【2019】iPod touch 7:リークまとめ

A10 Fusion チップ、Touch ID、1200万画素カメラ、4.7インチ Retina HDディスプレイの搭載が予測される、〈2019年3月25日〉発表が濃厚な iPod touch(アイポッド タッチ)第7世代の情報を更新しています。

リーク情報《2》

開発続行中の噂

Face ID オールディスプレイ[2019 新作 iPod touch 7]
先日開催された『CES2019』に出展していた複数の Apple サプライヤー関係者の情報によると、Apple は iPod touch 第6世代の後継モデルとなる iPod touch 第7世代(7th generation)の開発を行っている可能性があるという情報がもたらされています。

筐体仕様が全く不明ですが、多くのユーザーは iPhone X 系の筐体と USB-C を期待していることでしょう。
2018 iPad Pro のように USB-C 規格コネクターが採用されるのか憶測されているところです。Apple としてはアクセサリーパーツの収益をすこしでも上げたいでしょうから Lightning(ライトニング)コネクタで続投する可能性もありです。


iPod touch 第7世代で気になるのが機能や仕様です。すでにミュージックプレイヤーの販売台数は、どこのメーカーでも大きい利益を上げれない状態です。Apple も音楽プレーヤーという機能で新型 iPod touch に大きな期待はしていないでしょう。おそらく多機能モバイルデバイスとして、写真・動画それにゲームはもちろんのこと、AR(拡張現実)のほか Siri を応用して、多くのユーザーが日常生活で役立つ技術・機能を載せて来るのではないでしょうか。


ゲーム機の商標登録

Apple は iPod touch の商標を携帯ゲーム機まで拡大するための申請を提出。USPTO(米国特許商標庁)は2019年1月初めに承認し、この情報(Apple からの商標申請内容)を公開します。

Apple は、2008年に iPod touch の商標申請していますが、それは国際商標区分第9類(テキストデータ・電子書籍、オーディオビジュアル、ゲーム関連データの整理、送信、操作、およびレビューする機器)と幅広いジャンルを申請登録していました。
モバイルゲーム機の商標申請[2019 新作 iPod touch 7th]
ところが今回の申請では、国際商標区分第28類(電子ゲームをするための携帯機器)として申請。かなりゲーム専用機を意識した商標登録になっています。
このゲーム向け機器として新しい商標申請をするにあたり、Apple は iPod touch 公式ウェブサイトにあるゲーム機器を解説するページのスクリーンショットを添えて申請書を提出しています。なお、赤い矢印は Apple が描いたもので、製品名称『iPod touch』と『購入ボタン』 に向けてつけています。

iPod touch は第2世代モデルから、音楽プレイヤーだけではなく携帯ゲームアプリに対応できる機能を搭載しており、それらの機能に関する商標申請は2008年に済んでいます。そのため、今回あらためてゲーミングモバイル機器としての商標申請の理由は不明。おそらく競合他社のゲームモバイルから製品やコンセプトを守るために、改めての念を押した動きかもしれませんが、最近の iPod touch 第7世代の開発続行にかんする噂が上がったばかりなので、なんらかの防衛措置をした可能性も考えられます。

今回 Apple が申請した iPod touch に関する商標情報は、2019年2月19日に公開され、他社からの異議申し立てがなければ、今年後半には承認され Apple に商標が与えられます。


もともとゲームアプリケーションに対応し、同社もゲーム機能展開をアピールをしていた iPod touch ですが、次期 iPod touch では予想外の仕様変更でゲームユーザーを歓喜させるプロジェクトがあるのでしょうか。
最近ネット上に共有された iPod touch コンセプトには、高品質ディスプレイパネルにハイパワーチップを搭載した iPod touch 7 を紹介しましたが、かなり良い線を突いてるようです。

iPod touch 7 識別番号

リーク画像 識別番号[新作 iPod touch 7th 発売日]
iOS 開発者向けに公開されている iOS12.2 ベータ版のデータから、未発表の iPod touchの識別番号が発見されています。おおかたの見方では、iOS12.2 の正式リリースに合わせて新型 iPod touch 7 を発表するのではないかと予想しています。

iOS12.2 ベータ版で見つかった識別番号は、iPod touch 用が〈iPod9.1〉の1種類。識別番号は1種類のみの登録であるため Wi-Fi 仕様のみで Cellular 版の識別番号は確認されていません。この認識番号であれば 新型 iPod touch が発表されると考えてよいでしょう。この新しい iPod touch は、おそらく最近噂に挙がっている iPod touch 第7世代のものと予想されます。

また、新しい iPod touch のデータを解析したところ、個人情報セキュリティシステムの、指紋認証セキュア Touch ID や、顔認証セキュア Face ID に関する記述は発見されていません。この情報では、次期 iPod touch には、iPhone や iPad に搭載されるセキュリティ機能は採用されないもよう。


セキュリティシステムなどの機能を含めて多機能が期待されている iPod touch 7 ですが、iOS アップデートデータでは個人情報保護システム採用の情報は得られませんでした。
個人認証システムと関連モジュールを採用しないのであれば、もしかしたら筐体設計の変更もしないか小変更ですませ、見栄えは大きく変わらないかも。おそらく、ディスプレイパネル、CPU、カメラモジュールなどの主要機能のアップデートは施されるものの、廉価グレードのパーツを採用してロープライスなモデルとして販売する可能性があります。ただ、Apple Music や iTunes Store からの音楽・映画・ゲームの販売・ダウンロードの普及を目指しているため、ストレージ容量は 256GB かそれ以上の大容量ストレージが搭載されるかもしれません。


iOS 13

iOS 13 新機能 リリース[2019 新型 iPhone]
2019年6月開催の WWDC イベントで発表、9月後半にリリースされる予定の次世代『iOS 13』に搭載される機能が分かってきました。

ユーザー注目の iOS 13 の新機能が Dark Mode(ダークモード)。これは画像以外の文字・背景・操作系などの色を反転させる機能で、夜間使用時に瞳から入る光をおさえて文章閲覧・視聴を容易にします。

iOS 13 に搭載される新機能およびサポート対象機種の情報は〔iOS 13 対応機種 特長[iPhone, iPad, iPod touch]〕にまとめて掲載しています。

【Apple 春イベント開催日 決定】
Apple は、2019年 春のスペシャルイベント『Apple Special Event March 2019』を〈2019年3月25日〉に開催すると発表。日本での日付時刻は〈3月26日 午前2時〉です。なお、当日のイベント内容はライブ配信で観ることができます。

【2019新製品発表】Apple イベント開催日



    このポストに関連する記事