【2021新型】iPhone 13《スペック早見版》

値段 発売時期いつ[2021 新作 iPhone 13]
オールディスプレイ、常時表示 LTPO パネル、A15 SoC、IBIS 手振れ補正、LiDAR スキャナ、mmWave 5G 通信対応などの新技術搭載が予測。2021年秋に発売濃厚な新型 iPhone 13(12s)シリーズの最新情報を更新。


ディスプレイ:リーク情報

特許:ハイブリッド OLED

ハイブリッド OLED[2021 新型 iPhone 13]
Apple が特許申請している次世代ディスプレイパネルの情報が上がってきました。このディスプレイは、OLED(有機 EL)と QD-LED(Quantum Dot LED = 量子ドット LED) を組み合わせたハイブリッドディスプレイ技術です。

この新しい技術『tandem hybrid pixel(タンデム ハイブリッド ピクセル』の情報は、USPTO(米国特許商標庁)によって公開されました。

QD-LED は表示構造が非常に小さいうえに、その発光粒子を制御することが可能なディスプレイ。QD-LED 単体の技術であれば、台湾 Samsung Electronics(サムスン電子)も Samsung QLED TV として開発を進めており、現在の実装では量子ドットをカラーフィルターに採用し LED バックライトを配置する方法をもちいている。

すでに QLED 技術を導入し市場で販売されていますが、現在のところテレビでしか見られません。また、それらの製品のパネル構造は、LCD(液晶ディスプレイ)にバックライトとして QD ピクセルで照らしています。これは、カラーフィルターとして QD ドットを使ったり、照らされた QD ピクセルではありません。

ハイブリッド QLED ディスプレイの特徴

ハイブリッド QLED ディスプレイの優れた特長には、応答性がよく表示速度が速いこと。また、低電力で作動するため、一般的な OLED ディスプレイよりも、デバイス機器のバッテリー消費を抑えることができます。

  • OLED より広い色空間、さらに忠実で鮮やかな色彩表示。
  • バッテリー寿命が長い低電圧駆動
  • OLED を超える2000ニトの明るさ
  • 高速な応答時間と、より滑らかでシームレスな表示。
  • OLEDより薄いパネル構造。
  • 合理化した製造工程による、生産コストの削減。

ハイブリッド QLED によるユーザーが受ける恩恵は大きい。とくにディスプレイパネルはスマートデバイスのなかでも最も電量を消費する部品であるため、このような自社製品の独自開発は、iPhone はもちろんバッテリー容量の少ない Apple Watch にも有用なパネルとなります。
さらに、将来 Apple の主力製品となる AR / VR ヘッドセットにも ハイブリッド QLED が組み込まれると予測されています。ヘッドセットは単独でインターネットに接続できるスタンドアロン機器であるため、低電圧作動で効率的なディスプレイが必要になります。これら、将来の Apple 製品にとって非常に重要なディスプレイとなるでしょう。

この新しいディスプレイパネル技術は継続特許であることにも注目すべきでしょう。最初の特許は2017年8月に公開。また、Apple は QLEDディスプレイ技術に関連する他の特許も申請しています。
ただ Apple は、実際に製品化されるか分からない多くの技術を特許申請しています。また、Apple が独自開発した ハイブリッドQLED 技術がいつ市場に出るかも分かっていません。しかし、期待させられる技術です。


▲戻る

120Hz 高速・常時表示 LTPO ディスプレイ《予測情報》

LTPO 120Hz リフレッシュレート[2021 新型 iPhone 13]

    情報のポイント

  • iPhone 13 Pro 系には120Hz ProMotion を搭載
  • リフレッシュレートを下げて常時表示をも可能
  • 低電圧作動の LTPO パネルを採用
  • 4機種ともタッチパネルはオンセルタイプ

予測情報:THE ELEC

韓国の電子産業ニュースメディア THE ELEC によると、韓国 LG Electronics が2021年発売の新型 iPhone 13 用ディスプレイパネルの生産体制を増産でととのえつつあると報じています。

次期 iPhone 13 へ供給される表示パネルは、LTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide = 低温多結晶酸化物)の可能性が高い。LTPO パネルは、美しい表示能力のほか省電力作動(既存パネルより消費電力5~15%減)を特徴とする。
新開発 LTPO パネルは120Hzリフレッシュレートにも対応しますが、リフレッシュレートを下げて常時表示をも可能にする優れた高性能パネルでもあります。

新型 iPhone 13 に120Hzリフレッシュレートを搭載するには、消費電力の少ない表示パネルが必須となるため、 消費電力が少ない LTPO が採用されれば ProMotion 機能が利用できる可能性はアップします。

また、ディスプレイタッチパネル構造は表示パネルガラス基板上にタッチパネル機能を載せたものを『オンセル』型といった従来方式を採用。この方式は新型 iPhone 13 シリーズのすべてのモデル(4機種)に搭載される。

予測情報:Jon Prosser 氏

Front Page Tech のテクノロジー系ジャーナリスト Jon Prosser(ジョン プロッサー)氏は、iPhone 13 Pro シリーズに120Hzリフレッシュレート仕様のディスプレイが採用される可能性が高いと、同氏アカウントの YouTube チャンネル『FRONTPAGE TECH』で述べています。
ただ、2020年11月時点では iPhone 13 シリーズのプロトタイプによる開発テストはまだ実施されていないとコメント。あまり先走ったリーク情報やウワサは信憑性が低いと注意をうながしています。

以前、同氏は iPhone12 Pro シリーズに120Hzリフレッシュレート機能が搭載されるとコメントしていましたが、実際発売された製品には機能が搭載されていませんでした。
この理由について Jon Prosser 氏は、5Gモデムチップと120Hzリフレッシュレート対応パネルの両機能を搭載するにはバッテリー消費が問題となるため、2020年モデルでは5G機能が優先して採用されたと述べています。


▲戻る


常時表示 LTPO ディスプレイ《コンセプト画像》

常時表示 LTPO ディスプレイ[2021 新型 iPhone 13]
XDA TV のホスト / ライターである Max Weinbach(マックス ウェインバッハ)氏は、2021 新型 iPhone 13 シリーズに採用が予測されている常時点灯ディスプレイのコンセプト画像を公開。

LTPO パネルをもちいた常時表示は2種類あって、モノクロなシンプル版と、カラーで表示情報を選択したカスタム版です。

常時表示:モノクロ版

常時表示 LTPO ディスプレイ画像[2021 新型 iPhone 13]
常時点灯部分を最小限にした表示方式で、表示色はモノクロ、時間表示、最小限のアイコン、バッテリー充電率のみとシンプル。
常時表示 LTPO ディスプレイ画像[2021 新型 iPhone 13]常時表示 LTPO ディスプレイ画像[2021 新型 iPhone 13]

常時表示:カラー版

常時表示 LTPO ディスプレイ[2021 新型 iPhone 13]
常時点灯機能を利用しながらも、ユーザーがカスタムした情報を常時表示するカラー版は、ディスプレイ輝度をおさえたもの。表示選択された情報のほか、通話・LEDライトの作動ボタンの表示させています。
また、カラー表示ながらもディスプレイ明るさは大きくおさえても視認できる LTPO パネルの特徴を活かし、バッテリー消費を最小限にしている。
常時表示 LTPO ディスプレイ画像[2021 新型 iPhone 13]常時表示 LTPO ディスプレイ画像[2021 新型 iPhone 13]常時表示 LTPO ディスプレイ画像[2021 新型 iPhone 13]


常時表示ディスプレイ最大のメリットは、バッテリー駆動のロングライフ化やスリープ解除しなくても時間・充電率・各種通知といった最低限の情報が一目で確認できることでしょう。ただし、プライバシーな情報の保護をどうするのか課題がありそうです。

常時表示 ディスプレイ《コンセプト動画》:YouTube 動画


▲戻る

120Hz 対応 ProMotion ディスプレイ搭載

LTPO ProMotion ディスプレイ[2021 新型 iPhone 13]

    情報のポイント

  • iPhone 13 Pro 系に LTPO パネルを搭載
  • iPhone 13 Pro 系は ProMotion 対応
  • LTPO パネル生産ラインへの転換が進行中
  • ProMotion による増加電力を省電力部品で緩和

LTPO パネル生産ラインへの転換が進行中

台湾のハイテク関連メディア DigiTimes によると、2021 新型 iPhone 13 シリーズの iPhone 13 Pro Max の表示パネルに LTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide:低温多結晶酸化物)が採用されると報じています。
また、LTPO パネルの生産を請け負う Samsung Electronics(サムスン電子)、LG Electronics(LG電子)では、専用生産ラインを整えるべく一部ラインの転換に取り掛かっており、その作業は6月末で完了する見通し。

iPhone 13 Pro 系に LTPO パネル採用

ディスプレイのサプライチェーンを分析している DSCC(Display Supply Chain Consultants)の CEO である Ross Young(ロス ヤング)氏が、2021 新型 iPhone 13 系の2機種(iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max)への LTPO 表示パネルの採用を明言。

ディスプレイの常時点灯表示や高リフレッシュレート(ProMotion 機能)表示に対応する表示パネルの採用について、一部のモバイルメディアやリーカーは『LTPO を採用するのは iPhone 13 Pro Max のみ』との情報を発信していますが、Ross Young 氏はこの噂を否定。

同氏は iPhone 13 Pro シリーズの2機種へ LTPO パネル採用について Twitter へ投稿しています。

ProMotion による増加電力を省電力部品で緩和

表示パネル LTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide:低温多結晶酸化物)は、LTPS(Low Temperature Poly-Si:低温ポリシリコン)
と比べ、高リフレッシュレート機能を作動させても消費電力が低いメリットがあります。
ただ、ProMotion 機能を作動させたばあい、通常表示より消費電力が上昇するため、SoC(System-on-a-chip)や内臓部品を省電力化して総合的にバッテリー負荷対策をほどこすと見込まれています。

とくに省電力化に貢献するのが新開発 SoC の A15 Bionic になるだろうと各モバイル系メディアは予想している。


▲戻る

さらなるディスプレイ大型化:折りたたみ画面が必要

発売時期いつ 折りたたみ[2021 新型 iPhone 13]

    情報のポイント

  • 折りたたみに対応するフレキシブルバッテリーの開発
  • 折りたたみ iPhone の完成した試作機はまだ存在しない
  • 2種類の折りたたみ方法を検討し耐久テストしている

ストレート型ディスプレイ拡大の限界

米国 Apple 製品情報メディア Cult of Mac のライター Ian Fuchs(イアン フックス)氏は、ハイエンド iPhone のさらなるディスプレイ拡大には折りたたみディスプレイが必要だと述べている。

同氏は、6.7-inch 表示パネルを採用した iPhone 12 Pro Max の大きな画面は、視認性・操作性も快適で気に入っているものの、これ以上のディスプレイ拡大はジーンズポケットの収納性を考えると厳しいと指摘。同じ 6.7-inch ディスプレイを採用しつつも、折りたたみディスプレイに対応した Galaxy Z Flip のように収納性と使い勝手の両立を希望しています。

スマートフォンが普及する前の携帯電話(フィーチャーフォン)でも、最初はストレートバー型だったものから画面拡大とコンパクト性を両立するため、折りたたみ型へ移行した経緯に似てくるだろうと予想しつつも、その変革に期待している。

折りたたみに対応するフレキシブルバッテリーの開発

折りたたみ iPhone 発売へ向けて開発を進めている Apple は、内蔵リチウムバッテリーを曲げたり折りたたみを可能にする特許を USPTO(米国特許商標庁)へ申請して取得済み。

折りたたみスマートフォンにとって表示パネルの折りたたみは重要項目ですが、衝撃に弱いリチウムイオンバッテリーの折り曲げ技術にも注目していることが特許申請からうかがえる。

Apple が特許取得している折りたたみバッテリーは『Flexible battery structure(フレキシブルバッテリー構造)』。
発売時期いつ 折りたたみ[2021 新型 iPhone 13]発売時期いつ 折りたたみ[2021 新型 iPhone 13]
モバイル機器が採用している一般的なバッテリーは硬いため、折りたたみ構造の製品に1枚のバッテリーセルを採用するのは不可能です。
Apple はこの問題を解決するため、いくつかのアイデアを特許としている。たとえば、薄いバッテリーセルを巻いて筒状のケースへ収納してフレキシブル基板上に多数並べる方法や、バッテリーセルの両面へ相互に切り込みが入った構造により曲げ方向へ柔軟性をもたせたバッテリーなどがあげられます。

これらのアイデアが折りたたみ iPhone に直接関連するかは分かりませんが、Apple が Foldable(折りたたみ可能な)製品に高い関心があることがうかがえます。

2種類の折りたたみ方法を検討し耐久テストしている

発売時期いつ 折りたたみ[2021 新型 iPhone 13]
米国 経済情報メディア Bloomberg(ブルームバーグ)の Mark Gurman(マーク ガーマン)氏が、折りたたみ iPhone の製品化について報じている。

同氏が得ている情報によると、Apple は Foldable iPhone の開発をすすめているものの、発売時期は決まっていないもよう。

開発されている部分は、折りたたみ機構のメインとなるディスプレイ部分のみで、定まった筐体がなく試作機とよべるプロトタイプは存在していないと伝えています。
また、Apple のスマートフォン戦略は、まだ通常のストレートバー型 iPhone にもっとも投資して開発している。折りたたみ iPhone の製品化は数年先との見通しだが、プロジェクト進歩状況によっては製品化の中止を検討する可能性もあるようです。

気になる開発状況ですが、台湾新聞メディア聯合報(れんごうほう)によると、次期 iPhone の試作を中国 深セン市にある Foxconn(フォックスコン)の工場で進めているが、試作機のなかには折りたたみ iPhone が含まれており、2種類のヒンジ方式を採用した折りたたみ耐久テストが実施されている噂が報じらています。

著名アナリストの発売時期予想

TF International Securities のアナリスト Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が顧客投資家へ向けたレポートによると、7.5〜8インチサイズの折りたたみディスプレイを採用した折りたたみ iPhone は製品化できる状態ではなく発売時期は未定としている。
ただ、2021年中に量産する上での課題をクリアできれば、2023年中に発表される可能性があると予想。

折りたたみ iPhone:関連情報


▲戻る

iPhone13 用の OLED パネル生産開始

LTPO 120Hz リフレッシュレート[2021 新型 iPhone 13]

    情報のポイント

  • 例年より早く iPhone 13用の表示パネル生産開始
  • Apple は iPhone 13 用 OLED パネルを購入済み
  • 常時点灯ディスプレイ搭載の可能性
  • iPhone13 Pro 系 LTPO パネルは Samsung 独占生産
  • LG Display は iPhone mini 用 5.4-inch 表示パネルを供給

iPhone 13用の表示パネル生産開始

韓国の電子産業ニュースメディア The Elec によると、Apple からの要請により新型 iPhone 13 シリーズ(2021年モデル)用表示パネルの生産が例年より早く開始されたと報じる。

同メディア情報では iPhone 13 シリーズのディスプレイパネル製造は Samsung Display(サムスン ディスプレイ)と LG Display(エルジー ディスプレイ)の2社が請け負う。それぞれの生産開始は Samsung Display が5月中旬、LG Display が5月下旬ごろに生産を始めている。


iPhone 2020年モデルは、世界規模の新型コロナウイルス感染症まん延により、プロジェクト全体に遅延が発生し発売時期が延期されました。しかし、2021年はワクチン接種による感染者減少が達成できており、Apple は例年より早めのアクションで昨年の損失をカバーするのでしょう。

iPhone 13 用 OLED パネルを購入済み

中国 ガジェット系メディア Giz China の情報では、Apple は新型 iPhone 13 シリーズ(2021年モデル)分にの表示パネルを各サプライヤーから購入済みと伝えている。

Apple が購入した iPhone 2021年モデルの OLED パネル総数は約1億6900万枚。
うちわけは、Samsung Display が1億1,000万枚、LG Display が5,000万枚、BOE が900万枚を供給するもよう。なお、BOE が生産する表示パネルは補修用とされており、従来モデルの修理用に向けられる。

LTPO パネルは Samsung 独占生産

2021年ハイエンドモデルとなる新型 iPhone 13 Pro シリーズ搭載のディスプレイに LTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide = 低温多結晶酸化物)が採用される可能性が一段とアップしたもよう。

韓国の電子産業ニュースメディア The Elec が報じるには、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max の2機種のディスプレイに、ProMotion(プロモーション)対応の LTPO パネルが採用されており、その生産は Samsung Display 独占で請け負うというもの。

次期 iPhone 13 シリーズの OLED(有機 EL)パネル生産は、Samsung Display と LG Display の2社がおこないますが、リフレッシュレート120Hz 対応 OLED パネルは Samsung Display のみが製造する。LG Display はスタンダードな有機 EL パネルを生産。なお、LG Display は、初めて 5.4-inch OLED ディスプレイ生産を手がけると伝えている。


この情報が正しければ、新型 iPhone 13 Pro 系への LTPO パネル搭載が実現。新機能となる高速表示と常時点灯に期待が高まります。


▲戻る

Apple:正規取扱品