【2019新型】iPhone XI《発売日 スペック》

リーク噂 時期いつ[2019 新作 iPhone 11]

トリプルレンズカメラ、極薄有機ELディスプレイ、A13 Bionic チップ、Face ID v2.0、双方向ワイヤレス充電などの機能搭載が予測される、2019年秋発表が濃厚な新型 iPhone 11(Xs後継機)の最新情報を更新。


減産された情報もありますが、それなりに好調な2018 iPhone シリーズ。Apple は後継機となる2019年 新型モデルの開発を進行させています。次期モデルは、2018年モデルとなる iPhone Xs、iPhone Xs Max の筐体をいかしたマイナーチェンジモデルとなるもよう。

2019 次期 iPhone XR

2019 新型 iPhone SE 2

折りたたみ iPhone

2020 新型 iPhone mini

2020 iPhone 8 改良版

2020 新型 iPhone 12

iPhone モデル一覧

格安 SIM × iPhone



新型 iPhone 情報 1

2019年モデル ラインナップ

2019年モデル3機種[2019 新型 iPhone]
2019年秋に発売される新型 iPhone のラインナップは2018年モデルとかわりなく、ハイエンドモデルの次期 iPhone Xs が2機種と、ミッドレンジモデルの次期 iPhone XR が1機種の合計3機種を販売展開するもよう。しかし、エントリーモデルの次期 iPhone SE の情報もチラホラ上がっており、2019年のどこかで(iPhone SE 2)が追加される可能性もあります。
なお、話題の『折りたたみ iPhone』は2020年にリリースされる予定。

2019 iPhone ラインナップ

新型モデルの外観デザインは、筐体の基本設計が 2018 iPhone 同様のマイナーチェンジとなるため、現行モデルとくらべて外観形状の変化はわずか。メインモデル3機種ともディスプレイサイズは 2018 iPhone と同じ。ただ、iPhone Xs Max 後継機のメインカメラにトリプルレンズカメラが搭載される可能性が高く、背面パネルは設計変更されるでしょう。
また、リアパネルのガラスコーティングには、滑り止め対策のため『マットコーティング』が施されるもよう。この処理はガラス表面を微細な凸凹仕上げにするだけなのでワイヤレス充電にも対応。

未発表 iPhone の EEC 登録

2019年9月発売予定となる次期 iPhone が EEC(ユーラシア経済連合)のデータベースへ登録されたことが判明。登録された Apple 製品は、時期的に2019年モデル iPhone とみられています。
新型モデル番号の登録[2019 新作 iPhone]
EEC は、ロシア、ベラルーシ、カザフスタンなどが所属する経済連合の執行機関で、暗号化技術を導入するデバイスの登録が義務づけられています。ここのデータベースに登録された製品は、おおよそ数ヶ月で発売されている例が多いことから、Apple からの登録は常に注目を集めています。
ちなみに、2019年1月に EEC へ登録されたモデル番号の製品は、2019年3月に発売された 2019 iPad(iPad Air 3、iPad mini 5)でした。

Apple から登録された製品名項目には「Apple のスマートフォン」と書き込まれ、続いてモデル番号 A2111、A2160、A2161、A2215、A2216、A2218、A2219、A2220、A2221、A2223 と合計で11モデルが登録。また、ソフトウェアは「iOS 12」と補足されています。

モデル番号の割振り
アメリカの Apple 製品メディア 9to5Mac は、今回のデータベースに登録されたモデル番号から 2019 新型 iPhone のラインナップを推測しています。

iPhone XR 後継機
A2111、A2161、A2215
iPhone Ⅺ、iPhone Ⅺ Max
A2160、A2216、A2218、A2219、A2220、A2221、A2223

おもな特長

iPhone Xs Max 後継機[2019 新型 iPhone]
iPhone Xs(Max)後継機では、ノッチ領域が縮小され画面上部の表示がよりフラットになる情報。顔認証セキュア Face ID が改良された第2世代にアップデート。ワイヤレス充電は、新開発の双方向ワイヤレス充電機能を採用し AirPods などのワイヤレス充電に対応する機器への給電を可能にします。ただ、AirPower の開発計画終了で超急速充電に対応するかは不明。
また、iPhone 初採用のトリプルレンズカメラ搭載ですが、Max のみの採用かもしれません。さらに、次期 iPhone Xs Max のディスプレイパネルには、新開発の極薄 OLED(有機 EL)ディスプレイパネルの搭載の情報もあります。

機能・仕様

  • 5.8インチ Super Retina HD
  • 6.5インチ Super Retina HD(Max)
  • 極薄 OLED ディスプレイパネル(Max)
  • ノッチ部分縮小
  • A13 Bionic チップ
  • Face ID 2.0
  • トリプルレンズカメラ
  • Lightning コネクタ
  • 双方向ワイヤレス充電機能
  • Wi-Fi 6 / Bluetooth 5
  • マットコーティング
  • IP68(耐水防塵)


デザイン コンセプト

リーク コンセプト画像[2019 新型 iPhone]
2019年秋に発表発売される新型 iPhone リーク画像やコンセプト画像を掲載。近年はレンダリング画像や動画による情報共有が普及して新製品のイメージが分かりやすくなっています。

コンセプト:2019 新型 iPhone《1》

公開された2019 iPhone Ⅺ のコンセプトは、リークした情報や噂にもとづいて制作された新作 iPhone の予告プロモーション動画。
このコンセプト動画を制作したのは、動画YouTubeチャンネル ConceptsiPhone でコンセプトイメージビデオを公開して話題の、韓国のデザイナー Gunho Lee(ガンホー・リー)氏です。

外観デザイン・筐体
リーク コンセプト画像[2019 新型 iPhone]
この新型 iPhone の筐体はすべてが新設計のフルチェンジモデル。iPhone Xs / XR が採用する丸みをもった筐体側面から iPhone SE などを思い起こさせるフラットな形状。側面の仕上げはステンレススチールをうかがわせる鏡面仕上げで、角丸加工されたサイドボタンの仕上げも同じ。筐体四隅のコーナーエンド部分はカーブを描いた丸みをもち、このあたりは現行モデルと同様。全体的にシャープな印象で金属のスチール感をアピール。

トリプルレンズカメラ
トリプルレンズカメラ[2019 新型 iPhone]
メインカメラは筐体背面の左上に装備。カメラモジュールは縦一列に配列されたトリプルレンズカメラ。LED フラッシュは従来の丸型クアッド方式ではなく、レンズハウジングを囲むようにビルトインされたサークル方式。

複合セキュア認証
画面組み込み Touch ID[2019 新型 iPhone]
セキュア認証は複合システムで、OLED(有機 EL)ディスプレイパネルに指紋センサーが埋め込まれた、次世代の指紋認証セキュア Touch ID。それに、ディスプレイノッチ領域に搭載される顔認証セキュア Face ID。Face ID は処理スピードが従来比2倍になった第2世代へ進化。

そのほかの機能・仕様では、ディスプレイ表示で最大120Hzのリフレッシュレートを実現する ProMotion テクノロジー。8K 動画ストリーミングに対応できる次世代の高速無線規格『Wi-Fi 6』に対応。高速高性能チップ『A13 Bionic』と同じように、全体的にスピーディーが体感できるスペック。
(PRODUCT)RED[2019 新型 iPhone]
カラーバリエーションは、レッドカラーとなる『(PRODUCT)RED』を含めた4色展開。


コンセプト動画では、画面組み込みの Touch ID や、iPad Pro に採用されている120Hz リフレッシュレートの ProMotion テクノロジーなどの機能が挙げられていますが、アナリストからは「次期モデルへの搭載は難しい」といった意見もある。

ConceptsiPhone コンセプト動画
ガンホー・リー氏による新型 iPhone 11 コンセプトデザイン動画。


戻る

コンセプト:2019 新型 iPhone《2》

予想デザイン[2019 新型 iPhone]
ConceptsiPhone で、新たな 2019 iPhone Ⅺ のコンセプトビデオ公開されました。コンセプトイメージのデザインは、ドイツのデザイナー Hasan Kaymak(ハーサン・ケイマック)氏です。

外観デザイン・筐体
筐体形状・仕様[2019 新型 iPhone]
新型 iPhone 11 コンセプトの筐体設計はすべてが刷新されたオールチェンジモデル。2018 iPhone のもつ丸みをもった筐体側面ではなく、2018 iPad Pro や iPhone SE 同様なフラット形状。iPad Pro などの側面はアルミ地を活かした仕上げだが、コンセプトモデルはステンレススチール調の鏡面仕上げ。

トリプルレンズカメラ
トリプルレンズカメラ[2019 新型 iPhone]
ハーサン・ケイマック氏がデザインするトリプルレンズカメラ搭載モデルのレンズレイアウトは、上部左側に縦一列に並ぶタイプ。LED フラッシュはカメラバンプ(盛上り)の淵にそってビルトインされています。
トリプルレンズカメラ[2019 新型 iPhone]
また、iPhone Xs Max 後継機となる大型ディスプレイを搭載する新型 iPhone 11 のメインカメラは、他の iPhone 同様のトリプルレンズカメラを採用していますが、レンズカメラの配置・カメラハウジング構造が専用設計となっており、マッピング用レーザースキャナも搭載しています。

OLED パネル
ディスプレイ OLED パネル[2019 新型 iPhone]
ディスプレイは〈6.1インチ〉にサイズ拡大された OLED(有機 EL)パネル。注目は解像度を〈3,040 x 1,440 px〉へ大幅にアップして高画素密度を更に上げた Super Retina HD ディスプレイ。
また、ディスプレイパネルの保護は Corning(コーニング)製の強化ガラス Gorilla Glass 6 で強固にシールドされます。
ノッチ廃止[2019 新型 iPhone]
さらなる注目すべきポイントは、ディスプレイ上部のノッチが廃止されたこと。画面ノッチ(切り欠き)はなくなり、フロントカメラ用のレンズ開口部分のみ楕円状の小さい穴が設けられています。

100W USB-C 電源アダプタ
100W USB-C 電源アダプタ[2019 新型 iPhone]
充電はもちろん、同期や情報交換に使用するコネクタは、規格が変更され USB-C の搭載になりますが、同梱される USB-C 電源アダプタの出力は、MacBook Pro 15インチ同梱の〈87W〉USB-C アダプタをも上回る〈100W〉とされています。ちなみに、iPhone 8 / 8 Plus / X 以降のモデルに同梱している電源アダプタ出力は〈5W〉とかなり低め。ただ、USB-C 電源アダプタを使った高速充電には対応。

その他
カラーバリエーション[2019 新型 iPhone]USB-C, Apple Pencil 2[2019 新型 iPhone]強化ガラス Gorilla Glass 6[2019 新型 iPhone]
カラーバリエーションは、スペースグレイ、ゴールド、シルバー、レッドカラー(PRODUCT RED)の4色。コンセプトでは Apple Pencil 2 も登場しており、スタイラスペン対応をうかがわせています。

ConceptsiPhone コンセプト動画
ハーサン・ケイマック氏がデザインする新型 iPhone 11 コンセプトデザイン動画。


戻る



コンセプト:2019 新型 iPhone《3》

コンセプトデザイン[2019 新機種 iPhone Ⅺ]
最近のリーク情報では、2019 iPhone への3眼(トリプルレンズ)カメラ搭載は、おおむね肯定されていますが、3機種のうちどのモデルに採用になるかは分かっていません。

背面メインカメラについて賛否両論なのが、レンズの配置とカメラハウジングの形状。最近よくリーク情報に上がってくるのが正方形ハウジングにレンズが三角形状に配置された 2019 iPhone です。
いままでの iPhone に装備されるカメラは、背面パネルの隅にある小さい存在だったためデザインや印象に影響を与えることはなく、逆にアクセントみたいなものでした。ところが、カメラユニットが3眼になり、LED フラッシュや、3D マッピングセンサーといった5個の部品を一緒に収めるためには、大きなハウジングが必要になっています。
一体型背面ガラスパネル[2019 新作 iPhone Ⅺ]
ここに掲載しているコンセプトイメージでは、大きなハウジングを目立たなくするため、背面パネルとカメラハウジングを1枚のガラスパネルに成形しています。この iPhone コンセプトは、確度の高いリーク情報で知られる OnLeaks の Steve Hemmerstoffer 氏と、インド情報メディア CashKaro(カシュカロ) が、集めたリーク情報を分析し最終的な 3D レンダリングを製作しました。

CashKaro によると、iPhone Ⅺ のリアパネルは1枚のガラス成形になっており、そのなかにはカメラハウジングが含まれる。正方形のバンプはなめらかな盛り上がりを見せ、新しくもユニークなデザインを誕生させている。

3眼カメラ
3眼メインカメラ[2019 新型 iPhone 11]3眼メインカメラ[2019 新型 iPhone 11]
ここで注目なのが、次期 iPhone Xs (Max) の両モデルに3眼(トリプルレンズ)カメラが搭載されていること。これは以前リークされていた情報を裏付けており、2019年モデルのハイエンド2機種が3眼カメラを採用する有用な情報の1つになります。
3眼カメラのレンズユニットは、望遠レンズと広角レンズに加えて超広角レンズの搭載が推測されユーザーからも期待されている。
3眼メインカメラ[2019 新型 iPhone 11]
CashKaro 画像のレンズは3眼ともレンズサークルが大きくされています。2019 iPhone では筐体の厚みが増すと予測されておりレンズ設計にも余裕が生まれ、イメージセンサーのサイズ拡大も可能になりそう。
センサー解像度は、いずれのカメラモジュールも 12MP(1200万画素)と現行モデルと同様。解像度を抑えたイメージセンサーサイズの拡大は、高画質・ダイナミックレンジ拡大・高感度撮影ノイズ低減に貢献しそうです。

ディスプレイ
コンセプトデザイン[2019 新機種 iPhone Ⅺ]
新型 iPhone Ⅺ コンセプトは、2018 iPhone と同じディスプレイサイズ〈5.8-inch〉を採用している。ノッチやベゼルの厚みは若干狭くなっていますが、現行モデルと見分けがつくほどの差はありません。

大きさ・寸法
筐体サイズは iPhone Ⅺ のほうが少し厚く大きくと予想されています。筐体のサイズ増加に関する内容には CashKaro は触れていませんが、他の情報では双方向ワイヤレス充電機能の搭載に対しバッテリー容量を増やすと言われています。CashKaro が発表した寸法は以下のとおり。

  • iPhone XI:143.9mm × 71.4mm × 7.8mm
  • iPhone Xs:143.6mm × 70.9mm × 7.7mm

ミュートボタン
コンセプトデザイン[2019 新機種 iPhone Ⅺ]
2019 iPhone コンセプトの2機種には、側面上部に独自の形状をしたミュートボタンが搭載されている。形状と作動構造は前世代 iPad で採用されていたものに似ています。

コネクタ
レンダリング画像 iPhone のコネクタは、2機種とも USB-C ではなく、従来モデルと同じく Thunderbolt(サンダーボルト)を採用。このあたりの情報は、どのメディアでも同様な情報にそろっている。

その他
2019 新型 iPhone では 、双方向ワイヤレス充電、屋内ナビゲーション機能、最新チップセット、さらに内蔵ユニットのアップデートが噂されています。また、iPhone XR 後継機には2眼(デュアルレンズ)カメラの搭載が予測されています。

最新モデルデザイン[2019 iPhone Ⅺ]最新モデルデザイン[2019 iPhone Ⅺ]最新モデルデザイン[2019 iPhone Ⅺ]最新モデルデザイン[2019 iPhone Ⅺ]

CashKaro 3D レンダリング動画


戻る



専用ケースからみるデザイン

専用ケースデザイン[2019 新作モデル iPhone 11]
はやくも2019年9月発売の新型 iPhone のケースデザインが進められています。今回の専用ケースの画像は、リーク情報専門サイトSlash Leaks が公開。

このリーク情報を見て思うのが、1月に OnLeaks の Steve H.McFly(スティーブ H マクフライ)氏の情報をもとに制作されたレンダリング画像に似ており、正方形のカメラハウジングにトリプルレンズカメラ、LED フラッシュ、マイクを装備していました。おそらく同様な仕様で制作されたものと推測されます。
iPhone Ⅺ / iPhone 11R[2019 新作モデル iPhone 11]
ちなみに先日公開された 2019 iPhone XR 後継機のコンセプトイメージでも、四角のカメラハウジングにデュアルレンズカメラと LED フラッシュを採用しています。
専用ケースデザイン[2019 新作モデル iPhone 11]専用ケースデザイン[2019 新作モデル iPhone 11]
今回の専用ケース画像は、5.8インチ iPhone 11 と 6.5インチ iPhone 11 Max の画像が公開されています。2019 新型 iPhone のメインカメラは、レンダリングイメージのとおり、非常に目立つ正方形のカメラパンプ(盛り上がり)に大きいレンズサークルの3眼カメラが装備される。また、レンズが目立たないようにするため特殊コーティングをレンズ面に施すもよう。この処理はメインカメラだけでなく前面のフロントカメラにも適用されます。
最近取り上げられるメインカメラに関する予測は、この形状と仕様が圧倒的に多く、おそらく外観デザインはレンダリング画像のとおりになると思って間違いないでしょう。

近年のサードパーティ(社外)ケースのメーカーは、リーク情報をもとに発表前からケースやプロテクタを設計する例が多く、発表が近づくころに販売数を見込んで先行的に生産をはじめる企業が出てくるほどです。以前 は iPhone SE 2 の発売リーク情報をもとに専用ケースを先行生産していた企業は損失が大きかったことでしょう。


戻る

モックアップ画像

Apple 関連のリーク情報で知られる Ben Geskin(ベンジャミン・ジェスキン)氏が、自身アカウントの Twitter に 2019 新型 iPhone 11 と、iPhone 11 Max のモックアップ画像をアップロード。
モックアップ画像[2019 新作 iPhone 11]
掲載されたモックアップは、2018 iPhone Xs と、iPhone Xs Max の後継機となる iPhone 11 シリーズ。

レンズ配置とデザイン
2019 iPhone のハイエンドモデルとなる iPhone 11 両機には、3眼(トリプルレンズ)カメラが採用されると多くのリーク情報で言われています。
トリプルレンズカメラ 仕様[2019 新機種 iPhone 11]
トリプルレンズカメラを搭載する iPhone で注目されているのが、そのメインカメラとなる3眼レンズの配置。
モックアップのメインカメラは、これまでの噂どおり角丸正方形のカメラハウジングに、三角に配置されたカメラモジュールが搭載。また、ハウジング部分には LED フラッシュとマイクも搭載される。
3眼カメラ 画像[2019 新モデル iPhone 11]
以前のコンセプト画像では、カメラハウジング前面に黒いプロテクターを装備した iPhone 11 が見られていましたが、Ben Geskin 氏がアップロードした iPhone 11 モックアップでは、ハウジング面はリアパネルと同色に仕上げてあります。

トリプルレンズカメラの仕様
2019 新型 iPhone 11 のメインカメラ3眼仕様は高確率で間違いないでしょう。おそらく採用されるレンズユニットは、従来のデュアルレンズモデルに搭載された『広角レンズ』と『望遠レンズ』、そして新たに追加される『超広角レンズ』の3つのカメラモジュールの組み合わせです。

この iPhone 11 モックアップの興味深いところは、搭載カメラのレンズユニットの口径です。いずれも従来モデルよりも大きく設計変更されており、イメージセンサーの大型化も予測されます。
レンズ口径とイメージセンサーの大型化は、多くのスペクトルとイメージ情報をピクセル単位のセンサーへ効率良く導くため、鮮やかでダイナミックレンジの広い写真をユーザーへ提供できる。また、夜間・室内撮影時に利用する高感度撮影でも、ノイズが少なく輪郭が失われにくいメリットがあります。

ただ、レンズ前玉(レンズユニット1枚目)の上にブラックコーティングのプロテクターが被せて、レンズ自体を視認しにくくしてあるため、各レンズユニットのレンズ口径は差がある可能性は高いです。


2019年9月に発売が予測される新型 iPhone 11 モックアップが早くも登場してきました。細部の仕上げも美しく、最終デザイン決定した試作品のようなクオリティ。いままで登場してきた iPhone と比べると、かなり異質なデザインになりますが、カメラ仕様にはかなり期待していいでしょう。


戻る

iPhone 11 Max 専用ケース画像

専用ケース[2019 新モデル iPhone 11]
2019 新型 iPhone の最上位モデル iPhone 11 Max 専用ケースのケースレンダリング画像が早くも公開。

iPhone 11 Max 専用ケースを設計したのは、スマートフォン関連アクセサリーを設計製品化をしている Olixar。今回この専用ケースが、英国 モバイル機器アクセサリー小売業者 Mobile Fun のネットショップにアップされ予約販売が開始されました。
専用ケース[2019 新型 iPhone 11]
この Olixar 製 iPhone ケースの注目は製品のサンプル画像で、ケースに未発売の iPhone 11 Max が装着されている状態で掲載されています。また、専用ケースであるためメインカメラから各種ボタン、コネクタ、スピーカーの切り抜き部分が適切な造形で仕上げてあります。
専用ケース[2019 新作 iPhone 11]
2019 iPhone ではメインカメラに大きな変更がほどこされ特徴的な正方形カメラハウジングが搭載される予測があるが、Olixar 製 iPhone ケースでもメインカメラ部分が正方形に開けられている。また、呼び出し音をオフにできるサイレントモード用スイッチが、左右スライドではなく上下スライドへ変更されるポイントも予測どおりの形状に加工が施されている。
専用ケース[2019 新機種 iPhone 11]
ほかに気になるポイントといえば、参考画像 iPhone のディスプレイ上部ノッチ(切り欠き)領域が小さくなっています。この部分は各メディアが話題にしてるとおり、たしかにノッチ領域が現行モデルより縮小しています。このあたりの変更については、米 Apple 製品情報メディア MacRumors も指摘していますが、2019 新型 iPhone ではディスプレイ周りの設計変更がないため、ノッチが縮小に期待しないほうが良いと述べています。


専用ケース公開で気になっているのが、2019 新型 iPhone ではバッテリー容量の増加が予測されていますが、Olixar 製 iPhone ケースが新設計筐体の増える厚みに対応させた設計なのかチェックしたいところですが、筐体厚みをふくめたサイズ情報は公開していないためバッテリー容量増加の確認はとれていません。
専用ケース[2019 新機種 iPhone 11]専用ケース[2019 新作 iPhone 11]


戻る

生産工場からCAD画像リーク

CAD画像リーク[2019 新機種 iPhone 11]
2019 新型 iPhone シリーズの CAD(Computer Aided Design = コンピュータ支援設計)画像が、モバイル機器の記事や情報提供をしているリーク情報サイト /Leaks(スラッシュリーク)に公開されました。

流失した CAD レンダリング画像の iPhone は、iPhone XI、iPhone XI Max、iPhone Ⅺʀ、の3機種。

  • iPhone Ⅺ(青)画面:5.8インチ
  • iPhone Ⅺ Max(淡青)画面:6.5インチ
  • iPhone Ⅺʀ(淡緑)画面:6.1インチ

CAD画像リーク[2019 新機種 iPhone 11]CAD画像リーク[2019 新機種 iPhone 11]CAD画像リーク[2019 新機種 iPhone 11]
これらの2019 新型 iPhone のレンダリング画像は、生産工場からもたらされたと述べており、情報が事実であれば新機種のメインカメラのバンプ(盛り上がり)が角丸正方形で、カメラモジュールの構成も iPhone XI、iPhone XI Max は3眼(トリプルレンズ)カメラ、iPhone Ⅺʀ は2眼(デュアルレンズ)カメラとなる。
CAD画像リーク[2019 新機種 iPhone 11]
また、角丸正方形のカメラハウジングとリアパネルの接触部分はシャープではなく凹曲面加工で滑らかになっており、新設計のリアパネルが、どこまでガラスパネルで一体(ワンピース)成型されるのか興味深い。

このメインカメラ関連の情報は、最近 iPhone 関連のアクセサリーケースを製造する業界から、2つの同仕様のリーク情報が寄せられていますが、それら情報の正確である可能性を高めています。


これまでの多くの情報から 2019 新型 iPhone はマイナーチェンジと予測されているため、外観から目立つメインカメラが注目されがちですが、今回のレンダリング画像ではディスプレイ上部に装備されるノッチ(切り欠き)部分も描かれています。
CAD画像リーク[2019 新機種 iPhone 11]
注目なのは、ノッチ領域の広さが現行モデル 2018 iPhone と比べて変更されているように見えない。2019 iPhone シリーズではディスプレイ設計(とくに形状)の変更はしないと予測されており、その仕様を裏付けるようです。


戻る



カメラ

トリプルレンズカメラ搭載[2019 新型 iPhone 11]
iPhone に搭載されるカメラの画質・機能向上の進歩は凄まじく、いつの間にかデジタルカメラ市場を縮小させ、カメラメーカーの減収が続いています。しかし、近年スマートフォン競合メーカーの猛追しており、iPhone のカメラ性能は『最上位』が揺らぎつつあります。

2019 iPhone シリーズでは、カメラ機能のアップデートを計画している情報が複数上がっています。とくにハイエンドモデルのカメラ仕様向上は急務事項のようで開発が進められています。

トリプルレンズ特長

iPhone 新搭載されるトリプルレンズカメラには、以下のようなスペックを持つするだろうと推測されています。

  • 光量の少ない暗い場所での画質向上。
  • 高い解像度に見合う細部の高い描写力。
  • 最大5倍光学ズーム
  • 視界の全景色が撮れる超広角レンズ。
  • 高性能3Dセンシングによる高度なAR機能。

台湾の情報メディア Daily News は、とあるサプライチェーンの情報として、2019年に発表される新型 iPhone のおおよそスペックは、1200万画素のメインカメラ、最大5倍光学ズーム、耐衝撃フレームが搭載されるとしています。とくにトリプルカメラについては、それ以前に発売されている、どのスマートフォンのカメラより優れた画質を提供できる自信があるようです。


戻る

3倍光学ズーム

以前から2019年モデル iPhone に導入されると噂されるトリプルレンズカメ機能ですが、カメラ機能アップデートについての新しい情報。

Yuanta(ユアンタ)証券のコンサルティングアナリストであるジェフリー・プー氏は、2019年後半にリリースされる新型 iPhone のうち、少なくとも1機種はトリプルレンズカメラを搭載する可能性が高いと述べています。
ジェフリー氏の情報によると、トリプルレンズカメラのカメラモジュールには、3倍の光学ズームレンズを搭載する情報があるとしている。なお、現行モデル 2018 iPhone の光学ズームは2倍。


戻る

レンズユニット配置

米 情報メディア iDropNews は、Apple サプライヤー情報をもとに、トリプルレンズカメラを採用した 2019 新型 iPhone コンセプトモデルのイメージ公開。カメラユニットの造形・配置・並びを確認してみましょう。

大型カメラハウジング
トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
3つのカメラユニットと LED フラッシュを1列にまとめた配置。カメラユニットを大型のハウジングに収納できるため、レンズユニットの構造や手ぶれ補正機構の設計に余裕ができるため画質には期待できそうな構造。ただし突起部分の容量が大きいため、こらが気になるユーザーも出てくるでしょう。

ハウジング外部へカメラ追加
トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
追加される三つ目のカメラユニットをハウジングの外に追加する方法です。この配置のメリットは従来のデザインを崩すことなくカメラを追加できることでしょう。ただし、追加されるカメラユニット構造の余裕が少ないため設計や機能の自由度に制限がつくでしょう。

フラッシュ位置の変更
トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
基本的なデザインや構造を大幅に変更することなく第3のレンズを装備できる方法のひとつは、LED フラッシュの位置を動かすことです。
この配置のメリットは、一つ目の『大型カメラハウジング』と一緒でカメラユニットの設計と機能にメリットが大きいことです。さらに、フラッシュの横位置への移動は iPhone の上位モデルに採用されているので、カメラハウジングとバランスが取れた位置にフラッシュを配置すれば見栄えも良好になるでしょう。

リングフラッシュの採用
トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
ユニークな発想の一例は、カメラモジュールを取り囲むようにリング状 LED フラッシュを組み込むことでしょう。
この組み込み方法は、コンパクトデジタルカメラや一眼レフ用アクセサリーでも採用しており、写真撮影に最適化された方法です。また、デザインやフレーム設計などの要素を大きく変更させることがなく、追加カメラユニットにもメリットが大きい配置方法かもしれません。

iDropNews では、このデザインに最も高い評価を下しています。
画質・機能やデザインを含めて iPhone のトリプルカメラが、どの方向性へ進んでいくのか興味がわきます。


戻る



トリプルカメラ正方形バンプ

トリプルカメラ正方形配置[2019 新型 iPhone]
2019年秋にリリースされると予測される 新型 iPhone のリアカメラに関するリーク情報が上がっています。このリーク画像は、著名なリークアカウント Steve H.McFly 氏(@OnLeaks) からもたらされています。なおレンダリング画像の提供元はインドの情報メディア Digit India 。

リークされたレンダリング画像の 2019 iPhone は、背面左上に大きさ正方形が配置される設計で、3つのレンズと LED フラッシュが組み込まれています。カメラとフラッシュのモジュールは四隅に均等に並んでいるものではなく、カメラモジュールは三角形状に配置される。
OnLeaks によると、リークしたレンダリング画像の iPhone は、まだ開発初期段階にある EVT(技術検証テスト)であるため、カメラモジュール関連の配置や形状が決定しているわけではないと補足しています。Apple の製品開発は、通常 EVT(技術検証テスト)から DVT(設計検証テスト)、PVT(製造検証テスト)といった段階へ進むため、途中の工程で問題解決や性能最適化のために仕様変更がおこなわれる可能性は多くあります。

トリプルカメラ正方形配置[2019 新型 iPhone]トリプルカメラ正方形配置[2019 新型 iPhone]トリプルカメラ正方形配置[2019 新型 iPhone]

リーク画像のリアカメラ配置と、iPhone 筐体のデザインについては多くの物議をかもしています。それはレンズとフラッシュのカメラモジュールの配置パターンだったり、従来モデルより大きい正方形造形と盛り上がりにあるでしょう。
iPhone にしろ iPad Pro にしてもカメラユニットの盛り上がり(バンプ)を苦手とする人も存在するのですが、このレンダリング画像のカメラバンプは、そんなユーザーに大きなショックを与えそうです。
ただカメラバンプの要因は、筐体を薄くしたことと、写真・動画画質の向上のための大きいカメラモジュール搭載にあるため、その2つのメリットを求めるのであれば避けられません。


戻る

トリプルレンズ中央配置

トリプルレンズカメラ リーク画像[2019 新型 iPhone]
多くの情報では 2019 新型 iPhone の少なくとも1モデルはトリプルレンズカメラを採用すると言われており、予測どおりにいけば iPhone Ⅺ Max(仮)に搭載されるでしょう。確度の高いリーク情報で知られる Steve Hemmerstoffer 氏(@stagueve)は、インドの情報サイト CompareRaja と協力してレンダリング画像を制作。Apple が現在開発中のトリプルレンズカメラ iPhone のデザインを公開しています

トリプルレンズカメラ仕様[2019 新型 iPhone]トリプルレンズカメラ仕様[2019 新型 iPhone]トリプルレンズカメラ仕様[2019 新型 iPhone]トリプルレンズカメラ仕様[2019 新型 iPhone]

今回インターネットで共有されたレンダリング画像は、レンズが横一列に並んだトリプルレンズカメラのハウジングが、筐体背面中央部に装備されています。これまでの iPhone ではメインカメラが左右対称に見えるシンメトリー配置は採用されておらず、かなり新鮮な感じ。
水平位置に3つ並んだレンズ中央のレンズサークルには、LED フラッシュがビルトインしており、見た目のデザインも安定しています。このデザインに採用されている LED フラッシュに囲まれた部分のレンズには、搭載されるレンズ径から推測すると、おそらく望遠レンズユニットが選択されるでしょう。

現在のところ、3つ目のレンズの仕様は不明で、3D センシングのための次世代 3D センサーなのか、高感度撮影でも高画質な写真を提供するモノクローム専用レンズカメラなのかを予測するには、さらなるリーク情報が待たれます。

シンメトリー配置のレンダリング画像が、2019 iPhone へ正式に採用されるかについては、Apple が最終的な外観をどのデザインに決定したかは分かりませんが、Steve Hemmerstoffer 氏が Apple サプライチェーンから正確な情報を調達している実績から、おおよその推測ができます。


戻る



超広角レンズの採用

トリプルレンズカメラ[2019 新型 iPhone]
2019 iPhone に採用されるカメラと接続ポートに関する情報が上がってきました。情報を公開したのは Bloomberg(ブルームバーグ)の Mark Gurman(マーク グルマン)氏。

共有された最新スペック情報の1つ目は、iPhone 11 Max(仮)に搭載されるトリプルレンズカメラ。これまで、最上位モデルに3つのカメラユニットが搭載されることが、たびたび噂に上がっていましたが具体的なスペックは全く不明でした。ところが、その疑問にたいして Mark Gurman 氏が情報をもたらしてくれました。
その情報によると、iPhone Ⅺ Max に搭載される3種類のレンズユニットの仕様は、超広角レンズ、広角レンズ、望遠レンズといったレンズ構成になるもよう。ここで注目なのが新開発の超広角レンズです。

デュアルレンズカメラ仕様

現行モデルの iPhone Xs (Max) のデュアルレンズは、広角レンズと望遠レンズの構成。2つのレンズを使い分けることで、風景撮影から人物・物撮りまでバランスよく撮影できる仕様です。

iPhone Xs (Max) カメラ仕様

※焦点距離は35mmフィルム換算。
焦点距離〈F値〉 センサー
広角レンズ 26 mm
〈f / 1.8〉
1200万画素
裏面照射型CMOSセンサー
望遠レンズ 57 mm
〈f / 2.4〉
1200万画素
裏面照射型CMOSセンサー

広角レンズの焦点距離は35mmフィルム換算で〈26mm〉と、標準的な広角レンズ 28mm より更に広角寄りの設計で、広い範囲の撮影が可能。レンズの明るさ(有効口径)を示す『F値』は〈f / 1.8〉と十分に明るい。
望遠レンズの焦点距離は35mmフィルム換算で〈57mm〉と、一般的な標準レンズ 50mm よりわずかに望遠寄りの設計で、人物や物撮りで背景をボカせる。レンズのF値は〈f / 2.4〉と焦点距離からすると明るめ。

2つのレンズ後方にマウントされるイメージセンサーの画素数は1200万画素。一般的なユーザーには十分な解像度。解像度を欲張らない利点として、室内や夜間撮影で利用する高感度撮影でもノイズ耐性があり発色がにごりにくい。

トリプルレンズカメラ仕様

最近の情報では、2019 iPhone の最上位モデル(Max系)のみトリプルレンズカメラを搭載すると言われています。

超広角レンズ

トリプルレンズ構成の中で、一般ユーザーにわかりやすい注目のレンズは『超広角レンズ』でしょう。
写真撮影機器の一眼レフ・ミラーレス一眼に装着されるレンズで、超広角レンズといえば焦点距離〈24mm〉より短い焦点のレンズを意味します。超広角レンズは、一眼カメラ用のレンズ群のなかでも特殊な部類に入り、価格も高額なレンズが多いため、写真愛好家のユーザーでも多くは所有していません。そのような高価で特殊なレンズがスマートフォンで気軽に撮影できるのはメリットが大きいです。

ちなみに、人間が一目で見られる範囲を角度であらわすと〈約120度〉で、焦点距離に変換すると〈12mm〉ほどです。人の目は、かなり広範囲を見ることができます。
焦点距離12mm 超広角レンズ撮影[2019 新型 iPhone]
ハイエンド iPhone に搭載される超広角レンズの仕様はまだ判明していませんが、超広角系レンズユニットは前玉(一番前に配置されるレンズ)が、その性質上大きくなるため、採用される焦点距離やイメージセンサー(および画素数)の大きさは筐体の厚みに影響をうけます。薄型軽量をめざすスマートフォンでは、安定した画質を提供するためにもレンズとセンサーのバランスが重要です。

広角レンズ

デュアルレンズカメラを搭載する iPhone では、広角レンズがメインカメラですが、トリプルレンズカメラでも、この広角レンズがメインカメラになるでしょう。

iPhone Xs (Max) の広角レンズの焦点距離は、35mmフィルム換算で〈26mm〉と、スナップカメラなどの採用される〈28mm〉と比べると少し広角側に振っています。ただ、トリプルレンズカメラには超広角レンズが載るため、超広角レンズの焦点距離によっては広角レンズの焦点距離も変更になる可能性があります。そのほかリーク情報では、メインカメラのイメージセンサー画素数が〈1200万画素〉から〈1400万画素〉へ増えるという情報があります。
iPhone Xs (Max) の広角レンズのイメージセンサーは、従来機より〈32%〉大型化しているため画素数をアップしても、新開発センサーによって画質・ノイズ耐性は安定しているでしょう。さらに Apple が望むのであれば SONY の次世代〔4800万画素イメージセンサー〕の搭載も可能です。

望遠レンズ

画像エンジンによる加工をしなくてもボケを活かしたポートレート写真が撮れるのが望遠レンズのメリット。トリプルレンズカメラにも搭載は間違いないでしょう。

iPhone Xs (Max) の望遠レンズの焦点距離は、35mmフィルム換算で〈57mm〉と、明るいF値〈ƒ / 2.4〉を備える。このレンズは被写体に近づくことで背景をボカした撮影が可能になります。ただし、イメージセンサーのサイズが小さいため大きくボカすことはできません。そのかわり、2017 iPhone X から Neural Engine(ニューラルエンジン)を活用した『ポートレートモード』が利用でき、被写体を浮かび上がらせるように背景をボカすことができます。
望遠レンズ撮影 ポートレート[2019 新型 iPhone]
最近の情報では、トリプルレンズカメラのセンサー解像度は〈1000万画素〉と〈1400万画素〉の2種類に変更されるもよう。
被写体のアップ撮影や背景をボカすことが多い望遠レンズなら、イメージセンサーの画素数を抑えても画質的にも問題ないことから、次期モデルの望遠レンズのイメージセンサーは〈1000万画素〉になる可能性があります。


超広角レンズを搭載するスマートフォンは、すでに他社 Android で販売しており、なかにはトリプルレンズカメラも発売されています。搭載されるレンズ構成はメーカーのコンセプトによって焦点距離や解像度はさまざま。

2019 iPhone のイメージセンサーは、SONY 製の裏面照射型 CMOS センサーを搭載するでしょうが、各レンズに合わせるため仕様が異なりそうです。
また 2020 iPhone では、SONY が開発する『3D ToF センサー』を背面カメラに導入して高度な 3D マッピングや AR に活用する予測もあります。将来のメインカメラも、写真や動画だけでなく複合的な機能をあわせもつ、より高度なカメラシステムになりそうです。


戻る



リアフレーム画像リーク

トリプルレンズ リーク画像[2019 新型 iPhone 11]
新型 iPhone の部品となるフレーム画像が流失。これは 2019 iPhone の上位モデルに搭載されると予測されている、トリプルレンズカメラ用のフレームとみられています。


このリーク画像は中国のソーシャルメディア Weibo のユーザー『极客村长』氏が投稿したもので、その画像を Ben Geskin(ベンジャミン・ジェスキン)氏が Twitter に取り上げました。
このフレームは、iPhone リアパネルフレームのようで内臓モジュールに合わせた切り抜きが複数あります。注目なのが左上にある5個の穴。これは以前、著名なリーカーである Steve H.McFly(スティーブ H マクフライ)氏が Twitter アカウントにアップしたレンダリング画像の iPhone にそっくりなところが目を惹きます。
トリプルレンズ画像 リアシャーシ[2019 新型 iPhone 11]
この5つの穴のうち、丸い3個の穴がカメラレンズユニットで、上の四角形が LED フラッシュ、下の異形がマッピング用レーザースキャナと推測されています。

トリプルレンズカメラのレンズ構成は、超広角・広角・望遠の焦点になるだろうと予測されています。
トリプルレンズ リーク画像[2019 新型 iPhone 11]
このリーク画像を見て、そのレンズ配置に衝撃を受けているメディアとユーザーが大勢います。それは、かっこ悪いカメラユニットのバンプ(盛上り)デザインに「美しくない!」とか「悪夢を見ているようだ…」と落胆しているのです。

ただし、このレンズ配置とデザインが最終的なものか、プロトタイプか、すでに廃案になったものかを知るすべはありません。ただ、2019年モデルの iPhone には AirPods などに給電を可能とする双方向ワイヤレス充電機能を搭載するため、バッテリー容量を増やす計画があります。おそらく筐体の厚みが増える可能性があるため、カメラモジュールの設計に余裕が生まれ、このフレームのレンズ配置にならない可能性も残されています。


戻る

3眼カメラは2機種

3眼カメラ 2機種[2019 新型 iPhone]
中国の Apple サプライヤー関係者からの情報によると、2019年に発売される新型 iPhone で、3眼(トリプルレンズ)カメラが搭載されるのは、OLED パネルを採用する〈6.1インチ〉〈6.5インチ〉モデルの2種類になるとコメント。

〈6.1インチ〉モデルは、iPhone Xs の後継機になるようですが、サイズは iPhone XR と同等。筐体の厚さは Xs とくらべ〈0.15 mm〉ほど厚くなりますが、背面カメラのバンプ(盛り上がり)が〈0.5 mm〉ほど減るため、現行モデルより〈0.1 mm〉ほど厚くなります。

〈6.5インチ〉モデルは、iPhone Xs Max 後継機で、サイズは現行モデルと同等。筐体の厚さは Xs Max とくらべ〈0.4 mm〉ほど厚くなりますが、背面カメラのバンプは〈0.25 mm〉ほど減るため、現行モデルより〈0.2 mm〉ほど厚くなります。

また、3眼レンズを採用する各モデルのレンズユニットは、iPhone XR より大きくなると言われています。現行モデルの XR と Xs の広角レンズの『ƒ値』は〈ƒ / 1,8〉と十分明るいレンズなのですが、新型レンズユニットは更に明るくするか、レンズが大きくなる超広角レンズを搭載する可能性は十分あります。さらに、イメージセンサーのサイズアップも考えられれでしょう。
18W USB-C 電源アダプタ[2019 新型 iPhone]
3眼カメラを搭載する2機種の 新型 iPhone に同梱される電源・充電機器は、USB-C – Lightning ケーブルに 18W USB-C 電源アダプタとなるもよう。あと、新型 iPhone の厚みが増える理由のひとつには、Qi(チー)規格に対応した〔双方向ワイヤレス充電機能〕を搭載することにあるようです。


戻る



前面カメラの画素数アップ

TrueDepth 3眼カメラスペック[2019 新作 iPhone]
TF International Securities の Apple 製品のアナリストである Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、2019 新型 iPhone の予測レポートを発表。今回はカメラ機能に関する情報がメイン。

この情報によると、前面ディスプレイ上部のノッチ(切り欠き)に搭載されているフロントカメラ(TrueDepth カメラ)のイメージセンサーがアップデートされる。現行モデル XR / Xs / Xs Max の前面カメラの解像度は 7MP(700万画素)ですが、新型モデルでは 12MP(1200万画素)のイメージセンサーへ変更される。

センサー・レンズ仕様変更

クオ氏によると、2019年に登場が予測されている3眼(トリプルレンズ)カメラは、6.5インチと5.8インチの OLED(有機 EL)パネルを採用する iPhoneに搭載されるとし、追加される3番目のレンズは超広角レンズであると推測。超広角レンズのイメージセンサー解像度は 12MP(1200万画素)で SONY 製の裏面照射型構造〈1um〉微細画素センサーを採用する。
TrueDepth ブラックコーティング[2019 新作 iPhone]
くわえて、前面カメラの TrueDepth カメラと、超広角レンズには、ベゼルや筐体デザインに溶け込むように〔特殊ブラックコーティング〕が施される。

フロントカメラはイメージセンサーの変更だけでなく、レンズユニットも新設計となる。新しいレンズユニットは、現行機の4枚構成から5枚構成へ変更される。この改良は、次期 iPhone XR をふくむ次期ハイエンド2モデルの合計3機種に採用される。

さらにクオ氏の報告書には、次期 iPhone XR のメインカメラが2眼(デュアルレンズ)カメラを採用することを引き続き述べています。

特殊レンズコーティングと見た目

クオ氏のレポートに示されている、レンズ反射を抑える特殊なコーティングによって、前面・背面カメラを見立たなくする情報では、3眼レンズを採用するハイエンド iPhone の独特なレンズ配置を美しく見せる効果を上げています。
超広角 3眼カメラスペック[2019 新作 iPhone]
前面カメラはノッチやベゼル領域の黒い部分に配置されるため、ブラックコーティング処理された TrueDepth カメラ は目立たなくなり前面上部は視覚的にスッキリするでしょう。また、背面カメラには、3眼レンズのカメラモジュールを収納する正方形ハウジングが採用されると予測されていますが、この独特なカメラ配置のレンズにも特殊コーティングが施されるらしく、見た目がどのように洗練されるのか期待です。


気になるのが、背面パネルに装備されるメインカメラのブラックコーティングが、レンズユニット単体に処理されるのか、正方形の大型レンズプロテクターに処理されるのかが不明です。ただ、どちらの方法でも不人気である正方形ハウジングの見た目を変えることはできませんが、どのようにアレンジするのか興味深い。


戻る

ナイトモード撮影機能

ナイトモード 夜間撮影機能[2019 新機種 iPhone 11]
すでに多数述べているように、2019 新型 iPhone は基本マイナーチェンジ路線で開発が進められていますが、目立つ変更点の一つとしてリアパネルのメインカメラがあります。

近年発売されるスマートフォンのカメラ性能は著しく向上しており、優れた画質・機能によってコンパクトカメラ市場をほぼ駆逐しています。そんななか、さらに新たな充実機能が搭載される可能性が上がっています。

XDA TV のホスト / ライターである Max Weinbach(マックス ウェインバッハ)氏によると、Apple は iPhone カメラアプリに夜間・暗所でも安定した撮影が可能なナイトモードの開発に取り組んできると述べています。

Google ナイトサイトに匹敵する夜間撮影能力

ナイトモード機能は、撮影環境が低照度状態と検出されると自動的にオンになります。また、ユーザー側が手動で有効 / 無効の設定も可能。
ナイトモード機能が撮影画像にたいする技術や処理方法についての具体的な情報は提供されていませんが、Google が自社スマートフォンに提供する Night Sight(ナイト サイト)や、Huawei(ファーウェイ)の近年のハイエンド機で利用可能な Night Mode(ナイト モード)機能に匹敵すると言われています。

このナイトモード機能の具体的なリリース時期については、まだ明確ではありませんが、Apple が 2019 新型 iPhone シリーズでテストが実施されていると言われており、2019年9月リリースされる iOS 13 に新機能として搭載される見込みが高い。

気になるのが、ナイトモード機能が 2018 iPhone Xs、iPhone XR などの従来モデルに採用されるか現時点では不明なことが上げられる。Google の Night Sight は、従来モデルのスマートフォンにもソフトウェアで対応していましたが、Apple のばあい新規ハードウェアとソフトウェアを合わせて機能を発揮する可能性があるため、従来モデルへの対応は不明です。


戻る



ディスプレイ

現行モデルの iPhone Xs、iPhone Xs Max のディスプレイには、高画質・低消費電力の OLED(有機 EL)パネル Super Retina HD が採用されています。

  • iPhone Xs:5.8インチ Super Retina HD
  • iPhone Xs Max:6.5インチ Super Retina HD

2019 iPhone のハイエンドモデルとなる次期 Xs シリーズ は、ディスプレイサイズは変更されず、引き続きナローベゼル採用したオールディスプレイのもよう。ただし、一部仕様変更される可能性があるようです。

極薄 Y-OCTA パネル

薄型軽量化 Y-OCTA パネル[2019 新型 iPhone]
2019年秋リリース予定の新型 iPhone は、現行モデル(2018 iPhone)より薄く軽量化されるようです。スリム化されるのは筐体ではなくディスプレイパネルで、ハイエンド iPhone に搭載される OLED パネルを新技術によって更に薄くします。

この新技術は、韓国の総合家電電子メーカー Samsung Electronics(サムスン電子)が独自開発したディスプレイパネルで『Y-OCTA』と呼ばれています。Y-OCTA とは『タッチ機能内蔵式フレキシブル OLED パネル』のことで、ディスプレイ内にセンサー機能を搭載するエンベデッドタイプ(組込み構造)です。
すでに LCD(液晶)パネルではタッチセンサーの組込み技術は進んでいますが、OLED(有機 EL)パネルではインセルタイプによるエンベデッド化は難しいため Y-OCTA ではオンセルタイプのタッチ機能内蔵型ディスプレイです。

Y-OCTA(タッチ機能内蔵式フレキシブル OLED)は、ディスプレイ内にセンサー機能を搭載することでディスプレイユニットの薄型化・軽量化を実現します。なお、この技術は Samsung のスマートフォン Galaxy S9 / S9+ に採用されており、すでに稼働実績があります。

現行モデルの 2018 iPhone Xs (Max) の有機 EL ディスプレイは、ディスプレイ上に別個のタッチセンサーレイヤーを貼り合わせるアドオンタイプですが、次期モデル 2019 iPhone には有機 EL ディスプレイにタッチセンサーレイヤーを組み込んだエンベデッドタイプを導入するようです。

韓国メディア ET News によると、Apple は 2019 iPhone シリーズに Y-OCTA(タッチ機能内蔵式フレキシブル OLED)テクノロジを採用する計画があるようで、Samsung に専用 Y-OCTA パネルの開発と製造を発注したと伝えています。
ただし、Y-OCTA OLED は高度な生産ラインが必要なうえ現在の技術では供給量に限りがあり、ディスプレイユニット単価も高価です。そのため、このディスプレイを搭載できる 2019 iPhone は、1機種のハイエンドモデルに限られるようです。


少し前の情報では 2019 iPhone のラインナップは3モデルで、現行モデルの筐体を使用すると聞いていますが、この高価な有機 EL パネルを、どのモデルに搭載するのでしょうか?2018 iPhone の販売台数が伸び悩んでいるとの情報もあるため、2019 iPhone のラインナップに変更があるかもしれません。

Face ID

顔認証 Face ID[2019 新型 iPhone]
iPhone ディスプレイを見つめるだけで、ロック解除、ログイン、電子マネー・クレジット決済などを可能にしたのが顔認証セキュア Face ID です。

Face ID のカメラ・センサーなどのモジュールは、ディスプレイ上部にあるノッチ(切り欠き)に内臓。TrueDepth(トゥルーデプス)カメラシステムで得たユーザーの顔形状データは、Secure Enclave(セキュアエンクレーブ)、Neural Engine(ニューラルエンジン)といった Apple の最も高度なテクノロジー活用してユーザーマッチングを判定。これまでスマートフォンに搭載されたものの中で最も安全なセキュリティシステムです。

なお、Face ID は機械学習によって外見の変化を認識。帽子をかぶっても、メガネやサングラスをかけても認証動作に問題ありません。

顔の大静脈で本人認証

血管パターン Face ID[2019 新型 iPhone]
Apple が、USPTO(米国特許商標庁)に申請していた Face ID に関する特許技術の内容を公開。

新たに登録された Face ID テクノロジは、顔の大静脈で本人認証するものです。これは、赤外線カメラで表皮下の血管の配置をマッチングさせるため、顔が似ている双子でも顔認証をパスすることはできません。なぜなら、見た目では区別できないほど似ている一卵性双生児でも、血管の流れる配置は同様ではなく、登録されたユーザーの血管パターンによって高度なセキュリティを保てるからです。

この血管パターン情報を組み込んだ Face ID が搭載されれば、おそらくマスクをしていたり、寝惚けまなこで目の配置情報がうまく取れないばあいでも認証システムが正常に作動させることが可能になります。
さらに、血管パターン顔照合のメリットは、新しいハードウェアを必要とせずソフトウェアのアップデートのみで実装できそうなところ。すでに現行 Face ID モジュールには、赤外線照明器で表皮下の静脈のパターンを認識できるようです。

特許申請された技術が必ずしも実装されるとは限りませんが、ソフトウェアのアップデートで機能を活かせるのであれば、血管パターン照合を組み込んだ Face ID 実現の可能性は高そう。



【次ページ:新型 iPhone 情報 2】では『CPU / GPU』や『ノッチが消える技術』『トリプルレンズ配置デザイン』『新規格通信 Wi-Fi 6 採用』を含めた情報などを更新掲載。

新型 iPhone 情報 2


2020年モデル 新型 iPhone】折りたたみ型 Foldable iPhone や、次世代高速通信 5G 対応、声認証セキュア Voice ID などの情報は〔iPhone Ⅻ《リーク情報まとめ》〕にて更新掲載。コンセプトイメージも公開しています。