【2019新型】iPhone《次期 XR / Xs スペック》

リーク予想価格[2019 新作 iPhone]

トリプルレンズカメラ、A13 (CPU/GPU) プロセッサ、5G 通信対応、声認証セキュア技術の搭載が予測される、2019年秋発表が濃厚な iPhone X シリーズの情報を更新しています。


販売数も好調な2018 iPhone シリーズですが、Apple は後継機となる 2019年モデルの開発を進行させています。次期モデル は、2018年モデルとなる iPhone Xs、iPhone XR の筐体をいかしたマイナーチェンジモデルとなるもよう。

トリプルカメラ搭載 iPhone

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
2019年に発売されるのではないかと推測されている、背面のメインカメラに3つのカメラユニットを搭載する iPhone のコンセプトデザインがこのほど公開。

以前から噂されている情報によると、2019年に登場する iPhone のうちの1機種は、カメラを3つ搭載するトリプルカメラになるだろうと、台湾の情報メディア『経済日報』が報じていました。

P20 Proトリプルカメラ

現在トリプルカメラを搭載しているスマートフォンといえば『Huawei P20 Pro』ですが、P20 Pro の3つのレンズユニットの役割は、

  • 20MP(モノクロF/1.6)
  • 40 MP(メインカメラF/1.8)
  • 8MP(望遠 F/2.4)

モノクロ専用カメラレンズ搭載は面白い発想ですが、メインカメラの画素数が4000万画素というのがスマートフォンが採用するイメージセンサーのサイズから考えると驚きの解像度。さらに、すべてのレンズユニットには光学式の手ぶれ補正機能(OIS)を搭載。ちなみに iPhone の画素数は1200万画素です。

この P20 Pro ではレンズユニットに特徴をもたせており、一眼レフ・ミラーレスカメラを愛用するユーザーも気になるカメラ機能を搭載しています。

iPhone トリプルカメラ

iPhone が搭載すると推測されるトリプルカメラでは、以下のような性能をアピールしてくると考えられます。

  • 光量の少ない暗い場所での画質向上。
  • 高い解像度に見合う細部の高い描写力。
  • 光学ズーム・手振れ補正の向上。
  • 広角レンズと3D立体認識機能。

Daily News は、とあるサプライチェーンの情報として、2019年に発表される iPhone のおおよそスペックは、1200万画素のメインカメラ、最大5倍光学ズーム、耐衝撃フレームが搭載されるとしています。とくにトリプルカメラについては、それ以前に発売されている、どのスマートフォンのカメラより優れた画質を提供できる自信があるようです。

これらの情報をもとに iDropNews は2019 iPhone コンセプトモデルのイメージ発表しています。どういった配置とアレンジをしているか確認してみましょう。

大型カメラハウジング

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
3つのカメラユニットと LED フラッシュを1列にまとめた配置。カメラユニットを大型のハウジングに収納できるため、レンズユニットの構造や手ぶれ補正機構の設計に余裕ができるため画質には期待できそうな構造。ただし突起部分の容量が大きいため、こらが気になるユーザーも出てくるでしょう。

ハウジング外部へカメラ追加

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
追加される三つ目のカメラユニットをハウジングの外に追加する方法です。この配置のメリットは従来のデザインを崩すことなくカメラを追加できることでしょう。ただし、追加されるカメラユニット構造の余裕が少ないため設計や機能の自由度に制限がつくでしょう。

フラッシュ位置の変更

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
基本的なデザインや構造を大幅に変更することなく第3のレンズを装備できる方法のひとつは、LED フラッシュの位置を動かすことです。
この配置のメリットは、一つ目の『大型カメラハウジング』と一緒でカメラユニットの設計と機能にメリットが大きいことです。

さらに、フラッシュの横位置への移動は iPhone の上位モデルに採用されているので、カメラハウジングとバランスが取れた位置にフラッシュを配置すれば見栄えも良好になるでしょう。

リングフラッシュの採用

トリプルカメラ搭載の iPhone[新型 iphone 2018-2019]
ユニークな発想の一例は、カメラモジュールを取り囲むようにリング状 LED フラッシュを組み込むことでしょう。

これらの技術は、コンパクトデジタルカメラや一眼レフ用アクセサリーで実現しているため、写真撮影とって最適化された方法です。また、デザインやフレーム設計などの要素を大きく変更させることがなく、追加カメラユニットにもメリットが大きい配置方法かもしれません。

DropNews では、このデザインに最も高い評価を下しています。

画質・機能やデザインを含めて iPhone のトリプルカメラが、どの方向性へ進んでいくのか興味がわきますね。

トリプルカメラは2019年モデル

トリプルレンズカメラ搭載モデル[新型 iphone 2018-2019]
以前から2019年に発売されると噂されている トリプルカメラを搭載する iPhone ですが、来年の発売について新しい情報が追加されました。

Yuanta(ユアンタ)証券のコンサルティングアナリストであるジェフリー・プー氏は、2019年後半にトリプルレンズカメラを搭載した iPhone を、少なくとも1モデルは発売する可能性が高いと述べています。
3つのカメラユニットを搭載する iPhone の機能やスペックの内容の多くはまだ判明していませんが、3倍の光学ズームレンズを搭載する情報が上がっています。あと2つのカメラユニットの特徴はまだハッキリしていません。ちなみに現行モデルの iPhone の光学ズームは2倍になっています。

トリプルカメラ搭載の iPhone

高性能なスペックと噂されるトリプルレンズユニットの iPhone ですが、最近はどのモデルに搭載されるのか注目されています。

これについては、過去の例から推測すると上位モデルに搭載されるのは間違いなく、今後発売されるラインナップから判断すると、ハイスペックな iPhone として登場する『iPhone X Plus』に、このカメラシステムが採用される可能性が高いとしています。さらに後には、第3世代の iPhone X に搭載される可能性も十分あるでしょう。

予想される発売日

このトリプルカメラを搭載する iPhone の登場は、残念ながら2018年内の発売には否定的であるとアナリストは述べています。発売時期は冒頭の述べたとおり、2019年まで待たなければならないようです。

2019年モデル3機種

2019年モデル3機種[2019 新型 iPhone]
2019年に発売される iPhone のラインナップは2018年シリーズとかわりなく、ハイエンドモデル2機種と廉価モデル1機種の合計3機種の販売展開です。

次期モデルの外観は、現行モデルとくらべて外観形状の変化はなく、3機種ともディスプレいサイズも従来モデルと同じです。おそらく筐体ベースに大きな変更はないでしょう。ただ、iPhone Xs(Max) 後継機には背面上部にトリプルレンズカメラが搭載されるため、背面パーツは間違いなく設計変更されます。

iPhone XR 後継機
  • 6.1インチ LCD
  • IP68

XR 後継機の外観に変更点はありません。そのかわり、耐水防塵性能がアップデートされ iPhone Xs と同等になるもよう。

iPhone Xs 後継機
  • 5.8インチ OLED
  • IP68
  • ノッチ部分縮小
  • Face ID 2.0
  • トリプルレンズカメラ
iPhone Xs Max 後継機
  • 6.5インチ OLED
  • IP68
  • ノッチ部分縮小
  • Face ID 2.0
  • トリプルレンズカメラ

iPhone Xs(Max)後継機では、ノッチ領域が縮小され画面上部の表示がよりフラットになります。また顔認証セキュア Face ID が改良されバージョン2にアップデートされるようです。また、iPhone 初採用のトリプルレンズカメラが搭載されるようです。

このように、2019 iPhone は従来モデルのマイナーアップデート仕様になります。そのかわり CPU・GPU は改良版プロセッサのほか搭載デバイスが小変更されたり、また新規プログラムによって作動・演算処理の高速化が図られるでしょう。

次世代技術 ブラックレンズ

ブラックレンズ[2019 新型 iPhone]
スマートフォンに当然のように搭載されているカメラ機能の高画質・高性能化がすすんでいます。その結果、コンパクトデジタルカメラの市場の売上を脅かしており、カメラーメーカーが開発販売を終了させるケースが増えました。

そんななか、今後発売される iPhone に新技術を採用した高性能カメラが搭載される可能性があがってきました。その新世代カメラの名称は『ピュア・ブラックレンズ』と呼ばれています。

このレンズを開発しているのは台湾の『Largan Precision(大立光)』。Largan は、非球面レンズの開発・生産に関しては世界有数の企業として知られており、モバイル機器、ノートPC、タブレット、車載、デジタルカメラ用等として世界で広く採用されています。

その Largan が開発しているブラックレンズ技術は、レンズに特殊コーティング技術を施すことでディスプレイパネル内にカメラレンズを搭載することが可能になる画期的な技術です。

このレンズコーティング技術はレンズユニットにブラックコーティングを施すことにより、レンズ面の反射がなくなるため、スマートフォンのディスプレイからレンズユニットが視認できなくなる特徴があります。これによって iPhone XR、iPhone Xs のディスプレイに存在するノッチ領域を完全になくすことが可能になります。

このブラックレンズ・テクノロジーは、2020年頃に発売されるスマートフォンメーカーに採用されるとしています。すでに Largan Precision は Apple と取引があるため、将来販売される iPhone にこの技術が搭載される可能性が高まっています。

このブラックレンズが次期 iPhone に採用されれば、ディスプレイからノッチが消えたオールスクリーンディスプレイが誕生します。

5G 対応 iPhone

5G 対応 iPhone[2019 新型 iPhone]
2020年に商用サービスの開始が予定される『第5世代移動通信システム(以下、5G)』。当然 Apple も、この通信規格に対応する iPhone を開発販売する計画です。

5G iPhone の発売時期
米国での 5G 運用は2018年末から開始されますが、まだ通信をカバーできるエリアは限られているので、どこでも 5G ネッワークが利用できるわけではないそうです。ただ、5G 対応スマートフォンはこれから発売される予定で、Samsung、Huawei、Xiaomi、Oppo、Vivo などのアジア系ブランドは、2019年中のリリースに向けて 5G 対応端末の開発を進めています。

不思議なことに 5G 対応の iPhone シリーズの発売が、2019年に実現できるのか不明な点です。なぜ Apple だけが遅れているのでしょうか?
Apple は 4G LTE のときも多くのメーカーが普及させるまで 4G 対応の iPhone を発売しませんでした。この時は Android 版 LTE 対応スマートフォンがリリースされてから一年ほど遅れて、Apple 初の 4G 対応スマートフォン『iPhone 5』がリリースしています。
もし、4G 普及の時と同じような展開になるとすれば、5G Android 系スマートフォンが普及するのに2021年を迎える頃になると予測されるため、5G 対応 iPhone は2020年まで期待できないことになります。

2019 iPhone の買い控え
Apple は毎年スペックを更新した iPhone 新作モデルを発売していますが、2020年あたりまで5G 対応モデル iPhone がリリースされないため販売価格に悩まされるかもしれません。
なぜなら、2019年後半にはライバル各社が低価格帯で 5G 対応スマートフォンを販売するなか、Apple は旧通信規格 4G 対応スマートフォンしか販売できないうえ、高価格な iPhone Xs シリーズを発売することになります。多くのユーザーには、2020年頃になれば 5G 対応 iPhone が発売されることは予想できるため、2019年新型モデル買い控えの可能性も出てきます。
5G iPhone の値段
Apple が発売する 5G 対応 iPhone は、ライバル各社と同じく 4G / 5G 両対応のデュアルモードスマートフォンになります。このモデルを2019年ごろに発売されるもようで、販売価格はおそらく〈1,299ドル(約148,000円)〉程度になるだろうと予測されています。これは、2018 iPhone Xs Max の〈1,099ドル〜(日本では124,800円〜)〉とくらべ高額になることを意味します。

5G の概要
5G とは、高速大容量通信によってスマートフォンの利用を快適にするだけでなく『IoT(Internet of Things)』の次世代の基盤をになう技術として期待されている通信技術。
今後 IoT 技術が家電製品などに普及するため情報交換のトラヒックが急増します。5G はトラヒック1平方キロメートルあたり100万のモノ多くの機器に接続可能になります。また、無線部分が〈1ミリ秒〉以下で通信できることによって、移動する自動車用デバイスや産業機器ロボットのような素早い反応が必要なマシン制御が可能になります。

A13 チップの製造

A13 チップの製造[2019 新型 iPhone]
iPhone シリーズなどに搭載されている A シリーズプロセッサは、数年前までは台湾 TSMC と韓国 Samsung が生産を請け負っていましたが、2018年モデルの A12 から TSMC のみが製造に関わるようになっています。これは Samsung とくらべ TSMC が製造技術に先進性があるためと言われています。

この独占的な生産受注よって、以前 iPhone 6s シリーズで発生した TSMC と Samsung 製造プロセッサによる処理性能の違いによる問題も回避できるでしょう。

2019年モデルの A シリーズチップは TSMC が独占的に Apple へ供給すると報じられており、ファウンドリとしてのシェアは〈56%〉となる。
これまで TSMC が製造しているチッププロセスは、A10 プロセッサは16nm プロセス、A11 プロセッサは10nm プロセス、A12 プロセッサはおそらく〈7 nm〉で製造していると思われます。2019年モデルに採用される A13 プロセッサは〈7 nm+〉プロセスで製造されるだろうと予測されています。

毎秒5兆回の演算処理を可能にし、処理速度が Qualcomm の Snapdeagon 845 の2倍とも言われる A12 プロセッサ。A13 ではさらに大幅な進化を期待されていますが、採用されるコアが[ARMv8-A]と現在のコアと同様であると予測されており大きな進化は期待できないようです。ただ A14 に採用される予定の新型[ARMv9]コアが搭載されれば処理スピードの向上は大いに期待できそうです。

声認証 Voice ID 搭載か

声認証 Voice ID 搭載か[2019 新型 iPhone]
ハンディデバイスのセキュア技術に熱心な Apple は、現在 iPhone や iPad Pro などの製品に、指紋認識セキュア『Touch ID』や顔認証セキュア『
Face ID』などの先進的なセキュリティシステムを採用しています。
そんな Apple が、最近ユーザーの『声』で識別・認識できる音声セキュアシステム技術の特許を取得しました。

声認証とは
USPTO(米国特許商標庁)へ特許申請された声認証の登録情報では「Apple 機器にたいして話しかけてきた声がユーザーのものであるか聞き分け、認識機能を通して Siri が応答する」としています。これは、ユーザーの声を構成する周波数を『声紋』情報としてプロファイルとして保存し、マイクロフォンで受けた声が Apple 機器の管理ユーザーであるかをシステム認識するようになっています。

現在この技術の前段階として音声アシスタント『Siri』が普及していますが、個人を特定認証できる声認証セキュアが登場すれば、ユーザープロファイル情報を利用することで、個人宛のメール読み上げから、デバイス内に保存された写真やビデオの閲覧、ビデオ通話 FaceTime(フェイスタイム)などのサービスを音声コントロールすることが可能になります。

複数のセキュア認証
現行モデル iPhone でも音声アシスタント Siri を利用してロック解除することが可能ですが、セキュアの観点からみても、まだ高いレベルで個人情報を任せられるものではないため、ユーザーの音声のみに反応する声認証技術は必要なシステムになるでしょう。
また、これらの認証システムが複数搭載することが可能であれば、ユーザーの使い方に対して認証方式がえらべたり、さらに複数認証に設定することで、より高度で安全な個人情報管理を達成することができます。
HomePod マルチユーザ化
特許申請された声認証セキュアシステムは、音声アシスタントで操作するスマートスピーカー『HomePod』のマルチユーザー化も実現させることが可能です。
HpmePod も音声アシスタント Siri をベースにして操作するため、スマートスピーカー制御と個人の音声認識を組み合わせることで、マルチユーザーサポートが可能となります。
事前登録されたユーザープロファイルによって家族の声を聞き分け、認識されたユーザーの設定や個人情報を利用してユーザーの好みにあった音楽を再生したり、ニュースや趣味にかんする情報を提供することも可能になります。

Apple は多くの特許申請を常に行っているため、特許が取得された内容モノすべて製品化されるわけではありませんが、音声認識セキュア技術は有用性があるため高い確率で採用されるテクノロジーだと思っています。

A13 開発コードネーム

A13 チップの製造[2019 新型 iPhone]
Apple 自社開発されている高性能プロセッサ『Aシリーズ』。これらのチップシリーズは 新型 iPhone / iPad がリリースされるたびに新規チップが用意されており、2018年秋に投入された A12X プロセッサでは、ラップトップPCを凌駕するほどのスペックをもちます。

2019年リリース予定の新型 iPhone にも、もちろん新しい A シリーズプロセッサが搭載されると予測されています。新しいプロセッサ『A13』と考えられていますが、最近この新プロセッサのコードネームが明らかになりました。
その情報をもたらしたのは、ハッカーとして有名な Longhorn 氏。同氏の Twitter アカウントに記された内容は「A13チップのコードネームは『Cebu(セブ)』、二つあるコアのコードネームは『Thunder(サンダー)』『Lightning(ライトニング)』になる」としています。

ここで不思議に思ったのが、コアのコードネームが二つあることです。じつは現在搭載されている A シリーズチップの CPU コアは2基構成で設計されており、一つはパワフルな処理をする高性能コア、もう一つは省電力で処理が可能な高効率コアです。
この2基構成コアは、演算するデータ量・処理速度によって、それぞれ最適な CPU に割り振って高性能化・高効率化・省電力化をはかっています。

コア2基構成の A シリーズチップは、すでに近年発売された製品にも採用されています。以下の2基構成コアのコードネームは、前者が高性能コア、後者が高効率コア。

A11
Monsoon(季節風)、Mistrel(南西部フランス特有の季節風)
A12
Vertex(旋風)、Tempest(大嵐)

近年採用されいる A シリーズのコードネームは気象関係の名付けがされており、A13 コアの『サンダー(雷)』『ライトニング(稲妻)』も同じく気象に関連する単語です。

ちなみに、これらコードネームは一般に公開されることはなく、開発関係者といった限定的な範囲でのみ有効な暗号名です。

A13チップに 7 nm プロセス採用

A13の製造は〈7nmプロセス〉と難易度が高いとされている『EUV(Extreme Ultraviolet:極端紫外線)リソグラフィ』技術で TSMC が独占供給をおこなうとの情報があります。この製造法で生産されるチップは、現行プロセッサ[A12 BIONIC]と比べて15%ほどの性能(処理速度・消費電力)向上が期待されています。

次世代 Touch ID 搭載

超音波型指紋センサー[2019 新型 iPhone]
iPhone X系は は2017年、iPad Pro は2018年から搭載された顔認識セキュア『Face ID』は、非常に高度な技術を駆使した個人情報保護システムです。
現在、Face ID が搭載されていない iPhone と iPad には指紋認証セキュア『Touch ID』が採用されています。Apple のハイエンドモデルに顔認証セキュアが採用されている状況を見ると、指紋による個人情報保護システムが過去の技術に感じられてしまいますが、この Touch ID 技術を新開発デバイスに搭載する次世代の指紋認証セキュアを開発している情報が上がっています。

次世代 指紋認証セキュアは、指紋センサーをディスプレイ領域内に内臓する設計。採用されるテクノロジは『超音波型指紋センサー』で、従来型の指紋センサーより認証スピードが速く精度も高い特徴があります。

Apple は、この特殊な Touch ID の生産を請け負うサプライヤーを選定しており、次世代 Touch ID 関連デバイス製造サプライヤーの候補には、中国『O-film』や、台湾『GIS』『TPK Holding』が上がっているもよう。

初搭載は2019 iPad

新型 Touch ID はディスプレイ内臓式という特殊な機能であるため、おおくの状況でも正常作動するのか気になるところです。このあたりは Apple も理解しているようで、初搭載を2019 iPhone にせず、2019 iPad / iPad mini に搭載してから作動状態をチェック・アップデート、多くのデータがそろったところで次期 iPhone に次世代 Touch ID を搭載していくようです。

Apple はすでに、この技術特許を得るため〈2018年9月〉ディスプレイ内蔵型指紋センサーの特許を出願しています。

Touch ID と Face ID の複合認証

次世代 Touch ID が搭載されると Face ID はどうなるのか?という疑問が出てきますが、おそらく次世代 iPhone には指紋認証と顔認証のふたつのセキュアシステムを搭載し、個人情報保護のセキュアレベルを上げるプランでしょう。また使用環境やユーザーの判断によって指紋認証と顔認証のどちらかを選択設定することも可能なはずです。

Apple がここまで個人情報セキュアに熱心な理由として考えられるのが、将来 iPhone をパスポートと置き換える構想があるからでしょう。
パスポートは悪用されると国家保安上の問題もあるため厳重な取り扱いと管理が求められています。将来スマートフォンがパスポート機能を担うのなら、複合セキュアシステムを搭載した完璧なセキュリティ技術が必要になります。


すでにスマートフォンの電話機能は付属的なモノとなっていますが、将来はさらに高度な情報を有することになりそうです。

薄型軽量 Y-OCTA OLED パネル

薄型軽量化 Y-OCTA パネル[2019 新型 iPhone]
2019年秋リリース予定の新型 iPhone は、現行モデル(2018 iPhone)より薄く軽量化されるようです。スリム化されるのは筐体ではなくディスプレイパネルで、ハイエンド iPhone に搭載される OLED パネルを新技術によって更に薄くします。

この新技術は、韓国の総合家電電子メーカー Samsung Electronics(サムスン電子)が独自開発したディスプレイパネルで『Y-OCTA』と呼ばれています。Y-OCTA とは『タッチ機能内蔵式フレキシブル OLED パネル』のことで、ディスプレイ内にセンサー機能を搭載するエンベデッドタイプ(組込み構造)です。
すでに LCD(液晶)パネルではタッチセンサーの組込み技術は進んでいますが、OLED(有機 EL)パネルではインセルタイプによるエンベデッド化は難しいため Y-OCTA ではオンセルタイプのタッチ機能内蔵型ディスプレイです。

Y-OCTA(タッチ機能内蔵式フレキシブル OLED)は、ディスプレイ内にセンサー機能を搭載することでディスプレイユニットの薄型化・軽量化を実現します。なお、この技術は Samsung のスマートフォン Galaxy S9 / S9+ に採用されており、すでに稼働実績があります。

現行モデルの 2018 iPhone Xs (Max) の有機 EL ディスプレイは、ディスプレイ上に別個のタッチセンサーレイヤーを貼り合わせるアドオンタイプですが、次期モデル 2019 iPhone には有機 EL ディスプレイにタッチセンサーレイヤーを組み込んだエンベデッドタイプを導入するようです。

韓国メディア ET News によると、Apple は 2019 iPhone シリーズに Y-OCTA(タッチ機能内蔵式フレキシブル OLED)テクノロジを採用する計画があるようで、Samsung に専用 Y-OCTA パネルの開発と製造を発注したと伝えています。
ただし、Y-OCTA OLED は高度な生産工程を必要なため供給量に限りがあり、ディスプレイユニット単価も高価です。そんな条件があるため、このディスプレイを搭載できる 2019 iPhone は1モデルに限られるようです。


少し前の情報では 2019 iPhone のラインナップは3モデルで、現行モデルの筐体を使用すると聞いていますが、この高価な有機 EL パネルを、どのモデルに搭載するのでしょうか?2018 iPhone の販売台数が伸び悩んでいるとの情報もあるため、2019 iPhone のラインナップに変更があるかもしれません。

【2019新型】iPhone SE 2《仕様 発売日》

【2018新型】iPhone XR / Xs 《比較 機能 価格》