【2019新型】次期 iPhone XR《発売日 スペック》

値段予想 時期いつ[2019 iPhone XR 後継機]

ベゼルレス、6.1インチ Liquid Retina ディスプレイ、A13 Bionic チップ、Face ID v2.0、デュアルレンズカメラ、4×4 MIMO 対応などの技術の搭載が予測される、2019年秋発売が濃厚な、ミッドレンジ最新モデル iPhone XR 後継機(Xʀ2, 11ʀ)のリーク・予想・発売日などの最新情報を更新しています。


発売当初はヒットが予想されていたドル箱的なスマートフォンでしたが、高価な値段がアダとなって販売数は振るわず、発売数ヶ月で減産された情報が流れました。現在はそれなりに好調のようですが、Apple が納得できる販売数は上げていないようです。
2019年新作となる iPhone Xʀ2(仮)は、先の失敗を教訓に2019年モデルの開発をすすめています。次期モデルは従来筐体をいかしたマイナーチェンジモデルと予測されています。

2019 新型 iPhone 11

2019 新型 iPhone SE 2

折りたたみ iPhone

2020 新型 iPhone mini

2020 iPhone 8 改良版

2020 新型 iPhone 12

iPhone モデル一覧

格安 SIM × iPhone



新型 iPhone XR2 情報

2019年モデル ラインナップ

2019年モデル3機種[2019 新型 iPhone]
2019年秋に発売される iPhone のラインナップは2018年モデルと構成はかわりなく、ハイエンドモデルの次期 iPhone Xs が2機種と、ミッドレンジモデルの次期 iPhone XR が1機種の合計3機種を販売展開するもよう。しかし、エントリーモデルの次期 iPhone SE の情報もチラホラ上がっており、2019年のどこか(春発売のリークあり)で追加される可能性もあります。
なお、話題の『折りたたみ iPhone』は2020年にリリースされる予定。

2019 iPhone ラインナップ

次期モデルの外観デザインは、筐体の基本設計が 2018 iPhone 同様のマイナーチェンジとなるため、現行モデルとくらべて外観形状の変化はわずか。メインモデル3機種ともディスプレイサイズは 2018 iPhone と同じ。ただ、iPhone Xs Max 後継機のメインカメラにトリプルレンズカメラが搭載される可能性が高く、背面パネルは設計変更されるでしょう。
また、リアパネルのガラスコーティングには、滑り止め対策のため『マットコーティング』が施されるもよう。この処理はガラス表面を微細な凸凹仕上げにするだけなのでワイヤレス充電にも対応。

未発表 iPhone の EEC 登録

2019年9月発売予定となる次期 iPhone が EEC(ユーラシア経済連合)のデータベースへ登録されたことが判明。登録された Apple 製品は、時期的に2019年モデル iPhone とみられています。
新型モデル番号の登録[2019 新作 iPhone]
EEC は、ロシア、ベラルーシ、カザフスタンなどが所属する経済連合の執行機関で、暗号化技術を導入するデバイスの登録が義務づけられています。ここのデータベースに登録された製品は、おおよそ数ヶ月で発売されている例が多いことから、Apple からの登録は常に注目を集めています。
ちなみに、2019年1月に EEC へ登録されたモデル番号の製品は、2019年3月に発売された 2019 iPad(iPad Air 3、iPad mini 5)でした。

Apple から登録された製品名項目には「Apple のスマートフォン」と書き込まれ、続いてモデル番号 A2111、A2160、A2161、A2215、A2216、A2218、A2219、A2220、A2221、A2223 と合計で11モデルが登録。また、ソフトウェアは「iOS 12」と補足されています。

モデル番号の割振り
アメリカの Apple 製品メディア 9to5Mac は、今回のデータベースに登録されたモデル番号から 2019 新型 iPhone のラインナップを推測しています。

iPhone XR 後継機
A2111、A2161、A2215
iPhone Ⅺ、iPhone Ⅺ Max
A2160、A2216、A2218、A2219、A2220、A2221、A2223

おもな特長

11R, ⅪR, XR2[2019 次期 iPhone XR]
ディスプレイパネルやノッチ領域などの表示関連モジュールに変更はないもよう。顔認証セキュア Face ID が改良された第2世代にアップデート。また、搭載メモリが従来の〈3 GB〉から〈4 GB〉へと増加。通信機能は『4×4 MIMO(フォーバイフォー マイモ)』へ変更され、より高速通信を利用できるようになります。
メインカメラは、待望のデュアルレンズカメラにアップデート。カメラ仕様変更でリアパネルの設計変更がされますが、ガラスコーティングが特殊加工の『マットコーティング』に対応するかは不明。さらに、耐水防塵性能がアップデートされ iPhone Xs と同等になるもよう。

機能・仕様

  • 6.1インチ Liquid Retina HD
  • A13 Bionic チップ
  • メモリ 4 GB (RAM)
  • Face ID 2.0
  • デュアルレンズカメラ
  • ワイヤレス充電
  • 4×4 MIMO 機能追加
  • Wi-Fi 6
  • Bluetooth 5
  • マットコーティング
  • IP68(耐水防塵)

カラーラインナップ
カラーバリエーション[2019 新作 iPhone 11R, XR2]
2018 iPhone XR のカラーバリエーションは、ブルー、ホワイト、ブラック、イエロー、コーラル、レッドの6色。2019年の後継機モデルは現行モデルの色を引き継ぐと思っていましたが、一部変更になるもよう。この情報をもたらしたのは、日本 Apple 製品メディア Mac Otakara。
カラーバリエーション[2019 新作 iPhone 11R, XR2]
信頼できる情報筋から得たカラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、イエロー、レッドの4色は変わらないものの、コーラル、ブルーに変わり、グリーン、ラベンダーが追加された6色展開になるもよう。



デザイン

新モデル デザイン[2019 新作 iPhone XR 2]
2019年秋に発売されると予測される iPhone XR 後継機。基本構造は2018年モデルを継承するマイナーチェンジとなりますが、Apple の予想から外れた販売数を取り戻すため、カメラ機能のアップデートが施されます。

コンセプト:2019 iPhone XR 後継機

今回の次期 iPhone XR のコンセプトイメージは、Twitter のリークアカウント『OnLeaks』で知られる著名リーカー Steve H.McFly(スティーブ H マクフライ)氏が伝えています。このコンセプトは、OnLeaks とインドのモバイル機器メディア Pricebaba とが提携して制作。
OnLeaks は 2018 iPad Pro でもコンセプトイメージを上げていますが、そのレンダリング画像のデザインは非常に正確だったことを付け加える。

外観デザイン・筐体
外観デザイン[2019 新型 iPhone 11R]
2019 iPhone XR 2 のデザインは、現行モデルとほぼ同様でサイズをふくめて大きい変化はないようです。次期 iPhone XR で注目なのが新設計のメインカメラと一体成形リアガラスパネル。
リアガラスパネルは、筐体側面から滑らかな立ち上がりをみせ、カメラハウジングのバンプ(盛り上がり)部分でも曲面を入れて、極力凸凹を省く設計。

コンセプトのメインカメラ部分は、2019 新型 iPhone Ⅺ と同様の正方形バンプが採用され、シリーズのデザインイメージの統一がうかがえる。

前面ディスプレイと関連仕様の変更は加えられておらず、ディスプレイサイズ〈6.1-inch〉、解像度〈1,792 x 828 px〉は現行モデルと不変。ディスプレイノッチ(切り欠き)領域の縮小はされておらずベゼルの厚みも同様。ディスプレイパネルも2018年モデルと同じ高性能液晶パネル Liquid Retina(リキッド レティナ)HD。

デュアルレンズカメラ
デュアルレンズカメラ[2019 次期 iPhone XR]
次期モデルでは、現行モデルのシングルレンズカメラからデュアルレンズカメラへアップデート。この改良は大幅なものとなり、レンズユニット、イメージセンサーともに新規モジュールが搭載される。レンズユニットはレンズサークル口径が大きくなり、イメージセンサーの大型化も予測されており、画質向上と高感度ノイズ対策がはかられるもよう。

デュアルレンズカメラの各レンズユニットの役割は、ひとつは従来同様の広角レンズ、追加されるのは望遠レンズと推測されている。おそらく、デュアル光学式手ぶれ補正(デュアル OIS = オプチカル イメージ スタビライザ)も搭載されるでしょう。

このレンダリング画像のメインカメラはデュアルレンズカメラとリアスペースに小さく納まるはずですが、シリーズデザインとLED フラッシュの配置を考慮したのか、カメラハウジングは正方形を採用。

その他
2019 新型 iPhone XR 2 の筐体とコンセプトは2019年モデルで終了すると大方の予想なので全体的な仕様変更は最小限度。個人情報セキュリティシステムは顔認証セキュア Face ID が継続採用されますが、強力な赤外線レーザーを搭載する第2世代になるかは不明。前面カメラではイメージセンサーの解像度アップが予測されています。コネクタは引き続き Lightning(ライトニング)が採用されるようです。

コンセプト デザイン[2019 新作 iPhone XR 2]コンセプト デザイン[2019 新作 iPhone XR 2]コンセプト デザイン[2019 新作 iPhone XR 2]

Pricebaba コンセプト動画
OnLeaks とインドのモバイル機器メディア Pricebaba とが提携して制作したレンダリング動画。


戻る

新型ケースと外観デザイン

クリアケース画像[2019 新作 iPhone 11R]
インドのテクノロジー情報メディアの IndiaShopps が独自の経路で 2019 新型 iPhone 11R(XR 後継機)の情報を入手。このリーク情報には、次期 iPhone XR のケース画像が複数と、新設計の筐体が詳細にレンダリングされています。

次期 iPhone XR ケース画像
2019 iPhone XR 後継機レンダリングのケースは、iPhone の造形を隠さないクリアケースで、2種類が用意される。一つ目は筐体外装の形状にそったスマートなもの。2つ目は筐体エッジに膨らみをもたせた設計。おそらく2つ目のケース構造は落下時の衝撃吸収をかねているようです。
クリアケース画像[2019 新作 iPhone 11R]クリアケース画像[2019 新作 iPhone 11R]クリアケース画像[2019 新作 iPhone 11R]クリアケース画像[2019 新作 iPhone 11R]
ケースを装着した状態でも iPhone の操作ができるように、ケースにはボタン、コネクタ、スピーカー部分に複数の切り欠き処理が施される。これらの配置箇所・個数は現行モデルと変更はない。ゆいつの変更点はメインカメラ部分が角丸正方形の形状にくり抜かれる。

次期 iPhone XR 外観デザイン
2019 新型 iPhone 11R は、現行モデルである 2018 iPhone XR と同じく〈6.1インチ〉ディスプレイサイズに、大きさの変わらないノッチ(切り欠き)が採用される。
新型モデルの大きな変更点はリアパネルとメインカメラで、IndiaShopps のレンダリング画像にも他のリーク情報にそった、角丸正方形のカメラハウジングに2基のカメラモジュールを載せたデュアルレンズカメラを採用。また、レンズ口径も大きく設計変更されており、イメージセンサーの大型化も予測される。
次期 iPhone XR 画像[2019 新機種 iPhone 11R]
レンズ口径とイメージセンサーの大型化は、多くのスペクトルとイメージ情報をピクセル単位のセンサーへ効率良く導くため、鮮やかでダイナミックレンジの広い写真をユーザーへ提供できる。また、夜間・室内撮影時に利用する高感度撮影でも、ノイズが少なく輪郭が失われにくいメリットがあります。

新搭載となるデュアルレンズカメラのレンズユニットは、おそらく広角レンズ・望遠レンズが採用されるとみられる。画角的には 2018年モデルの iPhone Xs、iPhone Xs Max と同様になるもよう。ただ、レンズユニットのサークル的に余裕があるため、さらに広角寄り画角を採用することも可能でしょう。また、改良された光学ズーム機能の仕様にも注目です。

次期 iPhone XR カラー
レンダリング画像の 2019 新型 iPhone 11R のカラーバリエーションは、近年の iPhone シリーズで多く採用されているブラック、シルバー、ゴールド、レッドの4色展開。
カラーバリエーション画像[2019 新型 iPhone 11R]カラーバリエーション画像[2019 新型 iPhone 11R]カラーバリエーション画像[2019 新型 iPhone 11R]カラーバリエーション画像[2019 新型 iPhone 11R]
ちなみに多くのリーク情報で上がっているカラーバリエーションは、カラフルな色合いをふくめた6色展開です。他にも、2019年モデルの iPhone 11R には「コーラル」と「ブルー」が廃止され、新たな色として「ラベンダー」「グリーン」が採用される情報もあります。


戻る

コンセプト:iPhone XIʀ カラー6色

新色カラーバリエーション画像[2019 新モデル iPhone Ⅺʀ]
ハイクオリティの Apple 製品コンセプト画像を公開している AppleiDesigner が、2019 新型 iPhone Ⅺʀ のレンダリング画像を発表。

今回公開されたコンセプト画像は、新色を含めたカラーバリエーションを AppleiDesigner が得た情報からカラーリングを選出。また、画面上のホームスクリーンは新しい iOS 13 をベースに表現している。

選ばれた 2019 iPhone Ⅺʀ カラーバリエーションは、グリーン、ホワイト、イエロー、ラベンダー、ブラック、レッド(ProductRed)の6色。すべての iPhone Ⅺʀ は配色に合わせた専用充電スタンドにセットされた状態。
新色カラーバリエーション画像[2019 新作 iPhone Ⅺʀ]新色カラーバリエーション画像[2019 新作 iPhone Ⅺʀ]新色カラーバリエーション画像[2019 新作 iPhone Ⅺʀ]新色カラーバリエーション画像[2019 新機種 iPhone Ⅺʀ]新色カラーバリエーション画像[2019 新機種 iPhone Ⅺʀ]新色カラーバリエーション画像[2019 新機種 iPhone Ⅺʀ]


戻る



ディスプレイ

2018 iPhone XR のディスプレイパネルは、6.1インチサイズの Liquid Retina(リキッド レティナ)を採用。この、高画質を追求した高性能ディスプレイパネルは、次期 iPhone XR に引き続き採用する予定。

Liquid Retina

Liquid Retina ディスプレイ[2018 iPhone XR]
Liquid Retina は、たんに液晶モジュールの性能だけでなく、高い精度で製造された極薄ガラスパネルに、高度なピクセルマスキング、サブピクセルアンチエイリアス、それに新設計バックライトが融合することで優れた性能を引き出しています。さらに、広色域ディスプレイ(P3)、True Tone(トゥルー トーン)テクノロジを採用することで、Apple が作ったディスプレイパネルの中で最も明るく、最も正確な色を映し出す高解像度ディスプレイです。

広色域ディスプレイ(P3)
広色域 Display P3 とは、色空間『sRGB』を超えるワイドカラー色域を表示できるディスプレイを意味します。
Display P3 は、多くの Web やアプリケーションで運用されている sRGB より25%広い色域での表示を可能にする。また Display P3 がカバーする色域は、映像業界で使われる『DCI-P3』や、映像・印刷業界で使われる『Adobe RGB』に近い色空間に対応。プロユースで設定した表現を忠実に再現します。
True Tone
True Tone(トゥルー トーン)は、6チャンネルの光センサーにより光を感知・分析して周囲の光の色温度に合わせ、画面上のホワイトバランスを微調整。この機能により、ディスプレイ上の画像がまるで印刷物のように人間が感じる色へ近づけます。

ブラックレンズ

ブラックレンズ[2019 新型 iPhone]
iPhone X 以降のモデルは、顔認証セキュア Face ID に関連するカメラ・センサーをディスプレイ前面のノッチ(切り欠き)に装備しています。最近は、真のオールディスプレイを実現するために、ノッチ領域を縮小する技術開発がすすめられています。

その新開発の1つが『ピュア ブラックレンズ』と呼ばれている特殊レンズです。

このレンズを開発しているのは台湾の Largan Precision(大立光)。Largan は、非球面レンズの開発・生産に関しては世界有数の企業として認識されており、ノートPC・タブレットといったモバイル機器から、車載カメラ、デジタルカメラ用などのレンズモジュールのサプライヤーとして、世界中の幅広い製品に採用されています。
その Largan が開発しているブラックレンズ技術は、レンズに特殊コーティング技術を施すことで、レンズ面の反射が大幅に減少。スマートフォンのディスプレイにレンズユニットを搭載してもレンズが視認できなくなります。
この技術によって iPhone XR、iPhone Xs のノッチ領域を減らすことが可能になります。

このブラックレンズ・テクノロジーは、2020年頃に発売されるスマートフォンカメラに採用される予測されいます。すでに Largan Precision は Apple と取引があるため、次期 iPhone に導入される可能性が高まっています。



カメラ

現行モデルの背面パネルに装備されるメインカメラは、カメラを1個搭載するシンプルな『シングルレンズカメラ』を装備しています。

マイナーチェンジと予想されている次期モデル iPhone XR2(仮)の外観デザインに変化があるとすればメインカメラの部分。このカメラユニットを、シングルレンズカメラのままなら高画素な4800万画素イメージセンサーの搭載や、2018 iPhone Xs / Xs Max のようにデュアルレンズカメラにアップデートする情報が上がっています。

4800万画素センサー

SONY IMX586 4800万画素センサー[2019 新型 iPhone]
SONY が開発生産するセンサーモジュールは、スマートフォン用イメージセンサーとして世界中のメーカーに供給されています 。

そのラインナップに『1/2インチ 4800万画素』というスマホ用イメージセンサーとしてはサイズが大きめな超高解像度の積層型CMOSセンサー[IMX586]をリリース。このセンサーは、世界で初めて〈0.8 μm〉の微細画素をを開発採用しており、写真解像度は〈8,000 × 6,000 px〉、動画記録は〈4K 90fps, Full HD 240fps〉に対応できる仕様。

カメラ画質や描写にこだわる iPhone シリーズであれば、次期モデルへの搭載に要検討なカメラモジュールの誕生です。

高解像度と高画質のワケ

[IMX586]超高解像イメージセンサーで疑問に思うのが、類をみない画素数の多さ。4800万画素という非常に高い解像度は、プロユースで使われる一眼レフ(またはミラーレスカメラ)なみの仕様です。また、画素数が大きいと撮影データも大きくなり一般ユーザーには使えないスペック。ただ、この高い高解像にはスマートフォンならではの仕様に関連する理由があるます。

近年発売されるハイエンド・スマートフォンのトレンドには、デュアルレンズ、トリプルレンズといった、複数のカメラユニットを搭載する傾向にあります。これは、スマートフォンの限られた筐体スペースのなかで安定した画質を得るための対策です。

筐体をスリム・コンパクトにしなければならない条件の中、1つの光学ズームレンズで広角から望遠すべての焦点で安定した画質を実現するのは非常に難しいですが、遠くの被写体を大きく写せる望遠域などは単焦点レンズを搭載するほうが、レンズ設計にも余裕ができて、f 値も明るく画質が良くレンズユニットもコンパクトに収まります。
ただ最近のスマートフォンでは、さらなる筐体のスリム化が要求されており、複数のレンズユニットに分割しても、レンズ設計は難しくなっています。

クロップによる望遠域撮影
SONY IMX586 4800万画素センサー[2019 新型 iPhone]
その解決策として登場したのが、超高解像度イメージセンサーと単焦点広角レンズの組み合わせです。

ただの広角画角の単焦点レンズでは、望遠域の撮影には対応できませんが、4800万画素とクロップ技術によって撮影画像中央部分のみを切り出し、撮影データとして記録します。これは、擬似的な処理をほどこすデジタルズームと違って、被写体の輪郭もハッキリしていて濁りのない抜けの良い写真がえられます。また、従来センサーより高い解像度によって、デジタルズーム機能を利用した撮影でもシャープな画像を得ることができます。

Quad Bayer 配列
スマートフォン用イメージセンサーのサイズは米粒のように小さいため、あまり画素数を増やしすぎると、1画素あたりの集光効率が悪くなり感度耐性が低下・飽和信号量も低下します。とくに、イメージセンサーのサイズ〈1/2インチ〉の面積に4800万個の画素が並ぶ[IMX586]の1画素ピッチは〈0.8 μm〉と非常に細かく、感度・飽和信号量に影響をあたえます。
SONY IMX586 4800万画素センサー[2019 新型 iPhone]
それら画質に影響をあたえる要因の対策として、隣接4画素が同色のカラーフィルターである『Quad Bayer 配列』を採用することで、高感度の画質をたもちながらも高解像度を両立させています。また、夜景撮影といった低照度シーンの撮影時には、隣接する4画素の信号を加算することで、画素サイズ1.6μm相当(有効1200万画素)に感度を高めて、低ノイズで明るい写真や動画の撮影を実現。
日中屋外などの明るいシーン撮影では、イメージセンサーに搭載した独自の信号処理機能で配列変換することにより、リアルタイムで有効4800万画素の高解像度画像を可能にしています。

従来比4倍のダイナミックレンジ
SONY 独自の露光制御技術と信号処理機能をイメージセンサーに内蔵することで、従来センサーと比べてダイナミックレンジを4倍に拡大し、さらにリアルタイム出力を実現。画面内に明暗度の大きい領域が共存するシーンでも、白飛びや黒潰れをおさえた写真撮影が可能になります。


2019 iPhone Xs Max 後継機のカメラユニットには、トリプルレンズを搭載することが濃厚です。そのため、超高解像度センサーを採用するなら、その他のモデルになります。あとは、この超高解像度センサーの部品単価が落ち着いてくれば、次期 iPhone XR に搭載される可能性も上がるでしょう。

デュアルレンズカメラ

 次期XR デュアルレンズカメラ[2019 新型 iPhone]
以前、次期 iPhone XR の筐体は2018年モデルを継続採用すると言われていましたが、最近の情報ではカメラユニットの大幅な変更がおこなわれるため、リアパネルは設計変更がされるとの情報です。

現行モデル iPhone XR は、広角レンズユニットを搭載するシングルレンズカメラですが、次期 iPhone XR2 では、広角・望遠の専用レンズユニットを搭載するデュアルレンズカメラへアップデートされるもよう。この改良は、とりわけ珍しくもないマイナーチェンジ措置ですが、おそらく Apple の予想を下回った iPhone XR の販売数がトリガーになっていそうです。

改良されるリアパネルのカメラハウジングの外観は、現行モデル iPhone Xs 同様、ハウジング中央に『クアッド LED True Tone フラッシュ』が装備され、その上下に広角・望遠レンズが配置されるようです。

 次期XR デュアルレンズカメラ[2019 新型 iPhone] 次期XR デュアルレンズカメラ[2019 新型 iPhone]

このデュアルレンズカメラへのアップデートは、写真・動画撮影のヘビーユーザーに歓迎される改良なので、有効な改善策のひとつになるでしょう。

気になるのが、デュアルレンズカメラに採用されるイメージセンサーと手振れ補正機能です。2018 iPhone Xs (Max) に搭載されるカメラモジュール仕様は、広角・望遠のイメージセンサーが各1200万画素、レンズユニット内蔵の手振れ補正がデュアル光学式手ぶれ補正となっています。

ただ、次期 iPhone Xs となる iPhone Ⅺ 5.8-inch もデュアルレンズカメラを継続するという情報なので、おそらくハードウェアや機能の差別化があるでしょう。たとえば、イメージセンサーの解像度アップなどの可能性があります。

2眼(デュアルレンズ)カメラ:仕様詳細は『iPhone / iPad – 2眼カメラ』のページに情報掲載しています。



A13 Bionic チップ

A13 Bionic チップ[2019 新型 iPhone]
最新 iPhone のプロセッサには、普及帯レベルの PC を超える性能を持つ Apple 独自開発の『Aシリーズ』チップセットを搭載するまでに進化しています。

2019 iPhone には『A13』と呼ばれる A シリーズプロセッサが導入されると予測されています。最近、この新プロセッサのコードネームが『Cebu(セブ)』と呼ばれることが明らかになっています。ただ、コードネームは一般に公開されることはなく、開発関係者といった限定的な範囲でのみ呼ばれる暗号名です。おそらく次期 A プロセッサチップは、一般的に『A13 Bionic 』と呼ばれるでしょう。

A13 Bionic は、台湾 TSMC が独占的に製造することが判明しており、A12 Bionic より高度な製造技術で生産されます。製造には、第2世代 7 nmプロセス『極端紫外線リソグラフィ』を導入。この製造方で生産されたチップセットは、CPU の演算処理の向上と低い消費電力を可能にし、参考数値は〈6~12%〉の周波数アップ、〈8%〉の消費電力低減、〈20%〉のトランジスタ密度向上を実現します。

この製造プロセスは『N7+』とも言われており、クルマの自動運転などの先進的分野での導入を目指して開発されている。

毎秒5兆回の演算処理を可能にし、処理速度が Qualcomm の Snapdeagon 845 の2倍とも言われる、2018 iPhone の A12 プロセッサ。2019 iPhone の A13 でも、さらに大幅な進化を期待されていますが、採用されるコアが[ARMv8-A]と現行コア同様になると言われており、大きな進化は期待できないようです。ただ、A14 に採用される予定の新型[ARMv9]コアが搭載されれば処理スピードの向上が実現しそうです。

極端紫外線リソグラフィ:概要
EUV(Extreme Ultraviolet Lithography = 極端紫外線リソグラフィ)は、極端紫外線と呼ばれる非常に短い波長〈13.5 nm〉の光を用いるリソグラフィ技術で、従来のArFエキシマレーザ光を用いた光リソグラフィ技術では加工が難しい〈20 nm〉より微細な寸法の加工が可能となります

バッテリー容量増加

バッテリー増加 双方向ワイヤレス充電[2019 新型 iPhone 11R]
韓国の電子機器ニュースメディア The Elec によると、次期 iPhone XR となる 2019 iPhone 11R(XR2)のバッテリー容量が増加されると情報をあげています。

増量される数値
同メディアの情報によると、2019 iPhone 11R のバッテリー容量は〈3,110mAh〉になると報じています。2018 iPhone XR のバッテリー容量は〈2,942mAh〉であるため、新型のバッテリー容量は約5%増加されることになります。この増量されるバッテリーは、シングルセルタイプのバッテリーとなるため、実際に搭載されればシングルセルバッテリーとしては iPhone シリーズで最大容量のバッテリーとなります。
ちなみに、iPhone Xs Max のバッテリー容量は〈3,171mAh〉となり、iPhone シリーズでは史上最大のバッテリー容量なのですが、こちらはデバイス内にうまく搭載できるようL型形状にバッテリーセルを2個に分割したダブルセルバッテリーとなっています。

このバッテリー情報を提供した専門家によると、L型形状バッテリーは必要に応じて大きい電力を供給する性能に優れるが、スタンダードなI型形状バッテリーは大量生産に適しており安全性が高いとしている。

量産開始
また、同メディアはバッテリー量産体制の情報まで言及。
新型 iPhone 11R に搭載される大容量シングルセルバッテリーは、中国 ATL(Ameperx Technology Limited)が生産を担当し、中国 Huapu Technology がパッケージングを請け負う。また、これらの体制で iPhone 11R 専用バッテリーは量産開始されていると報じています。

ただ、iPhone Xs、iPhone Xs Max 後継機のバッテリーの生産はまだ開始されていないもよう。

双方向バッテリー充電
今回の搭載バッテリーの容量増加に関する情報は、TF International Securities に所属する Apple 製品アナリスト Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が以前投資家向けレポートに上げていました。クオ氏の情報では、2019 新型 iPhone には双方向ワイヤレス充電機能を搭載するためバッテリー容量の増加が必要になると予測。新型の3モデルのバッテリー容量増加は、iPhone Xs 後継機が〈20 ~ 25 %〉、iPhone Xs Max 後継機が〈10 ~ 15 %〉、iPhone XR 後継機が〈0 ~ 5 %〉と予測しています。

ただ、この情報の iPhone XR 後継機(11R)の容量増加が他の2機種と比べて少ないため、新型 iPhone 11R が双方向ワイヤレス充電機能を採用するかは不明。

双方向ワイヤレス充電:概要
双方向ワイヤレス充電は、iPhone のリアパネルに充電・給電の双方向に電磁誘導できる専用コイルを搭載することで実現します。
双方向ワイヤレス充電[2019 新型 iPhone]
この充電方式は、従来の Qi(チー)規格ワイヤレス充電方式を応用しているため、Qi 規格に対応する機器へのワイヤレス給電が可能。たとえば、双方向ワイヤレス充電に対応する iPhone のリアパネルに、Bluetooth イヤホンの AirPods などを載せての給電が可能になります。

Wi-Fi 6 対応

Wi-Fi 6 採用と対応[2019 新型 iPhone]
次世代無線規格『Wi-Fi 6』が次期 iPhone に採用される可能性があります。

Wi-Fi 6 の正式名称は『802.11ax』ですが、Wi-Fi の通信規格を取り決める IEEE(米国電気電子学会)では、一般ユーザーが覚えやすいようニックネーム的に『Wi-Fi 6』としています。また、従来の通信規格も同じように 802.11ac は『Wi-Fi 5』、802.11n は『Wi-Fi 4』と呼ばれるようになります。

Wi-Fi 6 の特長

新規格 Wi-Fi 6 の特長は、より優れた通信速度で通信できることと省電力です。

通信速度の向上
通信周波数帯である〈2.4GHz帯 / 5GHz帯〉の両周波数帯を利用できることで、コンサートやイベント会場といった利用ユーザーが密集する環境でもスループット(単位時間あたりに処理できる通信量)を安定・向上させることが可能になります。また、通信速度の利点を活かすことで 8K 動画のストリーミングも仕様的に対応。
通信速度はシステム環境やユーザー数に左右されるところも大きいですが、従来 Wi-Fi 規格より4倍~10倍ほどのスピードアップが見込めるようです。

省電力
Wi-Fi 6 は通信速度の向上だけでなく、消費電力が少なくなること。常時接続時間の長いスマートフォンにとっては、この改善はメリットが大きいでしょう。
これらの性能向上は、Wi-Fi 6 のハードウェアとソフトウェアの両方で改善・改良されることで実現します。そのため、メリットを受けるためには通信環境の整備はもちろん、新型 iPhone へ Wi-Fi 6 通信モジュールが採用されなければ高速通信の利用できません。なお、Wi-Fi 6 は下位規格互換があるため従来の通信環境でも問題なく利用できます。

今後の普及状況

2019年にスタートする Wi-Fi 6 はインターネットに接続できる多くのスマート家電にも朗報です。
まだ Wi-Fi 6 対応ルーターのラインナップは少ないですが、2019年中に多くの製品が販売され、また公共無線 LAN などの通信環境の整備も進むでしょう。それを証明するように CES2019 でも数多くの Wi-Fi 6 対応機器が展示されていました。

Barclays のアナリスト Blaine Curtis 氏によれば「CES 2019 報告書には Apple が今後発売する iPhone には Wi-Fi 6 がサポートされるだろう」とコメントしています。
Apple は 業界団体 Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)のメンバーで、次世代通信規格 Wi-Fi 6 の制定に積極的に関わっているため、次期 iPhone に Wi-Fi 6 が採用される可能性は非常に高いでしょう。

Wi-Fi 6 概要
正式な呼称は『IEEE 802.11ax』。理論値で最大転送速度が〈9.6Gbps〉と、Wi-Fi 5 の〈6.9Gbps〉からさらに高速化。また、単なる高速化だけでなく複数の端末を同時に接続しても通信速度が低下しにくい仕組み。通信速度は、2.4GHz帯で1.1Gbit/s、5GHz帯で4.8Gbit/s で両周波数対応。
一般家庭用 Wi-Fi 6 対応ルーター1台で20台のデバイス機器と接続可能。また、マルチユーザー MIMO (MU-MIMO) に対応し8回線で同時ストリーム対応する。

Wi-Fi 6 は Wi-Fi 5 後継の無線通信規格で、基本的には Wi-Fi 5 以下の下位の通信規格への互換性は確保されています。

5G 通信対応

5G 対応 iPhone[2019 新型 iPhone]

2019年に商用サービスの開始が予定される、第5世代移動通信システム『5G』。Apple が計画している 5G 対応 iPhone は、2020年モデルに搭載が計画され開発プロジェクトが進行中。

2019年 iPhone は5Gに対応しない

アメリカのチップメーカー Intel(インテル)は「消費者向け 5G モデムチップの供給は2020年までおこなわれない」とアナウンス。これは、スマートフォン用の Intel 製 5G モデムチップが、2019年には供給されないことを意味するため、2019年秋に発売する iPhone では 5G 通信に対応できないことが判明しました。

『5G 対応 iPhone』の最新情報は5G 対応 iPhone《発売日 運用時期》のページに情報をまとめて更新掲載中。



4×4 MIMO 対応

次期XR 4×4 MIMO 対応[2019 新型 iPhone]
iPhone Xs (Max) は、4つの周波数帯で基地局を結ぶことにより高速通信と通信距離が伸ばせる『4×4 MIMO(フォーバイフォー マイモ)』に対応していますが、iPhone XR の通信モジュールは 2×2 MIMO であるため、通信速度に差があります。
MIMO (Multi-Input Multi-Output) は、送信機と受信機の両方に複数のアンテナを搭載し、通信品質を向上させるワイヤレス通信技術。2×2 MIMO は、送信用(基地局)と受信用(端末)に各2本のアンテナを使い。4×4 MIMO は各4本のアンテナを利用し安定した高速通信を実現。
次期XR 4×4 MIMO 対応[2019 新型 iPhone]
この4本のアンテナを同時に使う高速 LTE 通信技術が、2019年秋に発売予定の iPhone XR 後継機に採用される情報が上がっています。4×4 MIMO に対応する予測を発表したのは Barclays 証券で、調査レポートの情報に含まれていました。

4×4 MIMO 技術による高速 LTE 通信は、国内の大手キャリアからもサービスが提供されていますが、キャリアごとの通信技術や設備、基地局との条件によって通信速度は同じではありません。NTT ドコモと KDDI(au)の 4×4 MIMO 通信を iPhone Xs (Max) で通信したばあいの速度(理論値)は以下のとおり。

4×4 MIMO 通信速度

NTT docomo
iPhone Xs (Max) :最大 844 Mbps
au – KDDI
iPhone Xs (Max) :最大 818.5 Mbps

ちなみに現行モデルの iPhone XR を、NTTドコモの通信サービス『PREMIUM 4G』で利用した通信速度は、最大 794 Mbps(理論値)になります。


受信最大速度が従来の約2倍となる 4×4 MIMO。NTTドコモの通信回線で比べて iPhone Xs が〈844 Mbps〉、iPhone XR が〈794 Mbps〉と、両モデルに通信スピードの差はありますが、2×2 MIMO の iPhone XR も十分高速なのが分かりました。それでも、次期 XR に 4×4 MIMO 技術が搭載されれば、ある程度の通信速度アップが期待できるでしょう。

4×4 MIMO 概要
MIMO(マイモ)は、複数のアンテナを同時に使って無線通信を高速化する技術。

4×4 MIMO は、無線 LAN 規格の IEEE802.11n/ac や携帯電話サービスの LTE 、WiMAX 2.1 などが対応。なお、この通信技術は、オプション扱いのケースもあり、必ずしも アンテナ4本が同時に通信できるとは限りません。
無線 LAN ならアクセスポイント(親機)と子機(Mac / PC や iPad などの端末)の間で、モバイル機器なら街中に設置された基地局と端末(スマートフォン、タブレットPC)の間で、どちらの機器も発信側にも受信側にもなり、それぞれ複数の上り下りのデータ通信が可能。

マットコーティング

マット仕上げコーティング[2019 新型 iPhone]
2019 iPhone ガラスパネルに滑り止めコーティング(マット仕上げ)が施される可能性が出てきました。

iPhone 8 以降のユーザーであれば、筐体背面パネルがガラスコーティングであることに気づくでしょう。この背面ガラス仕様はワイヤレス充電のための処理で、従来のアルミパネルではワイヤレス充電ができないからです。見た目が綺麗なガラスコーティングですが、ガラス特有の滑りやすさが災いして、手を滑らせて iPhone を落とし損傷させるユーザーが後を絶ちません。
このようなガラスコーティングのデメリットを最小限に抑えるため、2019 iPhone の背面ガラスパネルに滑り止めのための特殊コーティングを施す計画をすすめてるもよう。

この次期 iPhone の背面ガラスに施されるグリップコーティングは、一般的には『エッチングガラス』と言われる処理をほどこします。これは、ガラス面につや消しマット状にみえる微細な凹凸をつけることで摩擦抵抗を上げて滑りにくくする方法です。
ガラスエッチング処理スマートフォン[2019 新型 iPhone]
このエッチングガラスによるグリップコーティングは、すでに市販されるスマートフォンに採用されている技術で、Google Pixel 3 の背面ガラスに同様の処理が施されており、その効果と有用性は実証されています。
背面マットコーティング[2019 新型 iPhone]背面マットコーティング[2019 新型 iPhone]


通常ガラスコーティングのキラキラしたイメージが好きなユーザーには嬉しくないグリップコーティング(マット仕上げ)ですが、見た目より落下防止策を優先するユーザーには待望の仕様となるでしょう。

エッチングガラス:概要
ガラスパネル滑り止めコーティング[2019 新型 iPhone]
エッチングガラスは、ガラス工芸としてガラス面に模様を生みだすため多く使われる加工技術。

昔ながらの方法は、ガラス表面に型紙かマスキングにより保護部分をつくり、それ以外の部分を硫酸などの薬品によって腐食させることで、ガラス表面に微細な凹凸を造り上げます。
近年の大量生産では、砂を強力に吹付ける『サンドブラスト』によってガラス面に凹凸処理をほどこします。現在、多くのガラスエッチングと呼ばれる工業製品は、サンドブラスト方式で生産されています。



iOS 13

iOS 13 新機能 リリース[2019 新型 iPhone]
2019年6月開催の WWDC イベントで発表、9月後半にリリースされる予定の次世代『iOS 13』に搭載される機能が分かってきました。

ユーザー注目の iOS 13 の新機能が Dark Mode(ダークモード)。これは画像以外の文字・背景・操作系などの色を反転させる機能で、夜間使用時に瞳から入る光をおさえて文章閲覧・視聴を容易にします。

iOS 13 に搭載される新機能およびサポート対象機種の情報は〔iOS 13 対応機種 特長[iPhone, iPad, iPod touch]〕にまとめて掲載しています。

iOS 13 対応機種 特長

発表・発売日

2019年夏に発表される新作スマートフォン 2019 iPhone Ⅺ の公式アナウンスとリリースの日程を、過去の例から予測すると、公式発表は〈2019年9月10日〉頃が濃厚。そのあたりでアナウンスされれば、発売日は〈2019年9月20日〉頃と推測できます。

名称(年式) 発表日 発売日
iPhone Xs / Xs Max(2018) 9月12日 水曜日 9月21日 金曜日
iPhone 8 / 8 Plus(2017) 9月12日 火曜日 9月22日 金曜日
iPhone 7/7 Plus(2016) 9月7日 水曜日 9月16日 金曜日
iPhone 6S / 6S Plus(2015) 9月9日 水曜日 9月25日 金曜日
iPhone 6/6 Plus(2014) 9月9日 火曜日 9月19日 金曜日
iPhone 5S(2013) 9月10日 火曜日 9月20日 金曜日
iPhone 5(2012) 9月12日 水曜日 9月21日 金曜日

【2019新製品発表】Apple イベント開催日