【2019新型】iPhone 11 Pro《発売日 スペック》

値段 発売時期いつ[2019 新型 iPhone 11 Pro]
オールディスプレイ、Super Retina HDX 有機EL、トリプルレンズカメラ、A13 Bionic チップ、Face ID v2.0、などの機能搭載される、2019年9月10日に発表された新型 iPhone 11 Pro の最新情報を更新。

iPhone 11 Pro 情報

発売日

新製品 発売日[2019 新型 iPhone 11 Pro]
2019年9月10日、Apple 夏の新製品イベントでで発表された 2019 iPhone 11 シリーズの、予約開始は〈2019年9月13日〉、発売日は〈2019年9月20日〉。

iPhone 11 予約開始日・発売日

公式発表
2019年9月11日
予約開始日
2019年9月13日
発売日
2019年9月20日


デザイン

外観デザイン:Xs 後継機[2019 新型 iPhone 11 Pro]
2019 新型 iPhone のデザインは従来モデルを引き継いでおり、とくにディスプレイがある前面部分に見た目の違いはありません。実際は細かい部分で使用変更していますが、メインカメラ以外は仕様を確認しないと気づかないほどです。
外観デザイン:Xs 後継機[2019 新型 iPhone 11 Pro]外観デザイン:Xs 後継機[2019 新型 iPhone 11 Pro]外観デザイン:Xs 後継機[2019 新型 iPhone 11 Pro]

メインカメラは2眼から3眼へ

メインカメラは、従来機 iPhone Xs では2眼だったデュアルカメラから、3眼のトリプルカメラへアップグレード。

新しいリアパネルとガラスコーティング

新開発カメラを搭載するためリアパネルのガラスは新設計。より強化された特殊ガラスはワンピース構造。また、滑り止めのため表面処理にマットコーティングが施されています。

筐体側面のボタン配置・形状

側面に配置されるサイドボタンの位置・個数・役割に変更はなく、従来ユーザーが迷うことはありません。

カラーバリエーション

新型 iPhone 11 Pro シリーズのカラーバリエーションは4色で、iPhone シリーズ初採用の新色となる『ミッドナイトグリーン』を追加。他のカラーは、スペースグレイ、シルバー、ゴールド。
ミッドナイトグリーン[2019 新型 iPhone 11 Pro カラー]スペースグレイ[2019 新型 iPhone 11 Pro カラー]シルバー[2019 新型 iPhone 11 Pro カラー]ゴールド[2019 新型 iPhone 11 Pro カラー]

ディスプレイ

ディスプレイ:Super Retina XDR[2019 新型 iPhone 11 Pro]
iPhone 11 Pro ディスプレイサイズは〈5.8インチ〉と〈6.5インチ〉2種類で従来機 iPhone Xs と大きさは同じ。
ディスプレイまわりは iPhone 8 のようにベゼル(枠)がなく、前面の端から端まで表示部分が広がったオールディスプレイです。小さい筐体でも最大限の画面表示を可能にしています。

ディスプレイ:Super Retina XDR[2019 新型 iPhone 11 Pro]

新ディスプレイ Super Retina XDR

iPhone シリーズ史上、最高画質を誇るディスプレイが Super Retina XDR(スーパー レティナ エックスディアール)です。
従来のディスプレイを大幅に上回る圧倒的なコントラスト比の高さと鮮やかな色彩再現性は、他のスマートフォン寄せ付けないクオリティ。高画質に製作された劇場映画を iPhone 11 Pro で存分に楽しめます。

動画・ゲームに強い応答速度

通常の液晶ディスプレイでは、高速移動する物体の表示がモザイクがかかって見えることがありますが、Super Retina XDR では映画館で鑑賞しているようにスムーズに動いてストーリーに没頭でき。3D ゲームのコマ落ちもなく操作に集中できます。

最大輝度1,200ニト

iPhone 11 Pro の OLED パネルは、明るい野外でも画面表示が見える輝度と、HDR の写真やビデオを鮮やかに美しく見せるための輝度を備え持ちます。

印刷物の質感を再現する True Tone

True Tone(トゥルー・トーン)は、周囲の光の色温度に合わせ、画面上のホワイトバランスを微調整します。これにより、ディスプレイ上の画像がまるで印刷物のように自然に、人間が感じる色に近づけます。

iPhone 11 シリーズ:ディスプレイ仕様
iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max iPhone 11
画面サイズ・仕様 5.8 インチ
Super Retina XDR
2,436 x 1,125 px (458 ppi)
6.5 インチ
Super Retina XDR
2,688 x 1,242 px (458 ppi)
6.1 インチ
Liquid Retina HD
1,792 x 828 px (326 ppi)
ディスプレイ仕様 OLED(有機 EL)パネル
2,000,000:1コントラスト比(標準)
HDRディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
True Tone ディスプレイ
最大輝度800ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)
LCD(液晶)パネル
1,400:1コントラスト比(標準)
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
True Tone ディスプレイ
最大輝度 625 cd / m2(標準)

サイズ 重量

筐体サイズは iPhone Xs と比べて、メインカメラ設計変更のほかに外観の違いが認められない iPhone 11 Pro ですが、実際はわずかに新型モデルの筐体サイズが大きくなっています。ところが、その差は〈1mm〉未満の違いでしかなく、誤差の範囲にとどまる程度の拡大です。

筐体サイズがわずかに大きくなった理由はバッテリー容量の増加。これによって重量が従来モデルより重くなっています。筐体の拡大とバッテリー容量増加による重量増は、従来モデルと比べ iPhone 11 Pro が〈約 10 g〉、iPhone 11 Pro Max が〈約 20 g〉重くなってます。

大きく・重くなった筐体は、見た目や手に持った感じで気づくことは難しいでしょう。

11 Pro – Xs 寸法 重量
iPhone 11 Pro iPhone Xs
筐体サイズ 144.0 x 71.4 x 8.1 (mm) 143.6 x 70.9 x 7.7 (mm)
重量 188 (g) 177 (g)

11 Pro Max – Xs Max 寸法重量 比較
iPhone 11 Pro Max iPhone Xs Max
筐体サイズ 158.0 x 77.8 x 8.1 (mm) 157.6 x 77.4 x 7.7 (mm)
重量 229 (g) 208 (g)


メインカメラ

3眼(トリプルレンズ)カメラ[2019 新作 iPhone 11 Pro]
新型 iPhone 11 Pro シリーズの背面上部に搭載されたメインカメラには、iPhone では初搭載となる3眼(トリプルレンズ)カメラが採用されました。

3眼カメラの写る範囲
3眼カメラの撮影したレンズ別のイメージ。順に、望遠レンズ・広角レンズ・超広角レンズ。
3眼カメラ写る範囲:望遠レンズ[2019 新型 iPhone 11 Pro]3眼カメラ写る範囲:広角レンズ[2019 新型 iPhone 11 Pro]3眼カメラ写る範囲:超広角レンズ[2019 新型 iPhone 11 Pro]

新しいカメラシステムは、写真、ポートレート、ビデオ、タイムラプス、スローモーションのどのモードで撮っていても、それぞれのカメラにいつでもワンタップでアクセスできるようにしてあり、一つのカメラからもう一つのカメラへの切り替えは、驚くほど美しくスムーズです。

iPhone シリーズ初搭載の超広角カメラ

超広角カメラは、いままでの広角レンズより4倍広く写ります。これは、視界に広がる風景を1枚の写真に収められる超ワイドな写真機能です。
いままで写真に収まらなかった、お気に入りの風景や建造物、景観の素晴らしい観光スポットやテーマパークもバッチリ!

3つのカメラ切替えは画面を押すだけの簡単操作

カメラ切替は倍率ボタンで3段階か、倍率ダイヤルを指で回してズームができます。すべての操作は画面上をタッチ・スワイプするだけで予備知識がいりません。

写真撮影から、そのままビデオ撮影開始

iPhone 11 シリーズは『シャッター長押し』のワンアクションで写真モードからビデオ撮影を開始できます。写真撮影中、動画に最適なシーンや思いがけないチャンスを逃しません。

広角カメラでも美しくボケるポートレートモード

観光地や風景の撮影に活躍する広角カメラは、レンズ特性上『背景をボカす』のが難しいのですが、新しいポートレートモードはプロ仕様レンズも顔負けの美しい背景ボケの写真が撮れます。この完璧なポートレートモードは、人だけでなく愛らしいペットも撮れます。

夜間撮影が楽しくなるナイトモード

暗い室内や夜間の撮影は、プロ仕様のカメラでも高い技術を必要としますが、iPhone 11 のナイトモードなら暗い環境でもフラッシュなしで明るく美しい写真に仕上がります。ナイトモードは自動作動するので、ユーザーはただシャッターを押すだけ。

友達が何人でも入る新しいセルフィーカメラ

iPhone 11 シリーズでは、自撮りに活躍する『インカメラ』も新しくなり、より美しく広く撮れるようになりました。
前の iPhone より、1歩後ろで撮ったように写るため、バストアップのセルフィーが撮りやすく『お気に入りコーデ』の撮影も簡単。また、写る範囲が広くなったので、複数の友達との記念撮影や、背景に景色を入れたセルフィーも楽々です。

スローモーション動画で自撮りする『スローフィー』

iPhone 11 シリーズのセルフィーは、とうとうスローモーション自撮りへ進化。
1秒間に120コマ撮影できるスーパースロー撮影だから、ただ手を振る、髪が風でなびいたりも新鮮な感覚。もちろん、友達とふざけあってるシーンや、テーマパークのアトラクションでスローフィーを楽しむのもアリです。

価格比較

2019年モデル iPhone 11 シリーズの価格は、前年モデルとくらべ全ての機種で値下がりしています。新搭載された機能から考えてもコストパフォーマンスが高い、お買い得な製品となっています。

iPhone 2019年モデルの Apple ストア販売価格は以下の通り。値段表示はすべて税抜き。

2019 iPhone 11 価格(税別)
iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
64GB 74,800円 106,800円 119,800円
128GB 79,800円
256GB 90,800円 122,800円 135,800円
512GB 144,800円 157,800円


iPhone 11 Pro 機能

ほかの機能

iPhone 11 Pro の『Pro』の理由は、業務環境に匹敵する高いクオリティを備えていること意味し、多くの写真・映像分野の専門家も注目しています。

延びたバッテリー駆動時間

サイズはほぼ一緒ながらバッテリー容量を増やし、消費電力を減らすことで iPhone を使用できる時間を増やしました。
iPhone 11 Pro は従来機 iPhone Xs と比べて約4時間、iPhone 11 Pro Max が従来機 iPhone Xs Max と比べて約5時間のバッテリー駆動延長を実現。
これで、ネット閲覧・動画鑑賞・音楽再生をより多く楽しめるようになります。もちろん待受時間も大きく延長されるので充電する回数も減ります。

新型 A13 プロセッサで快適な作動

新機種 iPhone が毎年登場するたびに確実に改良されてるのがチップセットという情報を処理する部品 。2019年モデルに搭載されるのは A13 Bionic(バイオニック)。
一般的なパソコンをことごとく凌駕する性能を秘める iPhone 11 のチップセットは、サクサクの作動感はもちろん、高画質な写真・動画撮影の作動から加工編集までパワフルに処理します。また、新型 A13 チップセットは省エネルギーで作動できるためバッテリー駆動の延長にも貢献しています。

スマートフォンの中で最も頑丈なガラス

フマホの落下は故障損傷の原因の No.1 です。新型 iPhone 11 では落下による損傷を最小限度にするため前後ガラスの強度を大幅にアップ。手に持った高さから落としても致命的な損傷を抑えています。これは、これまでにない新しい素材の開発と精巧なワンピースガラス製造によって誕生した強化ガラスです。

雨も砂もジュースも怖くない

従来機でも優れた耐水防塵機能をそなえていましたが、新型 iPhone 11 Pro ではスマホの常識を超える耐水防塵性能です。日常的な利用からアウトドアでの運用でも故障リスクは限りなく低いでしょう。

  • 耐水性能:水深4メートルで最大30分間の耐水性能
  • 防沫性能:コーヒー、紅茶、ジュースなどの液体がかかっても作動する
  • 防塵性能:精密な設計が生んだ高い密閉性

スリープ解除や支払いが速くなった

近年発売される iPhone にはユーザーの顔をパスワード化する顔認証セキュリティ Face ID を採用してますが、ユーザー認証作動が少し遅いのがネックでしたが、iPhone 11 では改良で〈30%〉ほど速く認証できるようになりました。これで、スリープ解除やレジ支払い時のモタつきを解消しました。

30分充電で最大50%の充電

iPhone 11 Pro には、新しい18W電源アダプターを付属。従来より出力の上がった充電器によって、約30分の充電で最大50%の充電を実現。寝起きから出掛けるまでの短い時間でも、効率よく充電できます。

iPhone が財布とクレジット代わりになる

近年の Apple は電子マネーといったキャッシュレス化を推進。2019年から金融サービスも開始して自社クレジットカード『Apple Card』をスタートさせています。
すでに電子マネー FeliCa と連携して『Suica』などの交通機関利用や買い物をキャッシュレス化を実現。iPhone の電子マネー決済が日本でも確実に広がっています。

5G 通信について

新型 iPhone 11 シリーズのモデムは『4G』。発売前に搭載が噂されていた『5G』は専用モデムチップの開発が間に合わず搭載が見送られました。そのため、5G 初対応の iPhone は2020年モデルからになります。

次世代 Wi-Fi 6 で高画質動画・3Dゲームも快適

Wi-Fi 6 は無線(ワイヤレス)でありながらも、旧世代の有線 LAN を超える送受信スピード。
近年注目の4K・8K映像のネット配信や、安定した通信速度が必要なネットワークゲーム、ネット通信機能を持つ家電製品の多台数同時接続にも対応します。
これからは、スマホやタブレットで高画質な映画やライブ配信を楽しむのはもちろん、ハイクオリティ VR ゲームや、AR 観光ナビなどが、どんどん普及するでしょう。

二人の無線イヤホンを同時接続

iPhone で音楽を楽しむならワイヤレスイヤホン AirPods(エア ポッズ)などをオススメ。iPhone 11 シリーズには、音楽の楽しみ方の新提案として『オーディオの共有』機能を搭載。この機能は、2組のAirPods または Beats(ビーツ)ヘッドフォンを同時に接続でき、二人で同じ音楽を聴くことができます。



iPhone シリーズ

ラインナップ

新型モデル3機種[2019 新型 iPhone 11 Pro / Pro Max]

    2019 ラインナップ

  • iPhone 11 Pro(Xs 後継機)
  • iPhone 11 Pro Max(Xs Max 後継機)
  • iPhone 11(Xʀ 後継機)

2019年秋に発売された新型 iPhone は3機種。上位モデルのiPhone 11 Pro、11 Pro Max が2機種と、中間モデルの iPhone 11 が1機種となり、製品の位置付けは2018年モデルと変わりない。ただ、販売される可能性は低いながらも、エントリーモデルの次期 iPhone SE の情報もチラホラ上がっていますが、新たな後継機として iPhone mini に引き継がれる有力な情報が上がっている。
なお、話題の『折りたたみ iPhone』は2020年にリリースされる予定。

2019 新型 iPhone 11 Pro

2019 新型 iPhone 11

折りたたみ iPhone

2020 新型 iPhone SE 2

2020 新型 iPhone mini

2020 iPhone 8 改良版

2020 新型 iPhone 12

iPhone モデル一覧

格安 SIM × iPhone