【2019新型】iPhone XI《発売日 スペック》

値段予想 時期いつ[2019 新作 iPhone 11]

トリプルレンズカメラ、極薄有機ELディスプレイ、A13 (CPU/GPU) プロセッサ、次世代 Touch ID、Face ID v2.0、超高解像度イメージセンサーなどの技術の搭載が予測される、2019年秋発表が濃厚な iPhone 11(Xs後継機)の情報を更新しています。


減産された情報もありますが、それなりに好調な2018 iPhone シリーズ。Apple は後継機となる 2019年モデルの開発を進行させています。次期モデル は、2018年モデルとなる iPhone Xs、iPhone Xs Max の筐体をいかしたマイナーチェンジモデルとなるもよう。

新型 iPhone 情報 2

次期 iPhone XR 情報

折りたたみ iPhone 情報

2020 iPhone 情報



新型 iPhone 情報 1

2019年モデル ラインナップ

2019年モデル3機種[2019 新型 iPhone]
2019年秋に発売される iPhone のラインナップは2018年モデルとかわりなく、ハイエンドモデルの次期 iPhone Xs が2機種と、ミッドレンジモデルの次期 iPhone XR が1機種の合計3機種を販売展開するもよう。しかし、エントリーモデルの次期 iPhone SE の情報もチラホラ上がっており、2019年のどこか(春発売のリークあり)で追加される可能性もあります。
なお、話題の『折りたたみ iPhone』は2020年にリリースされる予定。

2019 iPhone ラインナップ

次期モデルの外観デザインは、筐体の基本設計が 2018 iPhone 同様のマイナーチェンジとなるため、現行モデルとくらべて外観形状の変化はわずか。メインモデル3機種ともディスプレイサイズは 2018 iPhone と同じ。ただ、iPhone Xs Max 後継機のメインカメラにトリプルレンズカメラが搭載される可能性が高く、背面パネルは設計変更されるでしょう。
また、リアパネルのガラスコーティングには、滑り止め対策のため『マットコーティング』が施されるもよう。この処理はガラス表面を微細な凸凹仕上げにするだけなのでワイヤレス充電にも対応。

おもな特長

iPhone Xs Max 後継機[2019 新型 iPhone]
iPhone Xs(Max)後継機では、ノッチ領域が縮小され画面上部の表示がよりフラットになる情報。顔認証セキュア Face ID が改良された第2世代にアップデート。ワイヤレス充電は新製品 AirPower の利用で超急速充電に対応する可能性があり。
また、iPhone 初採用のトリプルレンズカメラ搭載ですが、Max のみの採用かもしれません。さらに、次期 iPhone Xs Max のディスプレイパネルには、新開発の極薄 OLED(有機 EL)ディスプレイパネルの搭載の情報もあります。

機能・仕様

  • 5.8インチ Super Retina HD
  • 6.5インチ Super Retina HD(Max)
  • 極薄 OLED ディスプレイパネル(Max)
  • ノッチ部分縮小
  • A13 Bionic チップ
  • Face ID 2.0
  • トリプルレンズカメラ
  • マットコーティング
  • ワイヤレス充電(超急速充電対応)
  • Wi-Fi 6 / Bluetooth 5
  • IP68(耐水防塵)

発表・発売日

2019年夏に発表される新作スマートフォン 2019 iPhone Ⅺ の公式アナウンスとリリースの日程を、過去の例から予測すると、公式発表は〈2019年9月11日〉頃が濃厚。そのあたりでアナウンスされれば、発売日は〈2019年9月20日〉頃と推測できます。

名称(年式) 発表日 発売日
iPhone Xs / Xs Max(2018) 9月12日 水曜日 9月21日 金曜日
iPhone 8 / 8 Plus(2017) 9月12日 火曜日 9月22日 金曜日
iPhone 7/7 Plus(2016) 9月7日 水曜日 9月16日 金曜日
iPhone 6S / 6S Plus(2015) 9月9日 水曜日 9月25日 金曜日
iPhone 6/6 Plus(2014) 9月9日 火曜日 9月19日 金曜日
iPhone 5S(2013) 9月10日 火曜日 9月20日 金曜日
iPhone 5(2012) 9月12日 水曜日 9月21日 金曜日


トリプルレンズ iPhone

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
2019年に発売されるのではないかと推測されている、背面のメインカメラに3つのカメラユニットを搭載する iPhone のコンセプトデザインがこのほど公開。

以前から噂されている情報によると、2019年に登場する iPhone のうちの1機種は、カメラを3つ搭載するトリプルカメラになるだろうと、台湾の情報メディア『経済日報』が報じていました。

トリプルレンズ初搭載スマホ
最初にトリプルレンズカメラを搭載したスマートフォンといえば『Huawei P20 Pro』です。P20 Pro の3つのレンズユニットの役割は、

  • 20MP(モノクロF/1.6)
  • 40 MP(メインカメラF/1.8)
  • 8MP(望遠 F/2.4)

モノクロ専用カメラレンズ搭載は面白い発想ですが、メインカメラの画素数が4000万画素というのがスマートフォンが採用するイメージセンサーのサイズから考えると驚きの解像度。さらに、すべてのレンズユニットには光学式の手ぶれ補正機能(OIS)を搭載。ちなみに iPhone の画素数は1200万画素です。
この P20 Pro ではレンズユニットに特徴をもたせており、一眼レフ・ミラーレスカメラを愛用するユーザーも気になるカメラ機能を搭載しています。

iPhone トリプルカメラ

iPhone が搭載すると推測されるトリプルカメラでは、以下のような性能をアピールしてくると考えられます。

  • 光量の少ない暗い場所での画質向上。
  • 高い解像度に見合う細部の高い描写力。
  • 光学ズーム・手振れ補正の向上。
  • 広角レンズと3D立体認識機能。

Daily News は、とあるサプライチェーンの情報として、2019年に発表される iPhone のおおよそスペックは、1200万画素のメインカメラ、最大5倍光学ズーム、耐衝撃フレームが搭載されるとしています。とくにトリプルカメラについては、それ以前に発売されている、どのスマートフォンのカメラより優れた画質を提供できる自信があるようです。
これらの情報をもとに iDropNews は2019 iPhone コンセプトモデルのイメージ発表しています。どういった配置とアレンジをしているか確認してみましょう。

大型カメラハウジング

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
3つのカメラユニットと LED フラッシュを1列にまとめた配置。カメラユニットを大型のハウジングに収納できるため、レンズユニットの構造や手ぶれ補正機構の設計に余裕ができるため画質には期待できそうな構造。ただし突起部分の容量が大きいため、こらが気になるユーザーも出てくるでしょう。

ハウジング外部へカメラ追加

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
追加される三つ目のカメラユニットをハウジングの外に追加する方法です。この配置のメリットは従来のデザインを崩すことなくカメラを追加できることでしょう。ただし、追加されるカメラユニット構造の余裕が少ないため設計や機能の自由度に制限がつくでしょう。

フラッシュ位置の変更

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
基本的なデザインや構造を大幅に変更することなく第3のレンズを装備できる方法のひとつは、LED フラッシュの位置を動かすことです。
この配置のメリットは、一つ目の『大型カメラハウジング』と一緒でカメラユニットの設計と機能にメリットが大きいことです。さらに、フラッシュの横位置への移動は iPhone の上位モデルに採用されているので、カメラハウジングとバランスが取れた位置にフラッシュを配置すれば見栄えも良好になるでしょう。

リングフラッシュの採用

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
ユニークな発想の一例は、カメラモジュールを取り囲むようにリング状 LED フラッシュを組み込むことでしょう。
この組み込み方法は、コンパクトデジタルカメラや一眼レフ用アクセサリーでも採用しており、写真撮影に最適化された方法です。また、デザインやフレーム設計などの要素を大きく変更させることがなく、追加カメラユニットにもメリットが大きい配置方法かもしれません。

iDropNews では、このデザインに最も高い評価を下しています。

画質・機能やデザインを含めて iPhone のトリプルカメラが、どの方向性へ進んでいくのか興味がわきますね。



トリプルレンズ搭載モデル

トリプルレンズカメラ搭載モデル[新型 iphone 2018-2019]
以前から2019年に発売されると噂されている トリプルカメラを搭載する iPhone ですが、来年の発売について新しい情報が追加されました。

Yuanta(ユアンタ)証券のコンサルティングアナリストであるジェフリー・プー氏は、2019年後半にトリプルレンズカメラを搭載した iPhone を、少なくとも1モデルは発売する可能性が高いと述べています。
3つのカメラユニットを搭載する iPhone の機能やスペックの内容の多くはまだ判明していませんが、3倍の光学ズームレンズを搭載する情報が上がっています。あと2つのカメラユニットの特徴はまだハッキリしていません。ちなみに現行モデルの iPhone の光学ズームは2倍になっています。

トリプルカメラ搭載の iPhone

高性能なスペックと噂されるトリプルレンズユニットの iPhone ですが、最近はどのモデルに搭載されるのか注目されています。

これについては、過去の例から推測すると上位モデルに搭載されるのは間違いなく、今後発売されるラインナップから判断すると、ハイスペックな iPhone として登場する『iPhone 11 Max』に、このカメラシステムが採用される可能性が高いとしています。

ノッチがなくなるブラックレンズ

ブラックレンズ[2019 新型 iPhone]
スマートフォンに当然のように搭載されているカメラ機能の高画質・高性能化がすすんでいます。その結果、コンパクトデジタルカメラの市場の売上を脅かしており、カメラーメーカーが開発販売を終了させるケースが増えました。

そんななか、今後発売される iPhone に新技術を採用した高性能カメラが搭載される可能性があがってきました。その新世代カメラの名称は『ピュア・ブラックレンズ』と呼ばれています。

このレンズを開発しているのは台湾の『Largan Precision(大立光)』。Largan は、非球面レンズの開発・生産に関しては世界有数の企業として知られており、モバイル機器、ノートPC、タブレット、車載、デジタルカメラ用等として世界で広く採用されています。

その Largan が開発しているブラックレンズ技術は、レンズに特殊コーティング技術を施すことでディスプレイパネル内にカメラレンズを搭載することが可能になる画期的な技術です。

このレンズコーティング技術はレンズユニットにブラックコーティングを施すことにより、レンズ面の反射がなくなるため、スマートフォンのディスプレイからレンズユニットが視認できなくなる特徴があります。これによって iPhone XR、iPhone Xs のディスプレイに存在するノッチ領域を完全になくすことが可能になります。

このブラックレンズ・テクノロジーは、2020年頃に発売されるスマートフォンメーカーに採用されるとしています。すでに Largan Precision は Apple と取引があるため、将来販売される iPhone にこの技術が搭載される可能性が高まっています。

このブラックレンズが次期 iPhone に採用されれば、ディスプレイからノッチが消えたオールスクリーンディスプレイが誕生します。



5G 対応 iPhone

5G 対応 iPhone[2019 新型 iPhone]

2019年に商用サービスの開始が予定される、第5世代移動通信システム『5G』。Apple が計画している 5G 対応 iPhone は、2020年モデルに搭載が計画され開発プロジェクトが進行中。

2019年 iPhone は5Gに対応しない

アメリカのチップメーカー Intel(インテル)は「消費者向け 5G モデムチップの供給は2020年までおこなわれない」とアナウンス。これは、スマートフォン用の Intel 製 5G モデムチップが、2019年には供給されないことを意味するため、2019年秋に発売する iPhone では 5G 通信に対応できないことが判明しました。

『5G 対応 iPhone』の情報は【2020新型】iPhone Ⅻ《予測 スペック》へ移動して掲載しています。

A13 Bionic チップ

A シリーズプロセッサ製造

A13 チップの製造[2019 新型 iPhone]
iPhone シリーズなどに搭載されている A シリーズプロセッサは、数年前までは台湾 TSMC と韓国 Samsung が生産を請け負っていましたが、2018年モデルの A12 から TSMC のみが製造に関わるようになっています。これは Samsung とくらべ TSMC が製造技術に先進性があるためと言われています。

この独占的な生産受注よって、以前 iPhone 6s シリーズで発生した TSMC と Samsung 製造プロセッサによる処理性能の違いによる問題も回避できるでしょう。

2019年モデルの A シリーズチップは TSMC が独占的に Apple へ供給すると報じられており、ファウンドリとしてのシェアは〈56%〉となる。
これまで TSMC が製造しているチッププロセスは、A10 プロセッサは16nm プロセス、A11 プロセッサは10nm プロセス、A12 プロセッサはおそらく〈7 nm〉で製造していると思われます。2019年モデルに採用される A13 プロセッサは〈7 nm+〉プロセスで製造されるだろうと予測されています。

毎秒5兆回の演算処理を可能にし、処理速度が Qualcomm の Snapdeagon 845 の2倍とも言われる A12 プロセッサ。A13 ではさらに大幅な進化を期待されていますが、採用されるコアが[ARMv8-A]と現在のコアと同様であると予測されており大きな進化は期待できないようです。ただ A14 に採用される予定の新型[ARMv9]コアが搭載されれば処理スピードの向上は大いに期待できそうです。

開発チップ コードネーム

A13 チップの製造[2019 新型 iPhone]
Apple 自社開発されている高性能プロセッサ『Aシリーズ』。これらのチップシリーズは 新型 iPhone / iPad がリリースされるたびに新規チップが用意されており、2018年秋に投入された A12X プロセッサでは、ラップトップPCを凌駕するほどのスペックをもちます。

2019年リリース予定の新型 iPhone にも、もちろん新しい A シリーズプロセッサが搭載されると予測されています。新しいプロセッサ『A13』と考えられていますが、最近この新プロセッサのコードネームが明らかになりました。
その情報をもたらしたのは、ハッカーとして有名な Longhorn 氏。同氏の Twitter アカウントに記された内容は「A13チップのコードネームは『Cebu(セブ)』、二つあるコアのコードネームは『Thunder(サンダー)』『Lightning(ライトニング)』になる」としています。

ここで不思議に思ったのが、コアのコードネームが二つあることです。じつは現在搭載されている A シリーズチップの CPU コアは2基構成で設計されており、一つはパワフルな処理をする高性能コア、もう一つは省電力で処理が可能な高効率コアです。
この2基構成コアは、演算するデータ量・処理速度によって、それぞれ最適な CPU に割り振って高性能化・高効率化・省電力化をはかっています。

コア2基構成の A シリーズチップは、すでに近年発売された製品にも採用されています。以下の2基構成コアのコードネームは、前者が高性能コア、後者が高効率コア。

A11
Monsoon(季節風)、Mistrel(南西部フランス特有の季節風)
A12
Vertex(旋風)、Tempest(大嵐)

近年採用されいる A シリーズのコードネームは気象関係の名付けがされており、A13 コアの『サンダー(雷)』『ライトニング(稲妻)』も同じく気象に関連する単語です。

ちなみに、これらコードネームは一般に公開されることはなく、開発関係者といった限定的な範囲でのみ有効な暗号名です。

A13チップに 7 nm プロセス採用
A13の製造は〈7nmプロセス〉と難易度が高いとされている『EUV(Extreme Ultraviolet:極端紫外線)リソグラフィ』技術で TSMC が独占供給をおこなうとの情報があります。この製造法で生産されるチップは、現行プロセッサ[A12 BIONIC]と比べて15%ほどの性能(処理速度・消費電力)向上が期待されています。〈更新:2018年7月8日〉



A13 製造プロセス N7+

A13 Bionic チップ[2019 新型 iPhone]
台湾メディア Digitimes が、2019 iPhone に搭載されるプロセッサに関する情報を上げています。

iPhone の心臓部となる A シリーズチップの製造は、2018年から台湾 TSMC(台湾 セミコンダクター マニュファクチャリング カンパニー) のみが一手に引き受けており、Apple の A シリーズチップの専業メーカーです。

TSMC は 2018 iPhone のチップ[A12 Bionic]を、高度な生産設備を必要とする 7nm(ナノメートル)プロセスによって最初に生産した製造業者。高密度な製造プロセスで生産されたチップセットは、高速処理はもちろん低い消費電力によりモバイル機器にメリットをもたらします。

もちろん、2019 iPhone 用チップの製造も請け負っており、次期プロセッサ[A13 Bionic]の量産を第2四半期から開始する予定。また、このチップの製造には、第2世代 7 nmプロセス『極端紫外線リソグラフィ』という新しい生産技術の設備が導入され、新型 A シリーズチップの量産がおこなわれます。
TSMC は、毎年秋の新型 iPhone のリリースに向けて、第2四半期から量産を定期的に開始しており情報と一致しています。〈更新:2019年2月11日〉


極端紫外線リソグラフィ:概要
EUV(Extreme Ultraviolet Lithography = 極端紫外線リソグラフィ)は、極端紫外線と呼ばれる非常に短い波長〈13.5 nm〉の光を用いるリソグラフィ技術で、従来のArFエキシマレーザ光を用いた光リソグラフィ技術では加工が難しい〈20 nm〉より微細な寸法の加工が可能となります

リソグラフィ:

感光性の物質を塗布したウエハ(集積回路の素)上に、短波長の光を使って電子回路を焼き付け(露光)し、感光した部分と感光していない部分から電子回路パターンを形成する技術。半導体製造工程の中でもっとも重要な技術のひとつ。

TSMC は、チップ製造技術 EUV(Extreme Ultraviolet Lithography = 極端紫外線リソグラフィ)をもちいた第2世代の 7nm 製造プロセス『N7+』によるチップ量産化に成功。
この製造プロセスは『N7』の改良版プロセスであり性能面での飛躍的な進歩はありませんが、〈6~12%〉の周波数アップ〈8%〉の消費電力低減と〈20%〉のトランジスタ密度向上を実現。電力や発熱の制約の大きいモバイル機器のチップに最適。また、N7+ は自動運転などの先進的分野での導入を目指して開発されている。

声認証 Voice ID

声認証 Voice ID 搭載か[2019 新型 iPhone]

Apple 誇る個人情報セキュリティシステムは、指紋認証セキュア『Touch ID』から本格化。最新モデルでは、顔認証セキュア『Face ID』へアップデートしてセキュリティレベルを上げています。
さらに Apple は個人認識データを細分化して、声認証セキュア『Voice ID』を2020年以降の iPhone に搭載するため研究を進めているもよう。

『声認証 Voice ID 搭載』の情報は【2020新型】iPhone Ⅻ《予測 スペック》へ移動して掲載しています。



次世代 Touch ID

超音波型指紋センサー[2019 新型 iPhone]
iPhone X系は2017年、iPad Pro は2018年から搭載された顔認識セキュア『Face ID』は、非常に高度な技術を駆使した個人情報保護システムです。
現在、Face ID が搭載されていない iPhone と iPad には指紋認証セキュア『Touch ID』が採用されています。Apple のハイエンドモデルに顔認証セキュアが採用されている状況を見ると、指紋による個人情報保護システムが過去の技術に感じられてしまいますが、この Touch ID 技術を新開発デバイスに搭載する次世代の指紋認証セキュアを開発している情報が上がっています。

次世代 指紋認証セキュアは、指紋センサーをディスプレイ領域内に内臓する設計。採用されるテクノロジは『超音波型指紋センサー』で、従来型の指紋センサーより認証スピードが速く精度も高い特徴があります。

Apple は、この特殊な Touch ID の生産を請け負うサプライヤーを選定しており、次世代 Touch ID 関連デバイス製造サプライヤーの候補には、中国『O-film』や、台湾『GIS』『TPK Holding』が上がっているもよう。

初搭載は2019 iPad

新型 Touch ID はディスプレイ内臓式という特殊な機能であるため、おおくの状況でも正常作動するのか気になるところです。このあたりは Apple も理解しているようで、初搭載を2019 iPhone にせず、2019 iPad / iPad mini に搭載してから作動状態をチェック・アップデートし、多くの作動データをそろえてから次期 iPhone に次世代 Touch ID を搭載していくようです。

Apple は、この技術特許を得るため〈2018年9月〉ディスプレイ内蔵型指紋センサーの特許を出願しています。

Touch ID と Face ID の複合認証

次世代 Touch ID が搭載されると Face ID はどうなるのか?という疑問が出てきますが、おそらく次世代 iPhone には指紋認証と顔認証のふたつのセキュアシステムを搭載し、個人情報保護のセキュアレベルを上げるプランでしょう。また使用環境やユーザーの判断によって指紋認証と顔認証のどちらかを選択設定することも可能なはずです。

Apple がここまで個人情報セキュアに熱心な理由として考えられるのが、将来 iPhone をパスポートと置き換える構想があるからでしょう。
パスポートは悪用されると国家保安上の問題もあるため厳重な取り扱いと管理が求められています。将来スマートフォンがパスポート機能を担うのなら、複合セキュアシステムを搭載した完璧なセキュリティ技術が必要になります。


すでにスマートフォンの電話機能は付属的なモノとなっていますが、将来はさらに高度な情報を有することになりそうです。

薄型軽量 Y-OCTA OLED パネル

薄型軽量化 Y-OCTA パネル[2019 新型 iPhone]
2019年秋リリース予定の新型 iPhone は、現行モデル(2018 iPhone)より薄く軽量化されるようです。スリム化されるのは筐体ではなくディスプレイパネルで、ハイエンド iPhone に搭載される OLED パネルを新技術によって更に薄くします。

この新技術は、韓国の総合家電電子メーカー Samsung Electronics(サムスン電子)が独自開発したディスプレイパネルで『Y-OCTA』と呼ばれています。Y-OCTA とは『タッチ機能内蔵式フレキシブル OLED パネル』のことで、ディスプレイ内にセンサー機能を搭載するエンベデッドタイプ(組込み構造)です。
すでに LCD(液晶)パネルではタッチセンサーの組込み技術は進んでいますが、OLED(有機 EL)パネルではインセルタイプによるエンベデッド化は難しいため Y-OCTA ではオンセルタイプのタッチ機能内蔵型ディスプレイです。

Y-OCTA(タッチ機能内蔵式フレキシブル OLED)は、ディスプレイ内にセンサー機能を搭載することでディスプレイユニットの薄型化・軽量化を実現します。なお、この技術は Samsung のスマートフォン Galaxy S9 / S9+ に採用されており、すでに稼働実績があります。

現行モデルの 2018 iPhone Xs (Max) の有機 EL ディスプレイは、ディスプレイ上に別個のタッチセンサーレイヤーを貼り合わせるアドオンタイプですが、次期モデル 2019 iPhone には有機 EL ディスプレイにタッチセンサーレイヤーを組み込んだエンベデッドタイプを導入するようです。

韓国メディア ET News によると、Apple は 2019 iPhone シリーズに Y-OCTA(タッチ機能内蔵式フレキシブル OLED)テクノロジを採用する計画があるようで、Samsung に専用 Y-OCTA パネルの開発と製造を発注したと伝えています。
ただし、Y-OCTA OLED は高度な生産ラインが必要なうえ現在の技術では供給量に限りがあり、ディスプレイユニット単価も高価です。そのため、このディスプレイを搭載できる 2019 iPhone は、1機種のハイエンドモデルに限られるようです。


少し前の情報では 2019 iPhone のラインナップは3モデルで、現行モデルの筐体を使用すると聞いていますが、この高価な有機 EL パネルを、どのモデルに搭載するのでしょうか?2018 iPhone の販売台数が伸び悩んでいるとの情報もあるため、2019 iPhone のラインナップに変更があるかもしれません。



SONY 次世代 3D センサー

SONY 3D センサーチップ[2019 新型 iPhone]
経済情報を発信している Bloomberg(ブルームバーグ)によると、モバイル機器を開発する多くのメーカーが、SONY が開発している新型センサーに大きい興味をしめしていると報じています。

そのセンサーチップは『3D センサー』で対象物の縦横・奥行を測ることができます。また、3D画像生成のためのソフトウェアツールキットも別途に開発・提供されており、デベロッパがその機能を試したり、高度な物体(被写体)の 3D マッピングを行うことができます。

Apple も、この3Dセンサーチップに興味をしめしており、おそらく 自社モバイル機器の前後カメラに搭載したばあいのメリットに期待しているのでしょう。

近年発売している iPhone や iPad には、すでに TrueDepth(トゥルーデプス)カメラシステムといった 3D センサーが組み込まれていますが、それと SONY 次世代 3D センサーは仕組みが異なっています。
SONY 3D センサーには ToF(Time of Flight)センサーという独自のテクノロジを搭載。これは自動運転技術にも用いられており、レーザーパルスを送出してから反射するまでの時間を測定し、照射領域の環境状況を把握する方式です。
SONY 3D センサーチップ[2019 新型 iPhone]SONY 3D センサーチップ[2019 新型 iPhone]
ToF は光の少ない環境でも問題なく動作し、システム構成が比較的シンプルなうえに高い精度でデータを得ることができます。SONY 製 3D センサーでは、対象物の測定は5メートルほどの距離に対応するもよう。この 3D センシング技術は、顔認識だけでなく様々な対象物を計測・数値化することが可能であるため、多方面での展開に期待が持たれています。
この 3D センサーカメラは、静止対象物の形状を把握するたけでなく、動いている対象物を読み取ることが可能。たとえば、VR ゲームなどで特定のジェスチャーを判断して、何らかの作動・効果の発動もできるため、ボディアクションを活かしたアクティブなゲームの開発にも応用できます。


Apple 製品を予測するアナリストでおある Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏は、SONY 製 3D センサーの搭載を 2018 iPhone では実現しないという見解でしたが、すでにディベロッパー向けのテスト環境も実装できていますし、2019 iPhone では実装する可能性が高いのではないでしょうか。

マットコーティング

マット仕上げコーティング[2019 新型 iPhone]
2019 iPhone ガラスパネルに滑り止めコーティング(マット仕上げ)が施される可能性が出てきました。

iPhone 8 以降のユーザーであれば、筐体背面パネルがガラスコーティングであることに気づくでしょう。この背面ガラス仕様はワイヤレス充電のための処理で、従来のアルミパネルではワイヤレス充電ができないからです。見た目が綺麗なガラスコーティングですが、ガラス特有の滑りやすさが災いして、手を滑らせて iPhone を落とし損傷させるユーザーが後を絶ちません。
このようなガラスコーティングのデメリットを最小限に抑えるため、2019 iPhone の背面ガラスパネルに滑り止めのための特殊コーティングを施す計画をすすめてるもよう。

この次期 iPhone の背面ガラスに施されるグリップコーティングは、一般的には『エッチングガラス』と言われる処理をほどこします。これは、ガラス面につや消しマット状にみえる微細な凹凸をつけることで摩擦抵抗を上げて滑りにくくする方法です。
ガラスエッチング処理スマートフォン[2019 新型 iPhone]
このエッチングガラスによるグリップコーティングは、すでに市販されるスマートフォンに採用されている技術で、Google Pixel 3 の背面ガラスに同様の処理が施されており、その効果と有用性は実証されています。
背面マットコーティング[2019 新型 iPhone]背面マットコーティング[2019 新型 iPhone]


通常ガラスコーティングのキラキラしたイメージが好きなユーザーには嬉しくないグリップコーティング(マット仕上げ)ですが、見た目より落下防止策を優先するユーザーには待望の仕様となるでしょう。

エッチングガラス:概要
ガラスパネル滑り止めコーティング[2019 新型 iPhone]
エッチングガラスは、ガラス工芸としてガラス面に模様を生みだすため多く使われる加工技術。

昔ながらの方法は、ガラス表面に型紙かマスキングにより保護部分をつくり、それ以外の部分を硫酸などの薬品によって腐食させることで、ガラス表面に微細な凹凸を造り上げます。
近年の大量生産では、砂を強力に吹付ける『サンドブラスト』によってガラス面に凹凸処理をほどこします。現在、多くのガラスエッチングと呼ばれる工業製品は、サンドブラスト方式で生産されています。



【次ページ:新型 iPhone 情報 2】では『4800万画素イメージセンサー』や『ノッチが消える技術』『トリプルレンズ配置デザイン』『新規格通信 Wi-Fi 6 採用』を含めた情報などを更新掲載。

新型 iPhone 情報 2


2020年モデル 新型 iPhone】折りたたみ型 Foldable iPhone や、次世代高速通信 5G 対応、声認証セキュア Voice ID などの情報は〔iPhone Ⅻ《リーク情報まとめ》〕にて更新掲載。コンセプトイメージも公開しています。