【新型】iPad ProはXデザインで2018年夏期発売

新型発売・仕様の噂[iPad Pro 2018]
現行モデルの iPad Pro は〈2016年6月〉に開催された『WWDC 2017』で発表されました。見た目での仕様変更は 9.7 インチモデルの iPad Pro が 10.5 インチディスプレイへ拡大されたことです。iPad Pro は専用のスタイラス『Apple Pencil』を使って絵を描いたりといったイラストやグラフィック処理が可能なモデルであるため、液晶画面の大型化は好評のようでした。

その他には、CPU のグレードアップ、メインメモリを〈4GB〉に統一したり、ディスプレイのリフレッシュレートを〈120Hz〉へ増やし、カメラのイメージセンサーと画像エンジンのグレードアップによって動画・静止画のスペックが向上。このように、iPad Pro 2017 は、十分なマイナーチェンジをうけ性能アップしました。

iPad Pro 2018 仕様

現行の iPad Pro のスペックは十分に高いのですが Apple は、ここで進化を止めることはなく次期モデルの開発を着々とすすめています。

デザイン

新型はiPhone Xデザインを継承[iPad Pro 2018]
まだ確定情報ではありませんが、新しい iPad Pro の外観をふくめたデザインは iPhone X のイメージを大きく引き継いでおり、一緒に並べればシリーズラインナップのようです。

現在上がっている情報によれば、iPad シリーズで重要な役目をもつホームボタンは iPhone X 同様に廃止され、Touch IDから Face ID に切り替える見込みのようです。またホームボタンがなくなるため液晶ディスプレイ周辺のベゼルが限りなく薄くできることによって、筐体の小型軽量化がすすむ可能性もでてきました。とくにユーザーにとって12.9インチモデルの重量が軽くなるのは喜ばしいことでしょう。

ただし、搭載される液晶ディスプレイは OLED(有機発光ダイオード)ではなく、iPhone や iPad で広く採用している ISP 方式のディスプレイユニットが採用されるでしょう。搭載されない理由は、現在の生産技術ではコストを抑えた大型 OLED ディスプレイを生産するのが困難であるためです。この優れたディスプレイを iPad に採用するためには、しばらくの時間が必要なようです。

CPU

新型の iPad Pro にも高性能なプロセッサが搭載される予定。現行のモデルには iPhone 7 シリーズに搭載されている A10 チップの改良版を採用。このチップには TSMC 10 nm プロセスにより製造された A10X Fuision が搭載されています。

新型 iPad Pro 2018 には、より処理速度が高い Octa-Core(オクタコア = 8コア)CPU を採用する予定。このチップは仮称『A11X Bionic』と呼ばれており TSMC 7 nm プロセスで製造され、より高速な処理を実現します。

この高速処理チップを搭載する理由のひとつとして、iPhone X に採用されている顔認識 Face ID 機能を iPad Pro 2018 にも搭載しようと考えているようです。この高性能なCPUを採用することにより、イラスト・写真・動画など効果編集作業の処理速度が向上することが確実なため、クリエイトな作業が一層効率化するでしょう。

販売価格

高性能な iPad Pro が手に入るのは嬉しいですが、気になるのが販売価格です。

現行モデルの 10.5インチ iPad Pro は〈¥ 69,800〜〉、12.9インチ iPad Pro は〈¥ 86,800〜〉の価格(いずれもWi-Fiモデル、税別)で販売されています。
新しい iPad Pro では iPhone X で採用した全画面ディスプレイや、顔認識 Face ID のほか各種スペックを向上させる仕様になるため、価格が上がる可能性があります。

発売日

現行モデル iPad シリーズは、2017年6月に開催された『WWDC 2017』で発表されています。開発製造に問題がなくスムーズにすすめば『WWDC 2018』でデビューして、2018年初夏ごろに発売されるのではないでしょうか。

気になること:

個人的に気になるのが iPad Pro と同時期に発表される iPad シリーズです。
とくに iPad mini は近年の売り上げが減少傾向にあるため、もしかすると新しい iPad mini 5 が発売されずフェードアウトする可能性があります。
iPad mini のコンパクトな筐体が、持ち運びをふくめて使いやすくて便利なのですが、大きい画面の iPhone や、他社の低価格タブレットにシェアを奪われているようです。そんな理由で、iPad mini 2018 モデルがどうなるのか気になるこのごろ。

【iPad mini 5 追加情報】
発売から2018年9月で3年が経過する iPad mini 4。多くのユーザーが新しい iPad mini を望んでいることでしょう。
しかし、現在のところ新設計の iPad mini 5 に関する情報が上がっていません。おそらく2018年9月に何かの動きがあるとしたら、内部パーツのアップデートによるマイナーチェンジモデルが登場するかもしれません。

11インチ iPad Pro

2018年 新型iPad [11インチiPad Pro]
Apple は、毎年恒例となっている開発者会議 WWDC 2018 を〈2018年6月4日〉からアメリカのサンノゼで開催することを決定しました。

このイベントで後継機が登場してくると言われているのが iPad Pro です。

最近の噂で判明したのが 10.5インチ iPad Pro の新型モデルなのですが、ディスプレイの大きさが 11インチへアップして発売される予定です。

新しいディスプレイを搭載する 11インチ iPad Pro では表示する領域は増えるもののボディサイズは大きくなることはありません。その理由は 2018 iPad Pro に物理的なホームボタンが採用されないため、ベゼル(ディスプレイ枠)部分が薄くなる設計が可能となるためです。

この薄いベゼルは、同時に発売される 12.9インチiPad Pro にも採用されるわけですが、同様の設計思想となれば 12.9インチモデルは小型軽量化される可能性があります。また、同じ筐体サイズで薄型ベゼル仕様とするならば、ディスプレイ領域をさらに増やすことが可能になります。

iPad Pro は、広い面積のディスプレイにスタイラスペンでの書込みやペイントが売りであるため、新型 iPad Pro では表示面積が増える可能性があります。とくにイラストレーションや動画・写真加工に利用しているプロやハイエンドユーザーには注目の後継機になりそうです。

WWDC 2018は6月4日開催

WWDC 2018[Apple 新製品発表・最新情報]
2018年6月に、カリフォルニア州サンノゼで開催される世界開発者会議(WWDC)基調講演の招待状が、招待される人々の手に届いて来ています。

今年のイベントで紹介される新しいオペレーティングシステムは、iOS 12、macOS 10.14、tvOS 12、watchOS 5 などを発表する予定です。とくに iPad Pro は『iOS 12』で作動するため、写真・動画編集からイラストレーションなどの作画やペイントをするクリエイティブなユーザーまで要注目です。

ハードウェアに関しては、このページをご覧の皆さんが期待するのが近代的な機能を搭載する『iPad Pro』でしょう。

新しい2018モデルの iPad Pro には iPhone X のディスプレイと同様に、物理的なホームボタンを省いた『オールスクリーンディスプレイ』と『Face ID』を採用したモデルが、少なくとも1つ(11インチ液晶モデル?)はアナウンスされるとしています。

ただし気になるのが、今年の WWDC に発表されると噂されているハードウェアが多くあるため、新型 iPad Pro が選ばれてデビューできるのか心配な要素があります。

ちなみに、iPad Pro と同時期に発表されると言われている候補は、iPhone 8/XとAirPods, Apple Watch を同時にワイヤレス充電できるAirPower、低価格の MacBook Air、iPhone SE の後継機、安価な HomePod mini、さらにフルモデルチェンジの Mac mini と、どの製品もアップデートが大いに期待されています。

WWDC 2018 は、日本時間で〈2018年06月5日 午前2時〉から開催されます。
Apple Events – WWDC 2018(ライブ映像配信)

WWDC 18 新 iPad Pro 発表なし

2018年 新型iPad [11インチiPad Pro]
2018年6月4日 午前10時(日本時間 5日 午前2時)より開催された WWDC 18(世界開発者会議)の基調講演では、残念ながらハードウェアの新製品は発表されず、新しいソフトウェアの機能解説と実演が約2時間ほどおこなわれました。

6月のイベントで新ハードウェアのアナウンスがないのであれば、次に期待される時期は10月頃になります。
しかし、すでに2017年10月の新製品イベントは開催されていません。これに関して Apple のソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長クレイグ・フェデリギ氏は「新製品発表のイベントを行う予定はない」とコメントしています。

ということは、今後は新製品をアナウンスするイベントは開催せず、プレスリリースによって発表していく方針になります。

現在のところ新しい iPad Pro の発売は、遅くとも秋頃までには実現すると予測されています。
また基本的な操作は、iPhone X と同様であるため、新たにリリースされた iOS 12 を使用するユーザーであれば、戸惑うことなく操作できるようです。

iPad Pro 11.9 仕様情報

新型 11.9インチ液晶モデル[2018 iPad Pro 発売予想]
現在開発がすすめられている新しい iPad Pro のひとつは、現行モデルのディスプレイサイズが〈10.5インチ〉より大きくなる〈11.9インチ〉が採用されると噂されています。
少し前の情報では、新しいディスプレイは〈11インチ〉との情報でしたが、筐体サイズに変更はないため特に大きな仕様変更があったわけではないようです。
新型 11.9インチ液晶モデル[2018 iPad Pro 発売予想]
新しい iPad Pro は以前からの情報通り、物理的なホームボタンは採用されず、新採用の液晶ディスプレイは薄いベゼルに囲まれるスマートなデザイン。
コンセプトをみれば iPhone X デザインを取り入れた高性能タブレットです。ですが、最近の情報では iPhone X の特徴的なディスプレイ上部のノッチは採用されないもよう。ただし、トップベゼルには部品を搭載できる余裕があるため、そのスペースに TrueDepth カメラシステムなどは搭載可能。単純にノッチレスの見た目だけの差になります。また機能的な差をみると、新型 iPad Pro では Face ID システムを搭載しない(ある情報では、Face ID を採用して最大4人の顔を登録可能)予定。

12M デュアルリアカメラ搭載

12M デュアルリアカメラ搭載[2018 iPad Pro 発売予想]
新しい iPad Pro の新機能の一つは背面のデジタルカメラ。噂によると二つの12M(1200万画素)カメラユニットを搭載するデュアルリアカメラが採用されるようで、iPhone 8 Plus のように広角レンズと望遠レンズを搭載して撮影シーンを増やしてくれるでしょう。
また、動画記録でも画像エンジンなどを強化して 4K ビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)、1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオへとアップデートされるもよう。写真撮影もそうですが、動画で光学ズームとデジタルズームが使えるのは、ユーザーの表現の幅が広がるためクリエイティブなユーザーには嬉しい機能の搭載です。

さらに大画面の iPad Pro?:

新情報の iPad Pro では液晶ディスプレイサイズが〈11.9インチ〉と表示領域が広がっていますが、このモデルが登場すると現行の〈12.9インチ〉モデルの存在価値が曖昧になります。〈12.9インチ〉後継モデルも発売するならば同様なスリムベゼルを採用するため、さらに大きい液晶ディスプレイを搭載する予定なのか気になるところです。

小型化とヘッドホンジャック廃止

前項目では、2018年後半に登場する新型 iPad Pro のディスプレイサイズが少し大きくなると言われていましたが、サプライヤーの新たな情報によると、筐体サイズが小さくなることが分かりました。

サプライヤーからの寸法情報は以下のとおり。

iPad Pro 筐体サイズ

10.5 インチ

現行 iPad Pro(2016年モデル)
250.6 × 174.1 × 6.1 (mm)
新型 iPad Pro(2018年モデル)
247.5 × 178.7 × 6 (mm)

12.9 インチ

現行 iPad Pro(2016年モデル)
305.7 × 220.6 × 6.9 (mm)
新型 iPad Pro(2018年モデル)
280 × 215 × 6.4 (mm)

この情報からいくと、2018年に発売される iPad Pro は、物理的なホームボタンを省くことでベゼルが薄くし、液晶ディスプレイを拡大せず、筐体サイズを小さく薄くするという事になります。
この情報が正しければ、前出の〈11.9 インチ〉液晶ディスプレイの搭載は難しくなりそうです。おそらく〈11 インチ〉か〈10.5 インチ〉のどちらかが採用されるはずです。
この小型・薄型化は、とくに大きい iPad Pro に有用性が高く商品化に期待したいところ。また、両モデルとも重量が軽くなる可能性は大いにあります。

ヘッドホンジャックの省略

新型 iPad Pro でハッキリしていなかったのがイヤホンジャックの搭載。すでにスマートフォンの iPhone 7 以降ヘッドフォン・音声出力用のイヤホンジャックは廃止されているため、物理的ホームボタンを廃止する iPad Pro も設計変更によりヘッドフォンジャックが無くなる可能性があるそう。
さらに、イヤフォンジャックが廃止されたばあい、Lightning 〜 3.5 mm ジャック用の端子アダプタは、商品パッケージには含まれないそうです。

10インチ画面を採用する筐体サイズがありながら、ヘッドフォンジャックの構成パーツを省く必要があるのか不明ですが、見た目をシンプル&スマートにしたい Apple なら、そういった理由により廃止する可能性もありそう。

Face ID の搭載

情報が錯綜していた Face ID 機能ですが、どうやら新型 iPad Pro には搭載されるもよう。

ただし、現在の Face ID は縦方向しか解析・認識できないため、スタンドや外付けワイヤレスキーボード使用中のような iPad が横方向にセットされた場合は認識できません。このあたりの機能改善を新型の販売時期までにアップデートできるのか気になるところです。また一部の噂では、縦方向の Face ID 対応のために Smart Connector を横から背面下へ移動させる見込みがあるそう。

スリープ解除のために、大きい iPad Pro を縦に持ち直して認識させるのは面倒なのですが、どのような設計になるでしょうか。

次期 iPad アイコン見つかる

薄型ベゼル仕様アイコン[2018 iPad Pro 発売予想]
開発者向けに公開されている iOS12 ベータ5版のデータから、薄型ベゼル iPad のアイコン画像が発見されました。このアイコンは、バッテリー仕様状況のユーザーインターフェース部分に、現行 iPad と並んで見つかっています。
アイコンは液晶ディスプレイを囲むベゼルが薄く描かれており、いままで噂情報に上がっていた新型 iPad Pro の仕様が正しかったことを証明しています。

このアイコン画像には、現行 iPad に採用されている物理的なホームボタンが描かれておらず、おぞらくスマートフォン iPhone X と同様に Face ID 機能を搭載している設計。
最近の情報どおりベゼル上部にはノッチは存在しておらず、薄型ベゼル領域に Face ID 関連ユニットを組み込んでいるでしょう。

Face ID 搭載について

じつは、新しい iPad Pro には Face ID が搭載される情報は確認されている。それは同じ iOS12 ベータ の他のコード内に記してあるのが見つかっています。
Face ID 搭載の情報コード[2018 iPad Pro 発売予想]
この情報によって新型 iPad Pro には TrueDepth カメラとFace ID テクノロジを搭載することは間違いないでしょう。

【新型・後継機】iPhone SE 2《仕様・発売日》

iPad Pro イラストアプリ おすすめ《7選》