硫黄山 噴火関連情報[霧島連山 えびの高原]

硫黄山 噴火状況・通行止・規制情報[霧島連山 えびの高原]

気象庁からの情報では〈2018年4月19日 15:39 ごろ〉、宮崎県と鹿児島県の県境にある霧島連山のえびの高原の『硫黄山』が噴火しました。硫黄山の噴火は〈1768年〉以来で、じつに250年ぶりの噴火です。
噴火時は噴煙がで約300メートルほど上がり、火口周辺で大きい噴石の飛散も確認されています。

気象庁は、噴火警戒レベルを【2(火口周辺規制)】から【3(入山規制)】に引き上げ、危険地域の住民に避難勧告をして現在情報を収集しています。

『硫黄山(いおうやま)』は宮崎県えびの市にある標高〈1317 m〉の山で、そばには[県道1号線]があり間近で噴火口周辺を散策できるようになっています。
過去の噴火は、有史で確認できている噴火は2回〈1300年 〜 1500年頃〉と〈1768年〉に起こっており、いずれの噴火で新たな地形が形成されるほどの火山活動が起こっています。
“硫黄山 噴火関連情報[霧島連山 えびの高原]” の続きを読む