【健康】自転車運動のススメ

健康維持と効果[自転車運動・スポーツ]
日頃からスポーツすることは身体にも心にも良いことです。この運動で大切なことは有酸素運動をするということ。
有酸素運動というと、ジョギングや水泳を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、自転車に乗って運動(サイクリング)することも立派な有酸素運動なのです。

じつは、運動によって消費エネルギーは、ジョギングや水泳よりは低いのですが、ウォーキングと比べるとかなり高いカロリー消費になっています。自転車は、あまり運動負荷がなく楽なイメージかもしれませんが、運動消費カロリーからみるとウォーキングよりも多く、ジョギングに近いカロリー消費になるのです。

ダイエット効果をふくめてジョギングをしても、頑張っているわりにはカロリーを消費しないことに気付くでしょう。ジョギングによる有酸素運動で多くのカロリーを消費するためには、それなりの距離を走らなければ明確な数値は出ません。
走るのが好きな人は大丈夫なのですが、慣れない人にとっては、辛く苦しいところを克服しなければなりません。またペースや距離を考えて走らないと、最悪のばあい膝を痛めてしまいます。

それにくらべると、自転車は気軽にトライできるうえ楽しいイメージがあります。実際に楽だからこそ、通勤や買物でも遠くまで人を運べています。これがサイクリングともなれば、周りの景観も楽しめるため気分爽快。運動を続けるためのハードルはグッと低くなります。

自転車は、そのような理由で身体に負担をかけない緩やかで長い有酸素運動に適しています。

運動の種類と消費カロリー

  • ウォーキング:2.5〜6.3 (METs)
  • ジョギング:7 (METs)
  • サイクリング:4〜8 (METs)
  • スイミング:7〜11 (METs)

※ METs は運動消費カロリーの単位。
“【健康】自転車運動のススメ” の続きを読む