サービスの面から業務的におこなっていますが、製品仕様に関する予測はまれであり予測的中率も高いとは言えないため、レポートの評価は厳しくなります。

ただ興味深いのは、Apple は過去に iPhone 向けに利用できる専用スタイラスペンの特許申請をしており、導入の可能性がまったくないわけではありません。とくに将来登場が期待される〔折りたたみ iPhone〕ならディスプレイ面積が広いため Apple Pencil 対応の可能性は高くなるでしょう。

未発表 iPhone の EEC 登録

2019年9月発売予定となる次期 iPhone が EEC(ユーラシア経済連合)のデータベースへ登録されたことが判明。登録された Apple 製品は、時期的に2019年モデル iPhone とみられています。
新型モデル番号の登録[2019 新作 iPhone]
EEC は、ロシア、ベラルーシ、カザフスタンなどが所属する経済連合の執行機関で、暗号化技術を導入するデバイスの登録が義務づけられています。ここのデータベースに登録された製品は、おおよそ数ヶ月で発売されている例が多いことから、Apple からの登録は常に注目を集めています。
ちなみに、2019年1月に EEC へ登録されたモデル番号の製品は、2019年3月に発売された 2019 iPad(iPad Air 3、iPad mini 5)でした。

Apple から登録された製品名項目には「Apple のスマートフォン」と書き込まれ、続いてモデル番号 A2111、A2160、A2161、A2215、A2216、A2218、A2219、A2220、A2221、A2223 と合計で11モデルが登録。また、ソフトウェアは「iOS 12」と補足されています。

モデル番号の割振り
アメリカの Apple 製品メディア 9to5Mac は、今回のデータベースに登録されたモデル番号から 2019 新型 iPhone のラインナップを推測しています。

iPhone XR 後継機
A2111、A2161、A2215
iPhone Ⅺ、iPhone Ⅺ Max
A2160、A2216、A2218、A2219、A2220、A2221、A2223

有線方式データ転送

有線データ引っ越し[2019 新機種 iPhone 11]
2019年7月2日 Apple は、次期 iPhone OS となる iOS 13 Bata(ベータ = 試用版)の Bata 3 版を開発者向けとしてリリースしました。新しいベータ版 iOS が提供されるときは、おもにパフォーマンスの向上やバグの修正がメインになっていますが、ときおり新機能が搭載されることも珍しくありません。

iOS 13 Beta 2 と iOS 13 Beta 3 のコードの変更点を調べていくと、セットアップアプリケーションに新しいアセットがいくつか見つかりました。アセットとは、再利用に適したソフトウェアに付加情報をそえてパッケージ化したもので、プログラム上の『資産』を意味します。

この新しいアセットには、Apple デバイスの間でデータ転送ができる新しい方法に、同社が取り組んでいる可能性が上がりました。

現在、新しい iPhone などの iOS をセットアップするときは、iTunes バックアップか、iCloud バックアップから復元する方法があります。2番目は、2台の iPhone を近づけ Apple IDアカウントにログインし、ワイヤレス接続によるデータ移動でセットアップさせる方法です。
有線方式データ転送[2019 新モデル iPhone 11]
iOS 13 Beta 3 で見つかった新しいアセットの文字列には、ケーブルを使って別の iOS デバイスから直接データを転送する方法について記述されており。ほかのアセットには、ケーブルで接続された2つの iPhone アイコン画像が確認されている。
ちなみに、新たな転送方法をチェックするため、試しに1台の iPhone をリセットして手動セットアップにより iOS 13 Beta 3 の作動を確認しようとしたところ、新しい転送オプションは表示されませんでした。おそらく有線によるデータ転送ソフトウェアが全て整っていないか、まだリリースされていない開発中のデバイス機器向けに構築される可能性があります。

気になるのが、現行モデルの iPhone は Lightning ポートを備えていますが、ケーブル接続部分の両端が Lightning コネクタになっているケーブルをApple は提供していないため、このデータ転送がどのように達成できるのか現在のところは不明です。


データ転送は、無線より有線のほうが圧倒的に速く安定しているため、手軽に新旧 iPhone のデータ引っ越しがしたいユーザーには、このデータ転送方法は是非とも実現して欲しいものです。



Core NFC:ID カード読込

iOS 13 Cora NFC[2019 新機種 iPhone]
Apple が NFC(Near Field Communication = 近距離無線通信)を導入したのは、Apple が自社開発した電子マネーである Apple Pay 決済のために採用しました。

さらに、2019年秋にアップデートされる iOS 13 では、NFC 機能を拡張した Core NFC 機能を解放することで、公的機関が交付する重要な ID コードの電子データを iPhone で管理できるようになります。

iPhone のマイナンバーカード読込み対応

マイナンバーカード対応[2019 新機種 iPhone]
日本経済新聞が、iPhone の機能を利用したマイナンバーカード(個人番号カード)の新たな活用法を報じています。

これは、2019年秋にリリースされる iOS 13 が NFCタグのサポートをするため、マイナンバーカード内臓の IC チップの読み取りが可能になります。報道によると、専用アプリを入れた iPhone で政府運営のウェブサイト『マイナポータル』アクセスし、マイナンバーカードを iPhone にかざして本人確認することで、ログインできるようにします。

この、マイナンバーカード読み込み対応により、児童手当の申請や確定申告が可能になります。

この報道を受けて、政府 CIO 補佐官を務める楠正憲氏は、政府がこの機能に対応する準備を進めているとコメントしました。

現状のマイナンバーカードの読み取りには、パソコンに接続した専用 IC カードリーダーを使うか、NFC 対応の Android スマートフォンを利用する方法で対応していました。この Android スマホを使う方法では、対応するスマートフォンが少なく、国内販売のスマートフォンの多くは NFC 非対応でした。

マイナンバーカード読み込みに対応する iPhone は、iOS 13 の Core NFC をアップデートすることで、NFC / FeliCa タグの読取を新たにサポートします。
iPhone 専用のマイナンバーカード読み取りアプリが提供されれば、日本では多くのユーザーが iPhone を利用していることから、マイナンバーの普及率も向上すると期待されています。

マイナンバーカード対応 iPhone
マイナンバーカード読込みに対応する iPhone の条件は、iOS 13 対応でき、かつ Apple Pay が利用が前提となるため、iPhone 7 以降の機種なります。

  • iOS 13 に対応できる iPhone
  • NFC / FeliCa 機能対応
  • Apple Pay アプリ対応

Core NFC:概要
新フレームワークとなる Core NFC は、NFC タグ検出とそこに書き込まれたNDEF(NFC Data Exchange Format)データを読み取る機能です。

もともと NFC リーダー機能は iPhone 7 以降のモデルに搭載していましたが、Apple が機能自体をロックしており Apple Pay の限定機能でした。ところが、iOS 13 では NFC 制限が解放されるため、おおくの NFC / Felica タグが読み取りが可能となり、専用アプリケーションなどを利用することで、ID カードを搭載した身分証明書や電子滞在許可証などが iPhone 上で利用可能となります。

独 パスポートなど ID カード読取り対応

パスポート ID 読取[2019 新モデル iPhone]
独 BMI(Bundesministerium des Innern, für Bau und Heimat = ドイツ内務省)が、2019年秋にリリース予定の iOS 13 に導入される ID カードのスキャン機能を利用して、iPhone でパスポートと身分証明書の管理ができるようになると発表。専用アプリケーションはドイツ政府が公式に用意する AusweisApp2 アプリによって対応。

これは、iOS 13 でアップデートされる Core NFC を用いて、パスポート、ビザ、身分証明書(滞在許可証など)の ID カードを読み取り可能とし電子コピーが使用可能になります。これは、日本のマイナンバーカード(個人番号カード)や、イギリスのパスポートの発表に続くもので、iOS 13 配信後は、オンラインや公的サービスで iPhone が活躍する機会が増えそうです。
まずは、iPhone とiOS 13 と AusweisApp2 の組み合わせで、ドイツへ旅行・仕事などで一時的に滞在するユーザーはかなり便利になるでしょう。

Core NFC 対応 iPhone
Core NFC を利用したに ID カード読込みに対応するには、ソフトウェアの iOS 13 だけでなく、Core NFC 機能拡張に適応するハードウェアも必要。
Apple が、現在この機能を有効にするために選出しているモデルは、2018年発売の iPhone XR、iPhone Xs、iPhone Xs Max といった最新モデルの3機種のみ。それ以外の従来モデルで、拡張された Core NFC が利用できるかは不明。



3D Touch の廃止

3D Touch 廃止[2019 新機種 iPhone]
3D Touch(3D タッチ)とは、ディスプレイを指で押しこむ強さを感知して操作内容を変更できる機能。この機能が 2019 新型 iPhone から廃止される情報が上がっています。

3D Touch の機能
ディスプレイパネルに高精度な圧力センサーが搭載されたのは iPhone 6s からで、iPhone SE と iPhone XR を除く iPhone で利用できます。

3D Touch に対応している iPhone であれば、画面を強く押し込むと「コツン!」という反応が返ってきて画面にサブメニューが表示されます。
この 3D Touch は、指で押した強さを細かく感知することができ、通常よりも強く押し込む操作を『Peek(ピーク)』、さらに強く押し込む操作を『Pop(ポップ)』と二段階用意し、それぞれのサブメニューやプレビュー機能などを押し加減で呼び出すことが可能。
ただ、気をつけないといけないのは、3D Touch 対応モデルでは『強めに押す』と『長押し』を区別するため、ディスプレイパネルを長押しするとき、つい画面を強めに押し込んでしまうと、ユーザーが希望する操作にならない場合があります。

3D Touch は操作感に慣れると便利な機能ですが、あまり普及していないのは、指先の力加減があいまいだと使いにくい機能であることと、3D Touchがあることすら知らないユーザーが多いからでしょう。

Haptic Touch
最新モデルの iPhone XR には圧力センサーが搭載されていないため 3D Touch は採用していませんが、かわりに Taptic Engine(タプティック エンジン)を搭載した Haptic Touch(ハプティック タッチ)を採用しています。これは画面の長押しで「コツン!」という反応が返ってきて操作を実行するのですが、操作性に関してはとくに画期的な機能があるわけではありません。
トラックパッドモード[2019 新機種 iPhone]
Haptic Touch では 3D Touch で実現していたサブメニューを出すことはできませんが、文字入力画面で入力位置を示すカーソルを、指のドラッグ操作で自由に動かせる『トラックパッドモード』が利用できるため、3D Touch を使用していたユーザーでも文字入力の快適さは変わりません。

消えていく 3D Touch
ほとんどのユーザーに機能の有用性が知られていない上に、ディスプレイパネルに無駄な技術やコストがかかる 3D Touch は、その機能自体が存在していなくても問題ないため消える運命にあるようです。
さらに、この機能がなくなることによってコストダウンも可能でしょうし、ディスプレイ全面で指紋認証ができる『音響式 Touch ID』を搭載する情報もあり、ディスプレイパネル簡素化によるメリットも大きいでしょう。

大容量1TBストレージ

eUFS 大容量1TBストレージ[2019 新型 iPhone]
近年、写真・動画などの高解像度・高画質化がすすみデータ量が増加傾向にあり、ストレージ容量の小さいスマートフォンでは、データの移動や消去などによって空き容量を確保しなければなりません。そんなところ、Samsung Electronics(サムスン電子)が、組み込み向けの 大容量 Universal Flash Storage (eUFS) 2.1 を開発。このたび生産を開始することをアナウンスしました。
eUFS はスマートフォンやデジカメといった薄型筐体のデバイス向けに規定されたフラッシュストレージ規格。

発表された eUFS の容量は〈1TB〉と世界最大容量。
1TB がどのくらいの記録容量か 4K 動画でたとえると、64GB のストレージ容量のばあい10分間の 4K 動画が13本しか保存できないところ、1TB ストレージ容量があれば同じ動画が260本保存可能になります。(4K動画:3,840×2,160ドット)

Samsung は、2015年に初めて eUFS の128GBのチップを市場投入し、それから4年で1TBの大容量モデルを開発。モバイル機器向けストレージデバイスの拡販をめざしています。
新開発の1TB eUFS は、モノダイ(1つのシリコンダイ)に、512 Gbit(ギガビット)の V-NAND(Vertical-NAND)フラッシュメモリを16層積層させて大容量を実現。これに新開発のコントローラを組み合わせて、サイズは〈幅11.5mm × 奥行き13mm〉と、同社の512GBパッケージと同等の大きさながらも容量を2倍に拡張させています。

Samsung 1TB eUFS は転送速度の高速化もはかられています。
たとえば USB3.0 では、最高速の SuperSpeed モードでは〈5 Gbits/s〉と伝送速度が定義されていますが、UFS 規格のバージョン3.0では倍以上の〈11.6 Gbit/s = データレート:1450MB/s〉の転送スピードを誇ります。ほかの規格と比べると、SATA 6Gbps SSD の約2倍、microSD カードの10倍という転送速度です。

なお、同社では V-NAND eUFS の高い需要を見越しており、2019年後半には第5世代 512Gb V-NAND の生産拡大を計画している。


2018 iPhone の最大ストレージ容量は512GBですが、ギガ単位のデータを多く保存するハードユーザーは、もうワンランク上のストレージ容量を求めています。おそらく部品単価が頃合いになれば次期 iPhone へ採用になるでしょう。ついにスマートフォンのストレージ容量もデスクトップ Mac 並みの時代が来ています。



保護コーティング

USPTO(米国特許商標庁)は、Apple が申請していた特許内容をこのほど公開。これは、iPhone をふくむ自社製品の損傷を防ぐため、保護コーティングに関する特許であることが判明。さらに興味深いのは、この出願された特許技術の一部が、すでに発売されている iPhone に採用されている可能性があるからです。

Apple が特許申請した新しい保護技術は、特殊な保護コーティングによって、デバイス機器のハウジング構造・光学部品のほか、ガラスやディスプレイなどの透明部材、その他のデバイス構造への損傷を防ぐもの。
保護技術:割れ傷防止[2019 新作 iPhone]
この保護コーティングの材質には、酸化チタン(IV) のほか硬質なコア粒子を含んでいる。また、保護コーティングの上には多層誘電層として硬質なカーボンマテリアルを成形や、さらなる保護レイヤーの追加も可能としている。

特許申請された新しい保護コーティングは、多様な Apple 製品に採用できるようで、iPhone、iPad、iPod touch、AppleWatch、MacBook、AirPod などのデバイスに適用できるとしています。

iPhone Xs 強度向上の可能性

保護技術:落下耐久テスト[2019 新作 iPhone]
この特許出願から4ヶ月後に発売された 2018 iPhone Xs を耐久テストした情報があります。結果を先に言えば、その実験では新しい iPhone Xs のほうが損傷が少ない結果が得られています。

テストに使用したモデルは 2017 iPhone X と 2018 iPhone Xs。落下の高さは〈1.5メートル〉ほどで、コンクリート製の歩道へ自然落下させるもの。また落下回数は4回実行しています。

iPhone Xs
2018 iPhone Xs は、筐体外装とカメラレンズあたりの側面に小さな凹みやすり傷が入った以外はとくに問題はありませんでした。

iPhone X
2017 iPhone X は、腰の高さから2回の落下でディスプレイの両端までヒビが入り、小さなガラス片が飛び散るほど損傷しました。

これらの落下テストで、明らかに 2018 iPhone Xs の方が 2017 iPhone X よりも落下衝撃に耐え、破損が少ない実証をしました。


USPTO によって公開された特殊保護コーティング技術は、2018年第2四半期に出願されているため、2018 iPhone に採用されている可能性は十分あります。また、保護コーティングは他素材の複層レイヤーの併用も可能なので、さらなる耐衝撃・耐磨耗技術によって割れや傷がつきにくい Apple 製品が増えることに期待しましょう。

マットコーティング

マット仕上げコーティング[2019 新型 iPhone]
2019 iPhone ガラスパネルに滑り止めコーティング(マット仕上げ)が施される可能性が出てきました。

iPhone 8 以降のユーザーであれば、筐体背面パネルがガラスコーティングであることに気づくでしょう。この背面ガラス仕様はワイヤレス充電のための処理で、従来のアルミパネルではワイヤレス充電ができないからです。見た目が綺麗なガラスコーティングですが、ガラス特有の滑りやすさが災いして、手を滑らせて iPhone を落とし損傷させるユーザーが後を絶ちません。
このようなガラスコーティングのデメリットを最小限に抑えるため、2019 iPhone の背面ガラスパネルに滑り止めのための特殊コーティングを施す計画をすすめてるもよう。

この次期 iPhone の背面ガラスに施されるグリップコーティングは、一般的には『エッチングガラス』と言われる処理をほどこします。これは、ガラス面につや消しマット状にみえる微細な凹凸をつけることで摩擦抵抗を上げて滑りにくくする方法です。
ガラスエッチング処理スマートフォン[2019 新型 iPhone]
このエッチングガラスによるグリップコーティングは、すでに市販されるスマートフォンに採用されている技術で、Google Pixel 3 の背面ガラスに同様の処理が施されており、その効果と有用性は実証されています。
背面マットコーティング[2019 新型 iPhone]背面マットコーティング[2019 新型 iPhone]


通常ガラスコーティングのキラキラしたイメージが好きなユーザーには嬉しくないグリップコーティング(マット仕上げ)ですが、見た目より落下防止策を優先するユーザーには待望の仕様となるでしょう。

エッチングガラス:概要
ガラスパネル滑り止めコーティング[2019 新型 iPhone]
エッチングガラスは、ガラス工芸としてガラス面に模様を生みだすため多く使われる加工技術。

昔ながらの方法は、ガラス表面に型紙かマスキングにより保護部分をつくり、それ以外の部分を硫酸などの薬品によって腐食させることで、ガラス表面に微細な凹凸を造り上げます。
近年の大量生産では、砂を強力に吹付ける『サンドブラスト』によってガラス面に凹凸処理をほどこします。現在、多くのガラスエッチングと呼ばれる工業製品は、サンドブラスト方式で生産されています。



iOS 13

iOS 13 新機能 リリース[2019 新型 iPhone]
2019年6月開催の WWDC イベントで発表、9月後半にリリースされる予定の次世代『iOS 13』に搭載される機能が分かってきました。

ユーザー注目の iOS 13 の新機能が Dark Mode(ダークモード)。これは画像以外の文字・背景・操作系などの色を反転させる機能で、夜間使用時に瞳から入る光をおさえて文章閲覧・視聴を容易にします。

iOS 13 に搭載される新機能およびサポート対象機種の情報は〔iOS 13 対応機種 特長[iPhone, iPad, iPod touch]〕にまとめて掲載しています。

iOS 13 対応機種 特長

販売価格

値段 価格[2019 新モデル iPhone]
ブルガリアのモバイル機器技術メディア PhoneArena は、2019年9月に発売される 2019 新型 iPhone の販売価格を自社が得た情報をもとに予測、その情報を公式サイトにアップしました。

PhoneArena は 2019年モデルの iPhone 名称を、iPhone 11、iPhone 11 Plus、iPhone 11R と述べています。

販売価格につていは、現行機種(2018 model)である iPhone Xs、iPhone Xs Max の値段が〈1,000〜1,100ドル〉から始まるという高額な価格設定であることと、次期モデルは筐体設計変更もなく改良点が少ないマイナーチェンジという点からして、値上がは考えにくいとの見解。
そのような理由で、ハイエンドモデル2機種は価格据え置きか値下がりするだろうと予測。また、販売価格が安くなる理由として、2018年モデルの販売数の低迷が上げられる。

ちなみに、日本販売する iPhone Xs 64 GB の価格は、¥112,800 (税別) からはじまる。

Apple としては、利益を少しでも上げるため販売価格の下落は避けたいところです。おそらく、現在の価格帯を維持するため、最小ストレージ容量を増やす対策でユーザーにお得感をもたらす可能性があります。
値段 価格[2019 新機種 iPhone]
PhoneArena の予測では、iPhone 11 の最小ストレージ容量を〈128 GB〉、価格を〈1000ドル〉。〈256GB〉および〈512GB〉がそれぞれ〈1100ドル〉と〈1200ドル〉で店頭に並ぶだろうと予想。
iPhone 11 Plus は、ストレージ容量〈128GB〉が〈1100ドル〉から、〈256GB〉は〈1200ドル〉、〈512GB〉は〈1300ドル〉ほどの値段を見込んでいます。
iPhone 11R に関しては〈750ドル〉からの販売価格と予想しています。

2019 iPhone 予想価格

PhoneArena が独自に予測した2019年モデルの販売価格。

128GB 256GB 512GB
iPhone 11 1,000ドル 1,100ドル 1,200ドル
iPhone 11 Plus 1,100ドル 1,200ドル 1,300ドル
iPhone 11R 750ドル

2018 iPhone 販売価格

比較参考として、2018年モデルの販売価格。

iPhone Xs〈64GB〉 999ドル(日本:112,800円)〜
iPhone Xs Max〈64GB〉 1,099ドル(日本:124,800円)〜
iPhone XR〈64GB〉 749ドル(日本:84,800円)〜